FC2ブログ
2013.02.11 00:31|書類・手続き関係
ともあれ、都税事務所に申告に行って良かったです。

申告をしなかった場合、
当初の「60万円」という税額の納付書が送られてきて、
そのまま払ってしまっていた可能性もあるわけで…

…というか、数年前の(ブログを書きはじめる前の)自分だったら、
間違いなく、そうだったと思います(>_<)

役所から送られてくる文書に、
まともに目を通すことなどなかったですからね!

役所に対して、
滞納している支払いがあるゆえのうしろめたさや、
苦手意識があったから、
役所関係のいっさいに目をそむけてたんですよね…^^;

今回送られてきた書類には、
申告の必要と、
軽減制度のことが書かれてありました。


つまり、役所からの案内は、
ちゃんと教えてくれてはいるわけですよ。

「申告すれば、軽減制度によって、
税金が安くなる可能性がありますよ~」ってね。

きちんとしている人は、
それを読んで、申告に行き、(軽減制度に該当すれば)税金が安くなる。

それって、
大方の見識からしたら当然のことなんでしょうけど…

過去のワタシは、もう流しまくってましたからね~。

ワタシのように、適当に流したり、
良く分からないままにしている人は、
そのままの額を払うことになる(>_<)(>_<)(>_<)

申告制とは、
そういうことですね。

役所から送られてくる文書には、

「申告すれば、
支払う税金が安くなりますよ!」


と、大文字&太文字の強調をして、ひつこく、
親切に教えてくれているわけではないんですよね。

文中にさらっと書いてある感じ?

さらに、
良く分からない計算式も並べて書いてあるものだから、
ワタシのような人間は、
「なんか小難しいことがごちゃごちゃと書いてあるな。」と、
端から読もうともせず…。

なんとなく適当に処理…。

もし、今回も適当に処理していたとしたら…
まるまる30万多く払うことになっていたかもしれません。


30万マイナスという結果(未確定ですが)に、

夫と、

「もしかしたら、そのまま60万払っていたかもしれないんだねぇ…」
「申告に行って良かったねぇ…」と、

胸を撫で下ろしました。

これからも、書類は、
一つ一つ、きちんとチェックしなくては!

(当たり前のことをいまさらスミマセン。
ワタシのようなタイプの人は気をつけて!)

「ちゃんと読まない人の方が悪い…」というのは…
…過去のワタシを遡ってみても…まさに…その通りなので…
あまり文句は言えません…

が…しか~し…

やっぱり言っておこう…

役所からの文書は、
絶対にわかりにくい。

いろいろな経緯があって、
結果的にそうなっているのだろうけど、
本当にわかりにくい。

今回は、計算式ものっていたけど、
その計算をするために土台となる「数字」の一部さえ、
ワタシ達には簡単にはわからないんですよ。

「え?その数字はどこから?」
と、担当してくれた都税事務所の所員さんに聞いたら、
「あ、こちらの書類にあります。」と、
事務所の方で持っている台帳に書いてある数字だったりして。

その数字は、
こちらに送られてきた書類には載っていないんですよね。

まぁ…自分で、登記簿謄本とかを細かくチェックすれば
導きだせる数字なんですが。

なんというか…

とにかく、

普段から自分でしっかりチェックし把握していることが
当たり前のように求められるわけで…

そういう習慣や能力がない自分らが甘いよ!…ということです。

この点も、おおいに今後の反省点。


あぁ~ でも…
甘い自分を棚に上げてもう一度言ってしまおう…


やっぱり

わかりにくいよッ!!!!!!



…がんばります…。

2013.02.10 23:51|書類・手続き関係
都税事務所に行ってきました。

結果。

提示(?)されていた額より、
約30万ほど軽減されて、
30万円前後の取得税となりそうです。

びっくり!

マイナス30万…!

軽減制度…というのがあり、
申告により、
諸条件を入れて計算し直すと、
どうやらマイナス30万となりそうです。

(まだ確定の数字ではなく、
ぬか喜びになったら悲しいので、
「何かの間違いかも…」と用心し、
喜びの気持ちをおさえるようにしていますが…)

窓口の担当の方が、
とりあえず、その場で
電卓をたたいてくれた結果、
納付額は、約30万円になりました。

この数字があっていたらいいなぁ…!

ワタシも、計算式を理解しようと、
ひとつひとつ、ひつこくひつこく
積極的に説明を聞きながらがんばりましたが、
途中で…???????状態に…。

まったく残念な頭脳でアリマス…

後日、
ちゃんとマイナス30万円軽減された
納付書が届くまでは、
気が気じゃありません~。

「あの時の試算は間違いでした~
やっぱり60万です~」
みたいなことになったら
ショックすぎるなぁ~。

2月中には、今回の申告の結果を受けた内容の
数字が届きます。

そして、実際の納付書が届くのは、
3月の頭頃。

今回は、申告だけとなりまして、
支払い分割の相談などは、
その納付書が届いてからになるそうです。

2013.02.07 10:56|書類・手続き関係
今日は、都税事務所に行ってきます。

昨年8月に、不動産の登記変更をした際の
不動産取得税の金額がきました。

その額、約60万円です。

取得税は一括払いが原則ですが、
分割支払いの相談をしてきます。


一括ではとてもとても支払えませんので。

分割にすると、延滞税がかかります。
その税率は高いので、できるだけ避けたいのですが、
やむを得ません。

もちろん、これだけの金額の取得税が
あとからくることは、
裁判時から織り込み済みでしたが、
裁判時の買取り予算に入れる余裕はなく、
分割を念頭にしていました。

税理士さんとも相談済みです。

が、実際窓口に行ってみないと、
分割を認めてもらえるかわからないし、

認めてもらえたところで、
どこまでこちらの事情に合わせて、
分割回数を決めてくれるのか、
わかりません。

1年以内らしいのですが、
12回払いだとすると、月に5万…。

ちょっと無理な金額です。

頭金をできるだけ入れるつもりですが…
どうなることやら…。


また、軽減の対象になる部分もあるので、
申告すれば、少しは安くなりそうです。

それにしても、
ただでさえ難解な税額の計算式が、

物件そのもの(賃貸 兼 自宅 兼 作業場)や、
もともとが共有物件ということもあって、
さらに複雑です。

全然頭がついていかない…

また、買取った事情が事情なので、
売買契約書などもなく、
その辺の説明も含めて、
ちょっと大変そうです。


大金を出して買ったのに、
どうしてまた大金を払わなきゃいけないのだろうか…
と、思わずぼやいております…


都税事務所へ行く前に、
法務局で土地建物の謄本を。
役所で夫の住民票を取らなくては。

このこと以外にも、
すべき事務手続関係が、
いまだひっきりなしに続いています。

2012.12.13 15:38|書類・手続き関係
個人の確定申告

先生が1月終わり~2月頃やってくる。

必要なのは…
・不動産・建物の経費領収書、固定資産税の領収書、
 保険会社から届く控除証明書 など

2012.12.13 15:31|書類・手続き関係
・会社の経費領収書…9月~翌8月分。決算時に必要。決算の資料作りは10月頃。

・不動産・建物にかかわる経費領収書…1月~12月分。
                  3月の個人確定申告時に必要。
                  固定資産税の領収書含む。
                  先生が1月終わり~2月頃にとりにくる。
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

最新コメント