2012.03.01 01:02|借金、しゃっきん
3月になりました。

今年の2月は、
夫と自分にとって、
特別な2月でした。

二つあるうちの、
一つの借金返済が終わったのです。

信金さんの分です。


先代から続く借金でしたが、
先代亡きあと、
約800万近い残債が信金さんにはありました。

それを、夫が
まさに身体ひとつで
機械を回し続けて返済しました。


いつも夫には悪態ついてしまいますが、
心の中で、
このことに関しては、
本当にすごいと思っています…。


お祝いの一つでもしたいところでしたが、
夫も自分も、
今後のことの方が気がかりすぎて、
それどころじゃありませんでした。


裁判のことがなければ、
盛り上がっていたことだと思います。



完済の喜びは、
心の中にとどめて、
こうしてブログに記録することで
ひっそりと静かにお祝いしたいと思います。


もう一つ…公庫の分の借金も…
年内に完済予定です。


しかし…裁判のことは避けられず…
それまで会社を続けていられるかどうか?

どうなるのでしょう。


とにかく…

信金分完済。
2月25(27)日でした。



夫、お疲れさまでしたm(__)m


スポンサーサイト
2010.05.21 23:33|借金、しゃっきん
今日は、家業の支払いで、
信金、公庫、合わせて25万を、
通帳に入金しておく日だった。

小切手の現金化などなど。

ギリギリだな…

3月は、一番の書き入れ時だったので、
たまたま今月は、
残高に余裕があるタイミング。

でも…
実は、払うべきものに払っていないので余裕があるだけ。

それは、「賃料」と、「姑への給料」。

これまでも、賃料は、持ち家のため
あってないような支払いだったらしい。
売上がある時は支払い、ない時はない…みたいな…

でも、本当は10万計上することになっている。

それと、姑の給料5万。

実質何もしていないとはいえ、
辞めているわけではないので、
一応支払いが必要なもの。

ただ、今月は、
この二つ合わせての15万を支払っていないので
ぎりぎりセーフで、他の支払いができているような状態。

他にも、自動車税や、年払いの保険料、
組合の年会費などがあり、万単位で
お札が飛んでゆく…。

この先どうなるか…。

2010.05.09 23:43|借金、しゃっきん
今回、マイホームを売却したことで、
借金が約2000万円減りました。

ブログを書き始めた当初は、
プロフィールにもあるように、
3つの借金を合わせて約6000万だったので、
今日、現在の借金は、
おおざっぱですが、4000万に減ったということです。

いい加減ですみません。

実家のローンは、
姑が管理しているので、
まったく自分にはわからないのです。

今のところ、
姑の話を推測した数字でしかありません。

①自分たちの住宅ローン 約2000万 → 0

②会社の借金 約700万 → 500万

③実家のローン 約3000万台後半 → 3500万ぐらい?


これに加えて、
未払いの年金、国保料があります…。


「-2000万」の借金減。

大きいです!

売り払っての-2000万なので、
「自分たちの力」で返済した!というわけではありませんが、
これからの自分たちにとって、
大きな大きな借金減となったことは間違いありません。


2000万の借金がなくなったなんて!


借金がなくなるということは、
なんと気持ちの良いことなんでしょう!



家は売ってしまったけれど、
こうして今住める家があることを、
心からありがたいと思います。
(まだここも大きな借金のある物件だけど…^_^;)

恐ろしいことに、自分たちが抱える
借金の全容を、把握していません。

5月中には、
借金のことをきちんと考え、
頭の中だけでも、整理してみたいと思います。

2010.02.24 22:33|借金、しゃっきん
ずっと姑のことを書いてきましたが、
書きながら、自分、他人(ひと)のこといえないよな…と
思って書いていました。

これまでを読んでいただればわかるかと思いますが、
タイトルにまでしてあるとおり、
自分自身、国保や年金を滞納してまで
浪費がやめれらませんから…。


借金をしてまで買物をすることはありませんが、
国保や年金だって、滞納すれば借金ですよね…。

クレジットカードで支払えば、
それだって一時的な借金ですよね。

私のように自分のためだけの浪費よりも、
使い方としては、姑の方がまだいいのかも…と
思ったりもしています。

今、自分に未納しているお金があること。
浪費家であること。
そんな自分にうしろめたさがあります。

そんな自分が何を言っても、姑へのあれこれは、
何の説得力ももたないな…と思っています。

うしろめたさなく、
姑に堂々とものが言えるよう、
浪費をおさえ、当然支払うべき未納のお金を1日でも早く支払わなくては…と
思っています。

2010.02.24 11:14|借金、しゃっきん
借金があったにかかわらず、
金払いの良い姑の姿。

商売をしている以上、
そうケチケチもしていられなかったというのは
わかります。

ただそれ以上に、
なんでもかんでも
つきあいにお金を出すことが、
身についてしまっていたのだと思います。

お金や物を贈ることで、
自分を低く見られないようにする…。

そんなところがありました。

また、「お金がない」と言えない人だったようです。

それは私もそうだし、たぶん主婦の方にはわりといるのではないかと思いますが、
伴侶にも「お金がながい」ところを見せられないのです。

それで無理をしちゃうんですよね…。

姑もそうだったのだと思います。

舅の実母が亡くなった時、
その葬儀代やらお墓代を、
舅がほとんど出したそうです。

舅には兄弟が沢山いたにもかかわらず。

「長男でもないのにウチがほとんど出したのよ。大変だったわ。
お父さん(舅)に、いきなりお墓代ないかと言われて、
もうかき集めて80万作ったんだから。」と、
姑は話していました。

舅の要望があると、
なんとか工面する姑は、
妻として、ある意味素晴らしいと思います…。

ただ、お金が本当に尽きてしまった今になって、
その不安や怒りの矛先を私や夫にぶつけてきたり、
「大変だった、大変だった 苦労したのよ私は!」というぐらいだったら、
なんでその時、
「うちはそんなにお金ないわよ。兄弟みんなで出し合いましょう。」と
言わなかったのだろうと思うのです。

舅の兄弟がお金に困っているという事であれば話は別ですが、
舅の兄弟は、都心の一等地で不動産業をしていたり、
大手メーカーの役員をしていたりする人もいて、
はっきり言って、ウチとは比べ物にならないぐらい
金回りが良い人もいます。


兄弟が沢山いる中、
一番おかあさんの面倒をみていたのは舅だったといいます。
(姑談)

…というか…

客観的な見かたをすると…


舅、姑が
他の兄弟を寄せ付けない雰囲気があった…と
いうことも言えると思います。

姑は、いつも
「嫁の中で、私だけがお義母さんとはうまくやってたのよ。」
「お義母さんのことは、私が全部やったんだから…」
(※同居してたわけではないのに)
…と、いつもお決まりの
「私が全部一人でやってきたのだから。」を
連発していました。

きっと、舅兄弟の身内は、そんな姑や舅から
うまく距離をとってたんだろうな~と、
今となっては思います。

確かに一見、お義母さん思いの心温かな熱心な人に見えますが、
そういう反面、
実際は、
≪とにかく自分でやっていないと気が済まない≫姑の姿を
みんなわかっていたのだと思います。

姑は、舅の母が亡くなった時も言っていました。
「お義母さんの葬式のことは、なにもかも私一人でやったのよ!
そりゃぁ大変だったんだから。
お父さん(舅)の兄弟は、私には頭が上がらないはずよ!」と…。

だから、お墓代についても、
兄弟が出し合う雰囲気もなくて、
自然と舅と姑が出すようになっていたんだろうな…と
今は容易に想像がつきます。

姑も、舅兄弟の手前、
そして、これまでの関係のとり方から、
お金がない様子を見せられなかったんだろうな~と。

そうして
「うちにはそんなに余裕がない」と舅にも言わず、
(言ったかもしれないけれど)
なんとか工面した姑。
舅もきっと、姑に頼めばなんとかなる…
いつもそんな風に思っていたのだと思います。


ホント…姑「何もかも全部自分がやってきた!」と言うのはいいんですけどね…。

だったら、今のこの状態を人のせいにしないで欲しいのです。

自分の老後の資金がないのは、
夫や私がそこにしがみついて仕事をしていて、建物が売れないせいだ…とか、
自分が不幸なのは、あなた(←私のこと)のせいだとか…

もう、私なんて、存在しているだけで悪者扱いですから…。

上から目線で私にお金をくれているうちは、
まだ姑も姑なりの平常心が保てて、私と付き合えたのだと思います。

でも、いよいよ借金がせっぱつまり、
上から目線で夫や私やみんなに渡せるお金がなくなった今。

ただ≪お金がなくなった≫という現実だけでなく、
≪お金≫という自分にとっての切り札を失い、
姑は混乱しているようにも見えるのです。

そして舅も亡くなって数年経つ今…

舅の兄弟、親戚とはほとんどつきあいがないようです…。




07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク