2009.11.30 09:54|回顧
自宅を売るとなると、
売れるかどうかはわからなくても、
家の中にある家財道具を出さなくてはなりません。

前住人の持ち物が何もなくなった空き家を、
家探ししている方に見てもらうのがベスト。

ただ、新しい住まいに引っ越してから家を売ることのできる人なんて
そんなにたくさんいるのでしょうか?

12月いっぱいは、もし家を見たい…という人が現れたら、
物であふれたままの家を見せることになりました…。

不動産屋さんが、一応お客さんの色を見て、
家の中まで案内するかどうか判断してくれるそうです。

この人はあまりこだわらなさそうな人だ…とか、
この人は、綺麗好きそうだから、中を見せるはまだやめておこう…とか、
きめるんですかね?

自分も、今の家を買う前に、中古物件なども探したので、
まだ人の住んでいる家を何軒か見に行ったことがあります。

どの家も、やっぱりモノが多くて、生活臭あふれていたな~。
でも、自分は全然気にならなかった。
むしろ、人の家にお邪魔するドキドキ感があって楽しかった。

そのうちの1軒に、今の自分と同じぐらいの歳の
奥さんがいたことを思い出します。

その時は、はるかに自分より「おばさん」と思ったけれど、
今となっては、現在の自分が、その時そこにいたんだと思う。

「自宅を売る…」という行為に、どこか物悲しさをその時感じたことも、
同時に、今ありありと思い出しました。

もしかしたら、そのおばさんは、実は大金持ちで、引っ越し先は
今以上にお金をかけた立派な新居だったのかもしれない…。

あるいは、遠方に引っ越すことになったとか、
親と同居することになったとか…。

いろんな事情を憶測したけれど、
なぜか、
引っ越しは晴れやかな理由ではなく、
なんとなく薄暗いような理由ではないかと
感じたのは、
その散らかった家の中のせいだったと、
今、はっきりとわかりました。

もし、きれいに片付いた家であったら、
きっと、そんな物悲しい印象は受けなかったと思う。

部屋は、やはり綺麗に片付いてないといけないんだ…。


スポンサーサイト
2009.11.29 16:02|売家準備
さきほど、夫が不動産屋へ行き、売り出しの契約を結んできました。

スペアの鍵も渡してきました。

自分の甘さとの…戦闘開始です。

いよいよ物事が動き始めました。

これまでは、

「このままではまずいな…」と思いながらも、
決心もつかず、なんとか現状のままキープできないかなぁ…と、
のばしのばししてました。

住んでいない家なのに、贅沢にも手放したくなかった…。

事態が変わることを、
現実に目を向けることを、
恐れていました。

2009.11.28 14:29|借金、しゃっきん
これまで何度も、
「もうこれ以上先延ばしにしてはいられない」と、
言いながら、結局何も自分を変えることができませんでした。

でもでも…とうとう
マイホームまで売ることになったのですから。

たとえ住宅ローンがなくなっても、
会社の借金が無くならない限り、
自分たちは、常に住んでいる家を追われる危険性があるのです。

仕事も、もしかしたら明日から一つも入ってこないかもしれない。

そんな状況で、
今、自分が変れなくてどうする。

可愛いこどもがいるのだ。
可愛い可愛いこどもがいるのだ。


この子の生活をなんとしても守らなくては!


今、自分がやるべきことを、
とにかく実行に移さなくては。

考えたことは、とにかく≪今≫やらなくては!

2009.11.27 13:37|借金、しゃっきん
(続きです)

マイホームを売ることに決めました。
まだ買い手がつかないので、決定ではありませんが、
仮に売れたとして…。

とりあえず、マイホームの住宅ローンは相殺されるはずです。

その後の住まいは、現在の住まいでもある
夫の仕事場兼夫の実家です。

もう、住むところはここしかありません。

しかし…この物件は、

物件自体の建築費のローンが月に22万。
(あとまだ20年近く支払が続くようです…。
いったいどんな返済プランだったんだろう?)

そして、会社借金の担保になっています。
会社の借金返済額は、何度か書いていますが、
月に約25万…。

銀行に15万。
公庫に10万。

月々の売上は、ここのところ、70万そこそこ。
資材費や外注費、万単位の光熱費(機械を使うので
高い。)、その他経費。
そして借金の返済…。
これで、50万はなくなります。

つまり、残り20万で、自分たちの生活費と義母の生活費を
まかなわなくてはなりません。

でも、これ以外に年間で払わなければならない税金などもあります。


どうにもなりません。
なんとか義母が、融資のお金や貯金を切り崩して
やってきましたが、限界。

廃業も考えています。

けれど…廃業となると、
銀行さんへ&公庫への残債およそ700万を、
一括返済しなくてはなりません。

そんなお金あるわけないし…。

とにかく、銀行さんへ、
月々の返済額を下げてもらうよう、
今、夫が交渉をしています。

この手のことにこれまで
かかわろうとしなかった夫ですが、
ここまできて、そういうわけにはいかなくなり、
今、銀行の営業さんと交渉中。

そして、マイホーム売却に…と、
動き出しています。

廃業したら、住む家も仕事もなくなる…。

でも、家業を続けていても、
この先の売上げは先細るばかり。

銀行との交渉がうまくいけば、
その後は、公庫にも同じように
減額のお願いをしてみる予定です。

なんとか月々の返済額を減らしてもらい、
のりきっていかなくてはなりません。

どれぐらい減額になるかはわかりませんが、
銀行と公庫、合わせて月14万ぐらいになってくれれば…と
願っています。


なんとか銀行、公庫への借金は、
どんなことがあっても、毎月捻出し、
滞りなく返済しなくては。

延滞半年程度で、差し押さえになるようですね。

今は、月25万の返済。
これが、なんとか月14万ぐらいになり、
ほそぼそと生活をしていければ…と
思っています。

あとは…どうかどうか機械が壊れたりしませんように…。
壊れたら、修理するお金がありません。
減額をお願いした以上、融資なんてありえませんから…。

祈るばかりです。





2009.11.27 13:15|借金、しゃっきん
(続きです)

3年前、義父が亡くなってから、
このうちの家業を手伝うようになりました。

多大な借金が徐々に明らかになっていく中で、
なんども、
「なんとかせねば。」
「改善できる道を作らねば…。」
と、本気で考えました。

そのためには、家業の収支を把握したい…。
まずは、そこからスタートしなくては…。

以前の記事にも書きましたが、
その思いは、ことごとく徹底的な義母の拒絶によって
砕かれました。
(内容重複しますが、過去記事です⇒

どんなに冷静に話を持ちかけても、
最終的には、
「あなたは、あたしを殺す気なの?!」
「殺すんなら殺しなさい!」
「あなたは、経理をやりたいんでしょ!」
「あなたの顔を見ると吐き気がする!」
と、ヒステリックに怒られ、時には泣かれておしまい。

「夫と自分が働いている仕事が、
どれぐらいの売上になって、どれぐらいの支払があるのか。
ただ、月々それを知りたいだけなんです。」
という思いは、未だかなっていません。

義母は、お義父さんが亡くなった時、
自分の息子(夫)に向かって、

「これから好きにできるようになって、
あんた、嬉しいんでしょ!」と、暴言を吐いた人です。

自分の父親が亡くなって、悲しみを抱いている息子に向かって。

話がそれました。

そんな義母との繰り返しをするうち、
自分の中で、なんとかなっているのならいいや…と。

そして、減額になったとはいえ、
月々の給料を払ってくれてるのなら、まぁいいかと…。

夫から渡される月々18万。
プラス自分の給料5万。

これは表面上変りなく続いたので、
自分の、浪費のペースも変わりませんでした。

何かおかしい…と思いながらも、
生活を変えませんでした。

部屋を散らかすためだけに買われてくる、
衣類や雑貨たち。

風水の本を何冊も読みながら、
それさえも、結局は部屋の中の無駄なゴミとなり…。

そうして、今回
マイホームを手放すことになり、
あらためて、我が家の今後を考え、
事の重大さに気がついたのです。


(つづく)
2009.11.27 11:48|借金、しゃっきん
このブログを書き始めた当初の目的は、
日々深刻になっていく、借金返済の現実を、
頭の中で整理してみようと思ったからです。
なので、タイトル下のブログ紹介文も、
そんな内容を書きました。

そうすることによって、
自分のダラダラな精神と消費行動に、
少しでも歯止めがかかればよいな…と。

でも、記事にしようと思うと、
≪借金≫という現実に向かい合うのがしんどくて、
そのうち、自分のだらしない日常や、モノへの執着ばかりを吐き出し…
結果、以前と何ら変わりのない毎日。
ブログ紹介文も≪借金≫という2文字がないものに変えました。


深刻な現実から、とにかく逃げていました。

≪頭の中で整理する≫
そんなことからさえ、逃げていました。

ダラダラと、好きなバッグのことや、オークションのこと。
片付かない部屋のことなどを書いているうちに、

借金の状況は、ますます深刻になっていたのです。


(次の記事に続きます。)
2009.11.27 01:29|借金、しゃっきん

感傷にひたるのはさておいて、
まず、売る気になったいきさつ等…。

もちろん、一番の要因は、「借金」です。

収入減により、月々の返済に赤信号がつきました。

この先、収入アップの見込みはありません。

このウチ(マイホーム)は、
自分と夫の保険でもありました。

なので、できるだけ手放したくはありませんでした。


夫に万が一のことがあった時、
団信保険がついているため、
その後の返済をしなくてすみます。

つまり、夫と自分とこどもが、
安心して暮らしていける家だったのです。


今暮らしているのは、夫の実家です。
夫の名義は4分の1です。

義母が2分1を持っています。
で、義弟が4分の1…。

何かあった時でも、自分の好きなようにできるものではありません。
そしてまた、実家ビルのローン返済は、個人で支払えるような額では
なく、夫がなくなったら返済は不要…。という物件ではないのです。

夫が亡くなっても、高額な返済が必要です。

つまり…その返済ができなければ、追い出されてしまうのです。

自分とこどもが、路頭に立たないためにも、
別宅のマイホームは維持したかった…。


しかしながら…!

そんな安全牌を、お金で維持できるような状況では
まったくなくなったのです。

夫の給料は月45万だったのですが、ここ数ヶ月は30万です。
それも、その30万は売り上げからではなく、
会社の貯金を切り崩すして捻出してるものです。

30万でも、それだけあればなんとかやりくりできるかもしれません。

ただウチは自営業なので、国保。介護保険料。二人分の年金。などで、
月に9万はそこから支払わなくはならないのです。

そして、住宅ローン返済が約10万。(夫の通帳より引き落とし。)

つまり、残りは約10~11万。

ここからさらに、光熱費、通信費、教育費で、4万。

夫は、2万ぐらいの小遣いという感じでしょうか?


当然のように、ボーナスはありませんから…。

なので、家電商品がこわれた時とか、レジャーなどは、
貯金を切り崩すしかないのです。


そして今回…。

会社の行き詰まりに2ヶ月ぐらい遅れをとって、
我が家の家計も貯金の底が見え始めました。

あと1~2ヶ月生き延びる事ができたとしても、
仕事は、先細りが目に見えている。

月収アップはまったく可能性がありません。

あと1年ぐらいで、現在の返済額10万ちょっとが14万に跳ね上がる…。


住宅ローンの返済ができなくなる恐怖が、すぐそこです。


もう今の状態ではどうにもこうにもしようがなく、
結果、傷口が広がる前に、
「売りに出す」…という結論になったのです。



2009.11.26 23:21|借金、しゃっきん
いよいよここまできたか…という感じです。

マイホームを売る…。

でも、まだ住むところを失うわけではないのだから、
恵まれていると思う。

むしろ、売りに出しても、
買い手がつかなかった時の方が問題です。

夫が、見積もりに行った結果、
不動産屋さんからの返事は、
意外にも…
「おそらく春ごろには売れますよ。」
とのこと。

売れる見込みは期待せず、
それでも、この先どうにもならないので、
ダメ元でお願いした見積もり。

もちろん、売り出し価格は、
自分たちの希望以下で、
むしろ、不動産屋への手数料も合わせると、
ローン残高より低い金額になってしまう
可能性もあるのですが…。

それでも競売になるよりは、
はるかにいいのかもしれない…。

実際、売るとなると、
本当に悲しい…。

7年間のうち、落ち着いて住んでいられたのは、
3年程度だと思う…。

ここ3年は、現在の主な住まいである夫の実家に暮らしていたし、
数年前、自分がよそに勤めに出ていた時は、
仕事やこどもの保育の都合で、夫の実家近くのアパートを借りて暮らしていた
時期もあったし…。

それでも、週末、うち(マイホーム)に帰るとホッとしました。

家の中は、都内に比べて広く、
好きな家具や食器、趣味のもの揃えていました。

そんな空間で過ごす時間は、
とても気持ちが安らぎました。

でも、実際は、買物ばかりしていた自分のせいで、
4部屋のうち、1部屋は物置と化し、
飾り付けた他の部屋も、ものとホコリが目につく部屋でありました。

廊下にも荷物があふれ…。

広ければ広いだけ、物をつめこんでいた自分…。

今なお、そんな状態ですが、
それでも、帰るとホッとする場所にかわりありません。


いつも、こう思っていました。

「住んであげられれなくてごめんね。」
「きれいにしてあげられなくてごめんね。」

「いつか、きれいにしてあげるからね。」

「いつか」…が、間もなくくるようです。
「きれいにする時」…は、自分たちが出ていく時なのです。

夫が、運び出す家具の処分方法や、
不動産さんとの日程を詰めています。

なんだか本当に売ってしまうのか、
実感が湧きません。

感傷的な思いばかりが今、よぎっています。

2009.11.26 10:53|借金、しゃっきん
以前の記事で書いた家(⇒)を、売りに出す手続きを始めました。

数年前に一度売りに出したことがありますが、
その時は、こちらから取り下げました。

あとで、ゆっくりもろもろ詳細記録したいと思いますが、

先日、夫が近所の大手不動産屋へ行き
見積もりをお願いしてきました。

すぐに売れるような物件ではないので、
難しいと思いますが…。

また、売れたところで、金額によっては、
ローンだけが手元に残ってしまう可能性もありますが…。

とにかく…
住んでいない家に、お金を払っている余裕はありません…。

2009.11.25 01:10|日記、にっき
今日は午前中に配達があったので、外に出ました。

外に出ても、つい実店舗に寄り、
「今必要でない買い物」をしてしまう自分。

今日もそう…。

リサイクルショップで…

 ・こどもの服2枚 800円。
 ・お皿3枚200円×2 600円。


スーパーにも行きました。
 ・夫と私の弁当代合わせて 600円
            (本当は1個490円のお弁当屋さんに行こうと思っていたので、
            これでもいちおうがんばりました。)

 ・その他食材で、合わせて約2000円。


やっぱり買弁は高いですねぇ~(>_<)。

午前中配達に出ると、
時間的に、ウチでお昼が作れません。

自分は昨夜の残り物をレンジでチン。ですみますが、
夫は、そういうわけにはいかないので。

もっと節約するためには、
前夜に作っておくとか?
朝早く起きて作っておくとか…???

そういう努力が必要でしょうが、
そこまでまだまだ行きつきません(>_<)(>_<)(>_<)。


まだ、≪楽らく≫をお金で買っています。

2009.11.24 02:22|お金、おかね
21日は、前記事のとおり…。

22日は、私はナシ(夫がスーパーでの食材をカードで支払。約8000円。)

23日は、出先で、タケノコご飯&しめじご飯 弁当 600円。(1コ300円)
      野菜直売所で 野菜 300円。(聖護院ダイコン1本300円也×3)
                ミカン&ジャガイモ 300円。
    
     昼ごはんは、昨夜の残りのイカ刺とキャベツを使ってお好み焼き。
     スーパーで、粉やらかつおぶしやら…購入で 1000円。

     夜ご飯は、「びっくりドンキー」で、夫支払で3000円。


外食好きな夫も、このシビアな金銭事情を
ようやく体感してきたものと思われ、

3連休中に外食は1回でした。


(タケノコ弁当…の買い弁がありますが、
これは実用を兼ねたお土産みたいなものなので…。)

以前だったら、間違いなく、
この3日間で外食は最低3回していたことでしょう。

高い店に行くわけではまったくありませんが、
それでも、ファミレス、マック、焼肉、牛丼屋、回転寿司…。
1度の食事で、2000~3000円の出費は当たり前でしたからね。

これまでだったたら、外食3回で、1万円。

でも、今回は1回なので、3000円。


スーパーで、1万円使いましたが、
2日分の朝昼晩の食事&デザート、
嗜好品の発泡酒1ケース、毎晩夫が欠かせぬ焼酎も買いましたからね。
無駄買いは全然していないと思います。
2日分以上の買物です。


これも変化だな~。
以前だと、休みの日は、
すぐに

「どの店に食べに行くか?」

を考えていましたが、

今は
「ウチで何を作ろうか?」

に変わりましたからねぇ~。

「外食したら、お金がもったいないな~」と、
思いつつも、
夫の外食好きと、自分も楽なもので、
なかなか
「うちで適当に食べようよ!」と、言い出せなかったのですが、
いよいよ自分の身に金融危機を感じた夫自ら、
外食を控えるようになってきました。

外食業界の厳しさが目に見えます。
本当は、貢献したい気持ち山々ですが、
今のこの日本…。

外で食べたら3000円。
ウチで作ったら、デザート・飲み物付きで1000円。

そう考えると、なかなか外食する気になりません。
財布のヒモがゆるゆるのウチでさえこうなんだから…。

節約は、家族個人単位では良いものですが、
資本主義の、「消費至上社会」の仕組みの中では、
本当にまったく逆ベクトルのものなんだな…と痛感した
連休外食でした。

2009.11.24 01:30|日記、にっき
平日ひまでも、週末は、しわ寄せの急ぎ仕事があるので、
土曜日は仕事。

日曜~月曜の2連休となりました。

でも…この時期に2連休なんて…。

これまでは考えられなかった話です。

11月~12月は、土日も休みなし…が、
例年、当たり前でしたから。


この時期に2連休とれるなんて、
おそろしい限りです。


年明けの厳しさを予兆する状況です。

こわいです…。
2009.11.22 01:27|お金、おかね
今日は、それほど遠くはないけれど、
行動圏内ではないゆえ、
なかなか行かない激安スーパーに行きました。

で、食品約5000円分購入。

今晩の焼肉用の豚肉 約1000円分(いつもより一人多いので)。
グラム38円の胸肉。
豚しゃぶ肉など、お肉を補充。
冷凍して、少しづつ使う予定です。

もう1軒のスーパーへ回り、
こどもの大好きなチョコレートがけリングドーナッツを、
明日の朝用に、友達の分と合わせて二つで300円。

他、セール中のシリアルを2袋、
ピーナツバターなど…
合わせて、ここでも1500円ぐらい使いました。



2009.11.22 00:21|日記、にっき
こわれてしまったホットカーペットのかわりに
先日購入したホットカーペットが届きました。

…が、まだ使えません。
床の上のものをどかさないと、
敷けないんです。

あ~あ…。

めんどくさいな…。

明日なんとかしないと…と
思っていたら、
明日は、夫の仕事がないことがわかり、
早いうちに、ウチを出て出かけることになりそうです。

明日もあさっても手つかずだな…。

こうしてブログを書いているううちに、
せっせと片づければよいのですが、
夫が寝てくれたあとの時間は、
気持ち的に、唯一心底ゆっくりできる時なので、
ビールを飲んで、ほっと一息。
好きなことだけしかしたくありません…^_^;。


2009.11.21 23:54|日記、にっき
こどもの友達が遊びに来て、そのまま
泊っていくことになりました。

よくもまぁ、こんなに狭くて汚ないウチで…と
思いますが、
こどもたちは、まるで気にしないで
遊ぶんですよね。

みんなでキャンプに行った時は、
小さな虫にも、クモの巣にも
ギャーギャー言って大騒ぎなのに、
ウチみたいな、人為的な汚いウチは
平気なんですね困った…

たまたまですが、
昨日たたみが見えるぐらいにまで片づけておいて
良かった。

その部屋に、私の布団を敷いて
今は楽しそうにゲームをしています。

こんな時間までゲーム?と、
目くじらを立てるなかれ…。

そうめったにあることではないのだし、
楽しむ時は、思いっきり楽しんで欲しいです。
そのかわり…、やらなくてはならない時には
嫌でもやりとげること。

その辺、こどもら、ひとつよろしくです。

よって、こういう時はほおっておきます。
普段、いやというほど、うるさく言われているもんね。


で、自分、布団がないので、
寝袋にくるまって今日は寝る予定です。

夫の布団もありますが、
一緒は勘弁です~^_^;。



2009.11.21 00:49|かたづけ
まだ片づけられない扇風機。

前記事、前々記事の写真にも写っている扇風機。

ホコリをおとしてから…ということもありますが、
最近雨続きの中、まだ大活躍しています。

乾燥機のない我が家。

雨が続くと、洗濯物ができません。

溜まりゆく洗濯物…。

室内干しや生乾きの不快感を思うと、
洗濯はしたくないのですが、
そうは言ってもいられず洗濯。

縮んでもいいものは、最寄りのコインランドリーの
乾燥機を目指しますが、
縮んだら困るものは、室内干しに。

そんな時、扇風機君が大活躍。

ず~っと回ってます。
風干しです。

気温10℃を下回った日も、
部屋の中でグルグル回ってました。

それも、間もなく終了ですね。

エアコン暖房を入れるようになったら、
終了です。

ここ数日、エアコンをつけずにはいられない寒さが
やってきていますから…。

そろそろ扇風機君にも休んでもらう頃です。


2009.11.20 20:49|かたづけ
久しぶりにはりきった結果。
IMGP1405.jpg

たたみが見えてきました!

前記事の写真、まるで収納部屋のようですが、
れっきとした生活スペースです(*^_^*)。

うちは、台所と、二部屋しかないので、
貴重も貴重な一部屋です。

なのに、こんなですから…。

それも家族持ちで、こんなですから…。

今日はとりあえずたたみが見えるまでやってみました。

ただ、
たたみの上のものを、脇にどかして積み上げただけ…
という気がしないでもありませんが、
とにかく、床が見えるだけで、清々しい気分になります。

これで、隅々までキレ~イに片づけられたら、
どんなに晴れやかな気持ちになるんでしょう?!

明日も引き続きやってみます。



2009.11.20 10:51|日記、にっき
昨日はすこぶる寒かったですが、
なぜか、はりきりモードで。

今日も、ひきつづきはりきりモードが全開です。

普段は、なかなかPCの前から離れられず、
だらだら~。

眠くて
だらだら~。

な状態なんですが、
昨日~今日とはりきってます。

いつ息切れするかわからないので、
とにかく、できるうちに片づけやってます!

これも↓obeya

これも↓obeya2

やっつけてやる!

2009.11.19 00:27|お金、おかね
今日はほぼ1日、こどもの用事で外に出ていたので、
食品以外の出費はありませんでした~ホッ ほっ

外に出ると、必ずといっていいほど
何かしらのお店に入り、
今必要でないものを買ってしまうし、

うちにいたらいたで、
ついネットで買物してしまうので、

今日みたく、お店のない場所で拘束されるのが
一番良いです。

スーパー 他で、食品を約2000円分買いました。

ただ、そのうち約1000円分が、できあいの弁当&惣菜です。

今日は、1日家を留守にすることになってしまったので、
夫の昼ごはん用に弁当。

そして、帰り時間が遅かったため、
晩ごはんの支度ができず、肉屋さんでコロッケ、メンチ、カツを
買ってしまいました…。

前もって自分で作っておけば、もっと安上がりだったのは、
十分承知です…困った…

…でもですね…
ここの肉屋さんのメンチ…
ジューシーでとっても美味しいんです。
&コロッケは65円~!

普段なるべく買わないようにしているので(自分レベルですが^_^;)、
こんな時は、実は、チャ~ンス~!とばかりに
すすんで買ってしまいます。

家に帰ってから、急いでごはんを炊き、
キャベツをたっぷり千切りにし、
賞味期限のせまった豆腐を使って、
わかめと豆腐とかいわれ大根の味噌汁を作りました。
そして…好物のメンチ!

私的に、人に作ってもらったものを
食べられるシアワセな晩ごはんです。

そもそも…

うちで作って食べようか?
買って食べてしまおうか?
外で食べてしまおうか?

…なんて、選択肢があるということは、
ぜいたくなことですよね。

ありがたくいただきましたm(__)m。


2009.11.18 00:29|借金、しゃっきん
経理のいっさいは、義母がやっています。

…というか…夫や私の干渉を拒絶して現在に至ります。

実は隠し資金があって、それを知られたくないから
拒絶…というのであれば、むしろ嬉しい限りなのですが…。

残念なことにそうではなく、
義母自身、もうあまりの自転車操業ぶりに
頭が回らなくなり、把握ができなくなっているのにかかわらず、
あくまでも「つかさどっているのは自分である。」という
強い意思から拒絶をしているのです。

夫は、15年前から家業に入っていますが、
その間、義母は、夫に対して「給料」ではなく、
「息子に小遣いを渡している」的なスタンスだったのです。

義父が亡くなり、今は夫一人の腕を頼りに収入を得ていますが、
義母にとっては、
それが自分にとってプライドの許せぬことなのです。

常に、息子を支配下に置いておきたかった義母にとって、
自分が、息子に食わせてもらっている、という認識は、
受け入れがたいもののようです。

もちろん、夫も私も、義母に対して、
会社のお金の流れをもっと把握したい旨、
これまで何度も何度も言ってきましたが、
そうすると、病的にヒステリックな状態になり、
「そう言うなら私をころしなさ~い!」
とまで、怒り狂い、全く収拾がつかなくなってしまうので、
いつも前に進めませんでした。

なんとかなっているなら、それでいいんじゃないの…。

夫も私も、このままではダメとはわかっていても
義母がそうまでいうならもう勝手にしろよ。と、
そのうち投げやりになっていました。

会社の資金残高も、月々の収支もわかないまま、
夫も私も働いているのです。

決算書で、ある程度のことはわかっても、
実際は、義母のお金や、賃貸業のお金と
ごっちゃになってしまっているので、
本当にところはわからず…。

そんなんで、もちろん状況が良くなるわけありません。
打つ手もないので、ジリ貧です。

義母は、とにかくお金のあるところ(これまでの貯金とか、
売上げの一時的な収入とか融資の残金とか)から、
ないところに、お金を流す作業をしているだけなので、
お金は、だらだらとなくなる一方なのです。

今月は、とうとう銀行さんと金融公庫への借金返済額25万円さえ、
確保できない状況となりました。

義母はこれまで、自分の貯金まではたいていたようですが、
それさえも尽きて、いよいよ払えないようです。

そして、ここまできて、ようやく銀行さんに話をしたようです。
銀行さんの意見で、
とりあえず、今月の支払いは、亡き父が持っていた最後の貯金…
100万円…。
これで支払ったらどうか…という事になったようです。

公私混同ですが、会社が使える
これが最後の通帳…貯金のようです。

2009.11.17 20:45|お金、おかね
残念なことに、去年冬のおわりに
ホットカーペットが壊れました。

うちはせまいので、こたつを置けるスペースがなく、
ホットカーペットの上に座って、ひざかけをかける…という
暖のとり方なので、
なくなると大変きびしいです。

こわれたホットカーペットは、
2畳サイズでも、3万近くした高いものだったんですよ~。
今は、良くそんな高いもの買えたな…と思うのですが、
当時は、ちゃんと出せるお金があったんですよねぇ。

よそで自分が働いているときに、自分の稼ぎで買ったものです。
(うちにある電化製品のほとんどがそうです。)

今では、もろん無理。
自分に収入はないし…。

ホットカーペット…高いな…と思って
オークションを見ていたら、
国産メーカー品でも、7000円ぐらいでも買えるとわかり、
支払のことも考えず、即効落札してしまいました。

これまた見たのが、終了時間直前だったんですよ。
あわてて入札しましたよ。

本体と、妙な模様のない無地の絨毯(カバー)付きだったので、
お手ごろ価格かな、と思うのですが…。

これは、必需品だから
仕方ないですよね…。

でも、またカード払いです…下向き矢印


1万円はするものだと思いこんでいたから、
7000円なら安い!と飛びついたわけですが、
よくよく考えると、このご時世、相場なのかもしれない…。
もっと安く買えたのかもしれない…。
と、気になってしょうがなかったので、
ホットカーペット2畳用の価格をそのあとリサーチしてみました。

順番が逆だよな~困った…


私がオークションで買ったのは、

商品価格+税+送料 合わせて… 7600円。

同じものが、同条件で、某電気屋サイトでは、7000円でした。

泣き


もっと他を探せば、さらに安いものがあるかもれません…。

オークションは安い…というイメージがあって、
すぐに飛びついてしまうのですが、
商品のジャンルによっては、実際そうでないことも多いですよね…。

う~ん…またやってしまった…。
今日の買物も後悔です…アップロードファイル



2009.11.17 08:55|日記、にっき
朝から雨が降り出したので、
洗濯はナシ。

台所にたまっているお皿を洗おうと思いますが、
寒くてなかなか立ち上がれず。

腰にグルグルにハーフケットやひざかけを巻き、
上半身もフリースを重ね着してモコモコな状態なので、
動くのがいちいち億劫です。

でも、部屋にいるのは自分一人だし、
暖房はまだガマン、ガマン!
2009.11.16 23:15|バッグ、鞄
人ごみの中に出ると、
一番気になるのは、もちろん
他人様(ひとさま)の持っているバッグです。

車を運転中も、交差点の信号で停まったとたん、
横断歩道を渡る女性のバッグに
即効目が行きます。
それが楽しみで楽しみで、
赤信号が待ち遠しいほど。

どんなバッグでも、
その人と、その人が持っているバッグを見て、
いろいろ妄想して楽しくなります。

2009.11.16 00:51|バッグ、鞄
私はバッグ中毒です。

以前も書きましたが(こちら→

物欲の中でも、特におさまらないのがバッグに対してです。

自分にとってのオンリーワンを求めて、
不毛な買い物行為に走っています。

決して、数や新しいものが欲しいわけではないのに、
「これだ!」と思うものに出会うまで、
買い続けてしまいます。

買う時に「これだ!」と思っても、
しばらく使っているうちに、
「これじゃなかった」と思うのです。

そんな自分がひそかに憧れる、
身の回りのバッグの話その①。

あまり深いつきあいはないけれど、
会えば2言、3言、言葉を交わす
ママ友がいます。

学童に子どもを迎えに行く時間が重なり、
ほぼ毎日会います。

私は、家から迎えに出るので、
たいてい化粧もしない顔を帽子とマスクでごまかし、
部屋着に毛の生えた程度のゆる~い外出着ですが、
彼女は、正社員で大手企業の研究員という、
いわゆるエリートなステータスを持った女性なので、
いつも身ぎれいな格好をしています。

私と同い年なんです。
私から見れば、勝ち組も勝ち組…。

このうえもない好条件の育給やお休みのある企業で
自分のキャリアを重ねながら、子どもを育てている彼女。

長期休暇後には、必ず海外土産をいただきます。

戸建の持ち家も、親を頼らず、自分たちだけで
手に入れている彼女。

下世話ではありますが、このあたりの相場からすると、
地価の下がった現在でも4~5千万する物件と思います。

すごいな~。
うらやましいな~。
と思います。

そんな彼女は、派手な格好をしているわけでもなく、
ブランド品を持っているわけでもなく、
むしろ、流行とはまったく関係のない、
いつも落ち着いた自分らしい恰好をしています。
ふくらはぎまで丈のあるタイトスカートだったり、
肩章のついたジャケットだったり…。
ちょっと古臭いような装いでも、とても感じ良く見えます。

そしてなにより、
彼女がいつも肩からさげているバッグ。

知り合ってから5年ぐらいになりますが、
はじめて会った時から、今でも、いつも、
彼女は同じバッグをさげているのです。

B4程度の書類がちょうど入るようなサイズで、
牛革と爬虫類のコンビのバッグです。
馴染んでやわらかそうに、くたっとしています。
革は、使い込んで黒びかりしている箇所もあり、
熟成した飴いろに変色しています。

実用的である。
そして、ものの質の良さゆえ、
毎日持ち歩いてくたびれても、
ボロボロになるのではなく、
むしろ味わいが増している…
という、すばらしい雰囲気のバッグです。

私のひとつの憧れの形です。

でも、たとえ、同じものを私が手に入れたとして、
そのバッグは、まったく違う表情になるでしょう…。

いうまでもなく、同じバッグが欲しいわけではありません。

私が強い憧れをもつのは、
彼女とそのバッグの特別な関係に対してです。

そして、もう一人もう一つのバッグの話は、
次の記事に。
2009.11.15 11:32|日記、にっき
こちら、今日は、青空が広がり気持ちが良いです。

洗濯機、ガンガン回してます。
今、今日4回目ですね。
あともう1回回したい。

小さい容量の洗濯機&雨続きで、
控えめに洗濯していたせいもありますが、
3人暮らしで、すごい洗濯ものの量だな…と
我ながら呆れています。

…ってことは、やっぱりものが多いんですよね。
衣類もタオルもファブリックも…。
数が少なければ、こんなにも洗濯の量が
多くならないと思う。

限られた持ち物の量だったら、次使うために、
すぐに洗って乾かさなくてはならないから、
回数こそ多いかもしれないけど、
一度の洗濯の量もほどほどなんだと思います。

でも、うちは予備(余分?)が、たくさんあるから、
とりあえず、すぐに洗わなくても他を使えばいいわけで。
そうして、どんどん他を引っ張り出して使うので、
ヨゴレものをためこんでいるわけでもないのに、
いつも洗濯ものがドッサリ山のようです。

そうして、時間にも追われます。

ものが多いっ…て、ほんと、お金と時間の無駄づかいだな…と
思います。

さて、もうひと回ししなくては。
2009.11.15 01:07|無駄づかい
今日、夫に頼まれた雑誌を買いに、
スーパー2階にある書店へ行きました。

目的の雑誌は見つからず。

そのまま帰れば良いものを、
同じフロアにある衣料品コーナーのチラシが目に入り
つい、足を向けてしまいました。

「男児パンツ 全品半額!」
「婦人物セーター、カーディガン 全品半額!!」
「二日間限り!!!」

となっていたんですよ…

こどものパンツ(ズボン)で、何かいいものないかな~。
冬本番に備えて、裏地のあるボンディングパンツとかが
安くあればラッキ~!と思って、こども服コーナーへ。

そしたら、すぐに見つけました。
でも、ボンディングパンツではなくて、
かっこいい刺繍の入ったジーパンです。
予定とは違うけど、迷いなく購入。
それも選びきれなくて2枚購入。

1870円の半額×2枚。

まぁ、これは許されるかな?
2枚も買う必要があったかどうかは別として…。


ここでやめとけばいいのに、
レジに行くまでに通った婦人服コーナーで、
1枚のセーターが目に飛び込んでくる。

3900円…。

定価であれば、間違いなくスルー。
でも、今日は…今日と明日だけは、半額!

こういう時、自分は試されているんだと思う。

そして…

いつも自分は勝つことができない。
クリアすることができない。


レジで、
3枚分の合計額が印字されたクレジット用のレシートにサイン。

今日も、自分に勝つことができませんでした。



この勝負のツケが、この先、必ずマイナスになって
自分を追い込むことになるとわかっているのに…。








2009.11.14 02:21|お金、おかね
今日も役所へ。
自転車で行きたかったけれど、
雨が強かったので、残念ながら車で。

駅前なので、駐車料金が高い。
ちょっと停めても400円は取られてしまいます。

でも、バスでも片道210円。
そのあと、他に回らなくてはならない用事もあったので、
車を走らせました。

駐車場400円ですが、
近くの契約店舗で2000円以上買物すると
2時間無料となります。

ので、食品スーパーに寄り、
肉やら調味料やらを買いました。
1925円で、2000円に満たなくて慌ててたら、
お店の方に「いいですよ」と、
こっそり言ってもらえてありがたかったです。

2000円というのは、大きいですけどね。
肉は冷凍し、あとで使えるようにしておいて…。
駐車料金400円が無駄にならないよう
今後の必需品のみ、考えて買物しました。

・役所 
書類発行代 1000円

・スーパー
主に食品 1925円


今日は、ネットでの買物をせずにすみました。
なんとか気持ちをおさえました。
ふ~ホッ ほっ
2009.11.13 01:38|お金、おかね
~今後 支払いが予定されるもの~


講習会(私)受講費 4300円 振込
講習会用テキスト本 3000円 振込

ハンドメイド革ペンケース 1500円 振込

・こども習い事免状代 2000円 現金

・うどん通販(ネット) 1400円 現金コンビニ支払い

・盲導犬サポートグッズ 3500円 現金コンビニ支払い

・生協 26000円 口座引き落とし(前月分残高不足で来月請求)
 
・共済保険料 6000円 口座引き落とし(前月分残高不足で来月請求)

・インフルエンザ予防接種 10000円
 
・クリスマスパーティ 5000円 現金
・クリスマスプレゼント(甥っ子、姪っ子) 5000円
・クリスマスケーキ 3000円

・習い事 進物(お歳暮がわり) 3000円

・PCセキュリティ更新費用(年間分) 10000円

・年賀状 @50×100 5000円

2009.11.12 22:58|日記、にっき
今日も出費がありました。

ネットでこどもの手袋500円。
私の帽子1000円。

帽子は1年中欠かせません。
特に冬にかぶる帽子は、ここ数年ずっと同じものを愛用していました。
ニットの帽子なのですが、
何度も洗っているうちに、毛は薄くなり、のびのびになってしまい、
それでも目立たぬよう、黒ゴムまで通して使っていました。

使いもしないバッグは、何千何万円と、
考えもせずにあっという間に買ってしまうくせに、
毎日のようにかぶる帽子は、数点しか持っていません。

この辺りのバランスが本当に≪変≫です。

バッグはいうまでもないのですが、コート、マフラー(ストール)も、
必要以上に買ってしまいます。

でも、冬の帽子は手持ち1点だけ。

なので、今日の帽子の買物は、
無駄遣いじゃないかな?と
思っています。
この冬、使い倒すことになると思います。

とても気に入り、色選びでものすごく悩みました。
どっちがいいかな~。
悩んだ末1点購入しました。

これがバッグだと、即効両方買っちゃうところなんですけどね。

悩んだ末、買わなかった方の色がまだ心残りです。
実際かぶって使ってみたら、とても具合が良いもので、
あともう1つぐらい、帽子なら買っても許されるかな~と、
迷っています。

でも、とにかく、バッグをもっと処分しなくては!
まずは、処分したら、「買っても良し!」としようと思います。
2009.11.12 01:38|お金、おかね
今日は、地方から上京してきたおばさんと
昼ごはんを一緒に食べました。

血のつながりはないけれど、
小さな頃からずっと可愛がってくれているおばさんです。

その時の話は、別の記事にするとして…

おばさんと会うために
普段あまり行かない商店街へ。

激安で有名な商店街なので、
おばさんは、上京してくると、ここで買物をすることを
楽しみにしているのです。

特に、下着や衣類などを安く売る店があり、
地方配送も格安の料金でしてくれるので、
おばさんは、いつもここでどっさり買物をしています。

ちょっとしたお店を地元でやっているので、
そこで知り合いに売っているらしいです。

そんなわけで、ひさびさに激安商店街に行ったもので…


・180×180サイズ ラグマット(ふかふかで良いものです) 2000円
・タオル類8枚 1000円

・チキンボール(1個10円で有名) 50個 500円 (おばさんにお土産で渡しました。)
・自宅用惣菜 700円

を、買いました。

他には、
・おばさんへお土産の和菓子 2000円

いずれも、カードは使えないお店なので、現金で。
ラグマットは、これまで商店街で集めたお買いものシール券
1500円分をあてました。

…そんなこんなで
あっという間に使える2万円が減っていきます。

毎月、人への贈り物(おつきあい)などが、
なんだかんだとあります。

そのこと自体は、喜ばしいことと思っていますが、
≪出費≫という意識から、いつももれてしまっているので、
気がつくと意外な額になっています。

ちゃんと、交際費としての予算も考えられるようになりたいです。
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク