2010.08.27 16:23|雑感
前の記事から続きまして…

母がひっかかりそうになった商法
その②です。

ある日、母から電話がありまして、

「あなた布団いる?」と。
いきなり聞かれました。

「いや。あるからいいよ。」と断ると、

「もうだいぶくたびれているじゃない。
いい布団見つけたから、買ってあげるわよ。
送ってあげるから、住所教えてくれる?」

「…(いいふとん…?)いくらなの?」

「50万。」

50万~っ?!

私「何言ってんのよ!そんな高い布団いらないよ!」

「あら、だって安いのよ。」

安くないって!!

「いらない。いらない。絶対いらない!」

そう断ると、

「まぁ、とにかく、送るから住所を教えなさいよ。」
と、何がなんでも買う姿勢。


なんかあやしい…。


私「ねぇ、今どこにいるの?」

「○○(←実家の近くのイベント会場みたいなところ。)」

なんでも、家のポストに入っていたビラを見て
出かけて行ったそうだ。

≪1日限りのセール≫みたいな内容で、
布団や健康食品や宝飾品が、
安く売られているとのこと。

買おうとしている布団も、今日でなければ、
もっと高い値段がするものだという。

とても50万では買えない良い品物だと、
いうことらしい…。

うち(実家)って、そんなに金持ちだっただろうか…?

「ねぇ、50万もする布団なんて
買えるわけないでしょ?」
そう聞くと、

「お姉さんが、ローンが組めるから大丈夫。
と言っているのよ。ね?お姉さん!」

お姉さんて、ダレじゃ~いっ!!!!!

どうやら、近くに販売員のお姉さんがいるらしい。

私と電話をしている間も、
母は、そのお姉さんに、
「…なかなか娘が住所を教えてくれなくって…」
「娘がいやだっていうのよ…」
みたいなことを言っているのが聞こえる。

結局、私とそのお姉さんが直接話すことになった。

お姉さんは、感じの良い人ではあったけど、

私「いりません。」と、とにかく断った。

それでも、品物の良さを説明しようとするお姉さんに、

「母は、ローンを組めるような収入もないのに、
組めるんですか?」

と聞くと、年金があるからそれで…みたいな返事がきて、
私は、ブチンと切れた。

年金でローン!

私「絶対いりません!母に絶対に買わせないようにしてください!」
と言うと、

お姉さん、不機嫌な様子にかわり、

「わかりました!」と言って、母にかわった。

母は、「すみませんねぇ…」みたく電話の向こうで謝っている。



別に…悪徳ってわけじゃなかったのかもしれない。

足を運んだのは、母の方なわけだし。

ごく普通の販売のお姉さんだったのかもしれない。


でも…わずかな年金で暮らしている人に、
50万という高額なローンをすすめる…というのはどうだろう…

それだけで、私の中ではアウトだ。

母は、良くしてくれたお姉さんに申し訳ないことをした…と
思っているようだったけど、
その後、
「あの時、本当にローンなんて組まなくて良かったわぁ~」
と、言っていました。

そりゃそうだよ

スポンサーサイト
2010.08.25 10:38|雑感
前の記事にお味噌の訪問販売の件を書いたのですが、
他にもあります(>_<)。

母が体験した商法をいくつか…。

どれも、悪徳商法とは言いきれないのかもしれませんが、
私が知っているだけでも3つ。

まずひとつ。

ある日、見慣れない
感じの良い営業マンが近所に現れ、
そこらにいる高齢者に、

「○○時から、近所の××家で
お得な販売会を開催しますよ~」だったか、
「無料です~」みたいに声をかけまくり、

母も、いそいそと喜んで出かけて行きました。

母がでかけた時は、
自分、他のことに気をとられていて、
さして気にならなかったのですが、

母が出て行ってしばらくして
「待てよ…?」と。

なんかおかしいな…と思い、
母の携帯へ電話をしました。

母に、とにかくすぐに戻ってくるよう言いました。

電話の向こうの母は、
明らかに戻ってきたくなさそうでした。

すぐには出られないから…
みたいなことを言うので、

「だったら、そこにいる営業マンに電話を
かわってよ。帰してもらうように、私が頼むから!」

と、本気で私が怒ったら

「わかったわよ。」
と言って電話がきれ、
まもなく家に帰ってきました。

聞いてみると、
会場となった一軒家の一部屋に
母と同じような年齢の人達が、
十数人集まって座っていたそうです。

同じ部屋の中には、数名の営業マンらしき
若い男の人たちが、
座っている人たちを囲むようにして立ち、

やがて、正面に出た営業マンが、
うどんだったか、ティッシュだったか…
(忘れたけど、そのようなもん)を、

「無料で差し上げますので、これ欲しい方!」
と言って、掲げたそうです。

もちろん、母も周囲の人も、
手を挙げたそうです。

そうして無料の商品が2~3点配られた頃、
母には、私からの電話が入ったというわけです。

帰ってきた母は、私からの電話のせいで、
「商品をもらい損ねた。」と、
怒っていました。

「もらった商品は、どうして持ち帰らなかったの?」
と聞くと、

「最後までいない人には渡せないと言って、
回収されちゃった。」とのこと。

なんかあやしい…

そのあと、ネットで調べてみたら、

全く同じ状況の記事が…

「はいはい商法」?「はいはい詐欺」?
だったかな?

そんな名前がつけられていました。

はじめは無料の商品か、
もしくは、破格の値段のついた商品から
はじまり、

「欲しい人は手を挙げて!」と聞き、
集まっているみんなに手を挙げさせる。

次々と商品が出され、
みんなも、どんどん手を挙げる。

その安さにみんな興奮しはじめる。

最初は、無料だったり、
お得な値段のついたもともと安い商品が、
徐々に、値の張った商品に変っていく…。

でも、その頃はすでに、みんな
「はいはい!」と手を挙げて、
興奮状態になっているため、
値段や、本当に自分が欲しいものかどうかは
判断がつかなくなっているとのこと。

とにかく、はいはい!と、手を挙げまくる。

最終的には、
不当に高額な布団やら健康器具などを、
買うはめになっている。


ひととおりの販売が終わり、
冷静になったところで、
「やっぱりやめた。」と言おうものなら、
さっきまで優しかった営業マン達に、
ドスをきかされ、
会場から出してもらえない。

…で結局、泣く泣く契約…ということになるらしい。


母に、このことを教えると、
びっくりしていました。

「そう!すごい盛り上がってた!」と。

きっと、営業マンのトーク、身振り手振りは
楽しくはじまるんだろうな。

それで、あっという間にのせられていくんだろうな。

この日は、たまたま私が母と一緒にいて、
母がそこへ出かけて行ったのを知っていたから良かったのですが、
そうでなかったら…と思うと…。

最後は、コワい思いをしてたんだろうな…と思います。

ちなみに、会場となった近所の家は、
普段は空き家になっているところでした。

2010.08.25 09:38|無駄づかい
おはようございます。

先日、実家に帰った時、
母が、お味噌を持たせてくれました。

「美味しくて良いお味噌だから。」と、母。

確かに深みのある味で、美味しい。

「いいお味噌見つけたね。おいしい。おいしい。」と、私。


「そりゃそうよ。だって、一樽12,000円もするのよ。」
と、得意そうに母。


え~っ!12,000円~!


ものすごくびっくりしました。

一樽は4キロ入り。
1キロあたり3000円のお味噌か~。

普段うちは、1キロ大体500円ぐらいのお味噌を
買っている。
モノのいいやつを買う時だって、
どうがんばっても1キロ1,000円ぐらいまででしょう。

どうやら、訪問販売だったらしい。

なんか怪しい気がして、
ネットにて調べる…。

そうしたら…
出てきた。出てきた。

悪徳…とはいえないまでも、
かなりブラックに近い訪問販売らしい。

確かに悪いお味噌ではないらしいが
(品質に問題はないらしいが)、
製造元と販売元が違っており、
卸値と販売値がかなりかけはなれている様子。

そして、その販売方法にも問題があるみたい。

そのおみそについての被害(?)報告サイトがあって、
あ~やられたなぁ…と…。

同じ4キロ入りの一樽を、
ある人は20000円で買い、ある人は9000円で買い…

つまり、お味噌の価格のほとんどが、販売元の利益と
セールスマンの報奨金になっているようです。

まぁ…悪いものを売っているわけでもないし、
違法に売買されたものでもないし…
だまされたってわけでもないよなぁ…

結局のところ、
高く買わされた…ってだけで、
食品は、クーリングオフの対象にもならないらしく、
どうにもならないらしいです。

母には、
「次回の訪問があっても(あるらしい。)、
もう絶対に買わないように!」
と、伝えました。


買ってしまったのは仕方ないのですが、
コワいのは、住所と名前と電話番号を
相手に書かされている事。

こういうリストって、
あっという間に
そういう業者間に流れしまうらしいので、
母のところへ、
また新手の訪問販売がやってきそう…。

ちなみに…
母が買ったお味噌は、
1キロ1000円前後で買えるお味噌のようです…


2010.08.24 09:59|節約・お得
夏は、麦茶が欠かせず。

作っても作っても、
追いつかない…

特に、こどもがいる家は、
どこもこんなもんだろうな…と。

でも、実は…
昨年の夏までは、
良く作り忘れたり、めんどくさかったりして、
時々、2リットルのペットボトル入り麦茶や、
1リットルの紙パック麦茶も買っていました。

1本(1パック)100円~150円ぐらいですかね。

ひと夏にどれぐらい買っていたんだろう…
結構な出費だったと思います。
あまり気にせず買っていました。

もちろん、今年は、
できるだけ作った麦茶で。

でも、これって節約したかったら
当たり前のこと。

てか…節約以前のことかも。

こどもが生まれ、
ミルクの時期を過ぎ、
一般の飲み物を飲めるようになった頃、
驚いたことの一つ。

それは、他の親子と一緒にでかけた時、
そのうちのこどもが、マイボトル(水筒)を持っている
確率が多かったこと。

うちは…出先でペットボトル買えばいいや…と
思っていたし…

実際、こどもが学校にあがり
毎日麦茶を持っていくようになるまでは、
麦茶を作る習慣さえなかったわけで…。

「たったの150円ぐらいの飲み物、
買っちゃえばいいのに…。」と思っていた。

(そんな自分に、
うっすらとした危機感はありましたが…。)

でも、あの頃は、
外出時にマイボトルの習慣がなく、
出先では、気軽に自販機のボタンを押していました。

それがどういうことかは、
今、身に染みています…。

今は、遅ればせながら、
どこへ行くにも、中に麦茶の入ったマイボトルを
さげているわが息子。


先日のお墓参りにももちろん持参。

その帰りにデパートに寄りましたが、
水筒持参している人は、
さすがにデパートの中では見かけませんでしたね。

ここでやっぱり、以前の自分だったら…と比較してしまう。

以前の自分だったら、
<デパートで水筒さげているなんてね~>と
恥ずかしく思っていたわけで…。

喉が乾いたら、
どっかお店入って飲めばいいわ。と、
迷いもなく思っていたわけで…。

TPOを考えたら、
やはりデパートで水筒姿はNGかもしれないな~と
思います。

そう考えると…
デパートも、当分自分の日常には
縁のないところなんだな~と
改めて気がつきます。

そして、
そういう点に気がつけるようになった自分に
良かったな…と思います。

<マイボトルを持たずに デパートへ>

それを、
一つの楽しみにするのもいいかなぁ~と
思っています(笑)。



2010.08.24 00:06|日記、にっき
なんとか銀行の残高は、
引き落としに間に合う額でした。

おかげ様です。
ありがとうございます。

会社の通帳のある銀行へ行くようになってから
通る道に、美味しいお弁当やさんを見つけました。

おばあちゃんが二人でやっている
手作りのお弁当屋さんです。

こちらのからあげは、絶品です。
味付けに、特にこれといった特徴はないのですが、
食感が素晴らしい~!

カリッとサクッと衣を噛んだあと、
じゅわ~っと肉汁が滲み出る、やわらかいお肉!

自分は、こんな風に作れません(>_<)。

なので、一度食べて以来、すっかりファンになってしまいました。
今や、銀行へ行く時の密かなお楽しみになっています。

でも、営業日が不定期なのか、
同じ曜日同じ時間に行っても、
シャッターがおりりていることが…。

月に一度、食べられたら嬉しいな~
というお弁当です。


今日はやっていました!

からあげ弁当とミックス弁当を、
夫とこどものために買いまして、
自分は、こどもの分を少しだけもらって
お昼ごはんにしました。

二つで1150円の出費です。
明日こそ、倹約昼ごはんにしなくては…。

そのお弁当やさんなんですが、
とても古い建物で、
昔は、バーかスナックをしていたようなんです。

昭和の香り漂う狭い店内に、調理場とカウンターと
カウンタースツールが設置されていまして…

もちろん、油の染み込んだカウンターは、今はお弁当を並べる台に…
カウンタースツールは、買いに来たお客さんの荷物のチョイ置き場になっていまして…

お弁当ができるのを待つ間、
調理場とレジ作業を、
お年寄りペースでゆっくりこなすお二人を
眺めながら…

「あぁ…このおばあちゃん達は、
昔、このお店のママだったのかもしれないな~」

なんて思っていました。

まぁ…自分の妄想なんですが…

過ぎていった時間の流れを感じさせてくれる、
最近、お気に入りのお弁当屋さんです。

2010.08.23 10:21|日記、にっき
おはようございます。

明日は、会社の借金返済日。
銀行引き落としです。

残高がちゃんとあるかどうか
念のため確認しに、
自転車こいで銀行へ行ってきます。

それにしても…暑いですね

帰りに、たぶん…
お弁当買ってきちゃいます(>_<)。

2010.08.22 22:07|無駄づかい
昨日、≪出費ゼロの日≫でしたが、
今日は、逆に、日常の出費以外の支出が多かった
≪出費DAY≫となりました…^_^;。

夫は仕事があったので、
こどもと二人で、舅のお墓参りへ。

その帰りのデパートにて、
いろいろお金を使ってしまいました。


覚書きとして、
買ったもの&コメント


・バーバリーのハンカチ 約1000円
・ウエストのリーフパイ ×2箱  約1500円×2

 ※こどもが、8月いっぱいでやめる習い事の
  先生&スタッフのみなさまへ。
  <長年お世話になりました>の、挨拶用です。


・シャネル ファンデーション用スポンジ 360円(380円?)


・しらす干し 約400円

 ※自宅用です。暑くて食欲がない時、
  これを白ごはんにかけて、
  栄養補給です。
  こどもと夫の大好物。


・魚久の魚の粕漬け 限定セット @945円×2

 ※一度食べてみたかったんです。
  でも、普通に買うと高くて…

  時々テレビ番組で、お得な限定セットを買うために
  人々が行列しているのを何度か見たことがありました。
  あ~これぐらいの値段で買えるんだったらいいなぁ!と、
  思っていました。

  そしたら、今日。
  4~5人の人が、なにやら行列を作り始めていました。
  その時は、なんなのかわからなかったけど、
  とりあえず最後尾についてみました。
  そしたら、魚久さんの限定セットを買うための列でした。
  販売開始時間まで、まだ20分ありましたが、
  せっかくなので、待って買うことにしました。
  (こども…ブーイング…^_^;)
  
  実家への分と、合わせて二つ買いました。

  4切れ入っているようです。
  大きさは規格外で小さいようですが…
  普通に買うと、1枚400とか600円するものなので、
  これは、やっぱりお得なセットだと思います。

  味の評判も良いし、
  あ~嬉しい…。
  ようやく食べられます。
  とても楽しみです。


・洋食弁当 900円
  
 ※夫の夕食用です。
 
・某レストランのハンバーグ1個 400円

 ※これも夫用に買ったのですが、
  結局、今日は食べず。
  まだ冷蔵庫に残っています。
  消費期限切れになってしまったので、
  これは、明日の自分のお昼ご飯用かな…^_^;

・サンマルコのカレー  二人分 1600円
 
 ※自分もこどもも大好きなサンマルコです。
  昼食兼夕食として食べました。
  先日、妹親子を東京駅で見送った帰りにも、
  サンマルコに寄ったばかり。
  1週間に2度目のサンマルコ…。
  ぜいたく~!   
  でも、普段は、めったに行くチャンスがないので、
  食べてしまいました(>_<)。

  当分は…もうないですね。

  次はいつ食べられるかなぁ…。


・クリスピークリームドーナッツ 1200円

 ※こちらも、普段、まったく縁がありません。
  1年に1回買うかどうか。
  こどもも楽しみにしていたので、
  夫へのお土産も兼ねて買いました。



デパートでは、こんな感じです。
かなりの出費ですね^_^;。

でも、
以前の記事(→)に書いた、
デパート積立券で、支払ったので、
現金ダメージは少ないです。


今日は、他に…

交通費 約1000円
100均  約800円

という出費がありました。


かなり贅沢な出費をしてしまいましたが、
以前から、ずーっと食べたいと思っていた
魚久の粕漬けを、
タイミング良く、お得に買うことができて、
ありがたし…です。


それにしても…
デパ地下おそるべし…を、
思い出しました。

以前…外勤めをしていた頃、
デパ地下に行くと、
いつの間にか、
小さな袋が、いくつもいくつも
自分の腕にぶらさがっていて…

ちょこちょこ買っているうちに、
数が増え、そのうち、
ぶら下げている腕に袋がくいこみ、
痛くなってくるほどという…

毎度毎度の
そんな記憶がよみがえりました。

ホント、「買っている」という意識が薄いうちに、
お札がどんどんとんでいくんだよな…

超誘惑のデパ地下。

今もまだ自分、外で働いていたとしたら…
デパ地下で、日々、大金をはたいちゃっているだろうな…と、
容易に想像できました。

今日は、デパート積立券を利用しての買物だったし、
とても久しぶりのデパ地下だったけど、
以前の自分は、日常的に、頻繁に、
こんな感じの買物を、カードを使ってバンバンしていたもんな~と…^_^;。

今思うと…ホントなんてオソロシイ…

デパ地下が、近所になくて良かった…^_^;。

2010.08.22 00:09|節約・お得
今日は、もしかして…

ここ数年で…お初の

≪出費ゼロ≫だった日かもしれません。

ここ数年…というのは、
ちゃんとした記録がないため、
なんとなく。の感じなのですが。

とにかく、昨年の今頃ブログを書き始め、
日々、お金に窮していることを意識し始めてから
昨日まで。

お金をつかわない日がなかったように思います。

お金をつかうのが当たり前になっていたので、
1日1回は、何かを買わないと
ムズムズと落ち着かないような気分になっていた自分です。

100円のもの一つでも、
外に出れば、必ず何かしら買物。

外に出なくても、ネットで買物。

ここ数カ月は、≪出費ゼロ≫を意識していましたが、

「あ、今日は珍しく何も買物の予定がないかも!
今日こそはゼロになるぞ!」

と喜んでいても、急な出費や、思わぬ集金、
忘れていた振込や支払があったりして…。

物欲に負けての出費はもちろんのこと、
そうでなくても、
お金って、出ていってしまうものなんだな~と
痛感する毎日でした。


実は、昨日も、外出の予定もなく、
ネットでの買い物もしなかったので、
出費ゼロのはずだったのですが…

夫が<ものもらい>に。

「ものもらいに効く薬を買ってきて。」

ということで、結局夕方、商店街に出かけ、

目薬980円他、
スーパーで買物までしてしまい、
ゼロにならず。でした。


そして…今日。

今日も1日家にいました。

ネットでの買物もなしです。


やった!

今日は≪出費ゼロ≫!


これは、なんかいいかもしれないです。

これまでは、

結果的に出費がゼロだったかどうか?

という感じでしたが、

これからは、もっと意識をもって、

目標として≪出費ゼロの日≫を目指そうかな。

と…。

1週間に1日。

≪出費ゼロの日≫を作ってみようと思っています。

出費(浪費)という毎日の悪しき習慣を破るために、
そうしてみようと思います。

自分のことだから、
「昨日はゼロだったから、今日はその分つかっちゃっていいか!」と、
つい思っちゃいそうですが…^_^;。

その辺気をつけて、
1週間に1日の、
≪出費ゼロの日≫を、スタートしたいと思います。


2010.08.21 02:00|無駄づかい
いやぁ~

ひとつ前の記事で、
昼ごはんの出費が多くならないように
がんばっている!
…みたく書きましたが、

夏…
わが家で消費量の多くなるモノが!

それは、
アイスとコーラ(カロリーゼロのやつ)です。

四季問わず、
自分がアイスが大好きで、
常に買ってしまうのですが、

夏になると、
いつもはアイスを食べない夫まで
食べるようになります。

コーラも、夫が飲みたがります。
確かに、暑い日の炭酸はうまい…

夏は、
アイスとコーラの消費量が、
急上昇の矢印を描きます。


あと…この夏は、
アクエリアスとかも
随分買いましたね。

いつもは、熱が出た時ぐらいしか
買わないのに。

もちろん、麦茶は、1日に2~3回ぐらいつくっています。
自分の飲むアイスコーヒーも作り置き。
それから、うすめて飲むカルピスも。

安く飲めるものも用意しているのですが、
それでも、飲料はきりがありません。


今年の夏は、
ずいぶん買っているなぁ…。

スーパーのアイス半額日や、
コーラやアクエリアスは、
なるべく安くなっている時に
買いおいていますが、
こういうの…
無駄遣いっていうのかぁ…


買うのを控えれば、
それはそれで慣れるかもしれないのに、
ストックが切れたら、
我慢できずに
買いに走っています

かきごおり機もあるんだけどなぁ…!

そんなわけで、
昼ごはんを節約しても

こういう嗜好品で、
プラマイゼロって感じでしょうか…^_^;


2010.08.21 00:33|日記、にっき
昼ごはん…って…

こんな時間ですが^_^;


ここのところ記事にしていませんが、
こどもが夏休みで家にいるので、
いつもより、自炊率が高いです。

…というか…
買弁した昼ごはんは、
ここ1ヵ月で3回程度?

平常より断然優秀です

もっぱらめん類ばかりですが、
時には、
「はい、やきにく定食だよ~」
「親子丼だよ~」
と、肉類も登場させながら、
3人で、昼ごはん1食あたり500円前後となるよう
がんばっています。

料理上手、やりくり上手な方たちのブログを
見ていると、家族4人で1食平均200円!なんていう
驚きの額が出てたりしますが…
あぁ…なかなかそこまでは…

こどもの夏休みも、後半戦。

焦りやの息子は、大量の宿題も
7月中に早くも8割がた片づけ、
今日で、ほぼ終了となりました。

あとは、日々観察日記をつけるだけ。

我が子ながら素晴らしい。

自分は、夏休みの最後に、
ほぼ手つかずの宿題に泣いていたタイプです。

「来年の夏休みは、ぜったい
早く終わらせてやるんだ!」

そう毎年泣きながら
登校日の前夜ぎりぎりまでやっていました。

あ~あの苦しかったこと。つらかったこと…。

ん?…今もあまり変わってないじゃん…!


デキル我が子を見習いたいです^_^;。

2010.08.20 10:49|雑感
おはようございます。

実家から戻って数日経ちますが、
台所がまたすごいことになっています。

収納場所がなくて、
実家から持ち帰った品物が置いたままに…

母が沢山持たせてくれたお土産です。

海苔、銘菓、袋菓子、調味料、ラッブ類、等、他いろいろ…

どれも複数個づつあるので、
容量がすごいことになっています。

でも…ありがたいなぁ…
本当にありがたいよ

恥ずかしながら、
自宅を売却することになる前の自分は、

「そんなもん、いらないよ。
自分で買うからいいよ!」と、
本気で拒否してました。

そんなもんウチで買えるし、
荷物になるだけだし…って。

母親のそんな好意を、ちょっと
めんどくさいとさえ思っていたなぁ…


あと、ママ友らからもらった夏のお土産類も、
まだ行き場がなく、
テーブルの上に置きっぱなしになっています。


告白します。

人さまからいただいた、
こういったお土産の数々…

母親がもたせてくれた手作りの食品…


…かつての自分…

食べきらないうちに
賞味期限となり、廃棄していたことしばしば…

悪いな~と少しは思いながらも、
ゴミ箱へポイ。


本当にごめんなさい。

でも、今の自分は違います。

今のような厳しいい経済状況を、
ようやく自覚できた昨年の冬頃から、

人さまからいただいたものは、
捨てることないよう
無駄にすることのないよう、
細心の注意を払うようになりました。

お金だけの問題ではなく、
心の問題として。

いただいたものを捨てるなんて、
自分、なんて傲慢な生活をしていたんだろうと思います。

もちろん、今も、
食べきれなかったり、
使いきれなかったりして、
仕方なく捨ててしまうことも
正直あるのですが、
その時、とても罪悪感があります。

人さまからいただいたもの…

それは、いつも以上に感謝して、
食べきるなり、他の誰かにおすそわけするなりして、
捨てることのないよう、
特に注意するようになりました。


「もう食べられないから。」といって、
ゴミ箱へポイしていたかつての自分の頭を、
今は、ポカリと殴りにいきたいです

それでは、これから、
足の踏み場もない、
ありがたい台所の片づけを
はじめたいと思います。

2010.08.19 12:51|日記、にっき
これから、税務署の
決算期なんとかかんとか説明会~というのに
行ってきます。

もちろん、初めてです。

姑が経理をしていたこれまでは、
いっさいがっさい、
全て計理士さんまかせでしたから…

実は、計理士さんと会社のつきあいも、
ちょっと問題ありなんです。

これからどうしたらいいのか
…迷い中です。

先代の頃からの、
長い長いお付き合いですから。
お世話になっていますから。

義理があります。

これまで、良くやっていただいていますから、
無碍なことはできません。


でも…このままみてもらうのは…
金銭的にも関係的にも、
難しいかも…と思っています。

月3万円の顧問料も、この数カ月、
姑がまだ経理をしていた頃から、
支払っていません。

とにかく、自分も、少しでも
会社の経理的なことに、
詳しくならなくては…。

そんなわけで、
せっかくの機会なので
行ってきます。

2010.08.19 10:38|無駄づかい
実家のすぐ近くにコストコがあるので、
実家に帰ると、コストコ会員の母に連いて
良く買物に行きます。

一番のお目当ては、
あの量がたくさんのお寿司です。
みんなで食べるにはもってこい。

すご~くうまい!
というわけではありませんが、
コストコに行った時の楽しみです。

それにしても、コストコ…。
まぁ、以前ほどではないにせよ、
行くと、目がくらみます。

なんか…いろんなモノが欲しくなる。

物欲刺激されまくり。

今回も行きましたが、
なんとかその物欲をおさえ、
食品と、
夫のトレーナーとこどものパンツだけに
留めました。

いや~危なかった…。

あのインポートの香りぷんぷんの
色使いや柄にひかれ、
どでかいサラダボウルやら、
ひざかけやら
クッションやら…

これまでの浪費癖で、
可愛いというだけで、
なんとなく買ってしまうことろでした。

洗剤やらシャンプーやらソープやら…
前は、どんどん買っていたのですが、
今は、あのドでかいサイズが、
ウチの収納では、まったくストック不可能と
経験上わかったので、こちらもスル―。

あの大きいサイズ…
なんか楽しくていいんですけどね。

ウチの母親は、
「サイズが大きいと、
使っているうちに飽きる。」と言っていました。

あ~確かに。それもある。
自分の定番モノ以外だと
なかなか使いきらなくて飽きるかも。


調味料類も、大きなサイズを買うと
収納場所に困るので、ほとんどパス。

おかげさまで無駄買いはだいぶ
控えられるようになりましたが、
みんなで食べるから~と買った
パンやドーナツ…これも、
量が多くて…

結局、7人いても、賞味期限内に
食べきれず、廃棄…
う~もったいない!
(冷凍に向くやつを選ぶべきだった!)

コストコ…本当に量が多いなぁ…


以前は、
ちょっとしたインテリア用品や、ファブリック、
アウトドア製品を、夢中になって買ったりしていたけれど、
経済的にもスペース的にも余裕のない今は、
いずれも買えるわけもなく。

単価にすれば安いのでしょうが、
大容量パックでお得なものが多いので、
買う時の値段は、
それなりに高くなってしまうのもネックで…。

今の自分達の生活には
合っていないんだな。
と、つくづく思いました。

買うことよりも、
今は、自分の生活を、
すっきりさせることですからね…。

でも、コストコの、
あの海外のスーパーのような香りと雰囲気は、
久々とても楽しかったです~

生活のペースが落ち着いたら、
定期的に買いだしに出かけ、
生活必需品や食料品の大容量パックを、
友人らと小分けして
お安くお得に手に入れたいなぁ…なんて
思っています。

2010.08.18 10:09|日記、にっき
自分の両親、
妹親子と別れて、

実家から
ここ(ウチ)に戻る車の中。

ここ(ウチ)が近づいてくると
胸が苦しくなってきました。

正直、戻りたくない気分。

現実逃避…というか…。


やはり実家は良い。


父と母の仲は、
自分が幼い頃から
ケンカばかりで、
それがずっと嫌だったけれど…

今なお、仲悪くて、
すぐケンカ腰になるところは、
ちっとも変らないけれど…

それでも、
私や妹が帰ると、
二人とも、とても優しい。

ウチの夫も遊びに来たけれど、
もちろん、ウチの夫にも優しい。

父親は厳しくて、
私や妹は、すぐ怒られるし、
母親とは、親子ゲンカもしてしまうけれど、
それを含めて、気持ちがあたたかくなる。

しょっちゅうケンカもするけど、
それ以上に笑いも絶えない実家での夏休み。

妹がいて、父も母もいて、
あ~やっぱりウチはいいな~!と、
毎年のように思う。


そうして、そんな夏休みが終わり、
車で、ここへ向かう時。

ここにある、
借金の問題や、
とげとげとした姑、
無言で夫のことを拒絶し続ける義弟。

そんなぎすぎすとしたところへ戻るのが
本当に憂鬱になってくる。

そして…また夫のわがままペースに合わせる
生活がはじまるのかぁ…。

ああ、戻りたくない!

ハンドルを握りながら、
そう思った。

そう思ったけれど、
これが自分の現実だと。

だったら、
そんな風に悪くとらえないようにしよう。

悪くとらえる自分も、いけないのだ。

さ、日常に。

その日常を、楽しい日常に変えていけるのは、
自分の心だけなのだから。

息子が大きくなった時、
ああ~やっぱりウチはいいなぁ~!
と、思えるような。

息子にそんなウチを作ってあげられるのは、
自分と夫しかいないのだから。

そう考えて、
がんばる。

そうするしかないでしょっ^_^;!

2010.08.18 00:46|日記、にっき
こどもの夏休み。

妹親子が帰省していたこの1週間。

いろんなところに行きましたよ。

ディズニー。
ドラえもん未来展。
レジャープール。
映画。
海。

どこも近場ですが、
子どもたちのリクエストにこたえまして…。

自分は、家業手伝いの合間をみて
動き回りました。
(毎年のことです。)

余計な買物はしませんでしたが、
入場券や交通費、ちょっとした外食、
甥っ子、姪っ子に持たせるお土産…などなど…。

出れば、やはりお金が飛んでいきますね…^_^;

お金がかからぬよう、
実家の庭にテントを張り、
バーベキューや花火大会、テント宿泊なども
しましたよ。

お金は飛んでいきましたが、
子どもたちのはしゃぐ姿には、
変えられません。

プライスレス…ってやつですかね?

そんなこんなで、
1週間あっという間でした。

まとまった時間があれば、
本当は自然の中に連れ出したいのですが、
こま切れな生活時間の中では
これがせいいっぱい。

あぁ…でも夫よ。

ありがとうm(__)m。

アナタのがんばりで、
今年の夏も、おでかけしたり、
外ごはんを食べたりすることが
できました。

妹、甥っ子姪っ子たちと
楽しく過ごせたことに
心から感謝です。

2010.08.17 22:10|日記、にっき
実家に帰省していた妹親子が
昨日、帰ってゆきました。

自分と息子も、
新幹線ホームまで見送り。

その後、いったん実家に戻ってから、
車でここ(うち)に帰ってきました。

妹には二人こどもがいます。

ウチの息子より一つ年上の男の子と、
三つ年下の女の子です。

ウチの息子にとっても、
妹の子どもたちにとっても、
いとこは、互いの他にはいません。

たった3人のいとこ同士。
毎日賑やかで楽しそうでした。

一緒に生活したこの1週間。

大人が入る余地なく、寝る間も惜しんで
3人で遊んでいました。

息子と一つ上のいとこ。

生まれた時から、
毎年夏休みは一緒です。

妹が、実家に帰省する
2~3週間を一緒に過ごすのです。

兄弟のいない息子にとって、
それは、何よりも楽しみな夏休みです。

でも、今年は、
1週間だけしか一緒にいられませんでした。

なぜなら、いとこは、
「お受験」だからです。

来年受験というわけではありませんが、
すでに、塾のカリキュラムは、
夏休みいっぱいに組まれていて、
この1週間のお盆休み以外は、
塾通いになっているそうです。

ふ~。

そんな年齢か…。

1年に、夏休みぐらいしか会えないので、
息子もいとこも、
今回の1週間という時間を、
それこそ、むさぼるように一緒に遊んでいました。

とても気の合う二人です。


そうして、自分も妹と…。
つかのま一緒の時間です。


大好きな妹です。

新幹線のホームまで送って行く時は、
ホントに寂しい。

あぁ~。近くに住んでくれていたらな~。

旦那さんの転勤で十数年前に、遠方に行ってしまった妹。

妹をそんな遠くに連れて行ってしまった義弟に、
正直、時々恨めしい気持ちを持ってしまいますが、

妹に、経済的な心配をさせず、
良い暮らしをさせてくれている彼には、
ありがたい気持ちでいっぱいです。

大好きな妹と、大好きな甥っ子姪っ子の乗った新幹線を、
自分と息子と、二人で、今年も見送りました。

次は、いつ会えるだろう…?

来年の夏まで会えないのかな…。


遠方と言っても、
新幹線で行ける距離…。

1年に何度か遊びに行けるような…
そんな経済~生活環境を作って行きたいな…と、
心から思います…。

2010.08.11 16:28|日記、にっき
遠方に住む妹親子が、
この日曜日から実家に帰省しています。

ということで、自分も、
こどもを連れて実家へ行っています。

でも、夫が仕事をしているので、
日中だけ、手伝い&夫の食事のために
家に戻ってきています。

そんなわけで、あまりゆっくりネットができません。
実家にはPCなくて。

今週は、ほとんど更新できないと思いますが、
週明けましたら、普通ペースに戻れるかな~と思っています。

せっかくお寄りいただきましたのに、すみません。
週明け以降、またよろしくお願いいたしますm(__)m。

2010.08.08 02:24|日記、にっき
今日は、ちょっと良いことがありました。

こまかく記録しておきたいのですが、
うまく書けません^_^;。

ちゃんと書くためには、
ある単語が不可欠なんですが、
それがかなり特性のある固有名詞なので、
キーワード検索で
必ず引っかかってしまうと思うのです。

万人が検索する言葉じゃないので、
それだけに余計に、その単語で検索かけられたら、
砂粒のようにひっそりとした
自分のこのブログでさえも、
ひっかかってしまうと思うのです。

で、見る人がみたらわかってしまうかな~と…。

知人に読まれても、へっちゃらブログなんですけどね。

でも、知人が読んでいる…とわかったら、
自分の書き方が変ってしまうような気もするし。

そんなわけで詳細書くにはちょっと…です。

前置き長くなりました。


抽象的なのですが…
忘れないように書いておきます。

自分のことを
信じて進んで生きられたあの頃。
あの頃の感覚を少しだけ思い出しました。

自分を信じる。
願いがかなうということを信じる。


今の自分にはないけれど、
かつての自分が持っていたものです。

願いはかなう。

忘れないでいよう。

今日は、そんな風に思える、
刺激を受けた出来事がありました。

2010.08.08 02:03|売家準備
マイホームを売却して3ヶ月。

不思議な感覚です。

とても遠い昔のことのような気もするし…。

でも、
そのマイホームには、
ずっと住んでいなくて、
週末帰るだけだったせいか、
今でも、ただ忙しく帰っていないだけ…
なんて気もするし…。

明日にも…いつでも…帰れそうな気がするんです。

なのに、
その家には、今は、
別の人たちが住んでいるという事実…。

未練はないのですが、
とても不思議な感覚です。

2010.08.08 01:27|売家準備
8月7日。

今日は重要な日でした。

マイホームを売って
8月7日で3か月が過ぎました。


売却時の契約により、
売却してから3か月間は、
家本体の不具合の責を、
売主である自分たちが負うのです。

給水給湯設備、雨漏りなど。

今日でその責任から
解放されました。

この3ヵ月間、
なにもなくて良かったです。

実は、雨漏りの不安がありました。

売買契約成約直後に、
両隣の家で雨漏りが発覚。

業者さんが入って、おおがかかりな
工事がはじまったのです。

売却した家と、両隣の家は、
施工会社と施工時期、
建物の造りもほぼ一緒。という物件です。

工事がちょうどはじまり、
自分のウチも見てみると…
何やら怪しげなシミが
天井にうっすらと…。

仲介した不動産屋さんに相談しました。

すると…

「黙っている方がいい。というわけではないが、
言ったら支障にはなる。
直せ。ということになるかもしれない。
なので、現状は雨漏りしていないのに、
わざわざ言う必要はない。
契約書に、3か月間は売主負担としてあるから、
実際雨漏りした時に
実費で直せば良いでしょう。」

そんなわけで…
この3カ月は、売却した家の雨漏りが
ずっと心配だったのです。

豪雨、長雨…には、ハラハラしていました。

そうして、
無事、不動産屋からの連絡はなく、
今日が過ぎ…
ホッとしました。
(もちろん、3か月が過ぎたから、
雨漏りして良い…ということではないですよ^_^;。)


これで…ようやく
元マイホームとはおさらばです。

「達者でがんばるんだよ~(祈)。」

そんな気持ちです。

2010.08.06 00:06|出費
(前々の記事から続いています。)

夫が、また姑に怒鳴りこまれたきっかけは、
「固定資産税」です。

この建物の権利は、

姑が2分の1。
夫が4分の1。
夫の弟が4分の1。


ということになっています。

年に4回支払いが必要になる
固定資産税。

ウチの場合、1回に約8万円の支払です。

納付書は、姑に届きます。
「姑の名前+他2名」となっています。

相続権の配分通りとなれば、

姑 4万。
夫 2万。
弟 2万。


がそれぞれの負担分となります。


ただ、これまでは、姑が全額払っていました。

会社の売上というか、会社が払うべき賃料を、
その支払いにあてていたようです。

ですが、今回からは…
姑はもう会社のお金を管理していないので、
そこから払う…というわけにはいかなかったわけです。


年金だけで生活している姑に、
支払能力なんてあるわけないよな…



そう思っていましたが、
固定資産税支払のことを、姑は何も言ってきません。


きっと払っていないだろうな…



そう思っていたら…案の定でした。

「固定資産税の支払の督促がきた。」

夫のところに、そう切り出して来たそうです。

そうして、
いつものように

「もうこの家は売るしかない。
あんたたちもゼロからはじめなさい~」と

はじまったというわけです。

義弟は、ここに住んでいるわけでもなく、
自分にはなんのメリットもないのに、
お金を払うなんて、ちょっと納得いかない…
(だから、こんな家、売ってしまえばいい。)
という気持ちがあります。

固定資産税なんて、払いたくもないでしょう。

売らない限りは、姑にも、義弟にも、
なんの利益ももたらさない家なのです。

(まぁ、姑には、住み家ではあるわけですが。)

今回から、
そして、今後も夫が支払うことになるでしょう。

そうするしかないと思います。

姑は払えるわけないですから。
義弟には請求できると思いますが、
たぶん…しないでしょう。

せめて、
夫が払っている。…という事実だけでも、
ちゃんと何かの形で残したいと思っているのですが…。



2010.08.05 23:25|日記、にっき
さっきの記事の続きです。

その都度ゆらぐ夫に、

「もっとしっかりしてよ!」

と、言いたくなります。

(できるだけそう言わないようにしていますが…
激論している時は、口がすべっているかも…^_^;)

ふだんは、
とてもワンマンで亭主関白。

私にも、自分の母親(姑)に対しても、
わがままで、態度がでかいヤツです。

なのに…

姑にそう言われると、
いちいち、
不機嫌になったり、
自棄になったりして、
気持ちが不安定になる夫。

いっつも、偉そうにしているんだから、
そういう時にも、
ドンと構えていりゃ~いいのに!

そう思います。

なのにねぇ~(>_<)。

2010.08.05 22:17|日記、にっき
約1週間ぶりの更新です。

こどもの夏休みのペースに合わせているせいもあるのですが。

また…夫がゆらぎはじめ、
そうして、自分も不安で胸が苦しくなるような
1週間でした。

姑に何を言われても、
今は、生活のため、こどものため、
できるだけこの状況を維持していこう!と、
夫と話していても…。

姑に
「この家はもう売るしかない!
あんたたちもゼロからはじめるのよ!」
そう言われたび、

「もう嫌だ!
こんな状況を無理して続けたって…。
もう家は売るしかないのかも…」

夫の気持ちが、そうゆらぎます。

先日、また姑に
「もうゼロにしなさい。
仕事はやめなさい。
やっていけるわけがない!」
そう怒鳴りこまれた夫が、
またゆらぎはじめたのです。


自分は夫に言いました。

「もう何度も話しているよね?
姑と○○君(←夫の弟)が、
この家を売ると言ったって、
そう簡単には売れないし、
裁判に持っていかれても、
即売られることにならないよ。
その点では、心配いらないよ。

裁判所だって、
一方的にこの家を売って出ていけ。
という命令はくださないよ。

むしろ、
売らずして、
みんなが妥協できるような、
そういう方向で
話をつけようとするはずだよ。

ここでもう十数年仕事をし、
こどもを育て、
生計を立てている私達に、
この家を売って出ていけ。
なんて、簡単に言ったりはしないよ。
結果的に、
そうしなきゃいけないことになる可能性は
あるかもしれないけどさ。


お義母さんが、
『ここを売らなきゃ自分が生活できない。』
というのなら、
それは、あなた(夫)と、○○君(夫の弟)が、
折半して、おかあさんの生活費をみる。
それが当たり前のことだと思うよ。

それを
お義母さんが、自分のプライドで拒否しているんだから、
お義母さんがおかしいんだよ。

ここで仕事をしている自分たちがおかしいわけじゃないと思う~(略)~」


そんなことを、また夫に話しました。


いつもの…堂々巡りです。


「今、ここを手離すことになったら、どうやっていけばいいだろうか?」

夫がそう聞いてきます。

ここを手離す=家を失くす。仕事を失くす。

ということです。


夫は、
「最悪な事態を考えたいから、そう聞いているんだ。」
と、私に言います。

でも、そう聞かれると…
本当に…

胸が苦しくなる。

不安でいっぱいになる。


40歳も半ばになり、
自分が
先の見えない、
こんな生活をしているとは思わなかったよ!



そんな風に考えたらいけいない!
とわかっているのに、
つい、夫に…あたりたくなる…。

夫のせいにしている自分がいる…。

先がまたぐらつき、
自分がしっかりしないと…と、
思いながらも、
夫のせいにするばかりの
相変わらずの自分。

ただただ、何も思いつかず、
何をしようという気にもなれず、
不安にかられて、
気持ちが重たくなっていた1週間でした。


07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク