2011.01.31 12:41|きもち つぶやき
昨日は、ちょっとしたイベントがあり、
とても楽しい1日でした。

イベントといっても、
派手なものでもなく、
お金がかかるものでもなく。

ごくありふれた。
よくあるような。

まぁ、発表会のようなものなのですが。


小さなグループの発表会。そして打ち上げ。


こういうのって、何年ぶりだろう…?


本当に本当に
とてもささやかなものですが、
それがとても楽しかったです。


今の、重たい自分の気持ちから、
つかの間、気がそれました。

そして、つくづく願いました。


切望です。


こういう楽しみが、
もっともっとある人生にしたい。

こういう楽しみが、
あふれる人生を送りたい。



派手なもの、飾るもの、贅沢品、たくさんのお金。
そういったものではなく、

昨日のような
ささやかな楽しみをベースにした人生を送りたい。

自分、何年も、ずっと、
物欲とお金と姑をベースに、
格闘している…。


もうそんな生き方は、終わりにしたい。



昨日、楽しかったことを感謝して、
今日を過ごせば良い。と、
思ってはいるのですが…

楽しかった反動で、
今日は、またズンッ…と、
気持ちが下がってしまいました。


ううっ~気分変えなきゃ~。

スポンサーサイト
2011.01.29 02:34|日記、にっき
寝ます。

でも、明日は、
7時30分起きでいいかなぁ~。
お、ゆっくり。

今からでも、5時間寝られる?

さぁ、寝よう。

おやすみなさい~zzzzz

2011.01.29 01:53|日記、にっき
眠れないので…
昨日書いた
遠くに見えた「光」について。

それは、まだ現実的なものではありません。

廃業なり、継続なり、
今後を考えるには、引き続き、
もっと現実的に、収入(仕事)のことを考えなくてはなりません。

そのことを考えると、
先行き暗いことばかりに向かってしまいました。

なぜなら、
新しく「こうしたい!」と思うことがなかったからです。

たとえ、夢物語でも、
こうしたい。と思う目標や願いがあれば、
強くなれると思います。

でも、それがなかった…。


ところが、
それが、昨日、見つかった!というわけです。


幻?夢物語?


今は、まだそんな存在ですが、
それがないよりも、ある方が
断然、はりきれる!

現実的な仕事探しなどを進めながら、
「夢物語」についても、
どんどんリアルな情報と知識を得て行きたいと思っています。


そういう楽しみができました。


可能性は小さいけれど、
気持ちは大きく変わりました。


この流れに、感謝。

2011.01.29 01:49|日記、にっき
夫、熱でゴロリ。

こども、金曜ロードショー。

…という時間帯に、
自分、こたつで超爆睡!

こたつを片づけないと、
布団が敷けないので、
金曜ロードショー終わりに起きました。

起きて、布団を敷いたりしていたら、
自分、すっかり覚醒。

まずい。

たいていいつでもどこでも寝られる自分…
なのに、こんな時間になっても、ちっとも眠くない。

どうしよう。

2011.01.29 01:38|日記、にっき
なんと、夫がインフルエンザになったらしい。

らしい。というのは、検査はしていないから。

でも、今日病院へ行き、
インフルエンザの処方を受けて
帰って来た。

夫と知り合い、20年以上になるが、
インフルエンザなんて初めて。

…というか、「発熱で病院行き」なんて、初めて。


この20年来、
夫も自分も、「発熱」は1~2回。

自分は一度インフルエンザで病院に行ったことがあるが、
なにしろ、夫は初めて。

タフな自分に較べて、
夫は、ちょこちょこ日常的に、
「ここが痛い。あそこが痛い」~と、体調不良を訴えるが、
それでも、病院へ行くほどのことではなかった。

(…ってか、そんなに痛いなら、「病院行けよ~!」と言っても、
仕事を理由に、全く行こうとしない奴…)


夫。
具合が悪くても、
1日の終わりには、焼酎飲んで、夜更かし~みたいな
ペースをほとんど崩すことはないし…^_^;

ところが、さすがに今日は何かがおかしいと思ったのか、
熱を測ってみたら、
38.9℃…

病院嫌いな夫を、
即効病院送りへ。


で、インフルエンザ処方です。

夫、今日は、お酒も飲まずに、大人しく寝ました…^_^;


年をとったというべきか、
この状況に、さすがに弱っていたというべきか…。

2011.01.28 01:57|日記、にっき
調停の日が近づいてきています。

その日で、全てが決定~!!

というわけでもないことが、
日増しにわかってきたので、
少し、気持ちに余裕がでてきました。


でも、切羽詰まった状況に変わりなし。


<銀行さんの融資が難しい。>となって以来、
夫と、今後のことについての話はほとんどしていませんでした。

話しても、ただ空気が暗くなるばかりなので。


行き詰まった感ありあり…。


廃業後の仕事のこと。
住まいのこと。
今後の生活について…。

考えれば考えるほど、凹むばかりで、
一時思考回路はストップ。

特に先の展望については考えられない…。

それでも、数日後に控えた調停に向けて、
最低限の準備はしないといけません。

とりあえず、
これまでの状況や具体的な数字をいじくっていました…。

夫、自分。それぞれに。

それをすり合わせて、調停に挑まなくては…。


そして今日、
自分の頭の中に、
一つの道が浮かび上がったのです。

それは、
これまで全く考えてもいなかったこと。

ですが、それは、
これまでの経験からして、
自然に考え出されたようなものでした。

とても、ヤル気になれる方向。

でも、もうちょっと自分の中で、掘り下げてから…
と思っていたら…!


数時間前の夫との会話の中で、
「これはアリかも!」と、
ますます具体的に考えられるようになりました!


抽象的ですみません。

うまく説明できないですが、
また改めて。


昨日まで、
行き詰まって真っ暗になっていた気持ち。

永遠、この先見えることがないのでは…と思われた世界に、
幽かな光が灯ったようです。

今、それが幻でないことを、
強く願っています。

いや、幻にはさせるまい。

はっきりと見えるところまで、
近づいてみたいと思っています。


2011.01.26 17:46|雑感
自分がブログを書き出すずっと以前から、
読み続けていた人さまのブログの中で、
途中で更新がとまったままのブログがあります。

そんなブログが3つほど。

ブログの内容が好きだったり、
その方自身の日常が気になっていたり。

いずれもマメに更新されていた方々なので、
ある日からぱったり更新がなくなり、
今でも気になって仕方がありません。

密かに更新再開を期待しながら、
時々、覗きに行くのですが、
ずっと最後に読んだ記事のまま…。


どうしているのかな…?

その後が今でも気になっています。


その①

4年間、日記を書かれていました。
自分の息子と同じ年頃のハーフの男の子を
シングルマザーで育てていました。

ブログにあったプロフィールと、日記の行動範囲からして、
おそらく同じエリアに住まわれているでは~?と、
勝手に思っていました。

幼児の子育て&仕事持ち。という悩みや迷いに、
共感することが多く、
そのうえ彼女は、シングルマザーということで、
そのたくましさと垣間見える不安に、
陰ながら、応援の気持ちを持って読んでいました。

ところが、4年前から、まったく更新がなくなってしまいました。

「期待して行ったお店の料理が、今ひとつだった~」みたいな、
ごく日常的な日記のまま。

今でも、たくましく一人で子育てしているのかなぁ…
ウチの息子と同い年の息子さんは、元気にやっているのかなぁ…


その②

北欧で生活されていた方の日記です。
ムーミンの香りがするフィンランドでの生活記は、
読んでいて、とても楽しかったです。
日本に帰国され、日本で生活されるようになりました。
北欧本の編集なども手伝われていたようですので、
ブログは2年前でとまっていますが、
今は、北欧での生活の知識を生かして、そういった分野で
忙しくされているのかもしれないな…
と、思っています。



その③

アル中と鬱の中で、日記を書かれていた方です。
一家の大黒柱でもあり、仕事探しと住宅ローン返済、
そして自身のアル中、鬱との戦い。
深刻な様子で、読んでいるこちらまで、
胸が痛くなってきました。
一生懸命されているのに、どうして…?と。

ものすごく努力をしていた禁酒。
なのに、その禁酒を破り、3日間飲み続けてしまった…。
という、
おととしの冬の、悲壮な更新で最後になったままです。

断続的に日記を続けらている方だったので、
またひょっとして再開しているかも…?と、
気になって時々覗いてみるのですが…



いずれも、その後が気になっています…。

みなさん、いろいろな事情を抱えているんだな…
良いことも悪いことも。


今、自分のブログを、読んでくれている人がいる。
気にして読み続けてくれている人がいる。


直接つながりがあるわけではないけれど、
きっと、読んでくださっている多くの方が、
ヤキモキしたり、心配してくれているのだろうな…と思っています。

ありがとうございますm(__)m

(いや…呆れているかな…^_^;)


何年も前に更新をやめても、
誰かが、今でも自分のことを思い出している…

ブログって不思議ですね。
コワいような気もします。

あ…思い出して今でも時々チェックするなんて…
そんな自分の方がストーカーチックでおかしいのか!


自分でブログを削除したり閉鎖したりしない限り、
自分のブログは、いつまでもネット上に残り続けるのでしょうか…?

2011.01.26 10:29|日記、にっき
おはようございます。

納品行ったり、法務局行ったり、
病院行ったり、学校行ったり、
買物行ったり、郵便局行ったり。

何だかんだで、
週明けから、日中出たり入ったり。
ほぼ家にいられず。


体調の良くなった子どもは、
私がいなくても、それはそれで
のんびりやっている。
頼もしくなったもんだ。


で、久しぶりに家にいられそうな今日は、
汚部屋化した部屋を、半分以上片づけるぞ!

目標!

①ソファ(←小さい)上&テーブル上の
 てんこ盛りの山を片づける。
 
 座面&上面に、何も乗っていない状態に!


ちなみに

・現在のソファの上…
  まだたたんでいない洗濯物、年賀状、ダイレクトメール、雑誌

・現在のテーブルの上…
 フライパンやミニ土鍋などのキッチン道具、
 ゴムつけが必要な帽子、ホカロン、
 ハンドクリーム、ヘアピン、フェイスパック、ドライヤー、
 電卓、デジカメ、充電器、
 雑誌、ダイレクトメール、学校のプリント、生協のカタログ、
 メジャー、ペーパーナイフ、
 昨日買ってきてそのままのスーパーの袋&その中身


よっしゃ!まずはそこから!


2011.01.26 00:00|雑感
ブログタイトルを変えました。

これまで、1年半以上ブログを書き続けきて、
日々、<気持ちを文字にする効果>を
痛感しています。

毒や弱音をを吐き出すことで気持ちが楽になったり、
とりあえず書いてみることで、あいまいな気持ちがはっきりしてきたり。

そんな文字(言葉)のパワーを感じているうちに
気になりだしたのが、
書き出している内容…

ほとんど愚痴だし、泣きごとだし。

人生変えたいなら、
そんなネガティブな内容は、
やめといた方がいいのでは…?と、
気になりだしました。

悪いこと書いて、ますます悪くなってる?
みたいな。

で、いいことだけ書いてみようと思ったのですが、
それだと続きませんでした。

嘘ついているような気がして、
ブログ書くのが、あっという間に億劫になってしまいました。

別に自分のブログは、誰に頼まれて書いているものでもない。
読んでいる人を楽しませるために書いているわけでもない。
楽しくなくても、読んでくれる人は読んでくれている。
やっぱり、自分のために書こう。

そう割り切ることにしました。


「借金・失業・姑問題~汚部屋居住四十路浪費妻の生活記」

このタイトルにある単語を、
一つづつ消去できていったらいいな…。

という気持ちに、いつしかなっていました。


ところが、
あらら~どれもまだ健在で…^_^;


むむむむむ…


ブログの記事にする内容は、
自分の気持ちに沿って書きたいから、
いいことばかり書くわけにもいかない…


でも…タイトルは…

悪い言葉を並べていたら、
なんだか、そういう負のパワーを引き寄せてしまうのではないか…?

言葉にはパワーがある。

ならば、願いをはっきりとさせよう。
タイトルに願いをこめよう。

…切羽詰まった今の状況の中、
他にやるべきことは沢山あるのですが、
だからこそ、気になることは、どんどんやってみなくては!

そう!
 脱!借金・失業・姑問題」です!


ということで、
願いをこめて、

「脱!借金・失業・姑問題~汚部屋居住四十路浪費妻の生活再建記」 

(長っ!汚部屋…浪費…←ここももちろんなくしたいところですが、
この部分は、自分に依るところが大ですから、解消できるよう努力します^_^;
1日も早く、短いタイトルにできますように…^_^;)



言霊
ことだま~古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた。~大辞泉より~


現代版言霊…あると信じています。

2011.01.25 09:20|日記、にっき
おはようございます。

これから納品に行ってきます。

こどもは一人、留守番。
一人で留守番できるようになって、
ずいぶん助かります。

こどもの体調も、すっかり回復しています。
ありがとうございます。

本日は晴天なり。
心も晴れの日になりますように。

では、安全運転で行ってきます~。

2011.01.25 01:14|きもち つぶやき
この倦怠感の原因は、わかっている。

それは、夫と話し合い、
ある目標を立て、
それほど無理もない見通しと思われたのに、
肝心の銀行さんに、ほぼ却下されたこと。

なんだかがっくりきてしまった。

自分達は、ここを出て行くしか
道はないのだろう。

でも、その事実が受け入れられなくて、
夫も自分も暗くなっている。

「もしかしたら大丈夫かも!」
そう考えて期待することは、
今回の場合は、キケン。

期待がはずれると
予想外にショックが大きい!

今は、最悪の場合を想定して動くことが
一番(現実的)なのに、
夫も自分も、すっかりヤル気を失っている。

期待はご法度。
金融関係は、いつもそうじゃないか…。


先日、銀行さんと話して以来、
調停の話を、ほとんど夫としていない…。

神様が与えた試練に、
負けてしまいそうな気がしてコワい。


どうか自分に気力を。


2011.01.24 23:55|日記、にっき
ここのところ、
かなりの倦怠感。

なんだか…
目的もわからず、
考えることにも飽きてしまったような…


今こそ、しっかりしなければいけない時!

と、気持ちを奮い立たせてみるのだけれど、
何をする気にもなれず。
もうどうすることも嫌になり。

とりあえず、思考はストップ。
急速に汚部屋化中。

どうしたらいいのかわからないので、
とにかく、その時思った事、
書きたいことだけをブログに
書きつけてみようと思う。

のっぴきならない状況なのに、
ばかばかしい記事。

かと思えば、

まじめに考えたプラン。



しばらく迷走します。(いつもか?)



2011.01.24 15:43|未分類
トラックバックテーマ 第1120回「時間が過ぎるのを早く感じる時」




年が明けて早々に、
調停申し立て書が届いてから、
まだ2週間ちょっと…。

「まだ2週間」か。

とてもとても長く感じる。
まだ2週間ちょっとしか経っていないなんて…。


調停まであと1週間ちょっと。


長い…ものすごく長く感じる。


調停のあとも、きっと長い。
春まで、ずっとこんな状況なのかな。

そう考えると、つらい。
とてもつらい。

早く終わって欲しい。

つらいけど、投げだすわけにはいかない。


いつもは(調停申立書が来る前は)、
毎日時間が早く過ぎてしまい、
「1日36時間欲しい~」なんて思う事もしょっちゅうだった。

こんな調子で、
あっという間に年とっちゃうんだろうなぁ~って。


でも、今は、毎日が本当につらくて長い…


楽しい時間は、あっという間。
つらい時間は、長く感じる。

というのは、本当なんだな。

と、思う。

楽しさを、特に意識することのなかった毎日でも、

<時間が早く過ぎるよう>に感じていた。

ということは、

毎日、きっと、それなりに楽しかったんだな…と、
今、つくづく思っている。

2011.01.24 10:30|日記、にっき
おはようございます。

昨夜、
病気中のこどもがいるとは思えないほど、
爆睡してしまった自分です…^_^;

夜、何度か起きて、熱測ったり、
飲み物補充したり…と覚悟していたのですが、
ほぼ朝まで、まさかの爆睡。

ごめん。こども。

でも、おかげさまで、
薬のせいか、朝起きたら、
こどもの熱はひいていました。

朝ごはんのお粥もリンゴも、
おかわりするぐらい、
元気になっています。

油断しないようにしますが、
ホッとしました。

去年は、溶連菌も併発で、
3日3晩、高熱が出続け、
今回もどうなることかと思ったのですが、
軽くすみそうで良かったです。

調子を取り戻してきたこどもが、
今、クイズを出してきました。

「おかあさん!
病気の人にしか見えないセイザはな~んだ?」

「………?」

「セイカイは、いんふるえんでした~!」


元気で何より^_^;

2011.01.23 22:50|日記、にっき
昨日から、こどもの具合が今一つ。
昨晩、微熱が出始め、
今日の午前中には38度。

その後、みるみる上がって
39度近くに。

インフルエンザ電話相談センターに電話して、
ひと晩は様子をみようと思っていましたが、

こどもが
「頭がいたい~。気持ち悪い~。」と、
うめき続けるので、救急へ。

今日は、日曜なので、救急です。

待っている間も、
「つらい~。つらい~。」と、半泣き。

結果、検査をするまでもなく、
(まだ今の時点で検査しても、陰性と出てしまう)
「この様子、状況は、もうインフルエンザでしょう。」
とのことでした。

仲のいい友達も、
昨日インフルエンザと診断されてましたので^_^;

はい。インフルエンザです。

で、リレンザもらって帰宅。


昨年に引き続き、今年もか!


今年は、予防接種もばっちりだったのですが…

これまで、病気らしい病気をしたことのない息子。
高熱とか嘔吐とか腹痛とか…
そういうのもほとんどなく…。

なので、昨年、インフルエンザにかかった時は
びっくりしました。

どうも…熱にめっぽう弱いタイプらしい、と、
今回ではっきりわかりました。

38度超えて、ピンピンしているお友達もいますが、
息子はぐったり。

睡眠も途切れ途切れで、呻いたり、
泣きが入ったり…。
見るからにきつそうです。

精神的にも不安定になるのか、
「そばにいて~。そばにいて~。」となります。

微熱だった昨晩も、寝たり起きたりで、
自分もほとんど眠れずでした。

のませた解熱剤が効いているのか、
とりあえず、今、息子は熟睡中…。

で、夫は飲み会中…。

ま、いいんですけどね…


こども、早く良くなりますように。

夫、楽しく気分転換してますように。

2011.01.23 00:38|日記、にっき
夫との絆が強いように読めるかもしれませんが、
そんなこたぁ~ありません。

普段は、
いがみ合い、落としあい、ケンカばかり。

ただ、どちらも頭が悪いのか(?)
前にあったケンカの種を忘れてしまい、
あまりひきずることがありません。

ですが、解決や仲直りナシに
日々が過ぎてしまうので、
根本的なところは解決されないままです(>_<)

日増しに、相手憎し…が蓄積するので、
全く良いことではないと思っています。

すぐ、お互い文句の応酬に…。

そりゃそりゃ…根深いですよ^_^;


でも、
夫も自分も、わかり合えるのは、

「我が子が大好きだ」ということ。


それで、

全ての負がゼロになります。


どんなにお互いを嫌い合ったとしても、
状況が悪かったとしても、

息子…

そう「●●(←こどもの名前)がいてくれることが、幸せだよねぇ~」と、

共感できることで、
互いに幸せな気持ちで、全てのマイナスがクリアされるのです。


「●●がいるんだから、今のこの状況なんて、なんてことはないよね~。」
と、二人で良く話しています。

普段は、憎たらしい夫ですが(お互いさま^_^;)、
この「共感」があるおかげで、
一緒に笑ったりケンカしたりできます。


大切にしたいことは、ただ一つ。

夫、共ににがんばろう~!


注:夫は全然違う気持ちでいるかもしれませんが…^_^;

2011.01.22 13:52|日記、にっき
ディーラーさんへ行ってきました。

特にエンジンに支障のある故障ではないそうで、
良かったです。

でも、部品がひとつ壊れていることは確かなので、
なおすのであれば、直した方が良いと…

部品+工賃で20000円弱。


<直すのであれば…>というところが微妙で…^_^;
これでエンジンが壊れることはないので、
どうするかおまかせします。という感じでした。

以前だったら、即直してたけど、
そう言われると、どうするかなぁ…^_^;

今、20000円は大きい…。


で、今日のところは、
有料の定期点検と、
サービスで、なんたらかんたら加工洗車を
していただいて、戻ってきました。

定期点検は、
もともとする予定だったので、OK。

4000円ですみました。

セーフ…

良かったです。


先日の携帯電話の故障といい、
何か壊れるとヒヤヒヤ…

幸い、どちらもお金がかからず
助かりました。感謝。


それにしても…
気持ちにもお金にも余裕のある生活を目指したいです。

あまりに遠すぎて、
その影さえも見えてきませんが^_^;

あきらめず、
今を大事にやっていかなきゃ。

はい。
そう自分に言い聞かせ。

2011.01.22 09:42|日記、にっき
おはようございます。

上がったり下がったり。

めまぐるしく気分が変るのですが、

下がっても、上がるから良し!

そう自分に言い聞かせ、
今日も、気を取り直してやっていきたいと思います。


…って、
でも、今日は、出だしから凹った話でスタートです。
ひゃ~っ

今朝、車を使ったのですが、
車のエンジン警告灯が
点灯しっぱなし。

そういえば、昨日、資材引き取りのために
車に乗った時も、
「アレ?」と思ったんだっけ。

すっかり、銀行さんが来ていて忘れてた!

エンジンの制御装置に異常があると、
ずっと点灯になるそうです。

というわけで、慌てて
ディーラーさんに電話。

これから、みてもらいに行ってきます。

なんでかな~。
お金って、どうして
こう次から次へと出て行くのでしょう~(T_T)

今まで、車歴20年以上。

エンジン警告灯なんて、ついたことないですよ。

ってか、故障したことなんて一度もないし…

なぜこのタイミングで~
お金使いたくないのよ~

これで、大修理とか、
近々買い替え…とかになったら、
どうすりゃいいの~。


ディーラーの営業さん、電話口で、
「ついでに、新しく出た●●をぜひ見て行ってくださ~い」って。

ええ~余裕があれば喜んで~。
でも、ないからごめんなさい~^_^;

2011.01.22 00:44|日記、にっき
追い詰められて、「膿を出す」

今は、そういう時なのかな~と。

この1~2年。
それまで、奢った生活をしてきた自分や夫が、
否応なく変化することを求められた時期。

週末帰るだけのマイホームを売り、
物欲のままに買い続けた物品をあらかた手離した。


生活への意識は変りつつあるものの、
根本にある問題からは目をそむけてきた。

その問題とは、姑や家業の問題。

<とりあえずなんとかなるのでは…>
見ないようにしてきたけれど、
傷(問題)は消えることなく、
中に膿を溜め続けていた。

そして、今、破れた。

醜く、ぐちゃぐちゃな膿。

いつかはこうなるはずだった。

追いつめれらていたのは、膿の方。


では、こうなった以上、徹底的に膿出しを。

膿を出しきった方が、傷口はきれいに治るはず。

今は、きっとそんな時期。

2011.01.22 00:02|調停
今日は、1日調停のことから離れて…。なんて
思っていたのですが、

資材の引き取りから戻ってみたら、
取引先銀行の担当営業さんが…。

営業さんには、もちろん今回の1件のことを
話してあります。

その上で、
ダメ元の融資話の他に、
いくつか提案(交渉?)をしていたのですが、
いずれにも厳しいお返事。

やはり、今の夫の収入や会社の売上だと、
融資。というのは無理なようです。

まぁ…それは、ダメ元で相談したことなので…
十分予想の範囲内だったのですが、

ある程度、現実的と思われる
具体的な金額やプランで相談していたことにも、
難色を示されました。

…ちょっとでも期待していると、
それが叶わなかった時のガックリは大きいですね。

まいったなぁ~

夫は、「見込みあり」と思っていたので、
横顔に落胆の色が見えました。

どこまで続くの…この精神戦。

まぁ…まだ可能性ゼロ…というわけではないのですが、
今度は期待せずに、
他の策を考えときましょう…。

2011.01.21 14:10|日記、にっき
1日中家にいられる予定でしたが、
取引先から、仕事の依頼あり。

資材を引き取りに行ってきます~。

ははは…片づけ途中の部屋は、
空き巣に入られたみたいな状態ですが…^_^;

ありがたし。ありがたし。

安全運転で行ってきます。

2011.01.21 12:35|日記、にっき
先日、使っていた携帯の電源が入らなくなりました。

アダプターを差し込んでも、
ウンともスンとも言わず…


う~ッ こんな時に出費したくないよ~
と、とにかくショップへ。


故障係の人がやっても無理。


電池パックの寿命を確認しても、
去年替えたばかりで、特に性能的に問題なし。


結局、
しばらく充電みたいなこと(?)をしていたら
回復して無事使えるようになりまして…
(故障原因はわからないまま)


まぁ…回復するまでの間、
壊れていた時のために、新しい携帯を検討していたんです。
いろいろ説明を受けながら。

自分、今の携帯、
かれこれ4年近く使っています。

4年前…
当時は、今と販売システムが違っていたので、
本体は、安く買えていたんですよね。


良い性能のものでしたが、
溜まっていたポイントとかを使って、
確か2万円もしなかったような…。


ところが、今回、同じレベルの機種を買おうと
すると、価格がなんと5万円弱!

安いものでも3万弱!

高ッ~!

まぁ…月々分割している方が多いようですが…

それにしても、高いよ!


ということで、びっくりしました。


今年の4月に、無効になってしまうポイントが
ずいぶんあるので、
その前に買い換えようとは思っているのですが…


で、スマートフォン。

夫はスマートフォンを使っています。
なんだかしょっちゅう指タッチしてます。

高そうに思っていたのですが、
むしろ、こちらの方が1万円ぐらい安く買えるものがあって、
悩みますね…。


インターネットの契約みたいなのをしなければ、
月々、今と変わらぬ料金で使えるようですが…


携帯は、メールと電話を少し。
それと、ごくたま~に、
くら寿司の予約やマクドナルドのクーポンのために、
i-mode を使うぐらいで…。

スマートフォンの形状でなくても、
いいんだけどなぁ…!


でも、従来の携帯電話本体は高すぎ!


やっぱりスマートフォンにするかな…。


まれに、お値打ちキャンペーンで、
安い本体が売りに出されることもあるそうなので、
ショップからの情報メールも、しばらくは
気をつけておこうと思います。

4月までには、決めておかなきゃ。

せいぜい3万弱でおさめたいものです。
(希望は2万弱!)

2011.01.21 09:52|日記、にっき
おはようございます。

調停の件。そして、今後のこと。

夫と、一つの方向を決め、
その実現化に向けて、
今は一生懸命、頭を使っています。

ですが、

これでいこう!と決めると、
力が入りすぎてしまったり、

あるいは、義母がその様子を察して、
(その辺の勘は非常に鋭い義母…^_^;)、
わざと…というぐらい真逆の方向を
示してくるので、(これまで何度も経験済み。)
悟られないようにしなくては…です。


とにかく、
方向性は決めたけれど、
こうしなきゃ!こうたしたい!と、思うと、
頭が堅くなってしまうので、
意識して力を抜いていかなくては…と
思っています。

(…といいつつ…緊張…。)

そんなわけで、
今日は、1日、
調停のことを、いったん頭から離して、
いつものように過ごしてみようと思っています。

久しぶりに外出予定もなく、
朝から、心温まることもありました。

良い1日です。

さぁ~
片づけ&雑事処理ですよ~。

あっという間に
部屋の中が乱れていますので…^_^;


部屋の乱れは、心の乱れ。


少しでも整頓しなくてはー!

2011.01.20 11:33|出費
調停の話が続いていますが、
昨日買ったものの話です。

「喪服」を買いました。


購買意欲もさすがにひっこんでいる
今日この頃ですが。


昨日、食材を買いにでかけたスーパーの
衣料品売り場で、買っちゃいました。

ブラックフォーマルをスーパーで!

部屋着やこどもの日常衣料品なら、
スーパーの衣料品コーナーでも、全然OKになりましたが、
さすがに…フォーマルスーツなんかはなぁ…!

と、抵抗アリアリだったんですけど…。

もう年々太っていまして、
以前着ていた、某有名フォーマルブランドの
喪服は、数年前に入らなくなってしまいました^_^;

でも、そんなに不幸があるわけでもないし…と、
買いそびれたまま。

買うのなら、良いものを買おうと思っていたので、
なおさら、その額を考えると、先のばしにしていました。
(無駄なものは平気で買うくせに)

が、不幸はいつあるかわからないものですよね。

ある日、急に喪服が必要になり、
慌てて母のを借りに、実家に帰ったことがあったんです。

その時、
「実家は、そんなに近い距離ではないし、
これはやっぱり、早いとこ買っておかなければ。」
と、思いました。

でも、ちゃんとしたのを買おうとすると、数万円の出費(>_<)

とりあえず、安いものでも用意しておかなくちゃ…と、以来、
ネットや近所の大型スーパーの専門店、フォーマルコーナーなんかを
時々チェックしていました。

ネットでは激安品があるものの、
試着もせずにスーツを買うほどのチャレンジャーにはなれないし、

大型量販店でも、いくら安いといっても、
ブラックフォーマルで、そこそこ気に入ったものだと、
軽く1万円超えてしまいまして…

なかなかちょうどいいものが見つかりませんでした。


う~ん…

この数年、ちゃんとした喪服が手元になかったので、
「今、必要になったらどうしよう?!」と、
常にヒヤヒヤしてました。


で、昨日の話です。

スーパーの駐車場に、
特売品のチラシが貼ってあり、

その中に

「レディース フォーマルスーツ 全品半額!」


という文字が。

半額!

そりゃぁ…見てみたくなりました。

喪服どころじゃなんだけどなぁ…と思いつつも、
ならば、物色。

すると、
まずまず気に入ったデザインのものが、
自分のサイズのみ1着残っていました。

早速、試着。

まぁ…格好良くもないけど(←本人のせい^_^;)、
生地も安っぽくも見えないし(たぶん^_^;)、
これなら良し!と、購入決定~!


14900円の半額です。

→7450円。はい。満足です!


これで、急な不幸があったらどうしよう…?
と、喪服のことでヒヤヒヤすることはなくなりました。

長年の懸案事項ひとつ解決!


あ~ 良かった…!

「喪服」というタイトルで、
「あ~ 良かった…」という締めは、
なんだか不謹慎ですね^_^;

喪服の購入を先延ばしにしていた理由…
お金の他に、実は…もう一つあるんです…

それは…

痩せようと思っていました!

痩せて、前の喪服を着られるようにするんだ!
と、思っていたわけです。

新しいのを買わなくても、
自分が痩せればいいんだから…って…。

自分…ホント…バカ…


痩せるどころか、
もう無理矢理着ようにも、着られなくなってるし…


本当にまったくねぇ…


あ…今、書きながら気づいたことが…。

使わないデパート券で、
ちゃんとしたスーツを新調すれば良かったのではなかろーか?

もっと前に気づけば良かったな^_^;

2011.01.19 14:40|調停
いずれにせよ、
今回の調停で、ひとつの結果が出る。

これまで続いていた義母との
物理的な関係は、これで切れることだろう。


コメントでもいただいたのだけど、

それでも、義母が年をとったら、
結局面倒をみることになってしまうのでは…?という心配。

確かに。

何かしら、文書か何かで縁きりの約束(?)みたいなことを
しておかないと、そういうことになりかねないかも。

親子の縁は切れるものじゃない。

そう考えると、
厳しいようだけれども、
そこまでしなくちゃいけないのかも…。

今は、
「アンタ達は関係ない!」と啖呵をきっている
激しい義母を見ているので、
そんな義母が、今後、私達夫婦に寄ってくることは
ないだろう…と期待しているのだけれど。

ただ、それだけでは
≪縁が切れる≫ということには
ならない…。

自分の中のどこかに、
明文化してまで、義母との縁をきるのは、
ちょっとやりすぎなようも気もしていたが…。

でも!
それが甘いのだ!

今、自分たちがこうなっているのは、
そういう甘えがあったからのこと。

どこかで、
「親子だから…」という思いがあったように思う。


<親子だから、このままズルズルとなんとなくいくのではないか…。>
<いずれ義母が倒れたら、自分が看るんだろうなぁ…。>

…嫌だけど、そんな風に思っていた。

夫も、義母の生活費を全く無視してわけではない。
面倒みる気があったのだ。
「親子だから…。」


なのに、義母の方が
そうではなかったのだ。

義母は、ハッキリと自分の老後のために、
≪競売≫という選択をしたのだ。


息子夫婦が仕事を続けられるかどうかなんて関係ない。

夫との親子関係なんて、今の義母の方が否定したのだ。


それで、あとから、
「親子だから…」と、
助けを求められるようなことがあっても、
納得がいかない。


ならば、
きっちり縁が切れるよう、
明文化するのが良いのだろう。


弁護士と面談した時にも、
「親子だから…と言わず、
相続の時に、もっとしっかり双方の権利などを
決めておいた方が良かった。」と言われた。



優しい関係で使われる
「親子だから…」は、
思いやりにあふれて美しいけれど、

いがみ合っての関係で使われる
「親子だから…」は、
互いに、自分に都合が良い時に使うばかりだ。


義母は、
「アンタ達の世話になんか絶対ならない!」と、
言っているのだから…


今のうちに、
その言葉を書いておいていただきましょうか…。

2011.01.19 10:22|調停
おはようございます。

今日は、都税事務所等で、
固定資産評価額などを調べてきます。

固定資産評価額は、
年度のはじめに送られてくる
固定資産税の納付書を見ればわかるそうですが、
それは、義母が持っていますので…。

競売にしろ、任意売却にしろ、
実際、この土地と建物が、
いったいどれぐらいでやりとりされそうなのか、
確認しておかなければなりません。

土地&建物の価格を決めるには、
大きく分けて、
3つの種類があるそうです。

①固定資産評価額
②路線価
③市場価

①が一番安い価格で、
続いて、②、③と、高くなっていくそうです。

そのうちどの価格で話をすすめるのかは、
案件次第になるようです。

まずは、
①を調べてきます。

2011.01.19 01:49|調停
(前の記事からつづいています。)

あるいは、義母は、
自分の兄弟身内を頼って故郷に戻るのか?
という線も考えています。

義母の故郷は、
東京からちょっと離れた県にあります。

兄弟、親戚のほとんどは、その地で暮らしているようです。

夫に聞くと、
義母が、たまに帰ることがあったぐらいで、
義母の親戚がこちらに遊びに来たことはほぼないそうです。

みなさん、高齢のせいなのか、義母の性格のせいなのか、
あまりつきあいの気配を感じません。

それでも、義母は
「私の兄弟は団結力がスゴイのよ。」と、前々から言っていました。

なので…売却後は故郷に帰るのかな…?
とも思ったのですが…

末っ子である義母を一番可愛がってくれていた。というご長男が、
数年前にお亡くなりになりました。

そのご長男は、
義母が生まれ育った家屋を継いで暮らしていたそうですが、
両親が亡くなり、長男夫婦だけになってからも、
義母は、「(その家は)自分の家だから」と言って、
遠慮なく帰っていたらしいです。

(そういうところが、兄弟間で
ちょっと問題になったこともあったようです。)

そんなわけで、
ご長男が亡くなった時に、
義母は
「もう帰るところがないじゃないねぇ。」と
ぼやいていました。

自分のお兄さんが亡くなり、
かつての自分の生家に、そのお嫁さんだけとなってからは、
さすがに義母も、我がもの顔で帰るわけにはいかなかったのでしょう。

そんな事情からすると、
義母が、親戚を頼って自分の生まれ故郷に戻ることはないように
思えます。


ならば…
最後に考えれらるのは…

義母と義弟が一緒に暮らす。ということです。

義母と義弟は、互いに思いやっている
良い関係です。

そして義弟は独身者です。
現在、都外で賃貸生活しています。

現金化された二人分の相続金なら、
都外で住宅購入も可能でしょう。

たぶん…これが一番自然…

と思うのですが、

自由に気ままな暮らしぶりの義弟と、
自分の言うことが絶対な義母。

そう考えると、この線もないかも…


もし、この最後の推測が現実になるのであれば、
自分、義弟を無条件に尊敬します。

かつて義弟は言っていました。
「どんな親だって、自分の親だから。」

それを聞いた時、
「すごいな。」と思った一方で、
んなこと言ったって、
その当時、義弟の方から、
義母の今後の生活費を心配してくるわけでも
相談してくるわけでもなかったので、
「結局、全部、お兄さん(=夫)に、任せているじゃん。」
と、ちょっと腹が立ったのを覚えています。


なので、もし、
義母と義弟が一緒に暮らすということになったら…
義弟の覚悟と優しさに、
ただただ感服することと思います。

さて…義母は、いったいどうするというのでしょう…



2011.01.19 00:34|調停
素朴な疑問です。

数年前から、
「ここを売って、ゼロにする」と
言っていた義母ですが、

「そうしたら、お義母さんは
どうするんですか?
住む家はいったいどうするんですか?」
と、何度か聞いたことがありました。
その時は、本気で心配してました。
(今は…?)


「アンタ達には関係ない」と、
バッサリ切られましたが、
そういう覚悟、ある意味スゴイ…と思う…。


「私は、雨風しのげればいいのよ。」とか、
「アナタの実家の方なら、2万円ぐらいで住めるのよね?」
(どうだろ?さすがに2万では…^_^;)
と、言っていたこともありました。

…ということは…

東京(ここ)を離れ、
どこかの県に移り、月2万円程度の家賃の部屋を借りて住む。
ということでしょうか?

確かに、高齢者用優先物件として用意されている
近県の公団となれば、2万円ぐらいで借りられるのかも。

私達とのしがらみから解放され、
そういうところでのびのびと暮らせるのなら、
それは良いことだよな~と思います。

夫は
「のびのびは無理だと思う。
どこ行ったって、周囲が気になってしょうがない(人だ)から。」
と言うのですが、
もしかしたら、義母の第二の人生が拓けるかもしれない。

いくら義母のことを嫌いと言ったって、
もう私とは関係なく、離れたところで生きていかれるのであれば、
幸せであってくれた方がいい。
これまで苦労してきた人なんだから。

もう、嫁、姑、関係ないんだもん。

嫁である私と離れられれば幸せ。であるのなら…
それで幸せになるのであれば…


「どこに住むかあんたたちには関係ない。」と言われれば、
深追いはしませんが、素朴に不思議に思っています。

義母…四捨五入で70歳…。
いったいどこに住むのだろう…

(つづきます。)

2011.01.18 23:24|調停
二人の弁護士さんと会いました。

一人目は、この時の方です。→

二人目は、知人の紹介の方です。

どちらも、有料相談で。
1時間程度相談しました。


一人目の弁護士さんの時は、
調停についてほとんど何の知識もない状態で行き、

今回の調停がどんなものか?
それに対し、自分達にはどの程度のことができるのか?

みたいなことを聞いて、終わりました。

全体像をボワッと把握しに行った感じです。


二人目の弁護士さんに会った時は、
こんな状況の中、

「自分達はこうしたいけれども、それは通用するのか?」
「調停でこんなことを言っていいのか?」

みたいな事柄を、より具体的に聞いてきました。


2回の弁護士さんとの面談で、
わかったことのうち、

一番「なるほど。」と思ったのは、

「調停は、将来の話をする。」

ということでした。


自分、調停申立書をはじめて見た時、
まず第一に考えたのは、

「自分達のことをわかってもらわなくちゃ。」ということでした。

それが、判決に大きく影響するのだと思いました。

だから、これまでのいきさつをうまく説明しなくては…と。



…ところが、

どちらの先生も、あまりこれまでのいきさつ等には興味のないご様子。

つまり、

どっちが良いの悪いの言ったって、
その時、その場にいなかった調停員たちが、
「どっちが正しいことを言っているかなんて、わからない」と。

これまでのことをほじくっていても、一向に話はつかない。というわけです。
そりゃそうだ。

それよりも、今後、
どうしたら両者、お互い合意の方向で決着できるかを話し合うと。

調停とは、そういう場である。ということでした。


「なるほど」と思いました。


なので、2回目に会った弁護士さんは、

「まずは、自分達がどうしたいと思っているのか。」を
ある程度明確にしてから、調停に行った方が良い。

とアドバイスをくれました。


調停→即効判決?
あるいは、
調停→相手の言い分に対抗?
みたく思っていたので、
それを聞いて少しほっとしました。


調停。

ちゃんとこちらの希望も聞いてはくれる場であるそうですが、
ただ、相手は弁護士を立てている分、
夫は少し分が悪い…ということはあるでしょう。とのことでした。

それは、どうしても調停員達は、
代理人(弁護士)の意向の方に
添いがちになってしまうからだそうです。


なので、
「まず1回目の調停で感触を見てください。」ということになりました。


あまりに相手側の弁護士が、
自分達だけのペースで調停をすすめようとしたり、
相手側だけの意向に偏って調停がすすんでいくようであれば、
こちらも弁護士を立てた方が良いでしょう。と、話してくれました。

「そうなれば、また相談に来てください。ご協力します。」
ということでした。

「でも、もし自分がお義母さんからの依頼を受けた弁護士だったら、
お義母さんにも、話し合いがつく方向で説得をしようと思います。
たいがいの弁護士は、そうすると思います。」と、言っていました。

義母の弁護士さんが、そういう人だったらいいんだけど…


もし、話がつかなかった場合は、
最終的には、こちらも弁護士さんを立てて、
弁護士さん同士でまとめてもらった方が良いのだろうな…と思っています。


ただ…夫が
競売…もしくは任意売却に応じれば、
そんな必要もなくなるのですが。

2011.01.18 12:51|日記、にっき
正月早々、
とんだことになり、

気持ちはぎゅうぎゅう。

部屋の中&
日々のTO DO LISTはぐだぐだ…

こんなことになると、
以前なら放棄しがちだった食事作りですが、
ちゃんと作っています。

今日の昼ごはんも、
肉野菜炒め定食を作って
夫と二人で食べました。
はい、≪今日の自営の昼ごはん≫です。

いや…あたり前っちゃあたり前のことなので、
わざわざ言うほどのことでもないのですが、

ブログをつけはじめた1年半前の
当時の自分は、
ちょっとでも、忙しかったり、面倒くさかったり、
気分が不安定になったりすると、

「ま、いいか。」で、外食や買弁、出来合いの惣菜に
すぐ手を出していましたからね…。

それが、わが家の金融危機発覚から、
徐々に減ってきまして…

そのうち、
昼ごはんを自炊したら、
弁当買ったものと思って、その分のお金を
貯める10万円貯金がはじまり…、

そうしていると、
今まで簡単に手を出していた惣菜が
どんどん高いものに見えてきて…、

で、せっせと自炊に励むようになる。

「外で食べよう。」という夫に
「やめとこ。いいよ。ウチで食べれば。」
なんて、サラっと言えるようになり、

今では、冷蔵庫の残り物で献立を考え、
2~3品、チャッチャッと(←自分比)食卓に出せるようになりました。

こんなに気持ちがぎゅうぎゅうな日々、
かつての自分だったら、料理どころじゃなかったです。

いやぁ…ホントに…
恥ずかしながら、
ようやく…ようやく…到達しました。

1年半前の自分だったら
考えられなった場所に。



習慣は人生を作る…というけれど、
本当につくづくそうだよな~と思います。


この歳になって、
ようやくついた良き習慣。

何回も同じような記事書いて
自分褒めしてるんですけど…^_^;

凹むことばかり記事にしていたので、
またちょっと自分を持ち上げてみました


12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク