2011.05.30 22:54|日記、にっき
そして今晩の夕食は、すき焼き。

贅沢が続きます。

でも…でも…
実は、
200グラム299円の特売すき焼き肉が、
さらに半額になっていたという…

3パック(600グラム)買っても、450円だったんですよ!

あんまり安すぎる値段のついた食品は
どうかと思っているのですが、
今回は、まあ、イベント的な値段という風に、
都合良く解釈して買ってしまいました。


600グラムも食べきれず、
すきやき鍋の中には、まだまだ肉切れが残っております。

これを、明日は肉じゃがに変身させます。


450円で、たっぷりすき焼きと肉じゃがの2品が作れるという…!

この満足感…
こどもはもちろん、夫もわからないだろうけれど、
母はかなり楽しい~♪


自炊ばんざ~い!

スポンサーサイト
2011.05.30 10:53|無駄づかい
昨日の外出。

自分が家に戻ったのは、
ちょうど昼過ぎ。

夫もこどもも、昼ごはんは私待ち。

夫は待ち切れず、
レトルトカレーを食べてしまったそうですが…

「まだお腹空いているから何か買ってきて~」
と、電話あり。


で、各自お昼ごはんに…

自分用…前から食べてみたかった山形牛の駅弁 1100円
こども用…好物のまい泉のカツサンド 約800円
夫用…ケンタッキー 約1200円

他、焼き栗525円


うわっ これでもう1000円札4枚…4000円がっ!!!!!

夫、カレーを食べているので、
軽めのものでいいかな?
250円の牛丼ぐらいで大丈夫かな?と思ったら、

「ケンタッキーのチキン食べた~い」と想定外の高額食品リクエスト。

それも、「3本か4本。あとポテトも…」と…(>_<)


最近は、あまり外食もしていないので(以前に較べればですが^_^;)、
外で食事したと思えばいいか…と、考え、思いきって
以上の食品を買って帰りました。

はい。
贅沢させていただきました。

ありがたく感謝しますm(__)m

しっかし~
やっぱり外食は高い~!!!!!!

ちょっと買ったつもりが、
こんな額ですもんね~。

ちょっと外出。
ちょっと外食。


かなりキケンであります。

2011.05.30 09:19|日記、にっき
おはようございます。

昨日、自分だけ用事があって、
午前中、電車に乗り、
一人でちょっと出かけてきました。

夫とこどもは留守番。

用事が終わって帰り道。

大きなターミナル駅利用です。

以前の自分だったら、
華やかなショップが並ぶ道や駅で、

あっちへフラフラ~
こっちへフラフラ~

でしたが、最近は、
ほぼ入ることがなくなりましたね。

色とりどり。
センス良くディスプレイされたお店を横目に
見ながら…。

そういうものに、
(お金がないので)なびかなくなっている自分に、
ちょっと悲しさも感じつつ…


しか~し…
本当に自分は、物欲の誘惑に負けっぱなしだったな~と
過去を思い出しながら歩いてました。

ちょっとお店に入っただけで、
欲しいものを必ず見つけて、
買っていましたからね。

良く考えもせず、財布の口を開け、
買い放題…って状態だったような…。

あぁ…オソロシイ…オソロシイ…

でも、今だって、物欲に勝つ自信がないです。

今は、経済的にきついので、
無理矢理抑えている感じ。

それだって、たまに爆発しちゃいますからね…。

昨日も、駅のターミナルで、
あちこち寄りたい気持ちをなんとかおさえ…でした。

夫とこどもがいると、まだセーブがききますが、
自分の一人歩きは、非常にキケンです(>_<)

結果、余計なグッズなどは買いませんでしたが、
食品に散財して帰ってきました^_^;

う~っ
2011.05.28 13:27|雑感
良く降りますね。
梅雨はじまっちゃいましたね。

土に染み込む放射線物質が心配です。


さてさて…
いただいたコメントから、気がついたのですが…

マイコップ、マイ箸。

家庭の中でもありますよね?
自分専用のもの…決まってますよね。

ウチは、
夫、こども、自分…と、
一応分けているのですが…

<一応>です。
徹底されてません(>_<)


なぜなら、夫が全く気にしないから。

こどもと自分は、自分専用のカップやお箸を意識して使いますが、
夫は、もう全く意に介さず!

見事なほどのスルーっぷりです。

とにかく一番はじめに手にとったものを、
使います。

全然見てない…^_^;


夫と付き合い、
夫の実家に出入りするようになり、
夫の家族が、
みんな同じ箸を使っているのを見て、
軽くカルチャーショックを受けたことを
思いだします。

ほら、お蕎麦屋さんとかで、
何本も同じ種類のプラスチックの箸が、
箸立てに立っているじゃないですか。

そんな感じです。

その中から、適当に2本掴んで、
義父も義母も夫も兄弟も使ってましたね。

自分の家は、マイ箸が徹底されていたので、
まぁ…びっくりでした。

こどもの頃、
自分の好きなお箸を選んで買ってもらったりするのは、
ちょっとした楽しみだったんですけどね。

義母はとても神経質だと思うんですけど、
その辺はこだわりなかったみたいです。

夫の実家で、
私もたまに一緒に食事をするようになると、
同じ箸を使うことになりました。

それか、割り箸でした。

それと、箸だけに限らず、
茶碗も、コップも、自分専用。という習慣はないようでした。


そんなわけで、
夫が、誰のコップだとか、誰の箸だとか、
まったく気にしないのは、
育ちなんだな~と思っています。

昔は、「これは私のコップだから、使わないで!」と、
夫に良く言っていたものですが、
全然覚えてくれないので、(覚える気がないようなので(>_<))
今は、もうあきらめています。

贈り物としての意味をつけ、
そうして覚えてもらおうと、夫に専用カップをプレゼントしたこともありますが、
効果なかったです~。

自分でお気に入りを見つけてくれればいいのでしょうが、
食器自体に興味がない人なので、
このままだと、夫は、一生マイカップとかマイ箸とか
持たないのだろうな~と思います。

ま、今後、転職することとなり、
仕事先で必要になる可能性は、なきにしもあらず…ですけどね^_^;

2011.05.26 12:46|日記、にっき
外食や買弁もめっきり減り、
自炊が板についてきたのは喜ばしいことです。

が、前にも書いたかもしれませんが~

食器を洗うのがタイヘン~(>_<)

もう…下手すると
1日中、流しで皿洗ってるんじゃないか…という気さえ
してくるほど…


自営で、昼もウチ食なので、
3食+夫のおやつ(軽食)を用意しているわけですが、
その度に、汚れた皿と調理道具がわんさか。

また、夫が日中も家の中を出入りしているので、
コップをとにかく良く使うんだな…

ちょっと麦茶飲んだぐらいで…コップを流しに…ポン。

いちいち飲み物を飲むたびに
洗ってあるコップを使うのです(>_<)

またどうせすぐ飲むんだから、同じコップを
自分用として、さっとゆすいで、使うようにしてくれればいいのに~
と、もう何年も、何度も言っているのですが、
まったく協力する気ナシ。

食事の際、自分はワンプレートでOKでも、
夫は、おかずごとに、お皿を分けて欲しい人。

たとえば、生姜焼きやハンバーグ。

ワンプレートに野菜とお肉を盛り付けちゃいたくても、

サラダは別にして~

ソースがほかのおかずに染みこむのは嫌~

ということで、
1品1皿…というのが、決まり。

そんなわけで、いつも食事後の流しの上は、
汚れたお皿や調理道具がわんさか!

お料理上手な人は、
支度上手で、
片づけ上手。

料理を作りながら、
片っぱしから調理道具も片づけちゃいますよね~。

でも、それができない自分。

夫のせいばかりでもありません。

もう…洗っても…洗っても…
流しには、お皿の山…

今、昼ごはんが終わったところですが、
お皿にお鍋にフライパンにボウルに包丁にお箸にスプーンに…
またもやオールスター。

う~っ
これをまた洗うのか~っ!

さっき洗い終わったばかりだと思ったのに~

冬に較べれば、手荒れの心配もないので、
その分、ずいぶん楽なんですけどね…。

まぁ…面倒な洗いものですが、
お気に入りの食器を使うようにしているので、
洗っている時と、洗い終わったあとの姿を見るのは、
毎度、ちょっとハッピー。

それと、新発売の香りのいい台所用洗剤をおろして使う時は、
皿洗いのテンションがかなりアップしますね!

…なんて書きましたが…
今は…まだ洗う気になれな~い^_^;

一休み…一休み!…逃げ。
2011.05.24 12:35|雑感
1ヵ月以上ブログから離れ、
また書き始めようと思った時、

状況好転の願いをこめて、
毎日の楽しいことや幸せに思う事なんかも
ちゃんと大切に書いていこう~♪
と思ったたのに…
ひゃ~なんだかすっかり暗い~(T_T)

いけない。
いけない。

ヘビーな本音はもちろんだけど、
気持ちがホッとした時間を書くことだって、
大事なんだよな~。

そう気がついたはずなのに。

深刻な記事と、
ライトな記事と、
織り交ぜ織り交ぜ。で、
一見精神状態バラバラに見えてしまうかもしれませんが…

お試しに
どんどん気軽な記事も書いていこう~っと思っています。

2011.05.24 10:36|日記、にっき
自分はですね~っ

本音を言えば、
もう全てエイヤっ!て、
うっちゃりたい気分…

実は、賃貸していた部屋の店子さんが、
出ていったんです。

つまり、現在空室あり。

その間、家賃収入がないわけで。

家賃収入で、物件のローン支払いをしているので、
今月は、ローンの支払いができないと…

物件にかかわる金銭管理は、全て義母がしています。

まぁ…銀行さんへのローン支払ができなくても、
それでもいいと。

義母は、そう言っているわけであります。

ローン支払ができなくなれば、
銀行さんが競売に出すわけで。

それならそれで、義母からすれば、
それは、自分の希望と同じ競売であるから
それでもいいと。

競売になるのが嫌だったら、返済不足分を、
「アンタ(=夫)、払いなさい」ってことです。

もうめちゃくちゃだと思うんですけど…

おまけに、店子出たあとにかかる改修費
十数万も、
「自分には払うお金もないから、
アンタ(=夫)出しなさい。」と…。

はぁ~?と思うのですが、
義母は、もうここを売却するつもりで
開き直っているので、どんなことにも強気です。

本当にいちいち…
ややこしいのです。

結局、この物件を維持したいと考える
夫が払うしかないわけで…

もちろん、今後、夫が所有、維持できれば
喜んで支払いますが、
払ったところで、夫の所有になる確率は、
きわめて低いわけで…

あぁ~なんだか
いちいち、こういうグダグダな状況になってしまうのをみると、
本当に、投げだしてスッキリしてしまいたい…

そんな風に思ってしまいます…。

2011.05.24 09:54|日記、にっき
結局…

調停申し立て書が届いた1月と、
今でも、
悩むところが
全然変わっていないんですよね。

5か月あっても…
変わりなし…

銀行担当者…
弁護士…
親戚の伯父さん…
税理士…
友人…

夫は、これまでの人生になく、
方々を駆けずり回ったけれど…
事態に変わりなし…

それでも…
得たものはあったはず…

そう夫も自分も思ってはいるけれど、
夫の顔は日々険しく、やつれていっているように見える。

先日の調停後、
夫は、何度か義母と直接話をしている。

頭も下げたらしい。

でも…
義母の態度は、なんら変わることはなく…

自分から見れば、
義母は、こちらや周囲が説得すればするほど、
意固地になるのがわかるのに、
夫には、どこかまだ自分の母親に、
融和の気持ちがあることを期待していたらしい。

「やれることはやってみる。」

夫は、必死だ。

それでも、義母から容赦なく拒絶され、
日々憔悴していっている。

「そんなことしたって無理だよ。」と、夫に言いたいが、
親子間のことだから…自分が口をはさむべきじゃない…

「やれることはやってみる。」
夫の気持ちや行動を、今は静観しているしかないのだ。

そんな夫に、
自分ができることは、
妻として、
いつでも笑顔を忘れないこと…

夫の気持ちを楽にしてあげたい…

…と、書きたいところだが、
現実は、そんな立派なことはできず…。

つい、一緒に、苦虫をかみつぶしたような顔になってしまい、
時に、キツイ言葉を投げかけてしまう…

夫の顔つきを和らげるために、
自分は、もっと自制しなくてはならない。


2011.05.24 09:08|調停
6月の調停で、
今後のことがはっきりするわけですが…

選択肢は、二つ。

異議申し立てて裁判を夫がおこすか、
義母の希望(申し立て)に沿って、ここを売却するか。


①夫が異議申し立ての裁判をする。

裁判になると、向う1年は、今の状態が続きます。

その間、家業と家は、とりあえずある。

裁判に勝てば、今の家業と物件を得ることができる。

物件は賃貸物件でもあるので、大家業と家業の
両方で生計を立てることができる。

ただし、物件を得るために、新たな借金ができる。

また、今後、賃貸物件に絡む出費が増える。
(固定資産税、修繕費、空室時のリスク…)


②任意売却をする。

手元に数百万のお金が残る。

ただし、仕事がなくなる。
新たに仕事と、割安な住居を見つけなければならない。

こどもの生活環境の変化(転校など…)
年齢的にも難しい年頃になってきました。
たくましく変化に順応してもらいたいのですが…



裁判にすすめても、夫は法律的にかなり不利とのことです。

それでも、すすめてみようと夫は当初考えていました。

やはり、今後の仕事のことを考えて。
また、義母のいやがらせのような行動に納得がいかなくて。

「裁判はフタを開けてみなければわからない。」
そうです。

少しでも、自分に可能性があれば、裁判に持ち込みたい…と
夫は考えていました。

でも…ここへきて…

その気持ちは少し揺らいでいるようです。

2011.05.24 08:43|日記、にっき
おはようございます。

今日は、こちら東京は雨。

一時的にやむことはあるものの、
昨日から降り続けています。

週末も曇り~雨と、
すっきりしないようですね。

このまま梅雨入りでしょうか。

もうそんな季節なんだな。


そんなお天気と同じように、
夫も自分も心が晴れません。

雨模様。

徐々に、この建物と物件を売る方向で
気持ちが固まりつつあります。

次の記事に書きます。

2011.05.20 11:06|日記、にっき
過剰反応かもしれないけれど…

原発事故以降…

なんとなく、外に洗濯モノを干せない。
布団もいっさい干していない…
(別の意味で、キケン^_^;)

窓から入ってくる気持ちの良い風も、
なんとなく、楽しめない。

わが家の大好物、
お刺身に
なんとなく、手がでない。

お刺身…どころか…魚介全般…
まだ成長中のこどもに食べさせて、
本当に大丈夫なのかな…

正直…野菜も…なんとなく心配だ。

気にし出したらきりがない。
自分の不安は、風評に加担するだけ。

だから、まぁ…普通に買って食べてはいるし、
声高に不安を口にすることはないけれど、
常にどこかに抵抗感を覚えているのは事実。

自分達大人はいいけれど、
こどもの身体にちょっとづつちょっとづつ蓄積されていくと、
やっぱりゆくゆくは害になるのではないか…?と思うと、
心配は消えないわけです。

そしてお水。

ミネラルウォーターが欠かせなくなりました。

半端なく買っております。

無洗米ですが、お米をざっと洗う時、炊く時に、
ミネラルウォーターを使うようになりました。

こどもが飲むみそ汁、スープ、麦茶を作る時も、
ミネラルウォーター。

…といっても、料理に使う時、全てにミネラルウォーターを。というわけには
いかないので、まぁ…本当、ただの気休めなんですが。

毎日、あっという間に何本ものペットボトルが空になっていきます。

お金もその分かかるようになってしまいました(>_<)


空気、食(魚、野菜、肉…)、水…


あの日を境に…

スーパーで、
ほぼ何も考えずに当たり前のように食料を買えていた生活には、
もう戻れません。

2011年3月11日

なんて大きな転換の日だったんでしょうね…。


2011.05.20 10:25|雑感
おはようございます。

さきほども、ここ東京では地震がありました。

…思えば、余震もだいぶなくなりましたね。


原発事故後、放射線の影響は、
どこかはっきりとしていず…
曖昧なまま放置されているような気がします。

食べること、飲むことどころか、
息をしなくちゃいけないわけで。

今、自分がいるこの大気中にも、
放射線物質が漂っているんだなぁ…と思うと、
気持ち良く吹いてくる風も、
ちょっと不気味な気がしてしまったり。

公表されている数値的には、
事故前より微増…ということらしいのですが…


福島では、現在もメルトダウンした原発が
暴走しているわけで…

一見穏やかな日常をとりもどしているかのようにみえる
周囲の風景ですが、福島の原発を思うと、
とても危うい場所で、みんな暮らしているのだなぁ…と
思わずにはいられません。

自分の暮らし方に、
大きな変化はありませんが、
それでも、
震災以降の生活は、
以前のそれとは、
まるで違ってしまったなぁ…と
感じています…。

3月11日。

息をする。ということ一つとっても、
もうあの日以前と同じ生活に戻ることはないのだな…と、
なぜか良く考えてしまいます。

2011.05.19 11:17|出費
GW中に、関西まで出かけた時の、
飛行機運賃です。


大人:

11670(往)+22670(復)=34340×2名分
=68680


子ども:
11330×2(往復)=22660


合計 91,340円


高額ですね(>_<)

積み立てていた旅行券で
支払いました。

積み立てしていて
良かったです。

2011.05.18 10:02|調停
目覚めは最高でしたが。

現実は現実でして。


さっき夫と話しをしました。

昨日、夫は、直接義母と話をしたのですが、
その時の話です。

義母が、息子(=夫)に売却したくないわけの
一つに、
私と結婚したことが間違いだ。
というのがあるそうです。

義母は、たとえ自分の相続分を手にしたって、
息子がこの土地&建物を持っている…ということは、
息子が死んだら、嫁(=私)のものになってしまう。

それが、許せない。ということらしいです。

たとえ、夫が、新たに借金をしてここを買い直したとしても、
自分が建てたこの資産が、それがたとえ借金であろうとも、
嫁のものになる…ということが許せないらしいです。

孫にはいいが、嫁のものになるのは許せない。

徹底的に、私が悪いわけですね。

あ~ぁ…

じゃ、夫が死んでも、
この資産の権利を、私が放棄する。と、
約束でもすれば、夫に売却でもするのでしょうか…

それならそれでいいのですが。

どうして、そんなところにこだわるんだろう…

資産ではなく、これからも借金が続くというのに…。



自分ものが、憎い嫁のものになるのがいや。



それで、今、

息子(夫)から、仕事も家も取り上げようとしているのです。


義母の望みは、

夫と私の離婚なんですね。


坊主憎けりゃ袈裟まで憎し…


う…ン…

まぁ、わかってはいたことです。

でもね…でもね…

やっぱりあんまりにも腹が立って、
妹に電話。

話を聞いてもらって、スッキリしました!

でも、ほんと…どうしようかなぁ。

2011.05.18 09:43|日記、にっき
昨日、<目覚めが悪い…>と書いたせいなのか、
今日は、
起きても、はっきりと覚えていられるほど
楽しい夢を見て、
目覚め最高でした!

前職の業界で、転職を果たした夢です。

また好きな職場が出来た夢でした。


ひょんなことから、採用になりまして。

所属された部署の仕事も面白そう。

「能力が高い」と、
期待もされてまして。

同期が3名いるのですが、
皆クセ有で手強そう…でも、それがたまらなく
楽しくなりそうな予感。

おまけに、レイアウトが自由な会社の中で、
「空いてる席ならどこでもいいし。
ここでもいいよ。」と、勧めてもらった席は、
大きな大きなガラス窓に向かって置かれていまして。

そのガラス窓の向こう側には、なんと
コバルトブルーのサンゴ礁の海が広がっている~!


というまさかな感じの夢でした。

でも、起きた時、気分がいいのなんのって。


目覚めてガックリ~ってことはなかったですよ。

なぜなら、夢の中の自分は、
今の夫も息子もいる設定でしたが、
30歳前後でしたからね。

夢を見ながら、これは夢なんだな。ってわかってましたので。

目覚めた時の、最高な気分の良さは、
ごほうび~♪と思ってます。

2011.05.17 22:35|雑感
なんていうのかな。

なんて大変なんだろう。

と思っていた去年の今頃が、

今と較べると、

幸せにさえ思える。


去年の今頃。

自宅を売却することになり、
そして、本格的に引越しをし…

状況的には、
かなりきつかったけど、

それでも、

よし!
これから夫との仕事をがんばっていかなきゃ。

と、覚悟を決めてがんばろう、思ところがあった。



そうして現在。


去年が底だと思っていたのに、

その底を、さらに下から見上げている…。


なんだかな。


気がつかなきゃ。

今も幸せだって。

去年の今頃だって、
実は幸せだった。

幸せにちゃんと気がついて
今を大切にしなくては。

青い鳥

思い出した。

2011.05.17 13:49|雑感
先が見えない。

というのは、本当に不安です。

被災地の方々が、
誰しも口にする

「先の見えないことが、不安。」


本当に、自分も…調停申し立て書が届いたあの日から、
ずっとずっと体感しています…。


こわくてこわくて不安。


でも、自分には、家族だっている。
ゆっくり寝られる部屋だってあるじゃないか。

被災地の人々に較べたら、なんて贅沢なことか!

でも…

そういった幸せだとか、楽しいだとか…
そういった感情を鈍らせてしまうのが

「先が見えない。」という不安…。


夫と自分が抱えているそんな不安は、
もちろん自分達で解決しなきゃいけないもの。

でも、被災地の方々が抱えている不安は、
国が解決するしかないのである。

どれだけたくさんの人々が、
こんな不安を抱えているのであろう。

1日も早く国の力を伸ばしてあげて欲しい…。


先の見えない不安。

これは、本当にキツイ。

こんな不安を持つ人が、
一人でも少なくりますように。



2011.05.17 12:36|日記、にっき
正直、最近、目覚めはかなりブルーです。

一晩寝て、朝はケロリ。が、
数少ない自分の長所だと思っていたんですけどね。

どうも…はっきり目覚める前から、
頭の中で

<この先どうしたらいいんだろう…>

<どうやっていこう…>

みたいな、昨夜からの不安がやってきて、
それで、目が覚めます。


調停申立書が届いた1月から、
何度も繰り返し考え、

よし、こうやって行こう!

と、夫と決めて進んだ方向が、
ことごとく行き止まりになっています。


自分達の考えたこと…(この記事では詳細書きませんが…)


きっと自然にかなっていないのでしょう…。

もっともっと…これまでのことを反省する気持ちが大切なのでしょう…。

考えて考えて考えて…

ダメ。


でも…もっとさらに考えて考えて考えて…

そうして、良い答えと結果が出てくるのでしょう。

あるいは…

考えるのをやめたら、自ずと答えが出てくるのかな…


まぁ…今は、ちょっとお手上げです。


2011.05.16 16:59|雑感
今ある家も仕事も手放して…


そう考えたら、どこでも好きなところに行けちゃうんだな~。

夫は北海道に住んでみたい…って言ってたな。

北海道。
自分も好きだけど、光熱費とか衣類とか、かかりそうだな~。

気候を考えたら、やっぱり沖縄かな~。

いっそのこと、
二人とも大好きなオーストラリアやスペインなんかに
行っちゃう??????

オーストラリアで、
自然の中にほんのちょこっとだけ
場所をいただいて、置いてもらおうか?

スペインで、
好きなフラメンコギターを聴いたり弾いたりして
暮らそうか?

な~んてね。

まずは…仕事、仕事。

はい。仕事。仕事。


2011.05.16 15:16|日記、にっき
冗談…といいつつ、
ゴールデンウィーク。

急遽、夫とこどもと3人で
飛行機をとり、関西にいる妹の家に行ってきました。

下見?…^_^;

ま…雰囲気だけでも…ということで…。

私と子どもは何度か行ったことがありますが、
夫は2回目の妹の家。

2泊3日ではありましたが、
それはそれは楽しかったです。

タウンワークとか、
スーモとか。
神戸~大阪の情報誌、もらってきちゃいましたよ。

まぁ…実際行ってみて、
夫の中では、
やっぱりこちら(関東)で…と思ったようですが…

ただ、旅行自体はとても楽しいものになりました。

久々の飛行機に、夫は大喜び。

良かったね(^^)!

2011.05.16 15:09|調停
任意売却にして、関西に移住?
~なんてのも考えました。

はじめは冗談で出ていた話なのですが…。

原発事故直後、
東京を脱出して、
関西以遠に移住する人達がいる…という話を良く耳にしました。

「ここ売ったら、転職しなくちゃならないし、
家も引越ししなくちゃいけないし…
そう考えたら、私達、いつでも関西に行けちゃうんだね!」
なんて、夫と冗談で話してました。

その話を、関西在住の妹に話したら、
大真面目。

妹は、もう何年も前から、
「いつまでも、そんな嫌な思いして、そんなところにしがみついてたって
しょうがないよ!新しい道に進んだ方がいいじゃん!」と、
私に言いつづけています。

ので、
「思いきって、こっちに来い。
こっちなら土地も賃料も、東京とは較べものにならないほど
安いんだから。
仕事だって、今の年齢で転職した方が、まだマシだよ!」と。

どうせ仕事も変わらなくてはならないのなら、
就職の厳しさは、東京も大阪も一緒。

ならば、土地の安いこっちに住めばいい。と。

妹の家の近くには海がある。

夫の大好きな海。

ゆくゆくの賃貸生活が心配なら、
任意売却して得たお金で、
古い中古住宅ぐらいなら買えるだろう…と…。

それで、夫と私と働いて、
細々とでも、やっていくのはどうだろうか…?

これまで、ほとんど休みなく働いてきた分、
毎週末は…海でも散歩するか…


な~んて
ちょっと
甘い想像をしたりしてました。

そして、何よりの理由はこども。

原発汚染はもちろんですが、

人見知りが強く、
なかなか友達を作れないわが息子…

全然知らない場所に引っ越すより、
妹の家の近くであれば、
大大大好きな、仲の良いいとこがいて、
すぐに会いに行けるようになるわけです。

これは、息子には心強いんじゃないかな~と思いました。

それで…関西移住案。

ま…半ば冗談なんですけどね…。

2011.05.16 14:45|調停
調停はほぼ決裂。

義母の申立通り、
競売か、
夫の同意を得て、第三者への任意売却。

あるいは、
夫が異議申し立てをして、
調停から裁判へ。

裁判へすすめるかどうか…。

弁護士さんへ2回、夫が相談にいきました。

いずれも、夫が「不利」…という返答でした。

調停員さんもそう言っているそうです。

なぜなら、事情はよくわかっても、
あくまでも法律だから…。

ちなみに、弁護士さんに頼み、
裁判となると、約50~100万円かかります…

最低で50万。
成功した場合の成功報酬プラス約50万です。

そこまでするかどうか…

2011.05.16 11:43|日記、にっき
あはは~

調停のことを書いてたら、動悸がしてきました。

なんか…こういう不安から目をそむけたくて、
ブログから離れていたんだよなぁ~

最近、よわよわです。

でも、いつまでも逃げているわけにはいきません~^_^;

2011.05.16 11:31|調停
そして、直近の調停です。
つい先日あったばかりです。

もちろん…

「息子(←夫のこと)には売却しない。」
「競売か第三者への任意売却」
という義母の主張は変わりありませんでした。

すでに…調停員さんも、
お義母さんを説得するのは無理…
お義母さん側の弁護士さんも…
お義母さんの頑固さに匙を投げている…という状態だったそうです。

調停員さんが、
どんなに夫に理解を示してくれても、
「法律上は、もうどうしようない。」
ということでした。

決裂…です。

よって…

義母と夫が直接話し合うのなら、
次回、もう一度だけ調停をして、
それで終わりにしよう。

ということになったそうです。

終わり…

それは、つまり、
第三者への任意売却か、
競売です。



2011.05.16 11:21|調停
あれから2回調停があったのですが、
話が進むどころか、
平行線…
 
…というより、泥沼化しています。

4月の調停では、
初めて義母が出廷(?)しました。

それまで、調停では、
義母側の弁護士さん  VS 夫
だったんですけどね。

調停員さんが、
<義母を説得してみよう>
とにかく
<義母から直接話を聞いてみよう>
ということで、
第3回目の調停には、
義母が呼ばれたわけです。

そこで、義母は、
「息子(←夫のこと)に、蹴られて骨折した。」
「息子は、自分が入院している間に、自分の部屋に入って
会社の通帳や印鑑を盗んだ…」
などと話したそうです。

………。

夫に蹴られて骨折なんて…はじめて聞きましたよ^_^;

もちろん…それは事実ではありません。

そして、通帳と印鑑は、義母が入院する前に自分で
私達に預けていったもの。

確かに、去年、義母が入院していた時、
夫は義母の部屋に入り、引き出しをいじりましたよ。

でも、それまでだって普通にしていたことなんですよ。

なぜなら、会社の書類は、義母の部屋の引き出しに入っていましたから。

「送った請求書を確認してくれ。」という取引先の電話に応じて、
引き出しの中に入っていた請求書の控えを夫は探しました。

で、退院後、義母は、
「勝手に引き出しをいじったわね!
私にはわかるんだからね!」と、そのことをひどく怒っていました。

…なんというか…

では、どうすればよかったというのでしょうか…?

…その時は、もちろんもうそのままほおっておきましたが、
義母の中では、そのことが、
「夫が通帳を盗もうとした」→「盗んだ」ということになっていたわけですね。

…こちらは、「盗む」なんて意識も感覚もなく、
会社の書類を探す…というごく普通にしていた行為だったわけですから、
ただただ…もうあきれるばかり。

義母と直接対面し、話を聞いた調停員さんも、
「やっぱり(義母の態度は)ちょっとおかしいですね…」と
言っていたそうです。


義母は、
「息子の言動が許せない」から、
絶対に息子には売却しない。
とも言っていたそうです。

競売か、第三者への任意売却。
義母がそれを曲げることはありません。

調停員さんも、
<お義母さんはおかしい>と思っても…、

けれど…法律は、義母の味方なのです。

2011.05.16 00:14|未分類
ほぼ一カ月ぶりに自分のブログにログインしてみたら…

コメントもいただいており、
また、アクセス数も、頻繁に更新していた時と
ほとんど変わらぬアクセスを毎日いただいており…

<自分だけのために書いている>
というスタンスでいたくせに、
それはとても嬉しかったです。

ありがとうございますm(__)m

感謝の気持ちと同時に…
なかには、心配してくれている人もいるんだな…と思うと…
無駄に心配をかけてしまったかも…と思いまして…
みませんでした。

良くも悪くも変わりなく過ごしております。

むしろ、自分から逃避していた分、
淡々と能天気だったかも。

自分のための自分の記録と、
誰かに聞いてもらいたい近況報告と…。

一貫性も整合性もなく、
ごちゃごちゃな読みづらいものになってしまうかと思いますが…
また記事に書いていきたいと思います。

その点ご容赦いただき、どうぞお付き合いくださいm(__)m

2011.05.15 23:51|未分類
ほぼ一カ月以上…自分のブログから離れていました。

管理者ページを開けることもなく。
立ち寄ることもなく。

自分と自分の生活から逃避してました。

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク