2011.08.31 01:45|日記、にっき
経済的にカツカツな状況の中で…
贅沢にも「ビーフシチュー」

今晩の夕食でした。


夫のリクエストです。

テレビで、美味しいビーフシチューのお店が紹介されていたんですよね。

それを見た夫。

「ビーフシチュー食べたいね~」と言い出しました。


うん!ワタシも食べたい!

とろけるようなビーフに、スプーンを入れてみたい!



そのお店は、意外と近くにあるお店でした。

すぐにも行けそう!

かつての自分だったら、ワクワクと出かけていたでしょうね。


…しか~し…

ビーフシチュー 1人前1600円也!

これは~ 家族3人で行ったら、軽く6千円也!


…というわけで、
家で作ることにしました。

アメリカ産のシチュー用 牛肩ブロック。


およそ500グラムで660円のお品。

さらに2割引きシールの貼られたパックを購入し、528円。


圧力鍋で調理し、食卓に。


お肉は思っている以上に、ホロリと柔らかくなり
大成功!
圧力鍋って、条件によっては、期待した通りの仕上がりにはならないんですよね^_^;

でも、今日は上出来~!


たっぷり6人前ぐらいできました。

ルーや野菜など考えると…900円ぐらいですかね。

お店の味には到底かないませんが、
やはり…自炊って最強です。

1人前150円のビーフシチューになりましたから!

美味しくいただきましたよ~。

ごちそうさまでした!


スポンサーサイト
2011.08.31 01:25|お金、おかね
今年度から国保料が、
これまでの1万円以下から、
3万円になりました。

6月から支払いがはじまっています…。

この国保料と、
年金の料金とを合わせると、
約6万円の固定支出となります…。

毎月…6万…

厳しいです(T_T)

2011.08.31 01:20|お金、おかね
まずいですよ~。

この数カ月…

かなり仕事がヒマでありました…

そのおかげで、夫が調停~裁判に向き合う時間がとれているのは
良いのですが…

売上げ減っても、
支払いは変わらぬわけでして…

これまで、
多少プラスの出ていた月の収入の残りや、
自分や夫がもらうべき給料(生活費)を削ることで、
なんとかやりくりしていましたが…

今月は…どちらの手も、もう使えず…
やばい…状況です。

会社の借金はなんとか支払えても、
今月…国保や年金の支払いは…どうも無理そう…。

8月は、なんとか仕事が取り戻しつつあるので、
9月いっぱいが正念場?

生活費が出せそうもないので、
先月入った生協の出資金やオークションの売上げで
しのぐしかなさそうです。

会社資金&生活費
いずれも、
これまでになく、イチバンのピンチかなぁ…

でも、なんとかしなくては。

国保も年金も払いたいと思います!

9月は、とにかく支出をおさえたい。

そう思えば思うほど、
反対の方向へ走っていってしまう自分に
怯えつつ…

この1ヵ月を乗り越えたいと思います。

2011.08.30 01:23|日記、にっき
先日、ママ友(シングルマザー)の家で、
深夜0:30近くまで盛り上がってしまいました。
こどもも一緒。

こんな時間までいたのは、
初めてですよ~^_^;

学校活動後(イベントがありました)の夜の8時30に、
「じゃ、ちょっとビールでも飲んで行く?」からはじまったので、
正味時間にすれば約4時間。

そりゃそりゃ、あっという間です。

普段全然会えないので、
積もる話がありすぎっっ!

彼女も高齢出産母で、自分よりちょい年上。

いろいろワケあって、今は、
息子と二人で暮らしているアラフォー…いやアラフィーです。

お互い…まぁ…トラブル抱えている…って感じです。

…が、彼女は、自分と違って、
器が大きい!

根っからピュアなんでしょうね。

卑屈さがないところがすごいな~と、
話すたび思うのです。

そんなわけで、
トラブル続き…といえども、彼女との話は、
全く暗くならずに、終始楽しい~

あっという間に時間が経ってしまいました。


子連れで…深夜帰り…ってどうよ…??????って批判は…
すみません…お許しを。

こんな母親であります。


ちなみに、夫は、この日バンド練習でして…
自分よりさらに遅い帰宅でありました。

こんな日が、年に1度ぐらいあってもいいでしょう~。

こういう時間が持てることに、感謝であります。
2011.08.30 00:42|日記、にっき
ちょっと気持ち悪い話でごめんなさい。
(後味良くない話なので、スルーも良いかと…)

昨日、自転車で某河原を走っていました。

途中、自転車を止めまして、
なんとなく休憩。

近くにあった階段に座って、
ぼんやり川を眺めておりました。

…ら、川と陸を隔てているフェンス沿いに
散歩をしていたおじさんが、
「ネズミの死体がスゲ~流れてくるぞ。
こんなの見たことないぞ。」と、
話しかけてきました。

「え?ねずみですか?」と、
話に合わせ、腰をあげて川に近付いてみたら…


うわぁ…っっ…

本当に次から次へと
身体がパンパンに膨れたネズミの死骸が流れてくる…

さっき遠目に見ていた
川面に浮いている塊は、
全部ネズミの死骸だったんだ…

「オレが数えただけでも、もう30匹よ。」

川の水は増水し、
こまかなゴミもたくさん流れている。

その中に、目につく大きな塊があると、
それは、すべてネズミの死骸…

こんなに…たくさんの…死骸を…
自分は…みたことがありませんでした…

コワいもの見たさでしょうか。

しばらく…目を離すことができませんでした…。

何が起きているのだろうか…

とても不安に思いました。

自分が見ていた10分程度の間にも、
軽く30を超えるネズミの死骸が流れていきました…。

こんなこと…
別に珍しくもないのかもしれない。

そう思って(思うようにして)見ていたら、
おまわりさんがやってきて、

「ネズミが流れてるって聞いたけど、
流れていないよなぁ…?」と、
声をかけてきました。

「いえ。流れていますよ。たくさん。ほら。」と教えると、
おまわりさんも驚き、
流れてくる死骸を目にし、
「いや~ でも、これをどうにかしろって言われてもなぁ~」
と困った様子でした。

どうやら……良くあることではないようですね…

不気味な話でごめんなさい。

こんなに世界の自然が変化をしている時ですから…

コワくなって、
ネットで、「ネズミ、大量死、…」などなどいろいろ検索してしまったのですが、
原因はいまだわからず。

ただ…前兆だの予兆だの…の記事が目につき、
ますますコワくなってしまったのでした。

2011.08.29 00:38|日記、にっき
こどもの友達が泊まりに来ました。

泊まりにきたところで、自分、いつも特別なことは
な~ンもしません。

自分がすることといったら、
ご飯とお楽しみのおやつを用意するぐらい。

異論、反論あるかもしれませんが、
友達が泊まりに来た日は、自分、
思いっきり子どもたちの好きにさせるようにしています~。

いつもの規則正しい生活リズムが大切…
というのもわかるんですけどね。

でも、それよりも、
せっかくのお泊りなんだから。
今日は自由に思いっきり好きにしなさ~い!方針です。

何時間ゲームをしていようが、
何時に寝ようが、
何時にごはんを食べようが、
関知せず。

うるさいことは言わないようにしています。
(騒音だけには注意しています。)

年に何度もないことですからね。

毎日、母ちゃんからガミガミ言われている子どもたち。
だから、こんな時はほっとくよ!ということで、

「今日は特別~」宣言をします。

食事も、いつもウチで食べているメニューだし、
特に気を遣わないので、預かっても楽。

ウチがもっと広ければ、
もっと泊まりに来る子が多かったんだろうな~。と思います。

こどもちたちの身体がどんどん大きくなっている今は、
友達一人分のスペースで限界です^_^;

そんなわけで、友達が泊まりに来た日は、
自分、寝る場所を、台所の流しの前に移して就寝です。

シングル布団を敷くスペースもないですからね。

例によって、敷き布団を、縦半分近く折る感じにして寝ました~。

でも、いつもと違う場所で寝るのって、なんかちょっと楽しいんですよね。


もっと、たくさん人を招くことのできる状況になりたいもんです~。


部屋がどうこう…というよりも、
今は、2階の義母が気になって、
大人の友人は、全然招べません~。

義母の性格からして…
きっと、聞き耳そばだてて、
来客の帰る時間とか、気にしてしまうと思うんですよね。

文句を言ってくるわけではないだろうけど、
嫁への来客…というだけで、
きっと面白くないと思うんですよね…

ということで、一応、義母に遠慮しているわけであります~。

2011.08.26 00:23|調停
目下、答弁書の作成で、
弁護士さんとやりとりをしているわけですが…

申立書や答弁書の中で、
夫は≪被告≫。
となっているわけです!

かなり衝撃でした!


別に、犯罪を犯してなくても、

訴えた方は≪原告≫。
訴えられた方は≪被告≫

という表記(立場)になるんですよね~。


≪被告≫なんて聞くと、
まるで犯罪者みたい(>_<)


≪原告≫
≪被告≫

単なる用語だとわかっていても、
いい気分ではありませんねぇ…^_^;

そして私は、≪被告の家族≫となっています^_^;


あ~ッ!なんて世界に私はいるのだろうかッッッ!!!!!!



え~いっ!
でも、そんなことにくじけないぞ~ッ!




2011.08.24 00:42|日記、にっき
先日、こんな記事を書きました。→

その後日談です。

お金のやりとりはせず、
私は商品を送り、
その方からは、画が届きました。

ご本人の作品展の案内ハガキや、
プロフィールを兼ねた栞などと一緒に、
明るく元気な画が、数枚同封されていました。

ご本人からは、ナイーヴな印象を受けますが、
作品は、力強いタッチでパワーがあります。

どれもとても素敵な画で、本当に嬉しくなりました。

ふさわしい額を探して、
部屋に飾ろうと思っています。


ありがとうございました。

2011.08.24 00:33|未分類
ありゃりゃ…^_^;

一つ前の22日の記事。

今見たら、本文がないですね。

すみません。

保存したつもりだったのですが、
できていなかったようです。

ムムムムム…












2011.08.22 01:03|未分類
2011.08.21 01:50|日記、にっき
今日は、ロッキーのDVDを借りてきて、
夫と息子と3人で観ました。

夫のセレクトです。

夫は、息子に観せたかったみたい。

でもね、こどもはちょっと退いてました^_^;

まだ早かったかな~。

それとも性格かな~。

こども、大好きなガンダムのフィギュアで遊びながら
観ていました。

夫も私も、
自分の好きなものを、
やっぱり子どもにわかってほしい…というのがある。

こどもからしたら、かなりうざいかも。
でも、それが大事かな。とも思う。

こどもが、「なんだかめんどくせ~な~」と思いながら、
親の好きな物や事につきあう感じ。

それって、悪くないと思う。

私、ここ1~2年では、
ジャッキー・チェンの「ベス・トキッド」(40代には懐かしいリメイク作品)を、
こどもと映画館で観て感動し、さらにDVDを購入。

何度か家で観ているのですが、
こども、渋々つきあう…

私、毎度バカみたくアツくなる。


ざっくり『ベストキッド』
いじめっこ集団から逃げるような生活を送っていた主人公の少年が、
カンフーの大会で、いじめっこ集団のボスと対決。

力及ばず、主人公の身体がボロボロの試合運びとなる中、
彼の身体の限界を感じた師匠(ジャッキー)に、
「お前は良く闘った。もうこれでいいのではないか?」と
途中で試合を止められる。

満身創痍でありながら、少年は、
それでも「闘いたいんだ!」と訴える!

「どうしてそんなに闘いたい?」と師匠に聞かれ、少年は答える。

「今、ここで(試合を)やめたら、僕は、

明日もヤツらがコワいんだ!


そう…途中でやめてしまったら、明日もいじめっ子はコワいまま…

何も変わりはしないのだ。


だから、

最後まで闘いたい!

勝っても…負けても!



……夫の好きな「ロッキー」と一緒…

テーマは、非常にベタ…

「昨日までと違う自分のために

あきらめない!」



結局、
今日も、数十年ぶり?に「ロッキー」を観て、
感動しているのは、夫と私。

夫のリクエストだったにもかかわらず…、
(実は、自分、あまり乗り気でなく、適当に観はじめたのにもかかわらず…)

終盤で、
「イケ!イケ!そこだッ!イケッ!ヤッタ!そこだッ!」と、
一人、熱くロッキーを声援していた私…^_^;


あ…夫も私も、こういう心の琴線は一緒だなぁ…と…感じたのでした^_^;



息子へ…

暑苦しい親でごめんね!


同じように好きになって欲しいとは全然思わないけど、

カーチャン、トーチャン…
こんなの好きだったなぁ…という記憶が残れば…ね。


2011.08.21 00:59|日記、にっき
金曜日(18日)に、
ダダダーっと、調停についての記事を書いてみました。

過ぎてから書いているので、
8つの記事におさまりましたが、

実際のところ、
タイムリーでは、
記事にした弁護士さんのことや金融機関のことをはじめ、
義母との接触…今後についての夫との口論…お金のこと…自分への非難…
部屋探し…などなど…

何か動きがあるたびに、
一喜一憂…といいますか、
いちいち気分が動揺し、あがったりさがったり(>_<)!
なかなかキツいものがありました(T_T)

でも、今は、そう書けるだけ、
落ち着いているような気もします。


まだ裁判ははじまったばかり。

9月が第1回目の裁判になります。

そこから、すぐに決着がついてしまうかもしれないし、
長くなるかもしれないし。

いずれにせよ、
その時までは、
とくに動きようがありません。

それまで、自分の気持ちはどう動くのかな。

できるだけ
穏やかに過ごしたいと思っています。

2011.08.19 16:28|調停
(前の記事から続いています。)

なんとか融資の目処がたったので、
<共有物件買取り>を、
夫は、主張していくことになりました。

「息子には売却しないで、第三者か、もしくは競売にする。」
と主張する義母と、今後、裁判の場で争うことになります。

そこで、次に弁護士探しがはじまりました。

これまでに、

有料の弁護士相談3回(私が2回、夫が1回)
役所の無料法律相談3回(私が1回、夫が2回)

で、計5名の弁護士さんと会っています。

役所無料相談の弁護士さんには頼めませんから、
すでに2回、有料相談をしていた弁護士さん(個人事務所)に頼もうか…ということになりました。

この方は、夫の仕事仲間の紹介です。

相談から、実際に依頼となると、50万。
もし、裁判に勝つと、さらに成功報酬50万という金額になります。


50万~100万…

この金額は、相場として、決して高いわけではありません。


ただ、自分達には、それだけ出せる余裕がないのです。


もし、建物を買えることになったとして、
その際に必要な諸費用は、夫の貯金でまかないます。

それでいっぱいいっぱい。

100万という弁護士費用を出してしまうと、
そういった諸費用が出なくなってしまうのです。

残念ながら…頼めそうにありません。


……

夫、いろいろと調べまくり、
民事裁判を、弁護士なしでやっている人達も、
結構いることを知り、
「自分でやってみようかな」と言い出しました。

夫、ダメ元で自分の主張をしよう。と考えたのです。

もともと、法律的には、夫が勝つ確率の低い裁判です。

法律的に小細工をして、どうのこうの…という話ではないし、
乱暴な言い方をすれば、そのままを話して、ダメならダメです。

どうせダメなら、
裁判を勉強と思ってやってみようという気になったわけです。


夫がその気であれば、
それでもいいと思いましたが、

ある方が、また違う弁護士さんを紹介してくださり、
結局、その方に依頼をすることになりました。


その弁護士さんは、弁護士事務所に所属する弁護士さんで、
弁護内容により、料金も、その弁護士事務所にのっとって決められており、
今回の私達の内容からすると、
手付プラス成功報酬まで入れても、30万程度ということでした。


つい、高い弁護士さんの方が優秀な気がしてしまいますが、
どうも…ネットで調べたり、人の話を聞いたりすると、

弁護士報酬が

高いから良い。
安いからダメ。

という話ではないようです。


もちろん、決して負けない弁護士さん…という方もいて、
その方にお願いするには、より多くの弁護士費用がかかったりすることも
事実ではあるようですが。


今回、
弁護士さんが安く見つかって良かった。ということでありません。


自分で裁判をやろうとしていたぐらいのところに、
ちょうどその方を紹介され、
料金も、自分達が出せるぐらいであったから、お願いできた。

このタイミングの良い出会いそのものに、ありがたさを感じています。


もちろん、裁判になったからには
勝利か和解という形を望んでいます。


でも、勝っても負けても、
今回お願いした弁護士さんとの縁に感謝をし、
そのお力を信じるだけだと思っています。

2011.08.19 13:49|調停
(前の記事から続いています。)

金融機関の事前審査。

夫はもちろん、私も保証人になるので、
私自身の審査もありました。


「これまで、カード会社への支払いの遅れや、
現在抱えているローンやリボ払いがありますか?」と、
確認されました。

私…恥ずかしながら、
過去、某クレジットカード会社から
支払延滞のため、取引を停止されたことがあります。

最近も、楽天の支払いが2~3日遅れてしまったことがありました。

正直にそのことを話しましたが、
もう…ヒヤヒヤもんです。


ブラックリストにのっているかどうか…?

信用情報機関に、私のそういった過去が傷として残っているかどうか?


…調べられてしまうわけです。


…これで私がダメだと、融資がもらえません。


返事がくるまで、本当にドキドキしました。


<カードの支払いが、2~3日ぐらい遅れたって…まぁ…いっか。>
なんて、最近また気がゆるんでいた自分を、激しく後悔しました。


この数年で、
お金に対してかなりルーズだった自分は、改善されたと思っています。


でも…まだ「ま、いいか。」の自分がいたのです。


いけない。いけない。

これはいけない。


お金は、借りないでいられればそれにこしたことはありませんが、

本当にお金を借りなければいけない時があるかもしれない。
今回のように…

でも、その時に、自分の過去の過ちのせいで、
借りられないとしたら…


恐ろしいことです。


お金の支払いに関して、きちんとしている夫はなんと思うだろう…?


私のせいで、借りられないとなったら…?????


また自分がしてきた不始末のせいで、
生きた心地がしない時間を過ごすことになりました。


結果…
私でも…OKでした。


OKではありましたが、
今回のことで、さらに、

自分はまだまだ甘い。

まだまだ根本が変わっていない。

と、わかったのです。


改めて…

・支払は期日までに。

・ローンやリボは使わない。


そう、気をひきしめました。

2011.08.19 13:02|調停
(前の記事から続いています。)

買取る方向で…と、決めたものの、
お金がなくては買えません。

買取れるかどうかはわからなくとも、
まずは、お金が用意できなければ、
裁判へと進んでも、全く意味がありません。

ということで…

夫の、銀行さんとのやりとりがはじまりました。

これまでお世話になっている信金。
ここをかなりあてにしていました。


夫の年収、会社の経営状態。
どちらも良くありません。

はっきりいって、良い返事は期待できません。

ただ、つきあいが長いのと、
担当の営業さんは、これまで良くやってくれているので、
もしや…という思いがありました。

でも、甘くないですね。

この件でも、自分達の甘さを痛感しました。

営業さんは、
「わかりました。厳しいとは思いますが、本部にあげてみます」と
引き受けてくれましたが…
1ヵ月後にかえってきた返事は、
「NO」でした。

融資はできない。ということです。


ここから、
融資をしてくれる金融機関探しがはじまりました。

ちなみに、この辺のことは、
夫が一人で動きました。


裁判中なので、今は、詳細を書きませんが、
結果、某金融機関から、OKの返事がでました。

(サラ金とかではありません。)

事前審査を受けたところ、OKとなったのです。

2011.08.19 12:50|調停
(前の記事から続いています。)

調停申立書が届いた1月から、
今後のことをいろいろ考えました。

でも、結局、

<今住んでいる土地&建物を買い取り、
現在の自営を継続する>

という方向で進むことになりました。


これまであった以下3つの選択肢のうち
③を選んだわけです。


①任意売却して、自営もやめて一からやり直す。  ⇒▲
 
 → 再就職の厳しさ。
 → 会社の借金返済分は、全て夫負担になるので、
   手元に現金が残らない。 


②任意売却するが、
  新たな家主のもとで賃貸契約をし、自営と住居はそのまま継続  ⇒×


 → 月25万の会社の返済に、さらに月25万の賃料が発生する。
 → どう考えても月50万の支払いは不可能。


③買取り現状維持 ⇒○

 → 新たな借金が増える。(不動産の借金)
 


夫(と私)が選んだ③という選択は、
「息子夫婦には絶対に売らない」と言っている義母の主張と、
真っ向から対立することになり、
裁判にすすむことになりました。

2011.08.19 10:47|調停
(前の記事から続いています。)

この土地&建物を売却したら、
会社の借金も、
夫、義母で割り勘して精算。


これは、夫と義母で話していたことです。

二人ともそう思っていたようです。


でも、それはまだ調停だの裁判だのになる前の話で、
お互い法律的な知識なく話していただけのこと。


弁護士が入り、法律上での話になれば、

<会社の借金も二人で割り勘して精算>なんて、
呑気な話になるわけがなかったのです。

もし仮にその時、二人で精算したところで、

「あとからお母さんの方から
『自分が精算した分を返せ』と請求されれば、
当然返さなければいけなくなりますよ。」と、

弁護士が教えてくれました。

義母なら…そうしてくるでしょう…。



会社の借金は、先代亡きあと、夫名義なのですから。

夫が返さなくてはいけないのです。


当たり前の話でした。


義母の求めに応じ、任意売却したら…

土地建物の共有借金分を支払い、
残ったお金を、
義母、夫、義弟と分ける。

夫は、その分から
さらに会社の借金を払わなくてはならないのです。

仕事も家も手放し、
さらに…少しは手元に残るかと思った相続金も、
会社の借金返済でなくなってしまう…ということです。

2011.08.19 01:26|調停
(前の記事から続いています。)

義母の希望に沿い、
土地&建物を売却することに同意すれば、

土地&建物の残債。および、会社の借金。

その全ての借金が、割り勘で精算される!


そう思っていた夫と私。


ところが、
夫が相談に行った役所の無料法律相談で…


「会社の借金は、もうすでに、あなた(夫)名義になっていますから、
あなたが支払わなくてはなりませんよ。

土地&建物を売るから、
すべての借金をお母さんと半分で精算…なんてことはありませんよ。

なぜなら、会社の借金の名義を引き継いでいるのは、アナタだけですから。

先代からの会社の借金分は、
お母さんとの割り勘ではなく、アナタだけの負担になるのです。」


そう、弁護士さんから指摘されました。


つまり…

先代からの会社の借金は、
土地&建物売却をしたら、義母と夫で割り勘できる!と思っていたけれど、
実際は、夫だけの返済負担になるということです!


借金の名義人は夫…

当たり前といえば、当たり前の話…



売却に応じても、会社の借金は夫持ち…なのです。


ならば、売却になるとしても、
少しでも会社の借金を減らしておいた方がいい…

「そのため(時間稼ぎ)にも、裁判へ持ち込んだ方が良いでしょう。」

「でも…そんなことよりも、なによりも…
こんな理不尽な話だからこそ、裁判をしてみた方が良いでしょう。」



そう、弁護士さんからアドバイスをいただいたのです。


任意売却に応じて、
借金ゼロにして、
自営続行も考えていた私達。

ところが、
自営続行となると、借金ゼロどころか、
今と変わらぬ借金返済25万に、
さらに想定賃料25万(工場&住居)が上乗せされるだけだと
いうことがわかったのです。

月50万の支払い…それはムリでしょう…(>_<)


また、たとえ裁判で負けたとしても、
現状で任意売却に応じるより、
裁判にすすんだ方が、金銭的にもメリットがあることが
計算からわかりました。


…ということで、
任意売却には応じられないことがはっきりし、
先にすすめる(裁判へ)ことになったのです。


2011.08.19 00:38|調停
こんな記事を5月に書きました。→

この時点では、まだ
裁判まですすめるかどうか迷っていました。

義母側の主張を受けいれ、
義母との共有物件である、今住んでいる仕事場兼住居を、
任意売却する方向も、頭にありました。

裁判にすすんでも、自分達に勝ち目がなければ、
義母のいう通り、今、
全てをゼロにして、ここを売却してしまった方がいいだろう…

そう思う気持ちがありました。

そうすれば、全ての借金だってゼロになる…


そう考えていたんですよね…。

ところが…

(次の記事に続きます。)

2011.08.19 00:28|調停
調停→裁判のことについてです。
(この話題については、カテゴリ「調停」でまとめてあります。)

最近、このことについてはあまり記事にしていませんでした。

簡単にいうと、

調停が不調におわり、裁判に移行することになりました。

先日、義母側から訴状が届いたことで、土俵は裁判へと移ったのです。

こちらも、弁護士を立てることになりました。


義母側から届いた訴状に対して、
こちらは、決められた期日までに
裁判所に「答弁書」を提出しなければなりません。


現在は、その「答弁書」を作成中です。

2011.08.18 00:55|調停
あ~ぁ…

なんだか書く気がしないけど、
ここ最近の自分のテンションのままに、
ずっと書かないでいると、終わりのない放置になっちゃいそうなので、
とにかく、書いてみるか。と思います。
自分のために記録しておきたい。


今日は、夫に頼まれて、
弁護士さんに提出する資料(?)の文章をまとめていました。

調停がはじまってしばらくは、
そういったことを、ものすごく熱心にやっていた私。

でも…最近は…本当に逃げたいんです。

ダメ…ダメ…逃げちゃダメ…

と、思っているんですけどね。

今は、できるだけ避けようとしている自分(>_<)



いつもは、もう自分、忘れたふりをして生活しています。


なので、夫と、調停&裁判の話になると…


あ~ぁ…

呼吸が…

ドキドキが…


一気に酸素が薄くなってくる始末です。


夫のためにも、これからのためにも、
今は、自分の弱気を見せたらいけないと思い、
夫には気取られないようにしていますが…

どうかな…



とにかく…

気持ちがおかしくならないよう、
できるだけ…そのことについては、
淡々とこなそうと思っています。


…今日は…

弁護士さんに渡す補足の資料をまとめ、
できたところで、夫の名前で、弁護士さんへファクスをしました。


いつまでやってられるかな?…自分^_^;


2011.08.17 00:35|日記、にっき
二つ前の記事

>そんなに嫌だったなら、
>「オレは帰るけど、お前はゆっくりしていけよ。」
>ぐらい言って、去ればいいではないか!


これ、自分に言いたいね。

2011.08.17 00:31|日記、にっき
(まだまだ愚痴がつづいております…)

夫、とにかく王様気質なので、
自分が一番でないと気が済まない。

結局、そういう一面をみると、
やっぱり義母に育てられた人だよな…と思ってしまう。

そういうところ、義母とそっくり。

人のために何かをすることで、
幸福感や満足感を得られる…というのは
本当だと思うけれど、
どうも、義母や夫は…違う?

義母も夫も、
人のために何かをすることがあっても、
それは、幸福感とかかけはなれているようで、
あとで、何かの拍子に
「自分は我慢してやってやったのに!」とか
「自分は大変だったのに!」とか言って、
猛烈にキレるタイプ!

なので、
「え?だって、あの時、楽しそうに協力してくれてたじゃん…」
と、ギョッとすること、しばしば…


いや…私もそうかも…?


でもね、
私は、自分ががまんしても、
夫やこどもが楽しそうにしていると、それだけで満足。

だから、夫にもこどもにも、
好きなことや楽しいことは、どんどんさせてあげたいと思っているし、
日ごろからそういう態度でやっている。
(夫もそれはわかっているはず)

でも、夫は、
昔から、私が一人で楽しんでいると、
「オレができないのに、お前ばっかり楽しんでいて」と、
不機嫌になるタイプ。

あ~あ…
夫のそんな性格、わかっていたのにね~。

今になって、そこが嫌~!なんて言っても、
そんな夫を選んだのは、私だしね~。


義母も、人が楽しんでいる話を聞いたりすると、
「良かったわね~」ではなく、
「私なんか、こんなにつらい思いしたのに~。」という話を
返してくるタイプ。

あ~あ

嫌だ嫌だ…


…って、言っている自分も、嫌だ!


アタマ、おかしくなりそうです!


2011.08.16 23:59|日記、にっき
(悪態ついてます。負のオーラ満載記事ですので、
嫌な気持ちになりたくない方は、読み飛ばしてくださいm(__)m)


猛暑の続くお盆休みでしたね。

私も、夫とこどもと一緒に、
自分の実家に帰っていました。

夫は、私の実家に初めての連泊。
(いつも夫は、日帰りか1泊)

基本、人のペースに合わせることが嫌いな夫。

夫が、自分のペースを抑えることは、
長くて1日が限界です。

なので、人の家に泊まることはもちろん、
近場の旅行でさえ、1泊が基本。

気分良く出かけた先でも、
十数時間経つと、ぐずりだす…という
わがままなヤツです。

私は、夫のそんな性格を知っているので、
正直、あまり一緒にでかけたくありません。


若い頃は、
二人で頻繁に長期旅行にも出かけていたのになぁ…遠い目…



今は、夫、すぐに私に、わがままを言い出します。


もとい。

そんなわけで、夫が連泊…ましてや、
がまんの多い、嫁の実家に…なんて…ちょっと驚きました。


夫も相当まいっていて、

夏休みぐらい、
日常の家を離れて癒されたいのかな~(たとえそれが私の実家でも)

夫もだいぶわがままな気持ちおさえるようになったんだな~

なんて思ってました。



…ら、大間違いでしたね!


最終日夜。


お酒が入ると…

私の母がいるというのに、
「今日帰ろうと思っていたのに!」とか、
「1日で帰るつもりだったのに、がまんしていたんだよ!」とか。

あることをきっかけに、キレてしまいました。



マジ、頭くる。

こいつ…40も半ばになって何言ってんだよ!

この数日、さんざん私の母や父に世話になっていたというのに!

たったの3日間もがまんできないのか?


お金を出すのも、私の母ばかり!


自分が大変ということばかりで、
良くしてくれている人達へ、ありがとう。という気持ちはないのか???????


母と夫は、遠慮なくおしゃべりし合う仲とはいえ…


夫の、
「俺は嫌だったんだよ!」発言にビックリ…。


じゃ…一人で、静かにさっさと帰っていればよかったじゃないか!


こっそりと、私の母いわく、
「アンタ、こども二人みているようなもんでタイヘンね~」


夫。一人は嫌。
とにかく私と一緒に行動しようとする。
一人外出も嫌いで、
食事など、面倒なことも私にまかせたいので。


「オレが帰るのに、
なんでお前来ない?」みたいな。

「なんでせっかくの休みなのに、
オレと一緒にいない?オレのメシはどうする?」みたいな。


そんなに嫌だったなら、
「オレは帰るけど、お前はゆっくりしていけよ。」
ぐらい言って、一人で去ればいいではないか!


夫に感謝していないわけはないんだけど、
やっぱ…

嫌だー!





2011.08.11 10:38|雑感
昨日、ちゃんとした形では(?)、
初めて3D映画を体験し、
その、予想を超えた立体感に、驚いて帰ってきたわけですが…。

ぞくぞくと3D作品が増えるのをみていると、
これまでの…あの大きなスクリーンいっぱいに映し出された
平面映画のもつ味わいが、なくならなければいいなぁ~と、
願わずにはいられませんでした。

電子書籍も、エコとか断捨離視点からしたら、
これまでの紙の書籍よりも、
ずっといいものかと思うのですが…

やっぱり、自分は、紙がいい…。

3Dじゃない映画作品も、
紙の書籍も、これまで通り、あってほしいです。


2011.08.11 01:18|日記、にっき
映画が1000円で観られるのはいいとして…

ここ数年、ロードショー観覧者に、新たな敵(?)が現れましたね…。

それは、「3D」。

今日観てきた「カーズ2」なんて、
それはそれは、「3D」が素晴らしい効果をあげているわけでして…。

今日行ったシネコンで上映されている映画にも、
「3D」で観られる作品のなんて多いこと…!

3Dメガネ…
普段メガネをかける習慣のない自分からしたら、
鼻や耳にのっかるメガネが、
どうもくすぐったいような、
気持ち悪いような…
終始、妙な違和感があります。

それでも、確かに、映像は、平面とは思えない素晴らしさ。

いいのか悪いのか、今一つわかりませんが…

悪いな…とはっきり言えること。

それは、
「3D」料金が、400円プラスされてしまうことですね!


3Dでない「カーズ2」も上映されていましたが、
こどもは、やはり、
「3D」の方をを見たがります。


3Dでなければ、

こども1000円。大人(レディースデイ)1000円。
合わせて2000円也。


ところが、3Dとなると、
合わせて2800円ですからね~。


800円分なりの理由があるのでしょうが…

せっかく安く観られる日なのに…と思うと…
なんとなくビミョー…な気持ちになるのでした。

2011.08.11 00:50|節約・お得
今日は、映画館のレディースディ。

通常1800円のところ、
女性なら、1000円で鑑賞できる日ですね。

映画館によっては、やっていないところもあるみたいですが、
ウチの近くの映画館(ムービック系)では、
毎週水曜日がレディースディです。

ということで、こどもが観たがっていた
「カーズ2」を観てきました。

感想は…
表現の仕方がなってない自分があれこれ述べても、
鬱陶しいだけなので…

一言。

「面白かったです!」


「レディースディ」なんて、逆差別では??????という意見もあるみたいですが…

ありがたく利用させてもらっています。


映画好きで、良くロードショーに通っていた頃には、
1日の「映画の日」しかありませんでしたからね。

月1ではなく、週1で
1000円の日があるとはありがたい限りです。

「レディースディ」「映画の日」以外にも、
モーニングショーとか、レイトショーとか、
1800円支払わなくても、映画が観られる機会が、
今はたくさんあっていいですね。


2011.08.10 01:02|日記、にっき
ここ最近、ぼちぼちと続けているオークション出品ですが…

某品物を出品したところ、
面白い質問が入りました。

私が出品したのは、
イラストがプリントされた未使用のTシャツで、
かれこれ自分で20年ぐらい前に買ったものなんです。

当時、会社の先輩(女性)にプレゼントしようと思ったんですよね。
その方が、そのイラストのファンで…。

でも、ほどなく私が会社を辞めてしまい、結局渡せずじまい。

いつか機会があったら渡そう…なんて思いつつ、
ずっと持っていました。

でも、もうその方と会う可能性は、ほぼゼロに近いぐらいないし、
渡す機会もないだろうと思って、今回思いきって出品したんです。

そうしたら…ですね。

そのTシャツに対して、質問が入りまして…。

なんと、そのイラストを描かれたご本人からの質問でした!

このTシャツを探していたそうです。

確かに、大量生産されていたものではなく、
ちょっと珍しかったんですよね。

画家であるその方の希望は、
「自分の画と交換して欲しい。」とのこと。


本当に本人?と、疑わしい気もしないではないですが、
もともと、ゼロで処分するよりは、誰か欲しい人に…と思って出品したものなので、
(たとえニセ者さんでも面白いので)送らせてもらおうと考えているところです。


こんなこともあるんですね。


オークション歴…かれこれ10年。

初めての出来事でした。
2011.08.10 00:41|日記、にっき
タイムリーに記事にはしませんでしたが、
実は、テレビに出演しました。

顔モザイク、音声加工アリで^_^;

3月に話がありまして、
4月に、地方に飛んでの撮影がありました。

内容は…
ははは…(苦笑)

悩める人を、某霊能者が霊視する…といった内容で…^_^;

数カ月先まで予約がとれないという有名な霊能者の方と会ってきました。

飛行機、宿泊費など、
全てテレビ局のお膳立てで行かせていただきました。(ありがとうございます。)

結果…非常にショックなお言葉をいただいたんですけどね^_^;^_^;^_^;

今は、立ち直っています。

もう…オンエアもだいぶ前に過ぎたから…
ネタにしてもいいかな…^_^;^_^;^_^;^_^;^_^;^_^;^_^;

きっかけは、なんとこのブログです。

このブログを読んだリサーチャーの方から取材依頼の電話が入り、
その後、話がすすんで、実現とあいなりました…。

はぁ~
こんなことでテレビ出演なんてね~。

できることなら、もっと、楽しい内容で取材されたかったです~

とはいえ、人さまのおかげで、
貴重な良い経験をさせていただきました。

そのことに心から感謝です。

ありがとうございましたm(__)m

でも…
こんな風にひっそりとブログをやっていても、
公開しているということは、
誰が読んでいるのかわからないものだと改めて驚くと共に…
ちょっとだけ怖くなった一件でした。

2011.08.10 00:23|節約・お得
仕事が閑古鳥。

1日仕事がなければ、その日の収入はゼロ。

今日は、夫、
網戸の張り替えをしました。

ここ数年…
ずっと網戸が破けてました。

というより、
網戸の網がはがれて、サッシ部分のみの状態でした。

そんな網戸で、かれこれ5年…。

言い訳すれば…
5階なので、風のあたりが強く、網が破れやすい。
&5階なので、たいしてして虫も飛んでこない。

という2点で、放置状態でした。


でも、まぁ…なんとなく風水的にもいいわけないですよね^_^;


業者に頼むと、1枚約3,000円~。

そこで、夫、ホームセンターにて、網戸貼り替えグッズを約1000円で購入。

今日は、2枚の網戸を自分で貼り替えました。
(私もサポート)


よそで頼んだら約6000円以上。

それを1000円の経費を使って、自分で貼り替え。

現金でいえば、5000円が浮いたわけですね。

本業収入ゼロでも、
網戸貼り替えの支出5000円を使わずにすんだとなれば…

まぁ…やや強引ですが…5000円の労働ということで。


「仕事減少」という根本は解決していませんが、
時間を無駄にしない…という点では、
良い活動でした(*^_^*)



07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク