2012.03.28 09:28|日記、にっき
おはようございます。

妹が、春休みの子どもたちを連れて
帰省してきます。


この1年は、甥っ子お受験で、
夏休みにも会えませんでした。


昨年のゴールデンウィークに会って以来です。
去年…夫とこどもとワタシで、
関西住みの、妹一家の家に遊びに行ったんだよなぁ…


あの時は、
義母の競売申立により、

「家と仕事を手放すことになる」
「今後、どこでどう暮らして行ったらいいか?」


ということで、夫もワタシも頭がいっぱいで、
なにかしら答えが欲しくて、

「遊びに行った」というより、
真剣に、関西への引越しも視野に入れ、
悲壮感と焦燥感のあった、関西訪問でした。


今も、競売の裁判は続いており、
家と仕事を失くす心配から
解放されてはいないけれど、

まだこうして、
生活しているし、
裁判で戦っている。

まさか、1年後の今も、
こうしているとは…
良くも悪くも思わなかったなぁ…


ほぼ1年ぶりの、
妹親子との再会。

楽しみです。


夫が高給取りで、
セレブ妻である妹は、
相変わらず、某ブランドバッグにご執心で、
買物の話ばかりしていますが、
それが、微笑ましい。

ワタシのようなことで、
嫌な思いをしたり、悩んだりしてほしくないですから!


妹には、いつまでもお気楽に陽気に笑っていて欲しい。


妹の生活ぶりは、正直羨ましいですが、
なぜか、能天気な妹を見ていると、
気が楽になります。

妹は、ワタシと違って、
親に心配をかけることなく、
エライなぁ…!と、思っています。


妹は、
ワタシより、百倍もシッカリ者です。

スポンサーサイト
2012.03.28 01:58|きもち つぶやき
抱きしめたいのは、息子だが、
息子は、
実際に。いつも。

嫌がられても抱きしめているので。
息子以外で…と聞かれたら、


一番抱きしめたいのは、自分の母 である。

そうして、二番目に抱きしめたいのは、
…義母かもれしれない。

…という不思議。

いや…
正直、嫌いですよ…。

でもね…。(偽善者の気持ち…なのかな…?)


まぁ…
そんな気がするだけ、ですが。。。。。


2012.03.26 01:10|日記、にっき
夫の大学時代の友人に
彼女ができたそうです。

ワタシも良く知っているいい奴です。


実は、2~3年前から
その女性とおつき合いがあったらしい…。

年内、結婚も考えているそうです。


彼は40半ばですよ。

お相手の女性は、中学時代の同窓生というから、
彼と同い年ですね。


結婚願望がある彼だったのですが、
大恋愛の破局後、
ずっと彼女がいなくて、

夫もワタシも、
「いい人がいればいいのにねぇ…」と言っていたのですが、
40を過ぎたあたりから、そんな会話もなくなり…

で、
そんな嬉しい報告~♪


40半ばの恋…


自分には、まったく想像できない分、
勝手に、彼と彼女の恋を妄想して
グフグフとほくそ笑んでおります…


(もう一人…数年前から
40過ぎの恋、まっただ中の、
バツいちママ友がいるんですけどね。
彼女のことも、素敵な人&興味深いので、
いつか記事にしたいと思っています(^^))



恋か~
う~ン…いいですねぇ~。


ワタシにとっては、
すでにもう、だ~いぶ過去のものですからね~


今はそれどころじゃないし、
(…って、それ以前にワタシは既婚者だった…^_^;)


右手に大根を掲げ、
左手には買物カゴをぶら下げ、
仁王立ちして、
「ガハハ~」と笑っているイメージが、
まさにぴったりの、
清く正しいオバチャンであるワタクシ。


恋に憧れる気持ちさえ
すっかり枯れ果てていた現在のワタクシですが、


今回、夫の友人の恋バナ報告を受けて、
いいなぁ~!と、思いました。


今、この年齢だからこその
恋愛があるのですよねぇ…。


彼と彼女のHAPPYに、ワタシも

希望をもらい、

(…ん?! どこか間違ってる?????)

嬉しい気持ちになりました


あぁ…!
良かった良かった!


彼と彼女の恋愛を、全力(気持ち)で応援したいと思います~。





2012.03.25 23:55|10万円貯金 シーズン2
アサヒビールさんからいただいた
詰め合わせセット。

その分1500円と見たてまして…
10万円貯金に入れておきます

2012.03.25 23:52|当選+α
「ピンポーン」と、
宅急便屋さんがやってきました。

荷物は、
ビール1ケース分ぐらいのダンボール箱。

「?????」


あれ?

これって、つい数日前と同じ光景では?


なんと、
先日に続きまして、
アサヒビールさんのキャンペーンに当選しました❤

発泡酒6本、2リットルのペットボトル2本。
インスタント食品3こ。
アサヒグループさんの商品詰め合わせセットでした。

うわ~っ 嬉しい~!!!!!!!


夫も驚き。
「風向きが変わってきたかな?」と一言。

本当にそうだといいいね。


まぁ…どちらも、ビール関係というところが、
飲兵衛のワタシらしいです^_^;


ありがたいですよ~。


市場価格、大体1500円分ぐらいだと思います。

ので、もちろん1500円は
10万円貯金に入れておきます。

「10万円貯金しなさ~いっ!」っと
励まされているみたいだな。


アサヒビールさん。
とっても嬉しいです!
ありがとうございましたm(__)m

2012.03.24 00:46|節約・お得
久しぶりに…
というか…
おそらく…2年ぶりぐらい?
いや…それ以上?

まぁ、とにかく、
最後に行ったのはいつだったか、
記憶をたどれないほどごぶさたしていた
美容院へ行ってきました。

1500円カットです。

(1000円カット、1500円カット店は、
美容院とは言わないのかな?)

希望しなければ、
洗髪もブローもナシで、1500円。


「肩につくぐらいの長さで。
全体的に髪をすいて軽くしてください。」

で、あっという間に出来上がり。


自分で時々髪を切っていたのですが、
さすがにもっさりしてきて、
全体的に髪のボリュームを減らしてもらいました。

床を見ると、
気持ちいいほどに山盛の髪。

残念ながら、
見た目の変化は、
さほどないのですが^_^;

切ってもらった分だけ、
軽くスッキリしました。満足。


お手軽で、ワタシには合っている1000円(1500円)カット。


でも、不思議なことに。

「どんなヘアスタイルにしたいか?」
「髪質の悩みに合わせ、どんなアレンジや手入れをしたらいいか?」

当時は苦手な会話でしたが、
美容師さんと、細かくそんなやりとりをしながら、
じっくり髪を切ってもらっていた昔がちょっと懐かしくなりました。

2012.03.24 00:03|10万円貯金 シーズン2
不二家のスタンプカードで
もらった商品券500円分。

こちらも、
使ったつもりで、
500円を10万円貯金に入れときます
2012.03.23 23:57|日記、にっき
今日、不二家で買物したところ、
スタンプトカードがいっぱいになったので、
景品と交換しました。

景品の中に、
「不二家商品券500円分」
というのがあったので、
迷いなく、そちらと交換。

めったにケーキを買わないけれど、
クリスマスケーキや誕生日ケーキ、
手土産のお菓子…など、
1度の買物額が大きいせいか、
わりと早く貯まりました。

近所に、他にお気に入りの洋菓子やがないもので、
最近は、ほぼ不二家オンリーだったのも
良かったようです。

500円は嬉しいなぁ。

2012.03.22 12:54|10万円貯金 シーズン2
思わぬことでゲットした発泡酒1ケース。

買ったら、
相場2500円~3000円です。

ということで、
2500円は、10万円貯金にいれておきます

ちょっと大きな額で、キツイですが…^_^;
せっかくなので、貯金貯金。

2012.03.22 12:51|当選+α
「ピンポーン」と、
宅急便屋さんがやってきました。

荷物は、
ビール1ケース。

「?????」


カクヤスさんから、
キャンペーンの当選品でした。


350mlの発泡酒が24本。



こういうの、あんまり当たったことがないので、
嬉しいです❤


飲兵衛夫婦にありがたし。


カクヤスさん。
ありがとうございま~す(#^.^#)


また、注文いたしま~す。

2012.03.22 00:30|日記、にっき
息子の必死なリクエストにより、
本日、2回目になる「ヒューゴ」を映画館で観てきました。

先々週に引き続きです。


こういうことは、ケチる気になれません。

なぜなら、自分も同じ記憶があるから。



…自分の場合は中学生になってからですが…

映画少女として、中~高時代を過ごしました。


中学生になってから洋画にはまると、
小遣いや母のカンパを資金にして、
よく映画館に一人で観に行っていました。

遠くの映画館でしか上映していない映画となると、
母がついてきてくれました。

それが、前に観たことのある再映作品でも、
何の文句も言わず、連れて行ってくれました。

何度も付き合ってくれました。


その時の嬉しかった記憶があるので、
こういうことに関しては、お金の無駄とは思えません。


自分のこども時代の思い出として、とても心に残っています。

その時に受けた感情が、今でも自分を支え、励ましてくれます。

ワタシ的に、
映画を観て、楽しい。嬉しい。と、感じる気持ちが、
お金より大切なんです。


まぁ…
これまで何本もこどもと映画を観に行っていますが…

「もう一度絶対に観たい!お願い。観させて!」と、要求されたのは、
この「ヒューゴ」が初めてでして…

で、上映期間が終わる前に行ってきました。


「ヒューゴ」のお話が終わり…
エンドロールが終わる、最後の最後まで
またしても席を立たなかった息子。

上映会場の扉を抜けながら、
息子が言った言葉は…

「お母さん。お願い!もういちどヒューゴみせて!」でした!


どうも…息子の心の琴線に触れまくりの映画のようです。


2012.03.20 23:26|日記、にっき
こどもと二人で、
故 舅のお墓参りに行ってきました。


現状を報告し、感謝の気持ちを、
心の中で伝えてきました。

しか…し…

当たり前ですが…
舅は、姑の夫であります。

きっと、姑のことを案じており、
姑を助けたいと思っていると思います。

故 舅は、
今のこの状況を、
どんな風に思っているのだろう…?

良くそんなことを考えます。


故舅からみたら…

夫とワタシは、
姑を苦しめている悪い奴…なんだろうか…?

「もっと、お母さんに優しくしてやってくれ。」
と、思っているかもしれない。

もっとも姑を苦しめているワタシ…。

故 舅の気持ちを考えると、
複雑な心境になります。

2012.03.20 22:39|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。


信金さんについて。

信金さんとは、先代から十数年来の付き合いです。

先日、夫は、信金にあった会社名義分の借金を完済しました。

共有名義(建物)分は、まだ3000万近く残っています。


この信金さんには、今回以外に、
過去2回ほど融資の申し込みをしましたが、断られていました。


おととし、
義母と義弟と夫が話し合い、
「夫が買い取る」という話になった時。

そして昨年。
調停不成立になり、
夫がなんとか買取りをしたいと、
金策に走った時。

いずれも信金さんの答えは、「NO」でした。


では、なぜ今回は「OK」だったのか?


もちろん、大きいのは、夫が会社名義分の返済を完了したことです。

そしてもう一つ。


今回、信金の担当者に、
他で融資を断わられ、あとがないことと、
裁判で和解が進んでいないことを
夫は説明しました。


信金担当者さんは、
姑ともつながりがあるので、
もちろん、今回の裁判のことや、
夫と姑のこじれた関係を知ってはいました。

でも、信金担当者さんは、
「お母さん(姑)は、そこまで(競売)までしないんじゃないんですかねぇ…」
と、最近まで言っていました。

姑の様子を見ていると、
「そんな風には見えない」と。

結局、丸くおさまるんじゃないですか?親子だし…

という感じで受けとめていたようでした。


ところが、2月の時点で、
夫が現状を話し、
弁護士とのやりとりや、訴状や答弁書を見せ、
「こんな状況なので、なんとか融資をお願いしたい。」と頭を下げると、


「これはそんな悠長なことではない。」と悟ったのか、
即、動き出してくれました。


これまで、信金さんとしては、
ローン変更や土地建物名義変更などすると、
手数料などで、余計な費用が数百万とかかることだし、

先代が亡くなったら、姑。
姑が亡くなったら息子。
と、順に、自然に、
余計な負債を増やさずに、現在の借金を引き継いでいくのがいいだろう…
という判断があったらしいです。


普通…そうですよね…  そう…普通だったら…。


しかし、ウチの場合は、そういう自然な状態を超えた事態になっている…


担当者さんの上司も、そんな状況を知って、
前向きに融資の検討しはじめてくれたようです。


審査には、ある程度の期間がかかりますが、
3月の裁判期日までに間に合わせなければならない。…という
こちらの事情に合わせ、至急に動き出してくれました。


「できるだけやってみますが、
時間が短すぎて、間にあわないかもしれません。」と言われていましたが、
結果、昨日、連絡をくれました。


祭日の今日をはさみ…
明日が…裁判です…。


信金の担当者さん、上司の方…そして信金さん…

ご尽力が目に浮かびます。

ぎりぎりまで動いてくれたのだと思います。


ただただ…感謝です。


ワタシ達のことで、
いったいどれだけの人達に世話をかけているのだろう…


…がんばります。

2012.03.20 21:48|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。


大げさではなく、
こどもが生まれた次ぐらいに
嬉しかったことかもしれません。


返事を待っている間、
もしや…という甘い期待を持つ自分を
戒めつづけていました。


これまで、今回の裁判からみのことでは、
何度も何度も、本当に何度も、
「期待しては、落とされる。」といった状況がありました。


「前向きに。」
「良い結果を信じていなければ、
うまくいくものも、いかなくなるよ。」


そう自分に言い聞かせ、
良く考えようとするけれど、
ことごとく打ち砕かれる感じ。


なので、ものすごく嬉しかったのですが、
この先、またどんな状況変化があるかわかりません。


夫と、
嬉しいけれど、
良かったけれど、
「まずは気を引き締めていこう。」
と話しました。


融資が決まりましたが、
喜びは、ひとまず抑えなければなりません。


和解にしろ、判決にしろ、
まだ、全てが決まったわけではないのです。

姑が、一筋縄ではいかない人であることを、
夫も自分も十分に知っている。

また、裁判だって、
和解を進めてくれてはいるけれど、
判決となれば、
結果はわからないのです。


今は、深く静かに感謝をしながら、
調子にのらず、
用心深く、
事態と付き合っていきたいと思っています。


あぁ…でも…本当に嬉しいです。
ありがとうございます。


2012.03.20 21:21|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。


そうして、昨日。

信金さんから審査結果の連絡が入りました。


なんと、
「融資OK」との連絡でした!


嬉しくて、泣きました。


声をあげて泣きました。


2012.03.20 21:08|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。



信金さんに融資の審査をお願いすることになり、
1月までの会社の試算表や、
今年度の、夫の確定申告書など用意しました。
税理士さんの力を借りました。

(それ以外の書類はすでにあり、渡してあった。)

信金さんには、これまでもう2度断られているので、
ダメ元覚悟…とはいうものの、
すがるような気持ちでいっぱいでした。


信金さんがダメなら、
父の土地を担保にした融資と、
ノンバンクの不動産ローンの2本立てをすすめるしかなく、
そちらの準備もしなくてはならないのですが、
しかし、それは、できたら避けたい方法です。

父は、「いいよ。」と言ってくれていますが、
父の土地を担保に…と思うと、
夫も自分も、きっぱりとした決意を持てず、進みかねます…。


弁護士の先生からは、
3月の裁判までに、
「融資OKのなんらかの証明が欲しい。」と言われていましたが、
用意できるものがありませんでした。

3月の裁判まで、もう日にちがありません。

2012.03.20 01:18|日記、にっき
最後まで書ききりたかったのに、
なぜか強烈な睡魔が…

ビールのせいかな^_^;

ここまでにして、
続きは、また後日にします。

おやすみなさい。

2012.03.20 01:14|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。



ということで…

金策として残された道は…


①ワタシの父が、父の土地を担保に融資を受け、
 その融資と、
 金利の高いB社との融資の2本立てにすることで、
 金利の平均額を下げる。

②信金さんの融資審査結果待ち
 (昨年一度断られたが、もう一度、審査してくれることになった。)

③信金さんだめだったら、①の手段をとってみる。


となりました。


これが、2月~3月時点での状況です。


この約1ヵ月は、信金さんからの結果待ち…

ずっと…気がかりでした…。

2012.03.20 00:50|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。



融資を受ける条件に「問題がない」と言われたのに、
ノンバンクA社が融資を断ってきた理由…

それは、「裁判」でした。


あとでわかったのですが、

裁判自体が問題なのではなく、
裁判になっていても、和解の方向で進んでいればかまわないものの、

今回は、どうも相手(姑)に問題がある…と、判断されたのです。


A社には、訴状や答弁書を提出したのですが、
それらを読み、検討した結果、

「どうも、相手(姑)の人はおかしいようだ…
融資をしたところで、融資をした我々が訴えられかねない…
なので、融資を辞退したい。」
(↑言い方は違う表現でしたが、オブラートに包まず言うとこんな感じです)

となったそうです。



2012.03.20 00:37|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。


書いておきたいのが、
金融機関の「融資の厳しさ」です。


今回、夫が融資を受けようとした時、
ほとんどの一般銀行は、門前払いでした。

夫は、見事なほど障壁だらけでした。


理由①
:属性の悪さ(自営業、年収、売上)


理由②
:不動産の親子間売買(一般の金融機関では、ほとんどNGだと思います。)

理由③
:裁判




属性も悪く、また融資目的が親子間売買であり、
おまけに「裁判」!


当たり前ですが、
これだけ揃っていると、
どこの一般銀行も相手にしてくれません。



というわけで、辿りついた結果が、
属性も親子間売買も問わない、
あくまでも、「不動産を担保にした」不動産担保ローンだったのです。


しか…し…

そのハードルの低いノンバンクの不動産担保ローンでさえ、
今回、夫は断られてしまったわけです。

2012.03.20 00:19|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。



1月下旬以降の話です。


ノンバンクB社の、金利7~8%の融資はやめようと、
夫と話して決めました。

あまりに危険すぎるので。

そのことを、不動産コンサルタントのH氏に伝えると、
少しでも金利を下げる方法がないか考えてくださり、
ノンバンクB社の融資と併用で、
父の土地を担保に、父が融資を受ける形にするローン(リバースモーゲージ)

提案いただきました。


ただ、それでも金利は5%越えとなり、難しい判断となりました。


同時進行で、
ここを買い取ることをあきらめ、
ワタシの実家に引越し、同居も真剣に考えました。


夫は、ワタシの実家を基点にした仕事探しもはじめました。

家業をたたんでの転職です。


ついでに、今住んでいる場所を基点にした仕事も探しました。


全くない…ということもありませんでしたが、
探せば探すほど、また、先々のことまで考えた時、
やはり、ここを買い取り、家業を継続していくことの方が懸命である…
ということがはっきりする結果となりました。

この間、父と何度も会い、相談しました。


父は、

「できるところまで粘ってみろ。」
「それでダメだったら、ここ(父の住まい)があるんだからここに住めばいい。」
「ここを担保にするのは構わないから、もっと金利の安い金融機関を探せ」
「今付き合いのある信金にあたって頭を下げろ。」
「金なら、●●百万までなら、オマエ達に貸してあげられる。やれるところまで、やってみろ。」
と言ってくれました。

余談ですが、
父の貯金は、還付金詐欺に遭い、百万ちょっとしか残らなかった…と思っていたのですが、
別に定期預金を持っていたのです。

世間様から見たら、その額も、決して大きいものではないかもしれませんが、
父の堅実ぶりを、あらためて知り、頭が下がりました。

そんな父の貯金や土地を、
危険にさらすわけにはいかない。

より強くそう思いました。


そんな2月…。


記事にも書いた通り、信金さんのこれまでの融資を完済しました。


父の
「今の信金にたのんでみろ。頭を下げろ。それしかないだろう?
お前らみたいな問題のあるところは、どこの金融機関も相手にしくれないだろう?」


その通りです。


2月終わり……完済の終わった信金担当者に、もう一度融資の打診をしてみたのです。

2012.03.19 23:38|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から、順にお読みください。


・姑を説得する一方、
夫は、資力の具体的な証明を…ということで、
ノンバンクA社の本審査を受けることに。


・ノンバンクA社の本審査。昨年11月~12月
担当者「大丈夫ですよ。(夫と担保物件の条件に)問題はありません。」


・ところが、年明けA社から「融資不可」の連絡が来る。


・「夫に買い取る資力」の大前提が崩れる。


・夫とワタシを、絶望にも似た気持ちが襲う。


・再度、不動産コンサルタントのH氏の紹介により、
 別のノンバンクB社の審査を受けることにする。


・同時に、より融資の確実性を高めるため、
 ワタシの父に、父の土地も共同担保にしてもらえるかどうか相談しに行く。
この時、父に、はじめて裁判になっていることを打ち明ける。

・父、快諾してくれる。(涙)


・ノンバンクB社の融資相談にすすむが、
 父の土地も担保となるうえに、
 金利が7~8%であり、当初予定の金利より倍以上となってしまう。

 このまま買い取りを主張して行くかどうか…
 いっそ手放した方がいいのかどうか…
 迷いが生じ始める。


父、還付金詐欺に遭い、数百万を失う。


・現状、B社から金利7~8%で借りるのは無謀である。
これ以上、父に不安をもたすわけにはいかない。
自分達の方向を見直してみよう。
と、夫と話し合う。(今年1月下旬ごろ)



~以上が、これまで記事にしてきたことであります。
その後のことを、これから記事にしたいと思います。

2012.03.19 23:13|民事裁判
今日の結果を書く前に、
これまでのことを
ざっと振り返りたいと思います。

長くなりますので、
いくつかに分けます。

またできるだけ時系列にしますので、
①から順に読んでいただけたらと思います。



・姑と義弟と夫の3人で共有している
今住んでいる土地建物を、
「共有関係を解消したい。」という姑の要望により、
「競売に出す」という申し立てがきて、調停がはじまる。(昨年1月)


・夫「競売に出すなら自分が買い取りたい。」
・義母「それはダメ。競売に出す。ただ、第三者に譲るなら任意売却でもいい。」


両者の主張は平行線。
夫は和解を求めるも、義母は拒否。
調停は不成立となり、裁判へ移行となる。


・裁判をはじめるにあたって、
夫は、買い取りをするだけの資力があることを証明せねばならない。


・現在つきあいのある信金をはじめ、
いくつかの金融機関をあたるが、
ことごとく断られる。
(その理由は別記事にします。)

・あきらめかけた時、
親子間売買など、難しい不動産問題に詳しい
不動産コンサルタントのH氏を見つけ、
不動産を担保にして融資をしてくれるノンバンクの存在を知る。

・ノンバンクA社より、
事前審査で「融資OK」の返事をもらい、
それをもって、裁判に進むことになる。(9月)


・法律的には、姑が強く、正当でもあるため、
夫の勝ち目はほぼ難しいと思われたが、

裁判官は、諸事情をふまえ、
「(姑の)言っていることが、合理的ではないので、
(姑を)説得し、和解へすすめましょう。」
という方向で、裁判をすすめてくれることになった。

(次の記事に続きます。)


2012.03.19 22:40|日記、にっき
今日の結果について。

裁判ではないのですが、
また裁判絡みのことなので、
限定記事にします。

裁判が終わりましたら、
必ず公開いたします。

いくつか
限定記事が続きますが、
すみませんm(__)m

2012.03.19 08:55|日記、にっき
おはようございます。

今日は、いつも以上に
笑顔でいることを意識したいと思います。

たとえ、
心が沈んでいたとしても(今日は沈んでいないけど)、
無理にでも口角あげて、頑張ります。

今日は、裁判ではないのですが、
あることの結果待ち。

ドキドキです。

結果によっては、
凹んでしまうかもしれませんが^_^;

とにかく、
結果が出るまでは、
笑顔で過ごしたいと思います!

2012.03.18 23:30|日記、にっき
お疲れさまでした。
今日も、1日、無事終了。
ありがたいことです。

仕事が休みだった夫は、バイクをいじったり、
一人ホームセンターに出かけたり。

こどもは、友達と一緒に、
近所でやっていた地域イベントに遊びに出かけ、

ワタシは、食事と洗濯以外のことはせず、
一歩も外へ出ることなく、のんびり過ごしました。

こども向けの地域イベント。
つい昨年ぐらいまでは、
そういった類のものに、ワタシも、
ママ友と共に、こどもに同行していたのですが、
最近は、もう、こどもらだけで
出かけて行くようになりました。

どんどんそうなっていくんだろうな。

これまで、どこに行くにも、
保護者として、当たり前のように
こどもとひっついて出かけていましたが、
それも、もう、ほぼ終わりのようです。

ずいぶん楽になりましたが、
やっぱりちょっと淋しいかな。

毎日、
本当に時間は進んでいるんだなぁ…
と思います。

2012.03.18 02:13|きもち つぶやき
金曜日
81.3FM  J-WAVE  『JAM THE WORLD』を
聴いていたら(好きな番組です(^^))

『あなたの考え方に影響を与えた言葉は何ですか?』

というその日のコーナーがあり、


そこに送られてきた投稿で、

「処方箋を書ける人になりなさい。」

という言葉がありました。



確か、
投稿してきた人が、恩師に言われた言葉だったような…?
(他のことをしながらだったので、うろ覚えです^_^;)


この言葉を聞いた時、

「あ…」と思いました。


『処方箋を書ける人』

 問題の原因を見つけ、
 その解決策を導き出せる人。

 
そういう人になりなさい。

そんな意味をこめて、
恩師(?)から言われた言葉だったかと思います。


これは…
まったくと言っていいほど、自分が培ってこなかったセンスです。
考えようともしなかった。

これまで、
ほとんどの問題を、


適当に。

向き合わずに。

無視して。

なるようにしかならないし。


と、流しまくってきた結果が、
ここ数年の自分の生活であることを、
嫌と言うほど痛感していたので、
ガツンときました。


自分が、こどもに求めるとしたら、
これでしょう…と思いました。


どんな人になって欲しいか?


優しい人、温かい人…

性質は別として…


生きる上で、

『処方箋を書ける人』。


これまで、
息子に対して、
心の中で、

こんな人になって欲しい…
こんな力をつけて欲しい…

と、モヤモヤと…おぼろげに…
望んでいたことがあったのですが、


この言葉を聞いた時、
モヤモヤと考えていたことが、
「あ…これだ!一言で表わせた!」と、思いました。


抽象的なんですけどね。

でも、自分の中でスッキリしました。


息子には、

「処方箋を書ける人」

そんな力をつけさせたいです。


以上。
処方箋の書ける人。から程遠い、ワタシの勝手な戯言でありました…^_^;
2012.03.17 23:14|日記、にっき
今日もおかげさまで
無事に終了。

夫は仕事でしたが、
自分は、
だいぶダラ~っとしてしまったなぁ…

最近、
こどもの精神的な成長が著しく、
親の自分がついていけない。

ほぼ、毎日のように
ケンカ(?)をするようになってしまいました(>_<)

う~っ こどもの健全な成長であるとはいえ、
疲れる…

今でこれじゃぁ、思春期本番ってどうよ?

ついこの間まで
何かと言うと、
「おかあさんッ❤」と寄ってきて、
ハグハグし合っていたのになぁ~。

まぁ、でも嬉しいこと。

ワタシの方が、こどものように
ムキになって怒ってしまうので、
気をつけなくちゃ。

2012.03.16 13:28|もちもの
まぁ、安いもの…安いもの…と、
半額シール大好きな自分ですが、
逆に、
安くても買わない食品があります。

それは、
牛乳、卵、麦茶、お米、調味料。

毎日のように摂取するものには、
こだわっています。

以上は、
生協やネットなどで、
ほぼ決まった商品を買っています。


たとえ、
1パック98円の卵に出くわしても、
手を出しません。

いつもお決まりの、
238円の卵を買います。


こだわっている…といっても、
深く考えているわけじゃないんですどね。

たまに例外もありますが、
以上のものは、
多少値段が高くても、ウチの定番ものしか買いません~。

2012.03.16 13:14|節約・お得
ひとつ前の記事で、

おばさんのみならず、
おじさんもおにいさんも若いカップルも、
値引きの品を…と書きましたが、
もう、別に驚くほどのことじゃない
ご時勢なんですかね?

自分、つい5年ぐらい前までは、
値引きシールのついたものを買う事に
抵抗があったもので^_^;

なんか、貧乏くさい気がして嫌だな…と。
(自分もお金なかったのに!)

若い頃は、
そういう値引き品を買うのは、
専業主婦のオバちゃん限定だと思っていたし、

ちょっといい服着て、
いい鞄持ってる時に、
値引きシールのついたものなんか買えないよ。

と、見栄っ張りに思っていました。

…が、

今や、
値引きシール品購入が当たり前になった自分。


スーパーで、
お値引きシールのついた商品を
イマドキの若い女の子や、
パリッとした身なりの女性が
買っているのを見ると、

「貧乏くさいな…」ではなく、
「シッカリ者だな!」と、
思って、感心して見るようになりました。


同じものなのに、数時間で、
値段が半分になっちゃうんですもんね。
そう思うと、
まぁ…鮮度の問題もありますが、
自分は、すっかり抵抗がなくなってしまいました。

でも、売り手さん、生産者さんからしたら、
嬉しいことではないですよねぇ…(>_<)


なので、大きな声で言える話じゃないですね。

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク