2012.05.31 16:15|出費
うわ~っ

車やから連絡があり、
車検にかかる総額、約20万となりました。

見積りとってたんですけどね

夫の希望で、4回分のオイル交換+αの
サービスパックを加算。

さらに、
以前記事にもしたのですが、
壊れたままになっているO2センサーも
直さなければならなくなり…
年数もたってきているので、
修理個所みたいのが増えました。

結果、見積りより、プラス7万になってしまいました

事前に、「他でも車検の見積りをとろうよ」と、
夫に言ったのですが、
「ディーラ―でいい。」と、聞く耳持ってくれず…。

前回、ディーラ―以外の某ショップに頼んだのですが、
その後の某ショップのサービスで、
夫が、ちょっと腹を立てるようないっけんがあり、
「もう次はディーラーにする!」と、言っていたんですよね。

夫は頑固なので…もう…

まぁ…確かに、
車の調子が悪いかな?と、何度か持ち込んだ時も、
無料でみて直してくれたりと、
ディーラ―の担当さんにはお世話になっているし…。

車検だけ他でするのも悪い気がして、
今回、ディーラーにお願いしたんですけどね。

20万かぁ…

前回の車検代は、10万ちょっとでした。


う~ン…う~ん…

他だったら、いくらだったんだろう?と、
いまさらながら、気になってしょうがないですのですが、

…でも知らない方が、精神衛生上いいかもな^^;


それにしても、
先月は、自動車税約5万。

今月は、車検代約20万。


よくなんとかなっているものだよな…^^;^^;^^;

で、夫が呑気な顔して言うんですよ。
来月は、
「バイクの車検だよぉ~。」
「10万ぐらいかかるよぉ~。」だって。

どうすんのよ。まったく。

お金が出て行くばかりです

来月は、瀕死状態になりそうです。

スポンサーサイト
2012.05.31 11:24|日記、にっき
些細なことだけど、
とてもありがたかったこと。

昨日と今日のできごと。
二つ。

昨日は、車を車検に出す日でした。
昨日出して、戻るのは明後日。

仕事で車を使っているので、
ないと困りますが、ここのところ、
車での納品仕事はほとんどなくて。

最近、車を使うのは、こどもの習い事の送り迎えぐらい。

ただ、いつ急な納品があるのかもわからないので、
ヒヤヒヤの、車検出しです。(代車はあてにできない。)

そうしたら、昨日の朝。

取引先のミスにより、納品ではないけれど、
昨日~今日と、車を使うかもしれないことになってしまいました(>_<)

こんな用事で車を使うのは、
年に1~2回あるかないか。というぐらいレアなこと。

よりによってな~。ついてない。

車検の日を変えてもらうしかないけれど、
5月中にしておくと、割引きがあったのです。
支払いとの兼ね合いで、
5月末ぎりぎりまでひっぱって組んだスケジュール。

このスケジュールを崩すと、
他の予定も、変更を与儀なくされることになり…
できるだけ予定通りにしたかったわけですが、
残念~。

まだはっきりとはしない取引先からの連絡を、ぎりぎりまで待ちつつ、
いよいよ、仕方なく、
「今日の予定を変えてください。」と、車やさんに電話をしようとしました。

…ら、そのタイミングで取引先から連絡が入り、
事情がかわったとのこと。
うちの車を使わずにすむことになり、
よって、無事車検出しに行けました!

あぁ、良かった。感謝。

そうして、今日。
今日も車はありません。

今日は、いつも車で行っているこどもの習い事アリ。

車だと10分程度でも、
電車で行くとなると、遠回りになるので、
40分~1時間はみないといけません。

う…ん…ちょっと面倒だなぁ…と思いましたが、
そんな理由で休ませるわけにもいかないし。

電車とバスの時刻を調べてました。

…ら、さきほど、その習い事の先生から電話が。

「今日は、私用で教室をお休みします。」とのこと。

4年間通っている習い事ですが、
先生の用事でお休みなんてはじめて!

うわっ、ラッキー?! 


たまたまなことかもしれませんが、
こういう流れには、感謝ですね(^^)

2012.05.25 12:55|日記、にっき
(前&前々の記事からの続きです。)

彼女のことを考えると、
新たな悩みごとが増えたようで、
この1ヵ月ちょっとうんざり気分でした。


・彼女だって悪い人じゃないし。

・自分にも非があるし。

・嫌われたくないし。

・関係改善した方がいいよね。

・でも、なんか腹が立つし…。

と、悶々。


でも、もうや~めっぴ!


ここは、昔の自分に戻ってきてもらおう。

流せ。流せ。

彼女は、ワタシにとって、相性の悪い人なのだ。

避けよ。かわせよ。


ワタシは、<誰からも好かれる自分>という幻想を抱きがち。

だもんで、そんな器がないくせに、いい顔をしたがる。

彼女や義母が、
ワタシに不平や不満を言ってくるのも、
「ワタシに心開いてくれているんだな!」と思ったりして。

「ワタシに心開いてくれているんだな!」
=<ワタシって、そういう人望があるんだな!>
=<ワタシっていい奴>

という自意識過剰。


義母のことで懲りているので、
そんな自己を美化するための、
彼女との関係を修復しよう~!とか、わかってもらおう~!とか、
もうそんな事はヤメときま~す!


本音でいこう。


メンドクサイ相手だ。


考えてうまくいくことだったら考えるけど、
これは、違うな。

右往左往するだけ無駄。

うまくいく時はうまくいだろうし、
だめならだめ。

顔を合わすことも、もうあまりないだろうし、
会っても気にしない。

うまくやろうなんて思うから、
会うのがいやだと思うんだ。

ということで、彼女のことは、
スルーすることに決めました。


実際は、まだ学校を含めて問題が残っているので、
多少ひきずりますが、
考えるのは、彼女のことではなく、問題点だということを、
はっきりさせておこう!


ハイ。彼女のことは、終了~!

書いたらスッキリした!!!!!!




2012.05.25 12:54|日記、にっき
4月から、あるお母さんと険悪な関係に突入中。

これまでほとんど接点のない人だったのだけど、
今回、あることをめぐって対立。

ってか、自分は全然気にかけてなかったんだけど、
相手はキリキリと怒っている。

あることがあって、
「いいじゃん。いいじゃん。これまで通りでいいんじゃない~?」と、
前例にそって、適当に流そうとしたら
(ワタシはその決めごとのまとめ役みたいな感じ)、
「なにそれ!」とばかりに、反撃に合いました。

うぅ…っ
まぁ、彼女の意見は正論なんです。

でも、だからといって、彼女の意見通りにはいかず。

それで、彼女は、学校にまで意見を求めはじめました。

学校も、彼女の言う事はわかっても、
だからといって、その意見通りにするわけにもいかず…
ちょっと困っています…という感じの状況。

彼女に火をつけてしまったワタシは、気が重い。

こんなことは、学校絡みでははじめて。
(ほら、日常では、義母のことがあるから。)


う~ん。


さほど親しくないのに、というか、ほとんど会う機会がないのに、
会うと、

「ねぇ~●●さん(←ワタシの名前)、ちょっと聞いてくださいよ~
こんなことがあったんですよ~…」と、
学校や彼女の友達へ対しての不満を話しだすことがあった彼女。

ちょっと苦手だな~と思ってました。

そういった類の話は、あんまり好きじゃないし
(というか、気を使わない友達と話すならともかく…)、
ワタシは彼女ほどの問題意識もないし、
ましてや彼女の友達がどんな人かもしれないし。

ってことで、これまでは、
「そうなのか~そうなのか~そりゃ大変だねぇ~」と同調の
相槌をしていたんですけどね。

今回は、まぁ、そういうわけにもいかず。
彼女の意見に同調できず。

そしたら、まぁ…。

嫌な相手を敵に回してしまった…という感じです。


顔を合わすのがイヤな人が、義母の他に増えてしまった


2012.05.25 12:21|日記、にっき
裁判のことは、常に重く心にあるし、
お金のことは、出費ばかりでいつもギリギリだし、
家業のことは、先行き不安だし。


で、おまけに、今、こどもの学校絡みで、
某母と険悪な関係に突入中。

もやもやもや~

まったく気が滅入る。

2012.05.25 10:24|日記、にっき
今さらだけど、金環日食。

アマゾンで、
アマゾンとヴィクセンとかいう望遠鏡などのメーカーがコラボ(?)した
日食観察用メガネを購入してあったので、
晴れて良かった!

朝からテレビで大騒ぎしているので、
ワタシも、楽しみに。

いさんで日食メガネをかざして
いざ、キンカンニッショク!

…………

ちっさ!!!!!!!


…ちょっとショック。

もっと大きく、テレビの画面で見るぐらいの大きさで
見えるもんだと思ってました。


無理矢理、
“今、まさに太陽と地球の間に、月が!!!!!”と、
ロマンを膨らませて見てました。


あとあと、テレビで、
日食を見て感動している人々のインタビューなどを見て、
自分の感性の低さを、少々恥ずかしく思いました。

そんな金環日食でした。

2012.05.25 00:50|日記、にっき
この間。金曜日の夜。

ちょっと大きな駅まで、
塾終わりのこどものお迎えに行きました。

運転中。

ママ友 はっけ~ん!!!!!

駅に向かって、旦那さんと自転車で走ってました。


「あ、飲みだな。」と思いました。


いや…もしかしたら全然違う深刻な用事だったかもしれないけれど?

いっつも二人連れ立っている仲良し夫婦なんですよ。
で、飲み好き。(特に母の方が^^;)

あの感じは、きっと飲み。

彼女の子どもたちは、週末になると、
近所のおばあちゃん家に泊るのを楽しみにしているので、
(好き放題にゲームさせてもらえるらしい^^;)
こどもに気兼ねせず。
きっとね。二人には、飲み会のお誘いがかかって、
そこに向かっているんだろうな~って。

そんな感じでした。

いいね。

一生懸命自転車を漕いでいる二人を目にしたら、
なんだか自分まで楽しい気持ちになりました。

ま、勝手な想像なんですけどね。

(のっぴきならない用事だったらごめんよ^^;)

2012.05.25 00:15|日記、にっき
ペンギン確保。

よかったね。

82日ぶり。ようやく保護されたか!

脱走していた葛西臨海水族館のペンギン1羽。


あ…でも、よかったのかな…?

楽しかったかもしれないよね。

広々と自由で。

いろんな出会いと経験があって。


でも…東京の夏はひどいからな…。

ま…よかったのかな…。

2012.05.25 00:08|日記、にっき
自然が好きだー!

土いじりがしたいー!


などと言っているくせに。


買ってきたキャベツを1枚めくったら青虫がボロリ!



ギャーッ!!!!!!!!


キャベツを放り出し、慌てふためく自分。

いかん…いかん!

なんのこれしき!なにをビビっている!

そう自分をたしなめつつ、キャベツを拾い、
糞だらけの葉、1枚を見て、また驚愕。

力の抜けた指で、おそるおそるその葉をはがす…。

床では、青虫がくねくね動き始めたし。

軽くパニック。



…昔は、自分、もっと強かった。


慣れだよね。慣れ…

2012.05.22 12:47|民事裁判
これまで、具体的な数字をぼかしていたのですが、
そうすると、どうも記事が書きづらく、
今後は、いっそう説明しづらくなりそうなので、
ここで、明らかにしておきます。

ここの売買価格ですが、


・夫の希望額:4380万
・和解案(義母側)の提示額:5100万

です。

そこから、現在ある負債額を引きます。

そして、夫が買うとなれば、
義母、義弟にそれぞれ支払う額は、

・夫案だと、義母へ1140万。義弟へ570万。
・和解案だと、義母へ1500万。義弟へ750万。

となっています。


現在、夫は、
義母へ1200万。義弟へ600万。

ということで、弁護士先生に、
交渉をお願いしています。

実際のところ、これ以上は全く出せない金額です。


ちなみに、物件価格の見積は、
不動産会社の条件によって、上下の開きが激しく、
上は、60000万。
下は、3500万です。

2012.05.22 11:32|きもち つぶやき
なんかね。

いろいろつらくて、

父よ。母よ。
一生懸命育ててくれたのに、
こんなことになっててごめん。

と、泣きたい気持ちになるよ。



心配かけるようなつぶやきですみません。
今の気持ちを書いておきたいので。

大丈夫ですよ。
●にたい…とか、そういう方向ではまったくないので!


親を思うと、
今の自分の状況を、とても申し訳なく思う。


そんな気持ちでいっぱいになったり、
能天気になってみたり、いろいろです。

2012.05.22 10:11|民事裁判
以下は、憶測です。

裁判には、当事者(夫と義母)不在で、
それぞれの弁護人が出廷しています。

そこで、やりとりされているわけですが、
おそらく、この裁判では、

弁護人間で「闘争」しているのではなく、
「まるくおさまるように…」と、裁判官を含め、
皆さん一丸となって、動いてくれているのだと思います。

その中で、
義母の説得に動いてくれている義母側の弁護人が、
「この価格だったら、義母を納得させられるだろう。」と読んで、
現在和解案に出している金額を示しているのでしょう。

それもこれも、和解に持って行くため。

つまり、被告の夫のためでもあるのです。

<想像のシーン>

 義母側弁護士:「この額なら、おかあさんを和解に持っていけそうです。」

 夫側弁護士:「そうですか。なら、その価格で
      こちらも納得してもらうようにしてみましょう。」

 裁判官:「それでは、その価格で和解着地を目指しましょう。」



こんな感じなのでは?と思います。

ちなみに、先日、義母と夫が、個人的に和解したことは、
義母側弁護士には伝わっていないと思います。

以前、「直接話すのはやめてください。」と、
義母側弁護士に言われたこともあり、
義弟が「先生には黙っていた方がいい。」と
言っていたそうなので。

夫も、なにせ自分の先生とは連絡がとれないので、
とくに今回の和解のことは伝えていませんでした。


ということで、義母と夫が和解したことを知らないでいる
義母側の弁護士が、義母を説得する手段として、
この金額を提示している可能性があるのです。


義母が、「この価格でなければ和解しない」と、
言っているのかどうか…
そこはちょっとわからないのです。


ということで、今回、
ようやく連絡のついた先生に、和解のことを話し、
先生から、義母側の弁護士に、
その辺のところを確認してもらうことになりました。


2012.05.22 09:48|民事裁判
先日、夫と義母が、
個人的に(?)和解したという記事を書きました。

夫が謝罪し、義母が、
「では裁判でも和解ということで。」ということに。

先日、裁判があり、
その報告が、昨日先生からありました。(珍しい)

いまだ和解案では、
売買価格に開きがあります。

もう600万下げてもらえなければ、
こちらは支払えません。

いったん和解の空気が流れたものの、
義母が
「値下げするなら、和解は取り消し」
と言いかねない状況になっています。

ただ、良く分からないのは、
「今、和解案で出ている価格で和解を。」と言っているのは、
義母ではなく、
義母の弁護士が、言っている可能性があるのです。

というのも、夫と義母が和解の話をした時、
義母は、和解案のことも和解案に出されている金額のことも
まったく知らなかったからです。
複雑で、ちょっとまだうまく説明できないのですが…


長い長い綱渡りをしてきて、
やっと終点が見えてきましたが、
いつバランスを崩して、崖下に転落するかわかりません…


これ以外にも、
仕事のことで心配ごとがあり、
まったく、神経が休まりません。

2012.05.21 10:37|きもち つぶやき
まずいまずいまずい…

なんか妙に焦る。

2012.05.15 01:28|民事裁判
裁判絡みの記事を、
思うままに、続けざまに書いたけど、
読み返してみると、読みづらい。

それに、なんだか…

どう考えても、今の状況は、
去年の今頃より好転していて、
気持ちは較べものにならないぐらい楽になっているのに
くどくどしている自分。

そんな自分にウンザリ。

父や伯父に相談し、
親身になってもらっておきながら、
「まきこんでしまって申し訳ない…」なんて
善人ぶっている自分も気持ち悪い。

だったら、相談するなよ!

と、もう一人の自分がツッコミを入れている。


あっちこっちしている気持ちを整理。


大切なことだけ考えよう。


・父、伯父をはじめ、
たくさんの人が手をさしのべてくれた。

・事態は好転している。



これまでのことに感謝するのみ。


自分、謙虚であれ。

2012.05.14 01:05|民事裁判
(前の記事を受けた内容です。)

以下は、1月の話です。

伯父と電話をしたことが、
1月の裁判では裏目に出ました。

伯父から電話がかかってきたことに、
義母は立腹。

「裁判に行こうと思っていたけど、
そっち(夫)がその気なら、ワタシは行かない!」という感じで
怒り、裁判に来なかったそうです。

いや…「裁判に行こうと思っていた」というのは…
タイヘンに怪しいところです…
(行く気など、元々なかったと、夫とワタシは考えています。)
単なる言い訳。

しかし、弁護士の先生から、

「お母さんが、息子夫婦と関係が悪化したと言っています。
いったい何があったのですか?ご説明ください。」と、連絡がきました。

そこで、

「直接母との接触はない」
「伯父に、裁判に行くよう、母に電話をしてもらった。」
「その際、伯父と嫁(ワタシ)が、今回のことで会話をした。」
「おそらく母が怒っているのは、伯父が自分たちのことを擁護したか、
伯父と嫁が直接話したことが気にくわず、機嫌を損ねたのだろう。」

ということを説明しました。


すると、弁護士の先生から、
「お母さんは、先方の弁護士の説得もあり、徐々に軟化の態度を見せているので、
できるだけ第三者には、裁判のことを口外しないように。」と注意を受けました。

伯父にはそのような事情を伝え、
これまでの感謝と、「そういうわけなので、もうこれ以上のご迷惑をかけられないので、
母への説得も結構です。これまでどうもすみませんでした。」と、連絡をいれました。

伯父は、義母の頑なな態度に対して怒っていました。
「そんなつもりで話したわけではないのに。
みんながうまくいくように話しているのに、なぜそうなる?」

改めて、義母の厄介さにあきれたようで、
「もう1回だけ、××に電話してみる。これを最後にする。」
そう言って、義母に電話を入れてくれました。

その後、夫に電話をくれた伯父は、
「今回は 私も、××にきつく言った。怒鳴ったりもした。
いつもはいろいろ言ってくる××も、今回は、黙って聞いていた。
どうなるかはわからないが、少しはわかったのではないかと思う。
もう私から××には言わないようにするから。」
と言っていました。

夫とワタシは、伯父に対して、
巻き込んでしまったことを、申し訳なく感じました。
(困った時に、人に相談するのって、こういうところが難しい…)

次に、伯父に連絡をとる時は、
裁判が決着し、その報告をする時です。


こうして、
この1月は、
ワタシの父だけでなく、
伯父まで巻き込んでいたのです。

2012.05.14 00:06|民事裁判
夫、義母への<謝罪>のいきさつ。

1月の裁判の前に、
夫は、義母の兄に電話をして
仲裁(?)のようなことをお願いしました。

夫にとっては、伯父です。
この伯父のことは、以前も記事に書いています。
▲▲おじちゃんです→

弁護士や裁判官から、一度裁判に来るよう言われても、
行こうとしない義母。

義母に、裁判に行くよう説得できるとすれば、
もう伯父しか考えられず、伯父を頼ったのです。

伯父には、調停の時に何度か電話で相談をしていましたが、
最近は連絡をとっていませんでした。

伯父をあまり巻きこんでしまうことに気がひけていました。
でも、もう他に手段がない…

そうして伯父にまた電話をかけたのです。

伯父は、裁判まで長引いている事に驚き、
再度、仲裁に入ってくれました。

義母へ電話をかけ、裁判へ行くよう説得を試みてくれました。

この時、ワタシも初めて裁判のことで伯父と話をすることに
なりました。

伯父が、夫ではなく、ワタシに状況を聞きたいと言ってきたためです。

ワタシの説明を聞いた上で、
伯父は言いました。

「事情は良く分かった。
アンタが悪いというわけではない。

ただ、ケンカは両成敗だ。

●●(←夫の名)にも言ったが、
悪くないと思っていても、
今はとにかく、××(←義母の名)に謝るしかないだろう?

そこを手放さず、仕事を続けて行くためだったら、
たとえ悪くないと思っていても、
××に謝罪をするしかないだろう?

そうするしか、××の気持ちをおさめる方法はないだろう?

お前達に謝罪の気持ちがあるということを、
××には言っておく。

ここは、和解のためにも、
割り切って謝罪の態度を示す他ないだろう?」


伯父は、
<たとえ自分達は悪くないと思っていても、
ケンカは両成敗であり、
今、この状況を自分達に有利にするためであれば、
そのために割り切って謝罪をせよ。>
というのです。

まぁ…その後…ひと悶着あったのですが、
(それは次の記事にします。)

結果、
この時の話があり、
今回、夫は、
軟化しはじめた義母へ
<謝罪>という手段をとったのです。

2012.05.13 10:23|日記、にっき
というわけで、
今日、朝イチで、
息子に、義母のところへカーネーションの鉢植えを
持っていってもらいました。

夫が渡すわけないし、
ワタシが行ったら、また嫌味とか計算とかだと思われるし。

ワタシは、もう、とにかく
義母とは、極力かかわらない。

何か要請されたら、その時は、動くのみ。

義母に対して、心は、動かさない。

出来るなら、嫌いという気持ちさえ、
捨て去りたい。

義母に対して、まっ平らな感情でいたい。


「オマエのそういう頑固さのせいで、
こんなことになるんだよ!」

そう夫に言われたけれど、
さんざん君たち(義母と夫)の頑固のぶつかり合いに
振り回されて、こうなっているんじゃないか!

間に挟まっていた自分が、
なんだかとてもばからしい…

義母と和解という形をとり(裁判上ではまだだけど)、
一人すっきりしている夫は、いい気なもんだ。

今は、すっかりワタシが悪いことになっている(--〆)

なんだかな…

でも、もう…なるべくその辺のことは
考えないようにする。

いつの間にか、悪いことはワタシのせいになっている。

よくあることといえば、そうだ。

よくあることだ。


考えたところで…
自立することができず、
夫といる人生を選択をしているのは
自分なのだから。

いつものことだし、
もう腹を立てるのももったいない。

バカらしい…


母の日に、感謝とはほど遠いことを考えているワタシ。
こんな自分じゃダメだ…。



さてさて…

夫の提案により、
…義母に贈ったカーネーション…

息子によると、喜んでいたらしいけれど…

今後の裁判の展開に、良い影響はあるのでしょうか…。

2012.05.13 00:51|日記、にっき
(前の記事から続いています。)

夫が義母に謝罪したことで、
和解の方向に進むことがほぼ確実となりました。

義母は、気が済んだのかな…


「和解したんだし、来週は裁判があるし、ちょうど週末は母の日だから、
母に何か贈った方がいいと思う。何かない?」と、夫が言い出しました。

これまでそんなこと言ったことのない夫。

記念日どころか、家族の誕生日さえ覚えていない夫。

冠婚葬祭はともかく、
「人に贈り物」など、夫の辞書にはなかったはず…

それなのに…
母の日にプレゼントだって??????

正直、頭きましたよ。

今まで、そういうこと、ワタシがしてても、
むしろ「必要ない!」とばかりに否定していたくせに…!

いまさらなによっ。
金が絡むからそうなんかいっ!!!!!!???????


あぁ…夫よ…
母の日は、利害なくして、あるものだと思うぞよ…!!!!!


まぁ……

今、夫は、積年の強固な自身の意地から、
母への謝罪という行為を経て、
スッキリした気持ちになっているんだと思う…



今後の裁判に向けての計算からなのか?
それとも、母に謝罪したことにより、
夫の中に何か新しい気持ちが芽生えたのか…???????

今は、まだわかりません…。

はっきりしたことは一つ…

明日の「母の日」のために、数年ぶりに、
義母に贈るカーネーションの鉢植えを

ワタシが

買ってきました…。


おいおい…
まさか明日、
義母にカーネーションを贈るような展開になるとは、思ってもいなかったよ…


ワタシの本音よ。
ここにぶちまけさせてっ。

正直、ワタシはカーネーションを贈るなんて、まっぴらごめんよ…!!!!!!!


以前、義母を抱きしめたい…なんて思ったワタシは、
本物の偽善者よ…

でも…ケンカ両成敗。

認めたくないけど、自分にも非があって、
今の残念な事態を招いている…

そんな事態を
少しでも改善するためなら…
ワタシも努力しなければ。

許す気持ちを持たなければ。


明日、義母にカーネーションを贈る。という、
不思議な状況にいる今…。

納得できないけど。今…。

いったい…

どうよっ?????



2012.05.13 00:05|民事裁判
(前の記事から続いています。)

たぶん…わかりにくい記事になっていると思います。

ですが、まずは、自分のために記録しておきたいので、
説明をつけずに書きなぐります。

ご容赦を。


義弟と夫が何を話したのか?

あとで、夫から聞きました。


でも、ワタシも熱心に聞き出そうとはしないし、
夫も積極的に話そうとはしません。

お互い
「どうせ今コイツと話しても、わかってはもらえるまい。」
という意識があるからです。

それで良し。というか、もうそれでいい^^;

今や…
言葉を重ねれば重ねるほど、
諍いが大きくなる…というのを経験則で知っているからです。


もとい。事実を列挙。

夫は、義弟と二人で話をしたのち、
義母のところに行き、
これまでのことを謝罪したそうです。

それは、和解の条件として、
義母が望んだことです。


夫が義母に謝罪したことで、
義母は、次回裁判で和解を表明(?)することになったそうです。


(夫とワタシは知らなかったのですが、
次回の裁判は、来週にあるそうです。)



<謝罪>。
まだ記事には書いていませんが、
背景があります。

遡ること1月になります。

その時に書いておきたかったのですが、
当時、
金融機関にキャンセルされたり、
ワタシの父の還付金詐欺事件などがあり、
全く書く余裕がありませんでした。

うまく説明できないのですが、
あらためて、別の記事にしたいと思います。

夫が何か悪いことをしていて、
それを<謝罪>した。と言う話ではありません。

ケンカ両成敗。

夫もワタシも義母も、それぞれに非があるのです。

その上での話になります。

…また別の記事に。


わかりにくい内容ですみません。


2012.05.12 23:20|民事裁判
(前の記事から続いています。)

4月の裁判が終わったあと、
先生からは何の連絡もなく、


金額(値下げ?)の交渉はイケそうなのか?

次回の裁判はいつなのか?


そういったことがわからないままに過ぎた
ゴールデンウィーク。


そして、GWが開けた月曜日の午後。

ピンポーンと、インターフォンが鳴りました。

この日は、ちょうど生協さんが来る時間。

注文用紙は出してあるし、
品物は、いつものように扉の前に置いておいてもらえばいいし、
人前に出るような格好もしていないし、
今日は出なくてもいいかなぁ…と思っていたら…
2度、3度と鳴り続けます。

いつもの生協さんなら、1度鳴らして、
ワタシが出なければ、そのまま荷物を置いていってくれます。

「基本いないので、そのまま置いといてくださ~い。」
と頼んでありますので。


あれ?今日は何か特別なことでもあるのだろうか?

それとも宅急便?


2度、3度とインターフォンが鳴らされたので、
「…はいッ!はいッ!」と、慌てて、
玄関まで出て行きました。

そして、扉ののぞき穴から相手を見たら…

なんと、そこには義弟の姿がありました!!!!!!!!


義弟の顔を見るのは何年ぶり?


義母と義弟の連名によって、夫は現在、裁判を起こされているわけで…

昨年、年明け早々の調停申し立てから、
その間一度も、義弟は姿を現さなかったわけで…


一度、夫が義弟に電話をしたことがあるものの、

「裁判のことは、全部お母さんにまかせてあるから…
自分は、全てを母に委任する…という書類に判も押してしまっているから…
(だからどうにもできない。)」

みたいなことを言われて、その後は没交渉でした。


ワタシは、義弟に対して複雑な思いを持っていました。


…とりあえず、頭混乱したまま、
扉を開けて、義弟と対面しました。

はっきり言って、不愉快な気持ちでした。


義弟:「お兄ちゃん(←夫のこと) いる?」


ワタシ:「いや…1階(こうば)にいるはずだけど…」

ワタシ:「久しぶりだね。どうしたの?」

義弟:「いや…ほら…ようやく母さんもうまくおさまる方向に向かってきたみたいだから…」

ワタシ(心の中):だからなんだっってんだよ!コッチは、タイヘンだったんだから!
いまさらなんなのさ!今、うまくいきそうだからって、何なのさ!

声には出さなかったけど、なんだかあんまりにも、義弟がとぼけた感じがして、
この時怒りがこみあげてきました。

でも、へつらってしまうワタシ…

ワタシ:「こんなこと(裁判)する前に、言ってくれたらよかったのにッ…
いきなりだったからビックリしたよ…(略)」
かろうじて、そう本音の一部を言ったあと、

「お兄さんは1階にいるよ。いなかった?1階にいるいる。行ってみて!」
笑顔まで作って、これまで通りにふるまったのでした。

いや…略した部分…ちょっと嫌味っぽいことも言いました…


義弟が夫に何を話しにきたのか…?

義弟の立ち位置は一体どうなっているのか…?


全くくわかりませんでした。

(続きます。)

2012.05.12 22:14|民事裁判
えー……なんだか普通に生活していまして、
最近は裁判の話を記事にしていませんが…
もちろんまだ継続しております…

で、今週新たな動きが?ありました。

裁判の記事を直近で書いたのは、
4月12日。

以下、4月12日時点での話です。
振り返ります。

義母が和解に応じる様子を見せ、
裁判官が作った和解案が送られてきた。

→ 物件の売買価格が、夫の提案した金額より800万も高い。

→ 売買価格の交渉(値下げ)を、次回の裁判でお願いする。

ということになっていました。

そして、4月中旬に裁判がありました。

毎度のことではありますが…
その裁判後に、弁護士の先生からの連絡はありません。

一体、どうなっているんだろう。。。。。。

とても気がかりでしたが、
そのままにGWを迎えました。

そして、今日現在、
先生からの連絡は、まだ何もありません。


しかし…別な意味での動きがあったのです。

(次の記事にします。)



2012.05.11 00:29|日記、にっき
つらつらとGWの日記を書きましたが、
GWに使った額、ざっと27000円。
(こどものスニーカーと夫の衣料品は除く)

そのうちのほとんどが、外食。

これっていいのか、悪いのか…?

27000円あれば、
親子3人で、これまでに入ったことのない
ゴージャスなレストランで食事ができたかも?
(気おくれして無理か^^;)

でも、自分的には、
満足かなぁ…。

ずっと行きたいと思っていた丸亀製麺のうどんや、
ずっと食べてみたいと思っていたアワビや、
めったに行けない焼肉に行けたし。

どこかに旅行にでも出かけたら、
たとえ1泊の旅行でも、3人で30000円ではおさまらないしなぁ…。

GW中、1週間で親子3人のレジャー費として、
大体30000円ならOKではないか?
それ以内でおさまったことに満足…満足…


うん…でも…

やっぱり今の生活からしたら、
ちょっと使いすぎたかな…と…


繁忙期ということもあり、たまたま先月今月と黒字だったので、
油断が…。


今は、とにかく貯金をすべき時なのに、
それがなかなかできない。

余裕があると、使ってしまう。

以前に較べればだけど、倹約はだいぶ身についてきたと思う。

でも、相変わらず使うことばかり考えてしまうので、
今後は、もっと貯金に興味を移したい。

今月は明らかに仕事の量が少ない。

それでも予定される支出は多い。


GW中、楽しく過ごせた出費に感謝するためにも、
自分の意識を改めたい。

2012.05.09 01:40|日記、にっき
この日でGWも終わり。

こどもは、朝早くに起き出し、
「これからひとりで、A町まで行ってくる。」と言う。

A町とは、2年前に売却したマイホームがある町です。

そこへ行って、近所や町を散策したいと言う。

神社めぐりや、迷子(←知らない道を歩くことを、息子はこう呼ぶ)が
マイブームの息子。

かねてから、A町に行きたがっていました。


確かに、A町に住んでいた頃の息子は幼く、
一人での行動範囲は、ほんの数百メートル。

一人で道を歩くといっても、
近所のお友達や公園に行く時ぐらいでした。

物ごころついた今は、
A町を懐かしんで、
どんな町だったんだろう。と、
興味深々なのです。


でも、ウチから電車で行くとなると、難易度は結構高い。

大人でも、乗り慣れてないとややこしい。

JRから私鉄への乗り換えが2回もあるし、
同じホームから、行き先の違う電車が出発するし、
各駅と特急も乗り分けなければならない。

が、「ひとりで行ってみる!」と言う。

しっかり電車の時間まで調べ上げ、
肩から折りたたみ傘まで入れたおでかけグッズをさげ、
すっかり行く気満々の息子。

夫は、息子と出かけたくて、
「浅草神社めぐり」を提案し、
気をひこうとするも、拒絶され…。

結局、GW最終日だし、
息子の自由にさせてあげようと、
「行ってらっしゃい」と送り出しました。

1週間前、
はじめて一人で電車に乗ってのお出かけを経験させましたが、
最初を突破すると、もうガンガンいこうとしますね^^;

心配なので、状況報告の連絡を時々入れるよう、約束させました。
(ワタシの方からは、できるだけ入れないようにしています。)

そして、夕方、息子無事帰宅。(感謝)

以前住んでいたあたりをデジカメにおさめてきており、
嬉しそうに見せてくれました。

おぉ!確かに懐かしいッ~

なんだか、息子が撮ってきた写真を見ていると、
今でもまだそこにマイホームがあって、住んでいるような気がしてきます。

ワタシは、昨年後半に行っていますが、
息子にとっては2年ぶりのA町。

こどもにとっての2年は長いよなぁ…と思います。

もう振り返るような思い出があるほど、
息子も大きくなったんだなぁ…と、またまた感傷的になるワタシ^^;

この日は、あの巨大竜巻があった日で、
電車のダイヤもかなり乱れていたようです。

そんなハプニングも経験しつつ、目標を達成し、
無事に帰ってこられたことが何より。

いいGWになったと思います。


一方、息子に振られた夫ですが、
「焼肉を食べに行きたい。」と^^;

ならば、息子が帰ってきたら、
夕食は「焼肉」に。ということになりました。


焼肉は贅沢な外食ですが、
今回は、クーポンがあったので、
「食べ放題」プランを利用することに。


食べ放題とかビュッフェとか、
ウチの場合、料金の元がとれない気がして、
めったに利用しません。

が、今回は、GWイベントだし、
値段を気にせず食べられるようにと、
思いきって食べ放題にしました。

結果、たくさん食べられて満足して帰ってきました。

つい、ウチに帰って、
単品で注文した場合の金額を
計算しちゃったんですけどね^^;^^;^^;

単品で注文するよりも、
約2000円分お得でした。嬉しい♪


ということで、
GWは、食べ放題の焼肉で終了。


贅沢なGWを過ごすことができました。

感謝です…。

焼肉 約7600円
(食べ放題プラン+夫のビール&焼酎)

2012.05.08 02:29|日記、にっき
5月5日。

晴れた~!

ということで、夫とこどもはまたサイクリングに。

基本、夫がこども誘います。
こどもは嫌がりますが、
結局、二人で出かけて行きます。

こどもが小さい頃は、
夫とこどもが二人だけで出かけることは
まったくといっていいほどありませんでした。

なので、2年前からはじまった、
この「サイクリング」は、
父子企画として、ワタシの心の中で、
微笑ましくあり、推奨しとります。

この日も、嫌々な息子を連れて出発して行きました。

(でも、息子、行けば行ったで楽しんで帰ってくるんです。
行く前にゴネルくせがあるのは、サイクリングに限らずいつものことです^^;)


今回は、東京湾の「東京ゲートブリッジ」まで。

昨年開通した東京の新名所です。


ワタシは、また、二人が現地に到着した頃に、
車で迎えに行きました。


おととし来た時は、
まだ建設中だったゲートブリッジ。
今回は、つながっていました!

そう…おととし、二人がここまでサイクリングに来た時は、
“まだ調停や裁判前だったんだよなぁ…。”と、変な感傷が…

橋を歩いて渡ることもできるのですが、
午後4時30分を過ぎていたので、歩いては渡れませんでした。
(歩行入場できるのは4時30分までです。)

なので、車で通行してみました。
家とは反対方向なのですが。

そして、暗くなり、ライトアップをするのを待って、
また橋を戻りました。

特に橋に興味があったわけでもないのですが、
新名所にやっぱりワクワク!テンションあがりました(^^)
楽しいッ!

ライトアップを待つ間、
橋の近くのコンビニで待機していたのですが、
巨大な流通倉庫地帯という場所柄、
人気(ひとけ)はなく、大型トラックが何台も何台も
止まっている様子に、
ちょっとした旅気分を味わうことができました。

こどもが生まれる前は、
良く夫と、ドライブしたりツーリングしたりして、
こういう場所に立ち寄っていたよなぁ~と!!!!!

懐かしすぎる!!!!!!

今回も、
コンビニのレジ脇にある
ホットクッキングメニューのフランクフルトを
食べたりして時間をつぶしていたのですが、
こういう時のフランクの美味しいこと!

遠出をしなくても、
旅気分でホント楽しかったです!

そうそう。この日は、
「スーパームーン」とかで、
いつもより、ちょっと大きな満月が見える日だったとか。

そのことは、帰ってきてから知ったのですが、
確かに、ゲートブリッジを走っている時にも
月がきれいに見え、
息子も夫も、月の写真をとっていました。

月からパワーもらったかも?


この日は、時間がギリギリになっても、
外食をしなくてもすむよう、
昼間にカレーを作っておいたので、
まっすぐウチに帰りました。


フランクフルト 2本 300円
コーヒー 180円
お菓子 200円


2012.05.07 14:40|日記、にっき
この日も、天気は雨。

どこか公園か釣り堀にでも行こうかと考えていたのですが、
この天気ではダメだ…

ということで、
夫が、
「ジーンズを買いたいので、●●へ行ってみよう。」と言い出し、
某ショッピングモールへと出かけました。

ワタシはお初のショッピングモールです。

なぜここかというと、
フードコートに
「丸亀製麺」があったから。

関東でも、日々増え続けている「丸亀製麺」ですが、
ワタシは食べたことがありませんでした。

安くておいしいという噂は良く聞いていたので、
「一度行ってみたいなぁ~!」と、ワタシが良く言っていたのを、
夫がめずらしく(本当にめずらしく!)覚えていて、
提案してくれたのです。嬉しい(^^)


念願の「丸亀製麺」。
はりきりすぎて、トッピングし過ぎました^_^;

もっとシンプルでも良かったみたい。

コシ(?)がすごくて、
いつも家で、3玉100円のうどんを食べているワタシには、
やや噛み切りづらいほどでした。

ぶっかけ冷やしに、
温玉、キスの天ぷら、おろしをトッピングして、
500円でおつりがきました。

夫は、天ぷらをいくつかのせていたので、
600円ぐらいになっていました。

こどもは、うどんに興味なく、
550円の石焼き(?)カレーを注文。

朝食兼昼食となりました。


ショッピングモールでも、こどもと別行動。

こどもは、ずっと本屋さんに。


夫は、帽子とジーンズとTシャツと本を買いました。


ワタシは、半額セールしていたお店で、
普段使えるカチューシャと、
キラキラ光る黒いガラスビーズのロングネックレスを
買いました。
どちらも1000円の半額。

カチューシャは必要だったけど、
ネックレスの方は、ちょっと無駄だったかな^^;


息子には、スニーカーを新調。
今、はいているサイズが、もうキツイ…^^;

サイズが大きくなるにつれ、
子ども用スニーカーでは間に合わず、
女性用スニーカーで探しました。

子ども用のスニーカーだと、
3000円ぐらいでおさまっていたのですけどね。
今のサイズになると、
そういうわけにはいきませんでした。

手頃な値段で、
息子が好きな黒ベースのプーマがあったので、
そちらを購入。

3900円でした。

しっかし、大人用のスニーカーって、
結構高いんですよね。


自分、スニーカーを日常的に買う事がないので、
ほとんどノーマークだったのですが、
フツーに7~8千円することに驚き。

デザインとか、機能とか、なんだかいろいろで。


自分が買うとすれば、
安くなった値下げ品の中から買おうとするので、
あんまりちゃんと見たことなかったけど、
う~ン…
今後、息子の靴を買う時は、
予算3000円以内を、5000円ぐらいまであげないと
無理そうだ^^;



買物後、
「お腹が空いた~」という夫に付き合い、
100円の回転寿司に。

ワタシは3皿。こどもはデザート1皿。
あとは夫が注文。

お会計は、1700円でした。

…夫…良く食べるな…。


さすがに、今日の夕食は自宅で作ることに。

夫、夕食に、もう1軒行きたそうな勢いでしたが、
「家で食べよう~」と、押しとどめました。

食料品の買物はいっさいせず、
家にあった食材を使って、
メインは、ホイコーロを作りました。


この日も、外食までできて感謝。
好きなものが買えて感謝。



フードコート 約1500円 (昼ごはん)
回転寿司   約1700円 (おやつ?)

アクセサリー   1000円
本(夫&こども) 1500円

スニーカー(こども) 3900円

帽子(夫)        4500円(夫もち)
ジーンズ&Tシャツ(夫) 約5000円(夫もち)


2012.05.07 00:36|日記、にっき
2日間の平日をはさんで、
4日目のゴールデンウィーク。

5月3日。

息子の強い希望により、
幕張メッセで開かれているフリーマーケットへ。

「日本最大級のフリーマーケット」と称して、
毎年行われているイベントです。

大好きなガンダムフィギュアの掘り出し物があるので、
バザーやフリマが好きな息子。

幕張フリマの存在を、今年初めて知った息子は、
「行きたい~!行きたい~!」を連発。

夫は、全く興味のないイベントですが、
天気予報が雨ということもあり、
他に行くところもなかったので行くことに…。

ワタシの実家も近くなので、
ジイジの顔も見れるし、ちょうどいい。
(バアバは、田舎に帰省中)

午前中。メッセに近づくと、すでにメッセの駐車場は満車で、
車の大行列…(>_<)

実家に先に行き、車をおいていくことにしました。
メッセまで、バスか歩きで行こうと思っていたら、
ジイジが車で送ってくれました。

ありがとう。ジイジ。


会場に入った途端、
こどもはテンションアップで、
別行動に。


1000円のお小遣いを握りしめ、
意気揚々と、人混みの中に消えて行きました…。


ホント、大きくなったなぁ…頼もしくなったなぁ…


微塵の不安も感じていないその姿。


ひつこいようですが…
ホント、ついこの間までは、
どこ行くのもひっついていたんですよ。

人並み以上に、慎重で臆病だった息子は、
迷子になることを恐れて、
親から離れない子どもでしたから。

よって、ワタシが気をつけていたから。ではなく、
息子が気をつけていたので、
はっきりと迷子になったことは、1度だけしかない。

それぐらい自分一人で行動しなかった息子ですが、
いまやもう…


昨年、親と離れ、自分一人で海外へ行った体験が、
やっぱり大きいようです。


というわけで、人・人・人だらけの巨大な空間でこどもと別れ、
夫とワタシは、全国地方出店者によるグルメゾーンへと向かいました。

お腹をすかせた夫のために。


ここで大奮発。


もうね。
ここは<レジャー費>と腹をくくっていますから。


夫が食べたいもの、ワタシも食べたいもの、
今、ここでしか食べられないのなら、
多少高くても、食べてやる!



アワビ焼 1200円
カキ焼 600円
北海道のウニ丼 1800円
海鮮丼 1200円
夕張メロン+ソフトクリーム 1000円
ビール 500円

以上を買いました。

贅沢!

勇気が入りましたけどね。
楽しむことにしました。

こういう時のためにも、普段、
無駄に外食をしないよう、気をつけるようになったのですから。


食事のあと、
夫は、ほとんど会場内を見ることもなく、
あっという間に飽きて退場。

危うく、こどももワタシも一緒に帰らせられそうになりましたが、
(夫は一人行動が嫌い)
なんとか先に一人で、ワタシの実家まで帰ってもらいました。


その後、数時間。

別行動をしているこどもと、
時々携帯で連絡を取り合うも、
まったく帰る気のない息子。

結局、閉会時間近くまで、フリマをエンジョイしました。


ワタシも楽しみましたが、
買い物での出費は、1100円ほどでした。


うん。変ったな。自分。


欲しいものをいくつか見つけましたが、
そのほとんどを買わずにスル―することができました。

以前の自分だったら、良く考えずに、
欲しいもののほとんどを手にしていたはず!

万札が飛んでいってたことでしょう。

でも今は、「欲しい!」と思った瞬間を、
なんとかやり過ごせば大丈夫。

瞬間的に「欲しい!」と思っても、
いったん考え、
「やっぱ、やめておこ!」と
スル―できるようになってきました。

(いつもうまくいくわけではありませんが^^;)


そんなわけで、
300円のキャンバス地のエコバッグ2枚と、
500円のフクロウの根付を買って、買物終了。

息子も、
大好きなガンダムのガシャポンフィギュアを4体他、
お気に入りを掘り出し終了。


ジイジへのお土産に、海鮮丼1200円を
買って帰りました。


この日は、夕食も外食。

安くておいしいラーメンチェーン「幸楽苑」で、
らーめんを食べました。

「幸楽苑」も久々です。

昔は良く行ってたのにな。
今は、年に2~3回?

夫はビールを飲んで、
それでも3人で2000円しませんでした。

久しぶりに食べられて、
嬉しかったです。

感謝。

そして、後半のGWも外食三昧が続きます^^;


フリマ 入場料(500円×2) 1000円
フリマ 食事 7500円 ※ジイジへのお土産含む
フリマ ジュースなど 400円

フリマ 買物 1100円
息子におこづかい(こどもの日のサービスを含め) 1000円


幸楽苑 夕食 約2000円





2012.05.07 00:19|日記、にっき
この日は、夫とこどもの二人で、
遠出のサイクリング。

距離にして20数キロ?

昼前に出発して行きました。

着いた先は、お隣の県、埼玉県の秋が瀬サーキット。

夫が学生時代、時々カートを走らせに行っていた
懐かしの場所です。

そこに夕方に到着した二人を、
ワタシが車で迎えに行きました。

二人が、サイクリングで遠出する時のパターンです。

行きは、父子が自転車で出かけ、
数時間後、帰りはワタシが車で迎えに行き、
二人と自転車を連れて帰ってくるという…。

夫はともかく、
こどもは、車輪の直径が小さい子ども用自転車で、
良くもそんな長い距離を走っていけるなぁ…と…。

往復自転車ではないので、
ちょっとサイクリングというには、
邪道(?)のような気もしますが、
ワタシの迎えがあるのをわかっているので、
遠出ができるわけで、今はそれを良しとし、
ワタシも喜んで迎えに行きます。

無事二人を回収し、
帰りは「サイゼリヤ」で夕食となりました。

息子は、大好きなトマトとフレッシュチーズのサラダを。
夫は、お疲れ!の生ビールを。

他に、各自好きなメインを頼んで
約2500円也。

ちなみに、ワタシは399円のリゾット。
コンビニのお弁当位の価格ですかね?

ビールまで頼んで、3人でこの金額。

やっぱりサイゼリヤは、
お財布に優しいお値段だと思います。

…自炊と較べてしまうと、
とんでもない食費になりますけどね!

こういう外食は、もはや
<レジャー費>ということで。

夫と、
GW中、特にどこに行く予定もないし、
「せめて、好きなものでも食べに行くことにしようか~」と
話していました。

というわけで、

GW中、初のレジャー費は、サイゼリヤ 2500円 となりました。


2012.05.06 01:33|日記、にっき
今日までのGWを書こうと思っていたけど、
もう眠い~

続きはまたにしよう…

おやすみなさいm(__)m

2012.05.06 01:13|日記、にっき
ゴールデンウィーク2日目。

この日のことを思い出そうとしても、
全然思い出せないの。

自分の記憶力の衰えに驚き…!

さてさて、レシートを引っ張り出して
なんとか思い出しました。


夫は、夕方から月1回のバンド練習(夫、超ド素人のオヤジバンドをやっています。)

息子は、昼過ぎから友達のウチに遊びに行きました。

夫、バンド練習がある日は、
「飲み」で遅くなるので、
夕食は、息子と二人。
カンタンににすませました。

ワタシの母から以前もらっていた「吉野家牛丼」のレトルトで。

息子と二人で
「ビッグダディ」をテレビで見てました。

しかし…この「ビックダディ」…

はじまった当初は、
<貧乏でも、明るく懸命&賢明に生きる父>という感じで、
清々しさの感じられる番組だったのですが、

最近は、
不況という趨勢や、
元嫁やら現嫁やらとのバトルで迷走する父の姿や、
成長しているこどもたち自身の懊悩が前面に出されていて、
ドロドロがすごいですね。

多少の演出もあると思いますが、
それも時代のリアルで感慨深いです。


以前のような清々しい楽しい気分にはなれませんが、
つい夢中になってみてしまいます。

というわけで、
この日も、日中は思い思いに過ごし、
夫は「飲み」で終了。
息子と私は「ビッグダディ」で終了しました。

ワタシは、今日もどこにも出かけず…
引きこもりの1日でありました。



04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク