2012.06.30 17:44|民事裁判
一つ前の記事に書いた通り、
夫も出廷しました。

そこで行われたやりとりの大部分は、
金額についてだったそうです。

夫が、要求されている「上乗せ分200万」のうち、
80万しか用意できない理由を説明し、
それを裁判官が聞いていたそうです。

夫の話を聞いたのち、裁判官は、
「それでは、足りない120万は、
長期分割で、月2万円の5年間で払ったらどうですか?」と
提案し、この日の口頭弁論は終了となったそうです。

裁判が終わったあと、
夫の担当の弁護士は、

「やっぱり本人が来ると、全然違いますね。
裁判官の態度もいつもと違いました。」
(いつもって、どんなんでしょうね?)」

「裁判官が、分割をいうなんて珍しいこと。」

「○○さん(←夫の名)、良く頑張ったので、
この分だと、判決になっても、この金額で決着するかもしれません。」

などなどと、言っていたそうです。

夫は少し得意気でしたが、
もちろん、夫もワタシも、期待はしません。

慎重に、気持ちをコントールしています。

これまで、義母、そして調停~裁判と、
大小の場面で、
何度もぬか喜びを繰り返しましたから。

もう…希望的観測をするのは危険です。

悪く考えないようにするのは、大切なことです。

でも、本当に裁判が決着するまで、
喜びには慎重になりたいと思います。

仮に、判決で、
夫への売買が決まったとしても。

新たな不安材料を、夫が指摘してきました。

それは、
信金さんの融資。

信金さんの融資を受けるために必要な書類の中に、
「和解調書」という文字があったのです。

このまま、義母との和解ではなく、判決になったとすると、
「和解調書」はありません。

「判決文」ですね。

それで、融資をしてくれるのだろうか…?

にわかに心配になってきました。


長期分割など、これまでの義母からしたら許すわけもなく、
次回、和解の意向を持ってくるとは考えにくいです。

なんとか和解で終わらせたいのですが。

それは、義母側の弁護士にかかっています。

心配は尽きません。

スポンサーサイト
2012.06.30 10:40|民事裁判
今回の10回目の口頭弁論。

「双方の話をまとめる回にしたい。」=「最後にしたい」という
思惑があったようですが、

義母側が最終的な意見を用意してこなかったので、
もう一度…となったようです。

夫の意見ははっきりしているのですが、
義母側は、和解に応じようとするわけでもなく、
かといって拒絶をするわけでもなく。

義母側の弁護士さんも煮えきらない様子だったそうです。

夫が思うに、
「(義母の)弁護士さんも、なにしろ母があんなだから(ただ感情的だから)、
母親が本当にどうしたいのか?
それをまとめられなくて困っているんじゃないかなぁ…」と。

本当のところはもちろんわかりませんが、
義母側の意向を今回もはっきりとはさせずに終わったそうです。


ただ、裁判官もいつまでも長引かせるつもりはなく、
次回、義母側の意向をもう一度たずね、
そこではっきりしてもしなくても、
次回を最後に、判決…となるみたいです。

「夏休み前には決めたいですね。」と、裁判官は言っていたそうです。

夫もワタシもそう願っています。

判決を聞くのは怖いですが、
どっちつかずの状況を、
いつまでも引っ張られるのには、限界がきています。

精神的にも。とりまく状況的にも。

お願いします。
どうかうまくおさまりますように。

2012.06.30 10:20|民事裁判
今週、夫は裁判(口頭弁論)に出廷しました。


昨年続いた調停では、
夫は弁護士を立てず、自分で行っていましたが、
調停が不調に終わり、裁判になってからは、
弁護士さんにお願いしているので、
夫は、これまで一度も出廷していません。

しかし、今回。

裁判(口頭弁論)も最後ということであり、
夫が出廷することになりました。

場所は、霞が関にある家庭裁判所です。

夫、初めて行く場所です。
(調停は、墨田区にある簡易裁判所でした。)


入口では、荷物チェックがあり、セキュリティゲートをくぐり、
「まるで空港のようだった!」そうです。


そして
「景色の良い、すごくいい場所に建っているよ~」
と、感激しながら(?)帰ってきました。

(あんまりにも夫が、「景色がいい」「良い場所だった」を連発するので、
グーグルで、「東京 家庭裁判所」と画像検索したら…
高嶋政信さんと美元さんの画像が出てきました…おいおい^^;

ニュースやドラマでよく見る法廷の空間ではなく、
小さな会議室のようなところで、

裁判官、
義母側の弁護士

夫の弁護士

4名で、話し合いが行われたそうです。

ちなみに、義母は、
「感情的になるので…」と、
義母側の弁護士さんが言っており、
同席はありませんでした。

基本、
夫の説明を裁判官が聞く。と言った形で、
20分程度で終わったそうです。

いろいろと聞かれると思い、
今の心境やら状況やら…を、事前に整理して挑んだ夫ですが、
そういうことはまったく聞かれなかったそうです。


夫の説明に、裁判官は終始好意的に耳を傾けてくれたようで、
夫は、ホッとした様子でした。


まぁ…裁判ですので、
好意的に話を聞いてくれたから…と言って、
判決はどうなるかはわからないのですが。


夫がきちんと話をしてこれたこと。
話をきちんと聞いてもらえたこと。

そのことに感謝です。

2012.06.29 12:36|民事裁判
最終ときいていた口頭弁論(裁判)ですが、
次回もあることになりました…

再来週にもう一度…


あぁ…心臓に悪い…

良いのか悪いのか…まだ続きます。

2012.06.29 00:04|民事裁判
ひとつ前の記事に書いた<現在まとめていること>を、
以下、記録します。


①裁判官に、「200万の上乗せがどうしてもできない」事情を説明する。

  (理由は、ただ資金がそれ以上ないから。なのですが、  
  一応、詳細を説明することになるようです。)

 ・すでに義父(ワタシの父)からもお金を借りて資金を作っていること。
 
 ・他に借金ができるあてがないこと。
 
 ・もし、買い取れた場合、買ったあとにも多額の費用が発生すること。
  
   不動産所得税
   登記変更費用(司法書士)
   火災保険(かけ直し)
   リフォーム費用 ※
   排水パイプ補修 ※※

  以上は、いずれも数十万単位でお金がかかります。
  
  ※ :義母が十数年住んでいる2階を賃貸にするには、
     ほぼフルリフォームが必要になります。
  ※※:先日故障した給水ポンプではなく、
     すでに割れている排水ポンプがあり、
     現在放置されたままになっています。

  (父から借りるお金については、また別の記事にします。)


  他にも、こまごまとかかり、
  ざっと計算すると、売買価格以外に、約300~400万かかるのです。

  この分は、必ず費用としてかかるものであり、
  現金をとっておかねばなりません。
  
  なので、現金があるにはあるものの…だからといって、
  上乗せ分の200万につっこむわけにはいかないのです。

 

②とにかく、できるだけのお金を用意する。
 
  ・上記①であげた取得後の費用をきりつめる。 
          → なんとか50万ほど捻出
   
  ・会社名義で加入している某共済の一時貸付利用。 
   ここから融資が受けられます。掛け金に応じての融資額です。 
   先代の時から60万借りています。
   
   本日確認してみたところ、あと35万なら融資可能とのこと。
    → 約35万 捻出


  以上で85万。不足115万です。


  他に、使えるお金はないだろうか…?

  ・株の売却
   ワタシも夫も、
   購入時より価値の下がった塩漬け株をいくつか持っています。
   → 売却する。
 
  ・ワタシが以前から積み立てていた旅行積立。
   使わずに、旅行券の形で手元に持っているものがあります。
   → これを、額面より数パーセント割り引いた額で、
     ディスカウントチケットやオークションで転売する。

  ・こどもの大学進学のために少しづつ貯金しています。
   (大学進学するかどうかは、こどもの意志次第ですが、
    とりあえずしています)
   → これを使う。

  
   これらをまとめれば、残り115万も用意できそうです。

   でも…ですね…こどもの大学進学費だけは、
   なんとしても、手をつけてはいけないと思っています。
  
   
   塩漬け株ですが、
   ワタシの持ち株は、夫には内緒にしています。
   これは、今となっては、ワタシのヘソクリであります。
  
   大きな額ではありませんが、
   もし、夫と離婚とか別居とか…そんなまさかの事態になった時のために…
   寄り処としてひっそりと残しておきたいのです。
   株なので、ゼロになる可能性もあれば、もう少し増える可能性もある。
      
   … う…ん…でも、今はそんなこと言っている場合じゃないですよね。

   差し出す覚悟です。

  
  旅行券の転売…
  以前記事にも書きましたが、自分の夢のために、
  10年以上前に積み立てていた旅行券です。

  自分が使えなくても、我が子に…と思っていましたが、
  これこそ、今使うものなのかも…。

  これも、夫にはまだ話していませんが、資金の一部として、
  最終的には換金化するつもりです。

2012.06.28 00:41|民事裁判
夫の弁護士と、義母の弁護士が、
法廷ではなく、
直接連絡をとりあって、
最終の裁判に向けての話をしました。

結果。

夫の希望額(出せる額)では、
和解に応じられないと。


それが、義母と義弟の意向だそうです。

最低でも、「あと200万の上乗せをせよ。」と。

しかし、
「200万上乗せしたところで、和解に応じるということではない。
自分達は、裁判所の提案に近い金額で考えている。」
ということだそうです。


つまり、自分達は裁判所にほぼ従うつもりだ。ということです。

現在、裁判所は、和解に応じる姿勢を見せ、
「折れようとしている」義母の行為を評価している状況です。

その裁判所が、
「あと200万上乗せしなさい。」と、夫に言っているのです。


以前の記事にも書きましたが…
その200万が出せないのです…

満額は無理でも、
少しでもその額に近づけるよう、
なんとか捻出画策していた最中に、

給水ポンプの故障。
仕事の機械の故障。

という大きな出費があったのでした。

そりゃそりゃ…もう…凹みました。


捻出するどころか、出費がかさんでしまいました。


さて、どうするか?

①裁判官に、200万の上乗せがどうしてもできない事情を説明する。

②とにかく、できるだけのお金を用意する。
 → 持っているお金をとことん整理してみる。(何度も何度もやっていますが…)
 → お金を借りられるところを探す。


ということで…
現在。
以上の2点を、必死でまとめている日々です。


2012.06.28 00:03|民事裁判
裁判最終日に向けて、
この数週間、
いろいろと動きがあったのですが、
やりとりが複雑すぎて、
記事がまったく追いつきません(書けません)。

どう書いていいものやら…。
良い話ではありません(>_<)

とにかく、記録のために
書いておきたいと思います。

(係争中のため、裁判関係のことは、また限定記事にしますが、
すべてが終了したあと、公開記事にしますのでご了承ください。)



2012.06.27 10:42|民事裁判
先日の口頭弁論で、
最後の口頭弁論(裁判)日が決まりました。

そして、その日が近づいています。


自分の中で、カウントダウンのはじまり。


日増しに、呼吸がしづらくなっているような気がします。

息苦しい。


義母は、和解へと振れる素振りがあったものの、
いまだ態度をはっきりとさせず。

結局、和解に向かっての話は、
目前に迫った最後の最後まで決着がつきませんでした。


最後…

和解に応じてくれるのか?

それとも、和解に応じず、

裁判官による判決となるのか?


考えても、今は、もうどうしようもなく、
ただただ苦しくなるだけなので、
そこから気をそらして生活しています。


けれども…今こうしているように、
時折、不安と緊張が襲ってきて、
押しつぶされそうになります。

なので、書いて吐き出します。


あぁ…コワい…!



さぁ、無理にでも、口角上げて笑顔を作ります!

こんな時こそ笑顔が大事!

2012.06.24 01:20|出費
今日(土曜日)は、朝から大変なことが。

「機械が動かない!」と、夫。

機械を動かしてナンボ…の仕事ですから。
機械が動かないってことは、致命的。

最近、調子の悪いところが一か所あったんですよね。

建物同様…こちらも年代物…。

おととい、給水ポンプの故障で大きな出費があったばかり。


もう勘弁してよ~泣泣泣!


でも、泣いているわけにはいきません。

絶対に注文を受けた仕事は仕上げないとッ!!!!!!!


修理担当者の方に連絡をとり、来てもらいました。


出張費、工賃、部品代…〆て…約40000円也 


う~ん…
これはいったいどういう試練なんでしょうか…涙


かなり落ち込みました…


午後、いただいたコメントに気がつき、
こういう時ほど、笑顔を作ろう~ッ!と思い出し、なんとか乗り越えた次第です。
(シトロンさん。ありがとうございました。)


40000円は請求書でくるので、支払いはすぐではありません。
助かった!


この時期の建物や機械の故障…
自分たちに、何か教えてくれているような気もします。

もうこうなったら、
いい意味でとらえるようにします!

機械よ…。
直ってくれてありがとう!

2012.06.21 01:19|日記、にっき
なんかね…
感傷的な記事になります。
二つほど…。

アンダーな記事なので、
苦手な方はスル―してください…。

一つ目。

今日、数軒先の家の前に、
大きな引越しトラックが2台停まっていました。

このお宅…。

昨年の今頃、売りに出ていました。

ウチにもチラシが入ってきていたのです。

ちょうどその頃、調停もうまくいかず、
ウチの売却話も濃厚であり、(今も渦中でありますが)
とても他人ごととは思えず、
気になっていました。

ウチよりも若干広いお家です。

ウチは賃貸部分もある物件だけど、
こちらは一軒家。

ガレージがあって、車が3台も停められたり
3階建でエレベーターがあったり。

「へぇ~すごいね~」と、チラシの間取り図を見ながら、
夫と感心していました。

諸条件が違うので、一概には較べられないものの…
夫や自分が予想していた金額よりずっと高い価格で売りだされていたので、
びっくりしました。
(相場よりも高く、おそらく家主さんの希望額だったんだと思います。)

その後…ご時勢がら、案の定といいますか…
すぐには買い手がつかなかったのか、
住んでいる方に変わりがない様子…。

そのうちチラシも入らなくなったので、
事情がかわって、「売るのをやめにしたのかな…」なんて思ってました。

そんな風に思っていたのもすっかり忘れていた今日。

引越しのトラック。

「あぁ…出て行くんだなぁ…」と、
ものすごくせつない気持ちになりました。
(給水ポンプのこともあって、凹んでいたもので、
なおさら…^^;)

というのも、このお宅、
1階は工場だったんですよね。ウチみたいな。
つまり…自営業…?????

そうして、築浅の建物は、ウチよりもまだまだ新しくて。

玄関先に置いてある子ども用自転車や、
教材用の朝顔の鉢植から、小学生のお子さんが何人かいる様子が
伺いしれました。

毎年、
クリスマスシーズンには、賑やかなイルミネーションと、
クリスマスツリーが玄関先に飾られ、
七夕には、笹の木が…。

私達より若いご夫婦が、自営をしながら、
お父さん、お母さんと二世代で住んでいるんだな…と、
勝手に想像していました。

住人の姿を見たのは、一度だけ。

白いワイシャツに、スーツのズホンを履いた30~40代の
男性が慌ただしそうに車に乗り込むところでした。

家を売却するいきさつなど、
自分にわかるわけもないのですが、
想像するは、倒産とか…ローン破たんとか…
厳しくつらい背景ばかりで、無性にせつなくなってくる…。

奥さん…どんな気持ちでいるんだろう…とかとか…

夫にそのことを話したら、
「ステップアップの引越しかもしれないじゃんッ」って返されました。

<うん…そうだよね…君がそう言うのは予想していた通りだよ……>と、
ワタシの心の中…。

「だったらいいんだけどね。」


でも、こういう時は、夫の考え方でいいと思う。

どうも最近のワタシは、悲劇を作りたがるな。

いかん…いかん…



二つめのアンダーな記事ですが、
眠くなってしまったので、また今度にします。

おやすみなさい~。

2012.06.21 00:15|日記、にっき
故障した給水ポンプ。

昨夜は応急処置でしたが、
本日午後、業者の方が来てくれました。

今日はムリで、「あさって」と聞いていたんですけどね。

おかげさまで、流しっぱなしになっていた水も、
15時には止めることができました。

迅速に動いてくださって、感謝です。
ありがとうございました。

で…修理の件ですが…

全とっかえで70~80万…と言われていましたが、
業者さんが、今はもう生産されていない…という、
今回壊れてしまった基盤の代わりになるものを見つけてきてくれまして、
とりあえず、それを使って直してくれました。

昨夜、正直に伝えたんですよね。
「今、80万のお金が出せないんです」…と。

今日の修理で、「あと1~2年はもつと思います。」ということでした。

ただ、これも、あくまでも応急処置の延長に過ぎず、
そもそもの問題は、
<ユニット全とっかえ>にしないと解決になりません。と言われました。

もうね。とっくに耐用年数が過ぎているものを使っているので
仕方ありません。

「全取り替えは、どこの業者でも同じ結論と思いますので、
もっと安くできるところがあれば、そこに頼んだ方がいいかもしれません。」
とまで丁寧に言っていただきました…。


なんとか70~80万の出費はなくなりましたが、
今回、18万也の修理費となりました。

もし、ここに持ち主として住み続けることができたとしたら、
1~2年後には、80万の出費を想定しなくてはなりませんね…

この18万ですが、夫が義母と話し、
9万づつ折半することになったそうです。

支払は明日。

会社の残高も、わが家の残高も、
9万円には足らず。

結局、夫の貯金から支払うことになりました。

夫の貯金…といっても…
夫の貯金の全額は、
ここを買い取るための資金の一部になっているので、
本当は手をつけられないんですけどね…。

まぁ…現状…
裁判で、まだ夫の買い取りが決定しているわけではないので…。
やむを得ませんでした。


不思議なのは、義母の資金力です。

いきなり9万も都合つけられるなんて…すごいな…


今日も一日が終わりを迎え、
なんとか給水ポンプ騒動がおさまり…
ホッとしました…。

業者さんの誠意に…
PCに向かい、こうしていられることに…
しみじみと…感謝であります…

2012.06.20 10:47|日記、にっき
噴き出してはないんですけどね。

今のウチのお風呂。
噴水状態です…

満々と水をたたえ、
延々と水を流し続ける噴水。

給水ポンプの応急処置にともない、
水を常に流し続けるよう指示を受けまして、
深夜から流しっぱなしです。

水の流れをとめてしまうと、
ポンプに負担がかかり、加熱してしまう状態らしい。

で、やもなくの指示。

直径2センチぐらいの水流が、
蛇口から出っぱなしです。

明日あたり、さらなる応急処置の手が入るまで、
このまま。

バスタブにためて、
トイレの流しようにも使っていますけど、
全然使いきれない…

噴水は、水が循環しているのでしょうが、
ウチのは…

満々と無色透明の水をたたえている、
我が家のオソロシイお風呂の光景であります…。

水道代…泣泣泣



2012.06.20 09:21|日記、にっき
おはようございます。

しかし…まぁ…次から次へと、
良くこういろんなトラブル?がおこるもんだ…

車検の20万を支払ったと思ったら、
すかさず、次は70~80万の出費って…

資金の目処はありません。

ムリだって

でも、直さなくてはならない…

どうすんの??????

昨夜は、台風の中、
工事業者さんとのやりとりで、おおわらわ。
おかげでテンションもあがっていたけれど。

今、ボディブローのようにジワジワきてて
もう倒れそう…^^;

応急処置で、ずっといけるわけないもんな…


2012.06.20 02:20|日記、にっき
悪いこともありましたが、
楽しいこともありました。

楽しいって…
食べ物ネタなんですけどね^^;

15年ぶりぐらいに、
「カキソース和えソバ」を食べました。

外勤めをしていた頃、
このメニューを、わざわざランチ時間に、
数駅先まで電車に乗って食べに行ったりしてました^^;
(なんてことをしていたんでしょうね 自分。)

数年前、
この中国料理屋さんが、
東京ドームシティに支店を構えたことは知っていましたが、
行く機会もなく。

今日、東京ドームの近所に用事があったので、
ついでに思いきってランチに行ってみました。

う~ン…感動!15年ぶりの対面!!!!!

「あれ?こんなに麺が細かったかな???????」と、
記憶にあった姿との違いに、少々戸惑いましたが、
美味しくいただきました。

ほんとハッピー❤

これが、その「カキソース和えソバ」。

kakisousuyakisoba

もうね。具がないの。小さな小さな細ネギだけ。
でも、それが最高~。

自分にとって、焼そばといえば、
<豚肉+キャベツのみ>が最高位にあるのですが、
これは、その番外編といいますか。

あぁ…このお店でしか食べられない…!

感動&感謝をしながら、いただきました。

ランチはお粥とのセットでした。900円也。

kahin lunch


お粥もめったに食べる機会がありませんが、
こうして外で食べるお粥って、どうしてこんなに美味しいんでしょうね?

お粥&焼そばの組み合わせは、ちょっと「?」ではありますが、
このお店なら全然OKであります。

加齢のせいか、
後半、若干苦しくなってきたので、
当分いいや…という感もありますが、
きっと、また食べに行きたくなるだろうなぁ~!

贅沢で楽しいランチに感謝です

ごちそうさまでした!


2012.06.20 01:46|出費
今日も、一日、盛りだくさんにいろいろなことがありました。

いいことも悪いことも。

それって、幸せなことなんだろうけど。

いいことも悪いこともあるのが人生なんだろうけど。
(↑良くわからないで言っている。)


でも、悪いことはやっぱりイヤだな~^^;


まずは悪いことの吐き出し。


夜、建物の給水ポンプが壊れました。

水が出なくなりました。

大ごとになりました。

夜なのに、そしてこんな暴風雨だというのに、
業者さんが来て直してくれました。

それはもうありがたいことです。


…でもね…でもでもね…

夜間料金で、35000円の出費であります。
それプラス材料費と工賃がかかります。
(↑まだ最終的な金額を聞いてない…コワいッ…)

さらにさらに…

完全になおったわけではなくてですね。

あくまでも応急処置。

実際のところ、
基盤が老朽化してしまい、
全とっかえが必要だそうです。

もう20年前の装置なので、
今は使われていない型ゆえ、
壊れた箇所だけ直せるような話ではないらしい。


で、「全とっかえ」…というと、いくらぐらいするものか…?

恐る恐る聞いてみましたら、
「70~80万だねぇ~!」という、
とんでもない金額でした。


あぁ…凹む…


今は係争中につき、
この金額を支払うのは、
夫だけではなく、当然、義母の負担にもなるわけですが…

もうここを売却する気満々の義母が
負担するとも思えない。
(てか、現金もないと思う。)


さて、この応急処置のままいつまでもちますか…。

裁判も、もうまもなく終了です。
この修理代の件も、多少なりとも裁判に影響することでしょう。


はぁ…もろもろ いったいどうなるんだろう。

2012.06.18 01:02|雑感
昨日、写真の整理をしたりして。

このブログに写真を載せるために、
そのあともいろいろ試してみたりして。

そんな楽しみで、休日を過ごしました。

…ネットサーフィンしたり、ネットショッピングをしたり、昼寝したり。

普段、いくらでも(?)無駄な時間があるくせに、
いつも気はそぞろで、
写真を整理したり、年賀状を作ったり、本を読んだり、絵を描いたり…
自分が楽しいと思うような、じっくりとしたそういう時間は、
後回しにしてしまう傾向がある。


自分一人が楽しくて、集中するようなことには、
「今はできない。」みたいなブレーキをかけてしまう毎日を
もう何年もずっと送っている。

なぜか…?

記憶を遡ってみると、

外勤めを辞め、
自分の稼ぎがなくなってからのような気がする。

こどもが生まれて、一度外勤めに戻って。
そして辞めて。

夫の家業を手伝うようになって…
そうして現在。


自分(だけ)が楽しい。と思うようなことは遠慮するようになった。


ネットサーフィンも、ネットショッピングも、昼寝も、
夫や子どもに中断されても、全く問題がない。


でも、自分が楽しくて没頭するようなことは、
夫や子どもに中断されると、ムリ。

これは絶対にムリ。

没頭している状態から、他のことに器用にうつれない。

途中でやめるぐらいだったら、最初からやらない。
そんな感じ。
(ちょっといいわけのような気がしないでもないですが。)


昨日は、夫も仕事が休みで、
夫も子どもも、それぞれしたいことがあって、
お腹が空いたらすぐに食べられるカレーも作ってあって。
外は雨降りで洗濯もできなくて。

誰も、ワタシに興味(用事)がない。

ということで、じっくりと写真の整理に取り組めました。

何を買うわけでもない。
どこに出かけるわけでもない。

それでも、十分に楽しくて満足でした。

まぁ…常に、裁判やお金の心配があるものの…
自分らではどうしようない状況なので今は一時的な凪状態…。

本当に久々、自分が自由にしたいことをした休日になりました。

贅沢なひとときに、感謝であります。

2012.06.16 17:09|レトロ
*お菓子の缶*

can2

↑これは、良く見かけるサブレの缶。
同じデザインで、紙箱のクッキーも買ったことがあるなぁ。


can1

↑いつだったか、お土産でいただいた
ベルギーチョコレートの缶。
ノスタルジックで茶系な感じが好き。
実物は手を広げたくらいの大きさで可愛いんですよ。
これは、今も万年筆のインクカートリッジ入れにして
使っています。

国内外を問わず、
食品類のパッケージって、好きなものが多くて。

「あ、可愛い~っ」と、
思わずとっておきたくなるけれど、
そんなことしたらとんでもないことになるので、
(ただでさえ、モノがあふれた汚部屋だというのに^^;)
気に入ったものは、写真に撮ってから処分するようにしています。

…って、写真に撮っておいてどうするのよ…って感じですが。

2012.06.16 16:59|レトロ
*石鹸*

soap

これは、ついこの間買った石鹸。
夫が固形石鹸派。

中身でなく、外箱のデザインで買いました。
捨てちゃうのにね


こうしてみると、
石鹸「鹸」の字って難しい~。

書けないや。


2012.06.16 16:53|レトロ
*ジャム&マーガリン*

jammargarine

見るだけで心躍ります❤

これも4年前の写真ですが、たぶん今もこんな感じだと思う。

2012.06.16 16:50|レトロ
*キャンディポット*

candypot

最近のものか、古いものか、どっちかわからないけれど、
5年ぐらい前にリサイクルショップで見つけたガラスのキャンディポット。

確か300円ぐらい。

今は、ひと口チョコレートが入れてあります。

こういう琥珀(アンバー)色も大好き❤


2012.06.16 16:45|レトロ
*電車*

densha

これは3年前。
電車の車体が、チョコレート色。
茶色好きの自分には、チョコレートとかたまらない。

2012.06.16 16:41|レトロ
*お砂糖*

sugar


好きな物の一つに、
レトロな感じのするデザインがあります。

これは4年前の写真で、
100円ショップで買った三温糖のパッケージ。

こういう生成りとか茶色が大好き。

2012.06.16 16:35|日記、にっき
雨の休日。

夫の仕事もなく、
家でまったり過ごしています。

珍しくのんびり気分で、
デジカメで撮った写真を整理中。

サクサクとヤフオク出品するためにも、
おまとめ中。


写真は良く撮っています。

でも、ブログにのせるためではなく、
ウチの思い出(アルバム)用とか、自分のメモ用(?)、あとはヤフオク出品用なので、
今一つこのFC2ブログでの扱い方がわからなかったのですが、
この間ガンダムの写真を載せた時にようやっと理解したので、
やり方を忘れないようアップ!アップ!

一度覚えた機能も、
使わないとあっという間に忘れてしまうという悲しさ^^;

繰り返し作業して覚えます。

とりあえず≪大好きレトロもの≫シリーズ。

写真をクリックすると、大きく見えるはず?

2012.06.15 23:53|入金
貯まったカードのポイントを、
10000円分のギフト券に交換しました。

この10000円分を、
10万円貯金としたいところだけど、
10000円分の現金がないなぁ…

ということで、
貯金にするのは保留にしておきます^^;

2012.06.14 13:14|日記、にっき
聖子ちゃんの再々婚が、
昨日、今日と、話題になっていますね。

聖子ちゃん、50歳か~。

アイドル当時も、今も、
聖子ちゃんには関心がないのですが、
50歳での再婚とか、再々婚は興味あるなぁ…

うん…自分に経済力がある女性は、
やっぱり強いなぁ…と。


聖子ちゃんの、シワひとつないピンとはりつめた肌
(つっぱりすぎてやしないか?)や、
無駄のない身体を見て、
テレビの中のコメンテーター達は、皆
「キレイだキレイだ。」と一様に言っているけれど、

「そりゃ~お金かけりゃぁねぇ~」と、つぶやいている自分。

でもね。

それだけのお金を稼ぐための聖子ちゃんの努力は、並大抵のことでないわけで。


自分なんて、
「お金があればワタシだって…」と言いながら、何もしていないし^^;

何もがんばってもいないのに、
「優しくて、ちゃんと「ありがとう」が言える人と出会って、
そんな人と(出来ればお金の心配なく)生活できたらなぁ…」と、
他力本願で妄想しちゃったりするしね。

ハハハ…お金の問題じゃなく、較べるのもおこがましかったですね^^;
すみません^^;


>うん…自分に経済力がある女性は、
>やっぱり強いなぁ…と。

ではなく、

強かったからこそ、今の聖子ちゃんか。



2012.06.14 12:47|民事裁判
昨日、先生から電話がかかりました。

「昨夜も電話したのですが。」と、
前置きがあったそうです。

夫が「今日中に」と、強調したので、
「ちゃんとかけましたよ。」といいたかったのでしょう。

でもな…
工場(こうば)にかけて誰も出なかったら、
夫の携帯か自宅にかけてくれればいいのに…

ちゃんと知らせてあるんですよ…^^;


さて、電話の内容。

おとといの裁判の結果です。

簡単に言うと、

裁判官から、
夫が交渉している額に「あと200万円上乗せするように。」
と、言われたそうです。

具体的な金額でいうと、


夫が出している希望額は、
義母へ1200万。義弟へ600万。

計1800万なのですが、これ+200万で、
2000万の支払いを。
ということです。

………

あと200万なら…という思いもありますが、
その200万が出せないから問題です。

もう全て出しきっての交渉額なのに、
さらに200万上乗せって…。

「サラ金にでも借りろってことでしょうか?」
夫、思わず先生にそう聞いてしまったそうです。

でも、そうでもしなきゃ出せないよ…トホホ…

確かに和解金の金額は
下がってきてます。

もうここが妥協の限界の金額なのかもしれません。

難しいです。


来週、夫が先生の所属する弁護士事務所に出向き、
直接打ち合わせをすることになりました。

夫と先生が顔を合わせるのは3回目です。

1回目は、はじめて行った時。
2回目は、どうしてものことがあり、ほんの30分だけ時間をとってもらいました。)

いずれも、去年8月のことなので、
10か月ぶりの対面ですね。

そんなものなのでしょうか?????


いくら今の先生に不信感があっても、
とりあえず…和解に向かってここまできている…というのが、
ポイントです。

自分達からしたら、
望んでいる方向ですすんでいるのです。

先生に不安も不満もありますが、
今の状態は感謝すべきこと…なんですよね…。

なんとかここまできているのに、
先生の連絡不足を追求したり、
担当者を変えるようなことで、
大ごとにしたくない…という気持ちがあります。

ただ、裁判は、最後の最後までわからない。
なので、不安があるのです。

ここまできているとはいうものの…
金額の交渉も…先生が、もっと下の金額から主張してくれていれば、
こんなに開きが出なかったのでは…という不満も残ってしまうのです。

ともかく…来週です。

来週、夫と先生が10カ月ぶりに会う事になりました。

2012.06.14 09:47|民事裁判
おととい裁判があり、
その日、夫が、弁護士事務所に連絡を入れ、
「今日中に連絡が欲しい」とメッセージを残したら、
当日中に折り返しの電話がかかってきました。

が、夜、工場(こうば)の方にかかってきたので、
誰も出ず。

そして、昨日の午前中にかかってきました。

こんなに早い先生の対応は初めて^^;
(いや、正確には2回目。初めの頃の1回は早かった。)

「今日中に連絡をください。」と言っても、
かかってきたことがほとんどないので。

夫が、伝言で、
「どうして、W先生(義母側弁護士)に連絡をとったのが、5日になったのかを教えてほしい。」
というような、具体的なツッコミを残したのが決め手だったようです^^;
さすがに「マズイっ…」と思ったのかな?

そして、先生からの電話ですが、
その件については、スルーだったそうです^^;^^;^^;

電話の内容は、終始、前日の裁判の報告。

まぁ…そちらの方が本題(重大)なので、その報告が聞けて良かったのですが、
夫よ、先生の日にちの食い違い(ウソ?)を、
もっとツッコンで聞けば良かったのに…と、
思ってしまいました。

電話の内容は、また次の記事に書きます。


2012.06.13 09:41|民事裁判
昨夜書いた非公開の記事ですが、
読み直してみると、

それはそれで、
A先生にも、何か秘策(?)があってのすすめ方なのかもしれない…と、
好意的に考えたくもなり、早合点はいけない…と思う自分もいます。


ただ、それ以前のこともありまして不信へ傾くのです。

その「以前のこと」も書いておきます。


遡ること去年の11~12月。

「ほぼ融資OK」との返事だったのに、
年明け「やっぱり融資できません。」と言われた
某金融機関。

この金融機関の本審査を受けた時の話です。

この金融機関の本審査を「早くとるように。」との
A先生からの指示があり、
本審査を受けました。(当時の記事にも書いています。)

本審査を受ける中で、
金融機関から、A先生にも某書類を提出することが求められました。

ところが、その書類を、A先生が用意してくれない。

「早く…」と言った先生が、うんともすんとも…

この時は、金融機関の担当者が、直接先生とやりとりしていたのですが、
「先生と連絡が全然とれません。」と困り果てていました。

結果、審査がのびのびになり、
これが、審査を通過しなかった理由ではないと思いますが、
明らかに先生がタイミングをはずしていました。

間に入っていた不動産コンサルタントのH氏も、
そんな先生の対応に、不信感を抱いていました。

金融機関への心象を悪くしたことは間違いなく、
今回も、同じようなことになるのを恐れているわけです。

「先生の行動が遅くて、融資話がおじゃんになった…」
どこかで、この時のことをそう思ってしまう夫と自分がいます…


当時、このことを記事にしなかったのは、
それが、先生への不平不満愚痴になってしまうと思ったから。

「先生にまかせよう。と決めたんだから」…と、封じこめていました。

2012.06.13 01:36|日記、にっき
今日は、午前中から出かけており、
昼ごはんは買弁になりました。

電車で出かけていたので、
乗り換えのターミナル駅で売っていたお弁当を買いました。

お初のお店のお弁当。


隅に入っていた小袋。

RIMG0002.jpg

「あれ?醤油かな?」と思ったら…



RIMG0003.jpg


こんな心遣いでありました。

イマドキ、これって普通なのかな…^^;
2012.06.13 01:25|日記、にっき
夫がはまっているドラマ。

フジテレビの『リーガル・ハイ』

新米女弁護士(新垣結衣ちゃん可愛い❤)の奮闘ぶりと、
古見門弁護士の不遜で饒舌なキャラに惚れ惚れします。

作りすぎてて笑える。

風刺がきいてて軽妙洒脱!


…ま…夫がはまっているわけです。


今宵も、『リーガル・ハイ』を楽しんだ夫。


見終わって、一言…。

「うちなんて、リアル 『リーガル・ハイ』 だもんねぇ~
って… 笑いながら  


おいおい…笑えないよ!…笑っちゃうけど。

夫、頼むよ。ホント…^^;


05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク