2012.07.26 09:15|かたづけ
table0725


おはようございます。

昨夜の食卓の上の写真。

なんとか維持していますが、
右端の方には、相変わらずモノが
ごちゃっとなってます。

右側は、通り道側なので、
ワタシも、夫も、こどもも、
なんでもヒョイっと、
ここに置いてしまうので、
常にごちゃっとなってしまいます。

そうしないよう、
工夫が必要だなぁ…。

marufuku


いただいた『丸福珈琲店』のアイスコーヒー。

美味しい珈琲に癒されながら、
これから書類作りします。

シビアな数字に、
うちのめされること間違いありませんが^^;
がんばります

スポンサーサイト
2012.07.25 17:40|日記、にっき
ondokei



温度計を見たら、
34℃。

部屋の中でも、
比較的涼しいところに置いてあった温度計なので、
実際は、もうちょっと暑いのかな。

「きのこの山」のチョコレートが溶けて、
袋の中でデロデロになってました(>_<)


2012.07.25 17:08|日記、にっき
洗濯モノをとりこむために、
ベランダに。

他のマンションやアパートの窓が
軒並み閉まってますねぇ~。

みんな外出中…ってことでもないよね。

クーラーつけてるんだろうな。

ウチは、日中ガマンしてたけど、
もうゆだりそう。

そろそろ限界かなぁ。

クーラーつけようかなぁ~。

2012.07.25 17:03|日記、にっき
また気持ちが凹るキツイ状況でして…。


心の中、

「………。」


しか~し、そういう時こそ、
口角上げて「笑顔」だな。
と、思い出し、今から笑うようにします!

食卓の写真、
カメラのバッテリーを充電したら、
またアップします~。

2012.07.22 02:05|かたづけ
kaketautsuwa

テーブルの上に放置されたままだった器たち。

一部欠けてしまったものの、
捨てられなくて。


※アラビア社のムーミンマグ※

かつての浪費野郎の自分が、いくつも買っていたうちの一つです。
それらは普段使うこともなく、いまだ仕舞いこんでいるのですが、
これは使ってました。

…ら、ある日。

他の食器を洗っている時に手がすべって、
このマグに命中(T_T)

欠けてしまいました。

コレクションしていたものなので、捨てがたい…



※八丈焼のカップ※

以前、友人から八丈島のお土産でいただいたもので、
ソーサーもついてます。

写真では見えませんが、海の色のようなきれいな緑のガラス釉が
カップの底にありまして…

いただいたもの…ということもあり、
普段使っていなかったものの、すごく大事に思っていて、
食器棚の上の方に飾ってました。

それが、去年の震災の時に、
地震のせいで欠けてしまいました(T_T)

大事なものだったので、捨てがたい…



※イノダのコーヒーポット※

だいたい20年前のこと。
独り暮らしの時に買って使っていたポットです。

大好きな飴色。

もう何年も前に、フタをのせる部分が欠けちゃいまして…。

使うのに支障はなくても、
洗う時に、うっかりと欠けてるフチで何度か手を切ってしまい、
引退…(?)

でも、愛着があって捨てがたくて^^;

今も、同じもの買えるんですけどネ…。

商品名<どびん>ですけどネ^^;


※アイボリーのお茶碗※

あまり使わないうちに、縁が欠けちゃいました。

支障なく使えるものの…

なんか…風水的に(?)…
欠けたお茶碗で食べることが気になりまして…

気に入っていたわけでもないのですが、
雰囲気的には、花器にしてもおかしくないかも…

そう思うと、これまた捨てがたく…


というわけで、結局どれも捨てられず(>_<)


決心つかぬまま、
ずっとテーブルの端っこで放置されていました。



まぁ…今回を機に考え直し。


しかし…結局処分できず…。


花器や鉢カバーとして使ってみようと思い、
とっておくことにしました。


…ちゃんと出番がありますように…^^;

2012.07.22 01:25|かたづけ
それにしてももろもろキタナイな…

こうして写真を掲載し、
アップにしてみると、
「ウワッ」と気がつくことがありますね。

壁はキタナイし、
テーブルの木目もなんだか油っぽく濁っているし。

良く分かっていい感じ。

2012.07.22 01:11|かたづけ
table0721


今の様子です。

昨夜とさほど変わりありませんね。

よかった。

いつもは、こんなに簡単に片づかないですよ。

写真に撮っているから、とりあえず片づけました。

(…というか…別の場所にどけただけ^^;?)

うん。

でも、テーブルの上をキレイにしよう…という意識が続いているから、
まぁ、これで良い良い。

すでに、ブログで晒した効果ありだと思われます。


一番最初にアップした時の写真では、
奥でひっくり返っていたリンゴ形の木製バスケット。
(使わない時は、ぺったんこに折りたためる優れモノ。)

ちゃんとまっすぐに置かれています。

本当はですね。

パンやフルーツを入れて置いておこう~♪なんて思って買ったやつですが、
そんな目的にかなった使い方をされていたのは、
はじめの1週間ぐらい?

そのうち荷物に埋もれてしまいまして…^^;

今は、とりあえず、領収書とか、まだちゃんと見ていない書類などが
ほおりこまれています。(で、ひっくり返ってた!)


えぇ…

最終的な望みとしては、このテーブルを食卓として使いたいので、
今のっかているものは、全て撤去したいのですが、
いつになるかなぁ…

小さなラジオも、別に使っているわけじゃないし、
ここになくても全然OK^^;


これまでも、この程度までは片づけられたりしてたんですが、
続かないんですよ。

ここまできても、1~2日のうちに、またモノが増えて戻っていくという…

その繰り返しだったので、
今回は、この状態が、少なくともこれ以降も維持できますように。

2012.07.21 01:46|かたづけ
table720

ほぼ今の状況です。

左端のノートとペンケースは、
息子が置きました。

明日、この場所で宿題をする準備だそうです。

息子も、私が使っているこの場所が大好き。

時間で使い分けています。


右端にご注目を。

椅子に引っかけた何枚もの服が
積み重なっています。

食卓の上にあったものを収納しようとして、
廊下の収納棚を開けようとしたら…
服がかかりすぎてあかない。

ということで、とりあえず、ここに服をごっそりと移動。

で、またそのままになっています。

放置…


片づけを始めると、
規模がどんどん広がりまして…

余計大変なことになる!

…いつもそんな感じです。

で、片づけきらないうちに、
また積もり積もっていくという…(T_T)

その点、注意して、
また明日がんばります。

2012.07.19 11:06|かたづけ
desk

昨夜のせたこの写真。

食卓の上です。

いつもこんなななので、
食卓の機能なし。


置いてあるものは、
ずっと溜めっぱなし。
というわけでもなく、
片づけても、
1~2日でこうなります(>_<)

手前にあるものは、
その日置いたもの。

奥に見えるものは、
しばらく放置されているもの。


ちなみに…

・共済の書類 … 夫が義母に共済番号を聞かれ、ワタシが確認。
・生協の利用状況の用紙 … 金額をPCに入力してる途中。
・生協のウナギのチラシ … 注文するかどうか迷ってたので。
・税金関係の資料 … 数字を計算するため。

・みそぱん&クッキー … 母が送ってきてくれたもの。
             「みそぱん」て何?ということでググッてました。

・ふりかけの袋 … 朝、お茶づけに使い、ちょい置きしてそのまま^^;
・大豆レシチン … 自分が唯一摂っているサプリ(?)

以上は、その日置いたものです。


奥にあるのは、欠けた器です。

一部、欠けやヒビが入ってしまい、食事用には使えなくなったもの。

どれも気に入っていた器なので、捨てるにしのびなく…
花器や鉢カバーにどうかな??????っと迷っているうちに放置…。


ほか、電話の子機やら、
本やら帽子(!)やらハンガーやら…

夫が置いた薬の袋や、
こどもが置いたプリント類などなど…

そんなものがあります。


………片付けても、
すぐにこんな感じになります。


いいわけすれば、
ウチには、スペース的に、
ちょい置きスペースがなく、
ここがかっこうのちょい置き場&
ワタシの作業場に…。


しか~し…
ホント、それはただのいいわけ!


過去、思いおこせば、
今よりずっと広い家に住んでいた時…
スペースに余裕があればあったで、
それらのスペースが、全てこんな状態になっていたような

なので、あの頃は、
探し物が大変だった!


今は、探し物も、たいていここから見つかるので、
とっても楽になりました…!

…って、ちょっと話が違う!!!!!!


自分の性格というか…習慣というか…

それが、この状態なんだと思います。

というわけで、

定点観測的に、ここをさらして、
強制的に片づけをしてみたいと思います。

もうね…こんなの1日で片づけられると思うでしょう?

でもね…自分はできないんですよ…

できても、あっという間に元に戻っちゃうんですよ。

写真を気軽にアップできるようになったし、
<晒し>の力を借りて、続けてみます

2012.07.19 01:42|かたづけ
desk

現在のテーブルの上です。

テーブルのすぐ横にPCがあり、
そこがワタシの定位置です。

右端の雑酒は、さっきまで、ワタシがのんでいた空き缶。


テーブルは、本来食卓ですが、
いつもこんな感じなので、
ここで食事をしたことは、ほとんどありません。

きれいにしても、すぐこうなってしまいます。

たったこれだけのスペースなんですが、
いつも片づけられません。

恥さらしな写真ですが、
明日から、ここをきれいにしたいと思います。
そのために、写真を載せました。

2012.07.17 00:04|レトロ
tom&jerry

このかき氷機。

自分が使っていたものではなくて、
10年ぐらい前に、
リサイクルショップで買ったもの。

当時、外勤めをしていた頃、
昭和&レトロ趣味のある自分は、
こんなものを買い集めて、
副業で、
オークションで転売でもしようともくろんでいたのでした^_^;

しか~し、

育児と仕事と夫の家の手伝いと、
とてもそれどころではなくて。(言い訳ですが^^;)

このかき氷も、そのうち、
小さな自分のこどものために使うようになり…

今に至ります。

あ、上のハンドル部分が見切れてしまいましたが、
ハンドルをグルグル回すと、
ジェリーの目が右に左に動きます。

古いもののわりには、
刃も良く切れ、
苦もなく、かき氷が作れます。

今日は、今年初のかき氷。

こどもの友達が来ていたので、
これでカキカキしました。

イチゴシロップで。
あぁ…美味しい!

このかき氷機を転売することは、
きっともうないでしょうね~。

2012.07.16 23:46|日記、にっき
土用のウナギ。

今年はムリかなぁ!

昨年のブログをみたら、
生協で2尾1800円のウナギを、
思いきって買っていました。

美味しかったんだよなぁ~。

でもね、

今年は、同じ企画(規格?)のウナギが、
なんと2880円!


金欠甚だしい今は、
見送り決定か…


2012.07.16 23:40|日記、にっき
暑いですね

先々週あたりから、
クーラーを使いはじめました。

以来、
もう5~6回使っているかなぁ。

当然、
日中、自分一人の時は、
我慢していますが、
夫もこどもも、暑さで食欲不振になるため、
夕食時からは、つけるようになりました。

最上階で、バリバリに日光が当たるため、
薄い(?)屋根を通して、
1日の終わりは
部屋に熱気がこもりまくってます^^;

ちょっとでもクーラーをとめると、
あっという間に熱気が充満する
我が家の季節がはじまりました。

2012.07.16 11:13|日記、にっき
裁判も大詰めを迎え、
振り返って、以前のブログを読みなおしています。

<民事裁判>をカテゴリにした記事は96コ

<調停>のカテゴリ61コを入れたら、

なんと、記事数157コ!!!!!!


2年前に、経済的な理由から、
自宅を売却したのは、
自分にとって
大変な出来事だと思っていましたが、
そのことを書いたカテゴリ<売家準備>の記事数は67コです。


いつのまにか、
その数を倍以上も上回っていました。


それにしても…

自宅売却…
対義母との裁判沙汰…

…と、まぁ…良くやっているもんだ…。
…自嘲してます


いつか本当の笑い話に変えられるといいなぁ。

2012.07.16 01:36|日記、にっき
昨年の1月に調停がはじまり、
半年後の7月には、調停が不成立となり…

そうして裁判に移行しました。

去年の今頃は、そんな時期でした。


その頃は…

1年後に、
こうして同じ場所に座り、PCに向かって、
ブログを書いていられるとは…正直思っていませんでした。

事態は変化しているだろう…と思っていました。


家業をやめ、
ここにはおらず、
別の場所で、次の仕事をしているかも…と思っていました。

ところが、
裁判が長く続き、
今も、ワタシは、去年と同じ場所に座り、PCに向かって、
ブログを書いています。

夫もなんとか…家業を続けています。

こどもも、転校することなく、
変わらぬ日常を過ごしています。


まもなく…裁判の結果が出るわけですが、


今、ここにこうしていられること。


そのことに、まずは感謝です。


2012.07.16 01:15|日記、にっき
裁判もいよいよ大詰めとなり、
非公開記事が続いてしまいすみません。

6月中に決着と思われましたが、
延びて…
さらに延びまして…

今、今回の裁判においての
正念場を迎えています。

あと少し…

祈るような気持ちで、毎日を過ごしています。

非公開記事は、裁判が終わり、
もろもろの事態が決定しましたら
公開いたします。


2012.07.13 12:31|民事裁判
義母が和解案に同意しました。

これは、義母が、
自身の弁護士と直接会ったからでしょう。

今週、義母に直接会う旨、
先日きたファクスに書かれていましたから。

おそらく、これまで、
義母と義母の弁護士も、
直接対面することは
ほとんどなかったと思います。

しかし、いよいよ大詰めとなって、
打ち合わせをしたのでしょう。

義母は、遠くからワァワァ言うものの、
いざ、近くで。となると、途端に大人しくなります。
(身内は例外)

これまで、再三裁判に来るように言われても
義母が行かなかったのは、
その場に行く勇気(?)がないからです。

今回の裁判に限らず、
随分前の記事にも書いたと思いますが、
税理士さんと大事な話がある時とか、他、
重要な場面で、義母はいなくなります。

「具合が悪くなった」とか、
「病院の予約がある」とかで。

「自分がどんなに正しいか、出るとこ出て、みんなに全部話してやる!」
と、私や夫の前では息巻くのですが、
そういうチャンスがあったとしても、出て行くことはありません。


今回、義母が折れたのも、
「月2万円」に理解を示したわけでなく、
弁護士の客観的な説明に納得したからでもなく。

「裁判官が言っていることに、これ以上反発するのであれば、
一緒に裁判所に行って、裁判官を説得するしかないでしょう。」

みたいなことを言われ、
それがイヤだったんだろうな~と思います。


なんか、ウソみたいだけど、
こどもじみただだをこねる義母には、
きっとそれが一番効いたのでしょう。


「裁判官の前に出るのが嫌で、同意したんだろうな~」と、
夫もまさしく同じことを考えていました。

2012.07.13 11:03|民事裁判
数日前、義母側の弁護士からきたファクス。

最終的に作った裁判官の和解案も、「やっぱり受け入れられない」と、
義母が反発しているとのこと。

「現状案の月2万ではなく、

月4万の支払いだったら、和解に応じてやるよ。

月3万でもダメだよ。」といった内容。


そのファクスが来てから、
夫と、またいろいろ計算をし、捻出方法を考えた。

あと2万。

その分、
「ワタシが働きに出てもいいではないか?」とも考えたけれど、

現実、今は働いていないわけだから、
やってもいないことを、
今の返済計画の数字の中に入れられない。と却下され。

また、
自営で月の売上の浮き沈みがあることを考えると、
このプラス2万の固定支出は、大きく響いてくる。

それでも…

何度も見直し、「月3万なら」となった。


<月3万でもダメ>と書かれていたけれど、これで交渉してもらうしかない。


とにかく、来週の裁判でこそ、和解<案>から
<和解>にしてもらわなければ。

その旨を文書にして、夫の弁護士にファクス。


そして、さきほど夫の弁護士から連絡が入りました。


そこで、まさの朗報!

義母側の弁護士から、夫の弁護士に連絡がきて、

「月2万で(義母の)了解をとった。最終和解案どおりでいきましょう。」と言っていたとのこと!


あぁ~助かったぁ~!


胸を撫で下ろすのは早いかもしれないけど、
心底ホッとしました!

先日、夫が出廷して、
最終和解案を決めて帰ってきた時より、
はるかにホッとしました!

2012.07.12 11:26|民事裁判
義母…

とにかく、こちらが提案したことには、全て「NO」。

ならば…と、できる限りのことをして、
義母の要求に合わせようとしても、

「そんなんじゃダメ。」

たとえ要求に合わせられることができても、
今度は、また違うことをぶつけてくる。

しかし、裁判の全体的な方向は、
義母の意志に反して、
夫寄りにすすんでいく。

当然、裁判では、早いうちに自分が勝つ。
と信じていた義母からしたら、不愉快な現実であろう。

しかし、
「息子夫婦にはこの家を渡さない。」というのが、
義母にとって、唯一の目的だ。

この裁判そのものが、その目的実現のためなのだ。

その目的は、最後まで譲るまい。

そのために、義母はとことんごねる。


今にはじまったことではない。

自分の思い通りになることしか、
義母の頭の中では考えられない。


裁判という場において、
周囲が冷静に話をすすめていても、
義母の中には、その事実を受け止められるだけの
力がない。

力…というより、感覚さえないのだろう。

あるのは、
「息子夫婦には絶対に譲りたくない!」という、
激しい感情からくる自身の目的のみ。

改めて、
義母の激しさが信じがたい。

早く、義母と離れたい。

2012.07.12 10:42|民事裁判
「この最終和解案は承服できない」と。
義母側の弁護士からファクスが送られてきました。

(ちなみに、「和解案」は裁判官が作成しています。)

そのファクスによると、

第11回目の口頭弁論で「和解する」と言ったのは、

・「2000万」と言われていた一時金を「1900万」にするということ。
・それに「プラス200万」の和解金である。

以上の条件に対してである。


その時の、弁護士からの電話では、
「2万円の100回払い」の説明は受けていなかった。

自分は、病院から帰ったばかりで動揺もしていたし、
自分の年齢を考えても、100回払い(約7年)は受け入れられない。

よって、最終和解案に強く反発する。

和解金の200万を、2万円×100回払いではなく、

4万円の50回払いであれば、和解に応じる。



といった内容でした。


こちらが「月に2万しか出せない。」というのは、
現実的な話として、前回、前々回と、すでに説明しています。

こちらがどうしても無理なことをわかっていて、
「月に4万ならOK」と言ってきているのです。

これでまたこじれると、
いよいよ信金さんの融資が受けられなくなる可能性が出てきました。


…それも狙ってのことだと思います…。

2012.07.12 10:16|民事裁判
夫、再びの出廷です。

直前になり、弁護士から、
「一緒に来られるようであれば、
その方が良いので、出廷してください。」と言われ、
急遽、行くことになりました。

裁判がはじまると、
すぐに裁判官が、
義母側の弁護士に答えを求めたそうです。

「今日こそ。」という感じでしょう。

数字を突き詰め、
和解をまとめたい。


ところが!

またしも、義母側の弁護士は歯切れの悪い様子で、

数字的な話をするどころか、

「キャッシュカードを盗ったことが…」だの、
(夫が、会社のキャッシュカードを盗ったと、義母は主張しています。)
「原告の心情的なものが…」とはじまったとのこと。


これには、裁判官も怒った様子を見せ、
「どうして(義母を)説得できないのか?」というような話になり、

「原告(義母)を、もうここに呼んでもらいますよ。」と強く言ったそうです。


和解を示し、そこで具体的に話をつめようとしているのに、
一向に応じる様子を見せない義母側。

そしてまた「心情…」の蒸し返し。


本日を最終としているのに、まだ何を言っているのか!

義母側の弁護士に
「もう和解にはしませんよ。」みたいなことを裁判官が言ったところ、
「(原告は)それでいいと思っている…」というような返事をしたそうです。


「本日最終」と言いながら、
また次回に…という雰囲気なりました。

それまで黙っていた夫と夫の弁護士は、
「今日決めてもらえるのであれば、2100万支払うようにします。」と、
言いました。

そこで、
夫がそいうのであれば、
「2100万で決着をしましょう。」ということになり、

その場で、裁判官は素早く計算をはじめ、
諸事情を鑑みて、
「1900万の一時金」と「2万円の100回払い」で。という条件を、
最終案として提示しました。

その場ですぐに義母に連絡をとるように、
義母の弁護士に指示をしました。
裁判時、義母は連絡のとれる場所(=自宅)で待機しているのです。

義母の弁護士は、退室し、
義母に連絡をとり、
それで「和解」をとりました。

また、義母がこだわっている「キャッシュカード」の件も、義母の要求に従い、
和解文に、文言として取り入れることになりました。

ただ、最後まで義母側の弁護士は煮え切らない態度でいたそうです。

一方、この日、裁判官は、
前回よりも
より強く毅然とした態度だったそうです。

こうして、
夫が義母の要求の2100万をのんだところで、
最終的な和解となり、
その日のうちに、和解案の最終案が
ファクスされてきました。

「信金さんにも、連絡をしていいですよ。」と、
弁護士にも言われ、夫は、
信金さんに連絡をとりました。


これで…
これで…
ようやっと…


ところが…

また、翌日。

この和解案に義母が反発したのです。

次の記事に書きます。

2012.07.12 08:30|民事裁判
足元を見られている夫。

第10回の口頭弁論のあと、
義母側の弁護士と、
夫の弁護士が直接やりとりした中で、

義母側の弁護士から、

和解を承服するためには、
「2000万」に、さらに「100万」の上乗せを。


という要求がありました。


裁判官は、「2000万」と言う金額を出していましたが、
さらにそこに「100万」の上乗せを。
というのです。


夫と考えました。

信金さんの融資のことを考え、
諸費用や今後の支払いなど、
電卓たたいて計算しまくり、

これで最終決定を出してもらえるのであれば、
2100万(うち120万は60回払い)を承諾する。
という結論にいたりました。

夫は、この回答を持って、
11回目の口頭弁論に向かいました。

数日前のことです。

2012.07.12 02:16|民事裁判
ふりかえりです。

前回の口頭弁論(6月後半)。
「最終的にまとめたい…」という裁判官の意に反して、
回答を持ってこなかった義母側の弁護士。


3月に義母が和解への態度を見せ、
和解案が作られたのは4月。

しかし、条件が合わず、
お互いの要望のすり合わせ。

「和解」と言いつつ、
自分の要望のみ、主張する義母。

「和解に応じてあげたんだから、
こっちのいうことを聞きなさいよ。」

一方、夫は、
和解のためなら、
自分にできるだけのことはしようという態度。


義母は、法的に、夫より圧倒的に強い立場にいる。


力関係による当然の状況。

しかし、そのことにより、
倫理的なおかしさがあからさまになっている感じ。


…ということかどうかはわかりませんが、
裁判官は、夫に理解を示してくれました。


前回の裁判では、
義母側の弁護士に対して、
強い口調で、
次回の裁判では、最終的な答えを出すよう促してくれたそうです。

裁判が長引けば長引くほど、信金さんの融資が危うくなり、
夫にとって不利な状況になるのです。

そのことも踏まえてです。

逆に言えば…
義母側からしてみたら、
長引けば長引くほど、義母の思い通りになるというわけですが。


<夫は和解を急いでいる…>

これが今の夫の弱点です。

義母側に足元を見られています。

2012.07.12 01:20|民事裁判
数日前。口頭弁論がありました。

今回も、夫が急遽出廷。
(義母はもちろん出廷していません。)

その場で、最終的な和解案が決まりました。

またしても、義母側からはっきりした回答が得られず、
いいかげん業を煮やした裁判官が、
強く義母側の弁護士に話をつめより、
結果、

夫寄りの仮の和解案が作成されました。

このことは、
本来なら、万々歳!なはずですが、相手は義母です。

夫も自分も、喜びにブレーキをかけていました。

そして、一夜明けまして…

案の定…。

義母側の弁護士から連絡が…。

義母から、その和解案について、
「一部の条項に承服しかねる。」とあった上に、
こちらにとって無理な条件をつきつけてきました。


これでは、いつまでたっても
話がすすみません。


…ってか…完璧、嫌がらせでしょう…。


前回の口頭弁論から、今回の口頭弁論までのことを、
別記事にてまとめます。

2012.07.11 11:41|未分類
デヴィ夫人のブログ。
昨夜までは、いじめた側の少年たちや、その母親の写真もありましたが、
今は削除されていますね。





さらに、担当教員の写真も削除。
実名がイニシャルに変っていますね。
7/13 追記




2012.07.11 08:11|未分類
もし、まだ読まれていない方がいらっしゃったら、
デヴィ夫人の7月10日のブログを読んでみてください。


2012.07.04 00:58|民事裁判
夫が言うに、

あまりに時間が経ち過ぎて、
3月にとりつけた信金さんの融資が
ダメになるかもしれない…
ということです。

そうだよね…。

すでに信金さんから融資OKの話をもらって、
4カ月…。

信金さんから提出を言われている「和解調書」も
この調子だととれそうになく…


判決で、夫の買い取りが認められても、
今度は、諸条件でダメになるかもしれない状況らしい。


あぁ…苦しい…。

2012.07.04 00:55|民事裁判
きついなぁ…。

昨日の今頃は、明るい気分でいたのに、
今は、深くつらい気分。

もろもろの状況…
雲行きは怪しいようです。

はぁ…。


2012.07.03 00:38|日記、にっき
は~い。

いろいろありますが、
なんだかんだいっても、
今日も、とりあえず、こうして1日が終わろうとしています。

さっきは、夫のジョーク話で笑えたし。

笑顔で終われることに感謝。感謝。


軽く言っているわけじゃないですよ~。


不平不満。文句ばかりで落ちる日もありますが、

今日は、
こうして1日が終わることが、心の底からありがたい!です。


2012.07.03 00:10|日記、にっき
今日は、3ヶ月ぶりの歯医者さんでした。

虫歯治療後の定期健診です。

口内環境、虫歯のチェック、歯のクリーニングなど。

以前より状態も改善し、特に問題もなく、
「このままがんばってくださいね!」と、励まされたので、
もちろんがんばります!

とても丁寧にみていただいて感謝。

明後日、上の歯のクリーニングをして、
また次回の定期検診です。

もろもろの支払い関係同様、
歯の健康にも、細心の注意を払っています。

以前の自分とは大違い!

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク