2012.08.31 00:09|きもち つぶやき
浮かれているヒマはないけれど…

…あぁ!でも今日は言っておこう!



わ~い!

やった~ッ!!!!!!!!!!!




スポンサーサイト
2012.08.31 00:00|民事裁判
夫の口座に、
信金さんから融資金が振り込まれました。

その融資金は、
これまでの残債金返済と、義母と義弟への代償分割金となって、
すぐに口座からなくなりました。

と同時に、
土地建物の登記が、
義母、義弟、夫の3人の共有所有物から、
夫一人の所有物へと変更になりました。

今日からは、
法律的に夫の立場が守られることになりました。


あぁ!本当に長かった!

1年と8カ月…。

限定記事を公開にしようと思い、
自分の書いたブログを遡っていますが、
いただいたコメント読んでいると、
感無量であります。

コメントを寄せていただいた皆様。

本当にありがとうございました!

おかげさまで、
人生の大きな節目を、
ひとつ乗り越えることができました。

良く言われることですが、
そこはゴールではなく、
またひとつの新たなスタート地点。

これまでの体験を活かし、
丁寧に、柔軟に、慎重に…
これからの日々を過ごしていきたいと思っています。


しか~し…
自分のことを信用していません。(できません。)


喉元過ぎれば…。


調子にのり、
グダグダになっている自分の姿が容易に想像できます。


新しいスタートをきった自分のことを…
ブログを書くことで、
今後も監視したいと思います。

2012.08.29 14:59|民事裁判
慌ただしい。

いよいよ融資実行日目前。

さらに、

夫の納税証明を提出。

・住民税(区役所)
・固定資産税(都税事務所)
・所得税 その3の2(税務署)

それぞれ、書類を発行する機関が異なるので、
あっち行ったり。こっち行ったり。

でも、本当に「今」で良かった。

数年前の自分だったら、
「納税証明」と聞いただけで、
青くなっていたと思う。

恥ずかしことだが、
未払いしてたり、延滞してたりで、
ボロボロだったと思う。

今は、ちゃんと支払っているので、
堂々と、安心して書類を揃えに行くことができる。

社会人として当たり前のことなのに、
このブログを書き始めた時の自分は、
まったくそういうことができていなかった。

そういう点で更生できたのも、
ブログを書き続けてきたおかげだと思う。

ブログに感謝。

2012.08.25 01:06|かたづけ
table0824

ちょっと時間が開いてしまいましたが、
昨夜の食卓の上です。

なんとか現状維持。

…てか、前よりいいかな?

一時的に、荷物がワシャっとなってしまう時もありますが、
ほぼ、これぐらい維持しています。

写真を見て気になるのは、椅子カバー^^;

冬用のかけたまんま…。

春も夏も過ぎようとしているので、
もうこのままで…^^;^^;^^;

これまでは、
テーブルも椅子も物置場と化してましたから…
この数年…誰も座ることがなかった椅子です。

今後は活躍させなくちゃな。


テーブルの上は片づいていますが、
ここに座って食事はまだできません。


…なぜなら…


椅子の足元に…荷物がもろもろ置いてあるからです(>_<)


片づけなくちゃ~

2012.08.25 00:56|10万円貯金 シーズン2
出費といえば…

10万円貯金(シーズン2)から、
こどもの歯列矯正費用の一部を補てんしたため、
3万円を使いました。


よって、残高

 約40000円 → 約10000円

に減ってしまいました(>_<)


くぅ~っ

でも、無駄遣いをしたわけではないので、いいさっ!

また引き続きがんばります。

2012.08.25 00:43|出費
・東京ドーム 約4000円 飲食&アトラクション少々。
     (こども分のパスポートは、いただきもののレジャーチケット使用)

・夫と外食 くら寿司 約1700円

・夫と外食 農園レストラン 約3000円

・近所のスーパー銭湯(3人分) 約5000円  ※予定外(T_T) 夫のリクエスト
  
以上。
1万円ぐらいを想定してたけど、約14000円。
オーバーしちゃったな~(T_T)
まだあと1週間…。
たぶん…これだけではすまなさそう…。


ほか、

こども 山村留学費用 約60000円 

これは、持っていた自分の旅行券を転売して工面しました。


2012.08.25 00:05|民事裁判
裁判四方山話です。

夫は、2回ほど口頭弁論(裁判)に行きました。

夫が行った頃は、
すでに、和解を前提に具体的な金額の交渉が
されていました。

今回の一件では、
売買価格やら、現在の借金額やら、代価相当額やら…
義母分…義弟分…夫分…

足したり引いたり。
なにしろ計算が複雑で大変でした。

エクセルで表を作り、
とにかく数字が頭に入りやすいようにして…

夫とワタシは、計算に四苦八苦したわけですが、
口頭弁論の場で、
裁判官はあっという間に数字を把握し、
もろもろの数字を、
あっという間の計算ではじきだし、
話をすすめていたそうです。

そして、夫の弁護士も義母側の弁護士も、
同レベルの早さで理解し、話をしていたとか。

夫は、そうなると全くついていけなかったそうです^^;

「なんか、やっぱり(脳の?)作りが違うんだよなぁ~」と、
えらく感心しながら帰ってきました。

とにかく、3人とも計算が早かったそうです。


夫とワタシのレベルが低すぎるともいえますが^^;^^;^^;


ワタシは数字がダメすぎ…
「数字に弱い」…それだけのことが、どんなにこの社会では不利なことか…
そう自覚がありますので、
実は、息子が2年前から通っている塾は、勉強というか…「数字」の塾です。

数学、数字を、徹底的にやっています。

お受験とは関係ないわが家ですが…
また、特に教育熱心でもありませんが…

数字は、この国、この社会で暮らしている以上欠かせないものです。
いや、人として生活する上で?
むか~しむかしの時代から「数」のようなものが存在してますよね。

というわけで…成績とか…受験とか…関係なく、
生涯にわたり、数字に強いことは、どんな場面でも無駄にならないと思い、
息子に仕込んでいます。

勉強というより、
体得するワザの一つとして、数字と付き合ってもらっています。
あとは…特に勉強ができなくても良いので…勉強よりは「体験」重視ということで。


話それましたが、
裁判官、弁護士の、その場での計算の早さ(数字への瞬発力)に、
夫は感服していました。

言うまでもありませんが…
全方向的に、頭の回転の良さが求められる職業なんでしょうねぇ。


2012.08.24 22:35|民事裁判
信金の担当さんがやってきました。

融資に向けての必要書類として、
さらに、

・夫の印鑑証明
・夫の住民票
・夫の免許証コピー

の提出です。

というわけで、久々に役所へ。


融資をひくために必死になっていた頃…

ちょうど1年前~今年の2月ぐらいまでは、
何度も、こういった書類を揃えに
役所間を駆けずり回っていたなぁ…。

揃えても…揃えても…。

泣きたいような気持ちで走り回っていたのを
思い出しました。(ちょっと大げさ!)

今日は、少し余裕で。

感謝の気持ちで。

書類を受け取ってきました。


信金さんから夫が説明を受けたのですが、
8月末の登記変更(つまり融資実行日)に、
夫の立会は必要ないそうです。

え?そうなの?

登記変更日の数日前に、
義母と義弟と義母側の弁護士さんを信金さんに呼び、
信金さんが依頼している司法書士さんからの説明を聞いてもらい、
書類に押印などしてもらって、
それで事は済むそうです。

夫の方の書類は、
信金の担当者さんが、普段のように来てくれて、
それで済むそうです。

8月末日は、お金が動くだけで、
人は動かないようです。

そうなのか…。

2年前、自宅を売却した時、
夫にかわり、
息子を連れて不動産屋へ向かい、
買主と顔を合わせて、
契約書の読み合わせやら、
書類の作成やら、
金銭の授受をしたことと思いだしました…。

あぁ…なんか感傷的に思い出してばっかり^^!

2012.08.23 12:41|日記、にっき
息子自慢です。

今夏は(も)、家族で…という予定は特になく、
ただ、こどもだけは、昨年に引き続き、
一人で、こどもだけ参加する体験型旅行に行きました。

旅行というより、
山村留学体験。

本人の強い希望で、
本人憧れの地、長野の山里へ出かけていきました。

こういうことに、どんどん慣れていっている息子。

ワタシから、片時も離れなかった頃は、
ぎりぎり昨年ぐらいまでだったようで、
今は、ほとんど家にいません^^;

嬉しいことです。

今も、ワタシの実家に一人で泊まり込み。
帰ってきません。

もう1週間以上…。

ジイジ、バアバ孝行しています^^;


帰ってきたら、今度は、
関西のいとこのところに一人で行ってくる!と、
はりきっています。


夏の塾もありますが、ほっといています。
(希望制ではなく、ほぼ強制出席の塾なんですけどね^^;^^;^^;)


息子の6年生の夏休みは、今しかないし。


宿題は、おそるべき早さで片づけた息子。
夏休みがはじまって、2日で全てのプリントを終わらし、
その後、読書して読書感想文を仕上げました。

嫌だ嫌だ…と言いながら、時に泣きながら、
それでもやめようとせず、
宿題をする日は、ほぼ1日中宿題をやって、
終わらせていました。


思わず、
「まだ日があるんだから、明日にすればいいじゃん~!」と、
制止するワタシ。

でも、やめず。

ウンウン…うめきながら、もがきながら、
やってました。

ホント…手がかからない…。

…というか…
いったい誰に似たのだろうか?


…とても自分の子とは思えません^^;


嫌なことは、もちろん先のばし。
やらなきゃ…やらなきゃ…と思いながら、
夏休みの宿題は、最後の日。
「あぁ…またやってしまったなぁ!」
と、子ども心に、くやしいやら、がっくりするやら…の、
自分の夏休み最終日を思いだします…

まったくそういうところがない息子。


嫌なことは、苦しみながらも自らさっさとすませているので、
あとは本人のやりたいことをさせています。

そうそう。

夏休み明けの学校の荷物も、
夏休みが始まったと同時に、用意してしまった息子でした。

我が子ながら…あっぱれ。

爪のアカをもらわなくちゃな。


2012.08.23 02:32|日記、にっき
今は、世間の子どもたち、夏休み中なんですよねぇ…。
我が子も、夏休みをたっぷり満喫中です。

で、夫とワタシの夏休みですが…

家業は閑散としているものの、
ポツ…ポツ…と仕事が入ったり、
裁判のこともあったため、
お盆中も、特に休みらしい休みはありませんでした。

こどもが長期不在で、夫と二人だけだったので、
夏休みレジャーとして外食しました。

といっても、毎度の「くら寿司」。

&もう一軒。

以前から行ってみたかった
農園レストランのランチに行ってみました。

味はまずまずでしたが(好みの問題)、
外食…となると、
回転寿司、ラーメン、フードコート…なので、
とても気分転換になりました!

salad
サラダとピクルスとキッシュ~


soup
野菜だけの味のスープ~

main2
ワタシが食べた冷製パスタ~ (ちょっと塩っぽかった~^^;)


sweet
いちじくのゼリー~


味は、特に美味しい~ッっていうわけでもなく…
(行きたい気持ちを何年もあたためすぎて…期待しすぎた^^;)
全体に素朴な感じでありましたが、これに、パンやライスや珈琲がついて
1500円は嬉しかったです。

緑を観ながらのテラス席は気持ち良く、近所だったら、また行きたいお店でした。

贅沢なランチに感謝です(^^)

ごちそうさまでした。


2012.08.23 01:39|民事裁判
義母は、ここを出て一体どうするのか…?

調停の頃、
義弟と暮らすと言っていましたが、
実際そうするようです。

現在、義弟が部屋を探しているそうです。

ただ、週イチしか休みがないので、
なかなかはかどらない。ということ。

それを聞いた夫は、
「急いで決めても、その家が変なところだったら、
敷金や礼金がもったいないから、慌てなくていい。」

ということで、
8月末の明け渡しではなく、
9月末明け渡しを了承しました。

はじめは、
9月中の家賃を請求しようとしましたが、
もろもろ考え、それはやめました。

義母は、義弟に
「雨風さえしのげればいいから。」と言っているそうです。

この言葉…6年前…
義父が亡くなった頃にも聞きました…。

ちょっと思うところがありますが…
それは、別の記事にします。

とにかく…
義母と義弟は部屋探しをしています。

場所は、隣県。

現在、義弟が独り暮らしをしているエリアで探しているそうです。

義母の気持ちはともかく…
義弟はどんな気持ちで探しているのだろうか。

まさか、現実になるとは思っていなかったのか…
それとも、
訴状を出した時から覚悟していたのか…。

全く想像がつきません。

義弟は、10年近く前に家を出て一人で暮らしています。

その前の10年も、家を出たり入ったり。
ある意味、義母と距離を置いた自由な生活をしてました。


これまでの自由な生活と、
これからの義母との生活…

嫌らしくも…
面白がっている…興味本位の自分がいます。


昔、義弟から聞いた、
「どんな母親でも、自分の母親だから。」
という言葉が忘れられません。

義弟らしい言葉だと思っています。

でも…本当に義母とうまくやっていけるのだろうか…?

…心の底では…そう意地悪く見てしまいます。



その点気になるものの…

義母がここを出ていったら…

もう…義母や義弟のことは忘れたい!

そう願っている自分がいます。

でも、きっとそれじゃぁ…ダメなんだよね。



2012.08.23 00:55|民事裁判
裁判は終わりましたが、
実際の登記変更が8月末であるのと、
明け渡しの条件が、まだちょっとはっきりせず、
すっきりとしていません。

当然、夫は、
登記変更の8月末を、
義母の退去日(明け渡し日)と設定していました。

翌月から、すぐに借金返済がはじまりますからね。

義母の住んでいた部屋を、貸室として手を入れ、
即入居者を探さなくてはならないのです。

ということで、

「8月末退去」と、
「残留物処分許可」
(期日以降、義母と義弟が残していった荷物は、こちらで処分する)
の覚書を交わすことを求めていました。

ところが、
これまた全然進みません^^;

弁護士間でやりとりしてもらっていますが、
いまだ、覚書が作成されません。

夫は、義母と直接話し、

「8月末の引き渡しは難しい。」と理解したので、
「9月末の引き渡し…」で、調整しているのですけどね。

一向に、覚書がやってきません。


義母側の弁護士が言うに、
義母は、「もう生きる甲斐がない」と言っていて、
いろいろヤル気を失くしているようだ…ということです。

…………。

「生きていてもしょうがない」
「死にたい」
これまで、義母から何度か(も)聞いている発言です。

決して、義母のこの発言をないがしろにしているわけではありません。

…が、
こういった義母の感情を含め、
なんとかうまく付き合っていこうと思った結果が、「今」であるわけです…

「生きる甲斐がない…」と言っている義母は、
今も、
「アンタは親を追い出すんだからねッ」
「親不孝者!」と、
夫を罵っている…。

ある意味…変らず元気です…。

だからといって、
義母側の弁護士に、
「良くそういうことを言うんですよ~」というわけにもいきません。


義母と義弟からの覚書待ち。
そんな状況です。

2012.08.22 23:45|民事裁判
8月末日が、
物件の登記変更日となります。

その日までに、
会社名義で借りている
公庫の借金を完済することになりました。

公庫の借金も、
この物件を根抵当にしているので、
完済して、
その根抵当権を抹消しなくてはならないからです。


「公庫の根抵当権抹消」

これは、信金さんから出された融資条件の一つでありました。


ということで、完済です。


といっても…
偶然にも…ちょうど今月が、約6年続いた返済の最終月でした。

今月分を、20日前倒して支払い、
完済となりました。


夫、お疲れさまでした。

ありがとう…。


2月の信金さん分完済に続き、
これで、会社名義の借金はゼロになりました。

2012.08.22 02:18|民事裁判
ブログで、
「裁判終わりました」の報告をしたのは、

信金さんから、
「融資100%OK」の確約をもらった日でした。


信金さんへは、和解調書も提出が必要だったので、
提出しました。
ほか、2月以降の会社の売上や支払い表も
提出を求められました。


会社の数字は、右肩下がりでしたので、
これでダメになったら…と、気が気ではなく、
信金さんから、100%OKの返事をもらうまでは、
またしても、生きた心地がしなかったです。

信金さんから1週間以上たっても、なんの連絡がなかったので、
「本当に100%大丈夫なんでしょうか?」
と、夫が電話を入れたところ、

「大丈夫です。会社の決済は終わってますから。」と
返事がきました。


あぁ…これで融資の心配もなくなった…


去年、調停がはじまった日から思えば、
信じられないほど嬉しい展開であったというのに、
正直、気持ちは静かでした。

自分たちの勝利(和解だけど)!となれば、
ぴょんぴょん飛び上がったり、
知らない人でも、近くにいたら、その人の手をとり、
ぶんぶん振り回して喜んだり!

と、それぐらい嬉しいだろうな!…と想像していましたが、
実際は…むしろ…
これからに対しての懼れ…のような緊張感に襲われました。

いや…嬉しいんですよ。
ホント…嬉しいんです…。

でも、どこかにブレーキをかけている自分がいる。

そんな自分をつまらなく思いましたが、
…いい意味で…自分成長したな(年とったな)…変ったな…と
思いました。


この喜びは…のちのちちゃんと表現したいです。


2012.08.22 01:58|民事裁判
和解調書が作成され、
裁判が終わりました。

物件の登記変更に向けて、
事務手続きがもろもろあります。

その手続きのうちのひとつで、
夫は、義母に書いてもらわなければならない書類がありました。

その書類を夫がもらいに行った時のこと。


義母は、怒っていたそうです。

義母の押印が必要な書類だったのですが、
義母に代わりに押すように言われ、
押印しようとすると、

「アンタは、70の親を、追い出そうとしているんだからね!
そう思って、判を押しなさい!」

と、言われたそうです。

ほかにも…腹が立つような…傷つくような…ことを言われたそうですが、
なんとかこらえたそうです。


「あんな謝罪文もらったってしょうがない!」
「××さん(←私の旧姓)は、和解調書見て、なんて言っているの?!」
とも言っていたそうで…。

…案の定…

先日、弁護士からファクスが送られてきて…

義母が、謝罪文の書き直しを求めていると…。

同じ内容の文書でいいので、
奥さん(=私)の署名を求めていると…。

はぁ…。


裁判が終わっているので、
そんなことする必要もないと思ったのですが…

明け渡しまでは、まだ期日があり、
金銭以外の明け渡し条件に支障があっても困るので…

私も連名にした謝罪文を送り直しました…。


「嫁(=私)とは一刻も早く縁を切りたい!」
「そのためだったっら、とっとと事をすすめたい!」

義母はそう思っているんじゃなかろうか…?
と、思って(期待して)いたのですが…


どうやら…
やはり、私のことが気になって仕方ないらしい…。

裁判中…そして裁判後…

まったくノーリアクション、ノーダメージに見える私が
ますます気に障ってしょうがないのだろう…

そう考えると、凹です。


私のことは、もういないものと思って排除して欲しい…

義母の中からワタシが消えたら、
私はどんなに楽だろうか…。

都合よすぎますかね…。

2012.08.22 01:27|民事裁判
話は、数ヶ月前に遡りますが、
和解するにあたり、
義母から、謝罪文を要求されました。


私ニ謝罪セヨ。
謝罪文ヲ提出セヨ。
デアレバ和解ニ応ジル。

ということでした。

これは、何度か登場している
Kおじさん(義母の実兄)の差し金です。


1月頃だったか…

Kおじさんに、夫が相談の電話をした時、
Kおじさんは言いました。


義母の気持ちを変えるためだったら、
バカになってでも謝れ
と。
お前たち(夫とワタシ)だけが悪いのでないのはわかっている。
ただ、お前達がそこに住むためには、
○○(義母)の気持ちを変えるしかないだろう?
だったら、一筆書いて、バカになって謝れと。

そうアドバイスされました。

同時に、Kおじさんは、
義母にも、
「息子夫婦に謝罪文でも書いてもらえ。」
と、アドバイスをしていました。

義母は、その通りに要求したのですね。


以下、6月~7月頃の話です。

和解にあたり、
義母への謝罪文が条件とされました。

もちろん、夫はその条件をのみました。

謝罪文…

謝罪文の文面は、義母側の弁護士から送られてくることになりました。

そのとおりに書き写し、
夫の自署と実印を添えることになりました。


…どんな文面がくるのかな…?

夫にとって不服(?)なことがいろいろ書き連ねてあり、
それでも、とにかく、そのことについて、
ごめんなさい…ごめんなさい…
と、謝るのかな…?

と思っていたら…

あっさりとしたものでした。

さらっと数行。

「このような裁判となり遺憾に思っている。」
「今後は円満な人間関係につとめる。」

というような内容のみで、
具体的な事象への謝罪内容…というのは一切ありませんでした。

ほっとしました。

でも、これは、
義母の考えた文面ではなく、
義母の弁護士が作った文面だろうな…と思いました。

義母は、きっといろいろ注文をつけたかったと思いますが、
弁護士が、こういった内容にとどめたのだと、
容易に想像がつきました。


とにかく…

いわれるままに、夫はこの謝罪文を提出。

和解条件の一つをクリアしました。

2012.08.22 00:59|民事裁判
和解調書の内容です。

被告(夫)は、
原告(義母と義弟)に、
代償分割金として、
1900万円を支払うこと。


さらに、和解金として、
200万を、ひと月2万円の100回払い(約8年と3ヶ月)で、
義弟に支払う。


となりました。


本来は、義母と義弟に払う和解金ですが、

義母は、8年のうちに死んでしまうかもしれないから…。
という義母本人の強い希望で、義弟に払うべき代償金の分から、先に義母に渡してしまい、
和解金は全て義弟に…ということになりました。


和解金という形の200万。

これは、一括で2100万という金額を避けるための、
裁判官の配慮であります。

200万は、夫の資金から出せない金額でしたから。


夫が二人に支払うのは、1900万。+和解金200万。

期日は、8月末日

と、和解調書に書かれていました。


2012.08.22 00:38|民事裁判
7月の下旬に、最後の裁判があり、
弁護士の先生からファクスが送られてきました。

wakai


このファクスを受け取った時。

もっと感動したり、もっとほっとしたりするものと思ったのですが、
正直、心の底からの喜びはあまり沸いてきませんでした。

その後、正式な和解調書が作成され、
郵送されてきました。


まだまだ何が起こるかわからない…。
安心はできない…。

これまで、喜んでは落胆…という状況が幾度もあったし、
なにより信金さんが本当に融資をしてくれるのか心配で、
嬉しかったけれど、喜べませんでした。

2012.08.09 15:40|民事裁判
裁判終わりました。

ひとまずご報告です。


なかなか厳しい条件もありますが、
夫と自分の望む形で決着しました。

ずっとワタシのブログを追っていただいた方の中には、
心配をしてくださった方もいるかと思います。

ご心配をおかけしました。

どうもありがとうございました。

2012.08.07 20:44|トラックバックテーマ
8月某日。室内。ほぼ36℃。

ondokei36

2012.08.06 01:44|日記、にっき
今日はお楽しみ!

今夏初のビアガーデン。

こども夏休み初のレジャー。

少しは涼しくなってきた夕方に、
<東京ドーム>まで行ってきました。

園内で、
夫とワタシはビアガーデンで涼むのを目的に、
こどもには、アトラクションで遊ばせるのを目的に。


今年初のビアガーデン生ビール。 幸せMAX

beer



乗りもの乗ったり、迷路したり、水の花火みたり。
norimono

meiro

mizuhanabi

楽しいおでかけでした。感謝。



RIMG00210805.jpg

東京ドームスタジアムの周りには、
大勢の若い子がたむろしていて、
何のイベントをやっているのだろう?と、
調べてみたら、

「SMTOWN LIVE WORLD TOUR III」

ですって。

何それ?

公演中のドームスタジアムからは、
どよめきや効果音が漏れてきて、
ドーム全体が揺れているのがわかるほどの盛り上がり。

韓国のエージェント(?)の主催によるライブだったんですね。

東方神起や少女時代など、
韓国人気アーチストが一同に会していたイベントだったようです。

そりゃ盛り上がるだろうな~。

しか~し、

会場前にあった
「SMTOWN LIVE WORLD TOUR III」という文字をみても
なんのことだかさっぱりわからなかった自分。

年老いてしまった自分を認識し、
だいぶせつない気持ちになりました^_^;


P.S.
かれこれ10年以上も前にもらったレジャーチケットで行ってきました!
使えるかどうかちょっと不安でしたが、OKでした(^^)

2012.08.05 12:30|日記、にっき
今回、こどもがすることになった歯の矯正は、
「床(しょう)矯正」といって、一般的な矯正と違います。

歯を抜くことなく、専用の器具を作って(←これが高い)装着し、
あごを徐々に広げ、健康な歯が入るスペースを作り、
そこに本来入る歯を誘導(?)していく…といった感じ。
(正確ではない説明です。ご了承を)

一般的な矯正に較べ、費用ももかからずにできるそうで、
タイミング的には、永久歯が生えそろう頃がベストみたいです。

数年前からこどもの歯列に気になるカ所があり、
歯科医の先生と様子見していました。

今の子って、あごが小さくて、
歯が入りきらないことが多いんですよね。

うちもそう。

ただ、成長と共にあごは大きくなるし、
まだ乳歯と永久歯のはえ変わりの時期だし、
とにかく様子をみてました。

ま…自然にしていると、入りきらないことは明らかだったので、
いずれどこかで矯正が必要かな…と思っていたのですが、

「矯正」となると、とにかく「高額!」というイメージが。

イメージでなくて、事実ですね^^;


歯は一生ものだし、
なんとかキレイな歯並びにさせてあげたいと思いつつ…

人の話で、
70万とか100万とかかかると聞いていたので、
ちょっとウチでは無理かな~と思ってました…


でも、今回の定期検診で、
レントゲンをとり、歯の間隔なども計算してもらった結果。

先生から、
うちの子の場合、1か所だけだし、矯正の処置も小規模(?)なので、
「床矯正」という矯正でも、十分に治せるでしょう。
と言われました。


そうして算出されたのが、ひとつ前の記事の金額です。


「床矯正」自体は、
別に「今すぐ」でなくても大丈夫とのことだったのですが、
どうせするのであれば、早くとりかかった方が良く、
思いきってお願いしてしまいました。

予定では、半年~10カ月間ぐらいで矯正できそうです。

大人になってからだと、
期間も費用も、さらにかかることになります。

12万円という額は大きいですが、
歯は一生モノですから、迷いはありませんでした。

矯正させたくても「70万か~」と思っていたので、
むしろ、この金額でなおせてラッキーです。

ありがたい…ありがたい…m(__)m


妹の子二人も、2年ぐらい前から矯正中と矯正検討中。

甥っ子は、
床矯正でなくて、普通の矯正なので、
すでに30万かかっているとのこと。

まだこの先、時間とお金がかかり、
総額で80万と見込んでいるそうです。

さらに、姪っ子の方も、矯正が必要と言われているそうで。

甥っ子ほどでないので、今後、床矯正ですむかもしれないと、
様子見だそうです。

もし床矯正が無理だったら、
「また80万~!」と騒いでました。

妹一家は、経済力があり、
「80万かかったって、もちろん矯正するよ!」と言っていますが、
(すごいなぁ…^^;)


歯並びって、ホント気になりますもんね。

自分自身、上の前歯が隙っ歯で、年頃には気になっていました。
今は、もう気にならなくなっちゃいましたけどね。

若い頃は、
「あ~あ…」と、ちょっと残念に思っていました。


というわけで、今回の12万。

がんばって出費します。

タイミング的にキツイですが、
でも、今やらなかったら、いつまでたってもできなさそうなので。

キツイのは、いつもの事ですからね。

生協の出資金が少したまっていたので、
それを合わせて、なんとか費用捻出しようと思っています。

それにしても…
ちょっと小銭がまとまりはじめると、出ていってしまうなぁ…

2012.08.05 09:52|出費
なんなんでしょうね?

努めて倹約してても、
想定外の出費が毎月のようにあって、

まるで、

お金を 「使え~使え~」

という指令が、どこからか出されているみたいです。

今月は、こどもの歯の矯正をはじめることになり(想定外)、
初期費用として、9万円の出費が確定しました(>_<)

…………。

その後、数カ月後に3万円。

プラス、治療期間中の診察が月1回程度あり、
その診察費が、毎回3千円。


矯正費の総額。
今のところの予定では、
最低でも、12万プラス1万~2万かかることとなりました。

2012.08.05 01:04|出費
昨夜、ダダダッと書こうと思っていたのに、
途中、睡魔により撃沈。

今日は、その続き。


7月は、とにかくお金がない。

100円でも1000円でも、支払い以外には使いたくない…
(…というか使えない)

なんとか、そ~っとそ~っと過ごしたい!と思っていましたが、
やはり…といいますか、そうさせてもらえず(>_<)。



夫が帯状疱疹になり、病院へ。

保険がきくというものの、
治療費と薬を合わせて、約10000円の出費となりました。

びっくり!

薬代だけで7000円越えですよ~。


そして、急遽、こどもに水ぼうそうの予防接種を受けさせることに。


帯状疱疹って、水ぼうそうと深い関係があるのです。


水ぼうそうにまだかかったことのない息子は、
夫の帯状疱疹から、うつってしまう可能性がありまして…。


大事な予定を数週間後に控えている息子。


また、年をとればとるほど、
水ぼうそうを罹患すると、重症化するおそれがあるそうで…。


今の息子の年齢で、まだかかっていないのであれば、
今後のことを考えると、
水ぼうそうの予防接種を受けておいた方が良いとわかり、
予防接種をうけることになりました。


水ぼうそうの予防接種は任意なので、保険がきかず。

出費 9000円也(>_<)


まぁ…どちらも、無駄遣いではないですからね。

惜しくも反省もありませんが、
それにしても、約20000円もの出費…。

いったいどこから捻出するの?


結局…ワタシの10万円貯金から出しました(>_<)



実は、息子…

まだ「おたふく」もかかっていません。


病院の先生いわく、
おたふくの方が、
大人になってからかかるとコワい病気だそうです。

重症化した場合、耳が聴こえなくなってしまうこともあるそうで…。


ということで、今のうちに、
予防接種を受けておこうという話になりました。

これまた任意なので、高いです(>_<)


でも、なにより健康ですからね。


今回の予防接種から1ヵ月以上の間をあけまして…
改めて、おたふくの予防接種を受けさせることになりました


2012.08.04 02:11|日記、にっき
数週間前。

夫が、
「心臓が痛い」と言い出しました。

「いったい何の病気だろう!?」と心配でしたが、
そう言い出したのとほぼ同じ頃に、
夫の胸や背中に発疹ができたのを確認。
それも左半身のみ。

「あ、これは帯状疱疹だな!」と、
ピンときました。

実は、ワタシ、帯状疱疹にかかったことがあるのです。

身体の神経に出る病気で、主にストレスによる発症。

神経に沿って、発疹がでます。

中高年からかかりやすい病気だそうですが、
ワタシがかかったのは、中学生の時^^;

「こどもがなるのは珍しい」と言われました。


え…ストレスとか…

そんな繊細なこどもだったけか…?


帯状疱疹になったのは、
中学に入って、初めての中間試験なるものを受ける直前でした。

勉強嫌いだったワタシ…
初めてのテスト勉強がよっぽど苦痛だったんでしょうね…^^;

で、結局、「帯状疱疹」発症と診断され、自宅待機となりまして…^^;^^;^^;
テストは結局どうしたのか…な?


胸が痛い」+「発疹」=「帯状疱疹?」

とは、なかなか思い当たらないことと思います!


自分の経験があったからこそ!


と、「帯状疱疹」で、ちょっと得意気になったワタシでした!


おまけに、一度「帯状疱疹」になると、免疫がついて、
2度目にかかることはほぼないそうで!

つまり、ワタシにうつる可能性はほとんどないわけです!


ヤッタ~! ワタシ、セ~フ!


ん…?
しか~し…!

息子がいるんだった~!

息子にうつってしまうかも~!


発疹が水疱となり、その水疱が破れ、水泡の中の液に接触すると、
伝染もしてしまう病気です(>_<)

…潜伏期間…しばらくコワいです。



2012.08.04 01:35|日記、にっき
夫、数週間前に「帯状疱疹」になりました。
現在も、罹患中(>_<)

ストレスでなる病気ですね。


こどもも、もう2カ月近く通院中。
こちらは、「ウィルス性イボ」。
足の裏に、
どこからかもらってきてしまいました(>_<)
プールとか銭湯とか、あるいは、いろいろな人が使うスリッパとか。
そんなところから、伝染ってしまうそうです。

というわけで…

裁判のこと。さらにプラスで…
二人の診察の順番とりやら、診察付き添いで、
気ぜわしい日々でありました。

…てか、継続中です(>_<)

この数年は、ありがたいことに、
ほとんど病院には縁がなかったんですけどね。

(あ、インフルエンザとワタシの歯の治療あったけど。)

病院に行きもしないのに、
毎月支払う高額な保険料に泣いていた国民健康保険ですが、
ここにきて、使わせていただいておりますm(__)m

う…ン…
…国保料…
ホント…高すぎてキツイんですけどね…(T_T)

2012.08.04 01:14|日記、にっき
このブログに記録しておきたいことがわんさかあるのですが、
全然追いつかない。

裁判絡みのことは、特にタイムリーに書いておきたいと思っていたのに、
…コワすぎて、書けない…(>_<)
もろもろ進行しているのですが、
ドキドキしすぎて、自分、直視することから逃げてます…

他、雑多な日常で記録しておきたいこともあり。

まずは、そちらを書いておこうと思います。

ダダダ…と書きます。

2012.08.02 00:14|回顧
片づけをしていたら、出てきたんですよ。

食卓の写真にも映っています。
table0801

binsen

これこれ。
懐かし~ッ!

もう使う事もないので、
メモ帳にでもしようと、ひっぱりだしてありました。

断捨離…断捨離…


しか~し、今の時代、こんなの使っている人いるのでしょうかッッ?

これ、自分が高校生とか大学生とか、
それぐらいの頃に使っていた便せんです。

メールなんてなかったしね。

海外に住んでいる人とは、
メル友じゃなくて、文通~ペンパルですよ。

ひゃ~っ。

「文通」とか、今の若い人知ってるのかな?死語?

binsen2




で、エアメール用に使われていた紙。

送料節約のために、薄く軽い紙が使われているんですよね。

ワタシ、この紙が大好きだったんですよ。

紙フェチの気があるもので。


こんな便せんを使う機会もまったくなくなり、
すっかりその存在を忘れていましたが、
今、改めて見ると、
とても懐かしい気持ちになりました~(*^_^*)




2012.08.01 23:49|かたづけ
table0801

今の食卓の様子です。

写真をブログに載せなかった間に、
またちょっと荒れてしまいました。

数日後にこどもが使う、
リュックサックのサックカバーとか、
台フキンとして使っている手ぬぐいとか、
写真には映っていませんが、
右の方には、マイナスドライバーとか、
「家電製品スーパークリーナー」のスプレーとかも
出しっぱなしになっています。


ちょっと目を離すとこうだよ…

明日は、もっとキレイにするからね。

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク