2017.09.30 06:59|未分類


クラムチャウダー(晩御飯の残り)…「クリームシチューはご飯のおかずにならない!」という人種もいるらしいが、
私はおかずにできる。クリームシチューどころかクラムチャウダーが今日の職弁のおかず。

ポテトサラダ(コンビニ買弁)、白ご飯
スポンサーサイト
2017.09.29 01:11|回顧


整理していて見つけた通知書。

姑と、今住んでいる家を巡って、裁判をしていた頃のもの。
平成24年1月中旬に届いたこの通知…。

5年前の1月かぁ…。

融資が受けられなければ、姑によって、家を競売に出されてしまう…という状況の時だったから、
受け取った時は、本当に絶望的な気持ちになったものだなぁ…。

当時は、本当にどん底で、この後も、さらにいろいろあったけど、
(いろいろは、過去の記事:カテゴリ「民事裁判」参照で…)
今は、この通知書を、懐かしむぐらいでの気持ちで写真に撮れるんだもんな…。

今も、相変わらずキツイし、金銭的にも厳しいけれど、
この頃に比べたら、気持ちの状況は恵まれているんだよな…。

ちなみに、借入申込金額は47000000円と書かれていた。

最終的に裁判の終わりには、これほどの金額は借りずに済んだので、
結果、この時、申し込みが辞退されて良かったんだよな…。

なんだか、見えない力に手を貸してもらっていると、
日々の出来事のなかで、思う時が間々ある。


2017.09.26 22:08|未分類


鶏肉のみぞれ煮(晩御飯の残り)…煮汁多くて見た目がすごいことになっているけど、大根おろしがまんべんなく行き渡っているので、もったいないから、鍋に残っているの全部さらって持ってきて、まるでスープのようになってしまった。

ゆで卵、白ご飯、一口レモンゼリー

2017.09.26 02:15|未分類


里芋、豚バラ、しらたきの煮物(二日前の晩御飯残り。自作だけど、里芋は半額冷凍食品利用)、

かぼちゃの甘辛(黒ずんでるやつ。息子の弁当用に作ったけれど、揚げ過ぎて失敗。私の弁当に)、
マカロニサラダ(息子弁当の残り)

雑穀ごはん、さんまのかば焼き(生協のレトルト)

日新堂のマドレーヌ(夏休みに息子からのお土産。最後の1個)

2017.09.24 10:13|姑、相続、家業…の問題
姑との裁判ネタでいっぱいいっぱいだったり、
その後、ほぼほぼ更新していなかったせいもあり、
これまでブログにはあまり書いていないけれど、

夫には、
急降下している売り上げの家業をどうするか、
働き方を考え直した方がいい、と、
これまで何度となく、言ってきている。


私が夫に言い出したのは、
売り上げが減り始めた震災の年、
2011年の頃からで、
姑との裁判中でもあり、
そのことと絡めてだったかと思う。

ただ、今、振り返れば、
その頃でさえ、今の売り上げの3~5倍近くはあった。
(その分、先代からの借金の返済もあったけど)

それが、年々、ものすごい角度で下がっていくので、
私は居ても立っても居られないで、
パートに出るようになり、
「このままではまずい。
家業のこと、どうにか考えた方がいい」と訴えた。

でも、夫、
「おまえは具体的なアイデアも何もないくせに」等々、
自分もアイデアなどないのに、
私のことを責め、
結局、感情的に口論するだけして、事態変わらず。
の繰り返し。

ケンカになるだけなので、
だんだん私も言うのに疲れ、
ここ1~2年は、
「このままではやっていけないので、
家業がひまな時にできる副業を、何か見つけておいた方がいいとのでは…?」
と、それとなく言うだけにしていた。

そうは言っても、夫、
全く何かを始める気もなく、
1日の終わりは、深夜までお酒を楽しみながら、
アメリカンドラマや、音楽動画三昧。(毎晩!欠かさず!)

ネットでチェックするのも、
仕事関係はなく、
大好きな車やバイクの情報のみ。
(無類のタイヤもの好き…)

で、おととしは、200万近いバイクを購入…。
(その時の記事です→★★★★★★★★★

最近も、車を買い替えたくて、
ず~っと新車チェック。

私はそれどころじゃないと言っているのに、
400万近い車を買おうとする始末…。

「銀行さんから300万借りられるので、
100万をどうにかして貯金しろ…」等と、
家計の現状とは、天と地ほどにかけ離れたことを言い、
すっかり購入するつもりでいた。

夫は、計画性がなく、
「欲しいものは欲しい」の1点張りの人。

同じく計画性のない私にそう指摘されるのだから、
相当にひどいもんだ…。

ただ、さすがに今回の取引さんとの関係が切れたことで
(たぶん縁が切られた…)、
仕事がなくなった…という現実を見て、
ようやく、家業以外でも収入を何とかしなくては…と、
思ったようだし、車のことも、しばらくは言い出さないだろうと思う。
(当たり前だ!)

夫、家の中で売れそうなものを見つけ、今、
はじめてのオークション出品作業に取りかかっている。
(遅いよ!)
 
…てか、オークションで稼げると思い込まれても、ホント困る…。


2017.09.24 01:44|未分類


激安スーパーのお弁当。

カツカレー。 約400円。(定価)

値引き品ではないけれど、
コンビニで買うよりは安いと、前日に買っておいた。

見よ!この毒々しい赤ウィンナー!

自分で買うことは絶対にないけれど、
赤ウインナー、どうしてかワクワクする(人は多いはず!)。

カレーと言えば福神漬けなのに、
紅ショウガが入れてあるところにも
激安スーパーの策が見て取れる。

美味しかったけれど、
年のせいか、こういうものを食べたあと、
なんとなく胃がもたれる…。

2017.09.24 01:42|未分類


 牛丼の具(以前の晩御飯の残りを冷凍庫から救出) + 雑穀ごはん
 パプリカとシーチキン、卵焼き、明太子パスタ、(息子弁当の残り)
2017.09.24 01:41|未分類
あぁ、でも、夫のこと、悪く言っておきながら、
即、フォローも入れる。

夫が「考えなし」なのは、ある種致命的なんだけど、
仕事は誠実です。

先代からの会社の借金の残りを、
一人、がんばって返したことも忘れちゃいけない。
(そのあと、また借りてるけど(;^_^)

ただ、感情だけで生きている人なので、
現状把握とか、今後の見通しとか計画とか、
まったくダメダメなんだよなぁ…

え?私?

えぇ、私もそうです!

夫と同じです!

こんな夫婦で、幸先怖すぎる!




2017.09.24 01:15|雑感
夫はね。
どうするつもりも、
あんまり考えていないですよ。

家計は、
私がどうにかすると思っているんでしょうね。

現に、夫、今も、焼酎片手に、
アマゾンプライムで
「ウォーキングデッド」を、
夢中で観ていますから。

何?この温度差。

私は、常に自分の動悸の強弱が気になるほど、
悩んでいるというのに…。

夫、ばかじゃん?

↑言っちゃいけないと我慢してたけど、一番言いたかった言葉。
あぁ!口に出せて(ブログで書いて、ちょっとすっきりした!

2017.09.24 01:04|姑、相続、家業…の問題
取引先にキャンセルされてしまったので、
家業である夫の仕事は、来週はもうないでしょうね。

…ということは、ぶっちゃけ、
今月の家業でのうちの収入は、10万円にも届かず!

さ~て、どうなるんでしょうね。

10万は、すべて諸々の支払いに消えてしまうし。

また、税金とか払えないなぁ…

夫、今後どうするつもりなんだろ?



2017.09.24 01:00|姑、相続、家業…の問題
書いておく。

二つ前の記事。

夫が、取引先ともめた。のところ。

うちは、最下層の下請けですからね。

基本、取引先に合わせます。

でも、どうしても機械を使っての仕事なので、
機械による時間はどうこうできないのです。

今回、回ってきた仕事は、
機械的に時間がかかってしまうので、
取引先希望の納品日に間に合わず、
「納品期日をずらしてほしい」と、言ったら、
他の仕事もすべてキャンセルされてしまったわけです。

うん、納品日が全てで、
うちは文句も言えないんですよね。

現に、これまで、夫が徹底していたのは
品質と納品期日ですから。

もちろん、これまでもたびたびそういうことがありましたが、
お互いスケジューリングを調整してやってきてたんですよね。

取引先にとっては、面倒な話だろうけれど。

(納品に間に合わなかったら、他に、間に合うようにやってくれる
ところに回せばいいわけだし。)

ま…そういうことです。

ただ…だからといって、
いきなり、他にあった仕事まで全てキャンセルされてしまう…というのは、
これまでなかったことだし、担当者の怒り(嫌がらせ)を感じます。

その取引先も、内部事情が悪くて大変なので、
今、残っている営業さん達のストレスも相当だろうな…と
わかっていたのに…。

でも…だからといって、
機械にかかる物理的な時間は、
うちではどうにもできないことので、
今回のこと、他に、どうしようもなかったな…と。

どんなに付き合いが長くても、
最下層の下請けである限り、
取引先の要望を全面受容しか道はないわけで。

その基本に対応できなかったうちが悪いんだな…。

うちにある機械が、
取引先の希望する納品期日に間に合うような性能を
持った機械でなかった…と
あきらめ、受け入れるしかないのでしょうね。

と、思っている。

(他の仕事までキャンセルされたのは納得いかないが…)


こうして書いてみると、客観的に見られていいな。


2017.09.22 08:53|お金、おかね
いや、昨晩、一つ前の記事を書いた時は、
少し絵文字を使えるような余裕があったけど、
朝起きて、やっぱりダメだ…。

落ち込む…

仕事は、転職でもなんでもするしかないし、
手段が全く残されていないわけじゃないけど、
それより、常に目の前にある
融資という名の借金や、
まだ払えていない支払いのことを考えると
途方に暮れる…。

なんとかやりくりしても、やりくりしても、
次々と、それ以上の出費がができたり、
今回のように、収入そのものが危うくなる…。

本当にもう悲しい。


2017.09.22 01:38|姑、相続、家業…の問題
う~ン。疲れてる。疲れてる。

もう、常にお金のことが悩ましくて。

「お金がない。ない。」と言っていてはいけないそうで、
あんまり言わないように、
このブログでも書かないように
気を付けているけど、
変化ないなぁ~!

なんとかつないでいけてるけど、
ホントにもう…涙。

今日は、夫が、
取引先ともめてしまい、
(というか、先方の担当者が一方的に怒り)
今月、このあとに入っていた予定を
全てキャンセルされてしまった…(泣き泣き泣き)

ただでさえひま仕事の家業…。

この取引先は、
これまで一番大きい取引先だったのだけど、
もう、今後の仕事依頼はないかもしれない。

業界が盛況で、良い時は、ひと月に3桁の仕事をもらっていたけれど、
ここ数年はかろうじて二桁。
そして、ここ数カ月は一桁になってたんですよね。

消えはしないけれど、
圧倒的に需要のなくなっている業界です。

このブログを書き始めた頃は、
その取引先に、配送部署もあり、
うちにやってくる、長年の馴染みのドライバーさんも
2~3人いたんだけど、
一人やめ、二人やめ…で、
1年ぐらい前には、とうとう配送部署自体がなくなり、
外注の配送業者さんを使うようになり。

営業担当さんも、
うちで知っているだけで、5~6人いたのが、
現在は社長さんも含め3人。
人が雇えず?
社長さん自らも営業の仕事をすることになったのが、
やっぱり1年ぐらい前かなぁ…。

先代(故舅)の開業以来、密なお付き合いがあったけれど、
先代が亡くなり、業界の縮小と共に、
知っている営業担当さんもどんどんやめていなくなり、
今は、事務的に仕事発注のファクスが流れてくるだけのような
お付き合いになっていたのだけど。

今日で、もう切れてしまったかもなぁ…。

うちも、とっくにやめ時だったんだけど、
これまで一人で、職人のような仕事してきた
50代にもなる夫が他業種へ転職するのは容易ではなく、
なんとかぼちぼち続けていければ…とやってきたのだけれど…。

まぁ、これまでヤキモキしていたのは私だけで、
いつも能天気で考えナシな夫は楽観的だったんだけど、
さすがに、今日のことで、もうこのままでは無理だと、
思うところがあったみたい。






…で、夫、とりあえず「暇な時間ヤフオクで不用品売る」…って…。

え?ねぇ、そこ?
え?それでいいの?





まぁ…何もしないよりはいいかもしれないって話なんだろうけど…。


なんか…なんか…違う気がする(;'∀')

ちなみに、夫、ヤフオク経験、過去に1度落札しただけの人…

もう…ホント…
毎日疲れる…

2017.09.21 00:47|未分類

最近の職弁(パート先で食べてる弁当)を、ランダムにいくつか記事でアップ。

手羽先とかさんまのかば焼きとか、スーパーで買った惣菜の晩御飯は、ほぼ夫用。

(息子用ではない。)

夫とスーパーに買い物に行くと、夫が買いたがるので買う。

でも、夫だけしか食べないので余る → 私の弁当

という感じ。

たまに夫と買物に行くと、夫、目で欲しくなったものはポンポンとレジカゴへ…。

よっぽどなものでない限り、好きにさせる。

余ったら私が弁当に持っていけばいいし。

私も、スーバーで値引きされている惣菜があれば、

翌日の自分の弁当用に買ったリもする。

息子には、できるだけ買弁やスーパーの惣菜を食べさせないようにしているが、
私と夫だと、もういいか。という感じ。

値引きされている惣菜や弁当はお買い得だったりするけれど、
定価だと、本当に高いな~と思う。

たとえば、まぐろ(前夜の残り)の漬け 持参の日の弁当。(→

それだけだと食べたりないので、ファミチキ(?)とエビとブロッコリーのタルタル(好物)の
小さなパックをコンビニで買ったら、それだけでもう500円近く!

たっかいなぁ~!

無駄なお金を使った後悔で、複雑な気持ちになったりするけれど、

自分じゃない人(や店)が作ってくれた惣菜って、なんかそれだけで贅沢。

なので、割り切って楽しむようにしている。


2017.09.20 23:55|未分類


まぐろの漬け(昨晩の残り) +ファミチキ(?)、エビとブロッコリーのタルタル、レンチンするごはん、 + プリン

まぐろの漬けとプリン以外は、コンビニで買弁。

この日は、ご飯もなくて家から持参できず、コンビニでレンチンご飯を購入。

コンビニ店員さんが、「温めますか?」と聞いてくれたので、お願いするも、

商品に表示されている時間通りに、業務用(←ここポイント)レンジでチンしてくれたものだから、

温め過ぎたごはんが、もうひどいことに…。

箸で一口分取ろうとすると、全部が持ち上がってしまうほどに固形化…。

「ご飯をあたため過ぎると、こんなにも美味しくないものなのか…。

これは、クレームものだな…」と思いながら泣く泣く完食。

とはいうものの、実際にクレームをつけることもなく、

楽しみにしていた大好物のまぐろの漬けランチが、残念なランチになった日でありました…。







2017.09.20 18:34|未分類


手羽先(惣菜)、キャベツの千切り&胡麻ドレ、なめこの味噌汁、雑穀ごはん
いずれも晩御飯の残り。

手羽先を職場で食べるのは、ハードルが高い。
非常に面倒。
ラップと、濡らしたしティッシュを駆使して食べる。

できれば、弁当にしたくはないが、そんなことは言っていられないので持参。



2017.09.19 14:26|未分類


さんまのかば焼き(惣菜)、キャベツの千切り+胡麻ドレッシング、雑穀ご飯
(いずれも、晩御飯の残り)

2017.09.19 02:53|未分類


ささみとパプリカのマリネ(子どもの弁当の残り)、
ブロッコリーのチーズ焼き(子どもの弁当用に作ったけど失敗したので私が)、
豚ロース味噌漬け(冷凍庫から救出)
きゅうり(晩御飯の残り) 、なめこの味噌汁(晩御飯の残り)、+チーズデザート

2017.09.19 02:53|未分類


お肉屋さんの日替わりおかず(約250円) ←確か白身魚のあんかけ(肉屋さんだけど)
雑穀ごはん(持参) + 六花亭のバターケーキ

2017.09.19 02:52|未分類


前日に、スーパーで
298円の20%引きで買ったかき揚げうどん + 六花亭のバターケーキ(←わりと新商品)

2017.09.17 23:50|ブログの使い方
ちょっとづつ、変えている。

先日、タイトルに、「不登校」を加えた。

「四十路」を「五十路」に変えた。

「生活再建記」を「るるめんめん」に変えた。

縷縷綿綿(るるめんめん)をメインにしたタイトルにしようと思ったけれど、
もうちょっと考える。

「生活再建記」は使いたいのだけど、
内容が、全然再建に至らず、中身が伴っていないので、
いったん引っ込めた。

より、積極的に取り組めるようになったら戻そう。

今は、グダグダ書いているばかりなので、
縷縷綿綿がぴったし。

最後のビックリマークは、微妙に軽さを出したくて。

気軽な内容も、またどんどん書いていきたいな。
という気持ちの表現。


2017.09.17 02:10|不登校
息子のこと、結構突っ込んで書いてしまった。

身バレしてなければ…まぁ、良いのかもしれないけれど、
ちょっと書き過ぎた感あり。

自分のこれまでのことや性格のこと、
こんな風に勝手に分析されて、
発信されるの、嫌だよね…。

不登校を記録しておきたくて書いたけど、
息子自身の気質等に関しては、
ちょっと躊躇しながら書いていた。

事実ではあるけれど、
書いている時は、気持ちが高ぶって、
少し大げさになってしまう。

息子の難しい部分ばかり強調してしまったけれど、
数は少なくても、保育園からずっと付き合っている友人や、
中学~今の高校で親しくなっている友人もおり、
一人旅で出かけた先で、
博物館や民芸館で、ガイドさんや管理人さんと1対1で、
じっくり話をしてもらったり、
憧れの地のお寺の鐘を住職さんに特別につかせてもらったり、…と、
自分のペースで、静かに(←ここポイント)どんどん行動できることは、
我が子ながら感心している。

ただ、はじめに書いたように、
少し息子個人について書き過ぎたので、
その部分が書かれている不登校の記事を、
一部、限定記事にします。

2017.09.14 02:31|不登校
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2017.09.12 12:49|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


1年前の息子の不登校のことについて、
とりあえず、書きたいことは書けたような気がする。

タイムリーに書いたわけではないので、
もう薄れてしまっている葛藤や行動、感情もあるし、

常に、頭の中にあることなので、
このあと修正したり、追加したくなったりするだろうけれど、
今の時点で、書きたいことは書いた。

なので、いったん締めくくろうと思う。

締めに、私が心打たれた、
現高校の先生の言葉について書いておく。

「心配ないです!

自分のお子さんを、社会に近づけることを、 

プライオリティ(優先順位)の一番にしないでください。」


先生のこの言葉を聞いた時、

自分が心配し、恐れていたのは、
息子自身のことよりも、
実は、世間(社会)の標準からはずれることだったのかもしれない。
と、気がついた。

今も、つい、「普通の」という言い方を多用してしまうし、

かつて息子と同級生だった子たちが、
楽し気に歩いている様子を遠目に見つければ、

「どうして息子は、普通に楽しめなかったのかなぁ…」

と、考えてしまっている自分がいる。

そうして、いけないいけない。と、慌てて打ち消す。

染みついている自分の観念は、
なかなか矯正できない。

自分は、これまで、
どれだけ息子を他者と比較して育ててきたのだろう…。


「他人と比べないでくださいよ。

他者と比較して育てられた自我は、必ずや崩壊しますからね。」


…これも、現高校の先生の言葉である。

子どもが生まれ、子育てが始まった頃にも、
良く聞いたような気がするが、
まるでわかっていなかった。

それどころか、比較しっぱなしで、
息子を煽ってきたように思う。

そんな自分を見透かされ、ダメ出しされたような気がした。

いずれも、学校説明会や保護者会での時に、
壇上に上がった先生から聞いた言葉である。

心が大きく動かされた。

現在息子の通っている学校には、親の私も教えられている。


2017.09.12 02:32|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


いろいろ息子のこと書いてきましたが、

全部的外れかもしれません。

息子からみた事実(=経験、受け止め方、考え方)は、

全く違うものかもしれません。


「かもしれない」ではなくて、

実際、息子について書いてきた記事は、

フィクションではありませんが、

すべて私の思い込み、妄想、推察、時に希望です。

2017.09.12 02:06|不登校
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2017.09.11 14:15|不登校
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2017.09.10 17:49|不登校

一つ前の記事、書き直しました。

2017.09.10 14:32|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


こうして書いてみると、
息子は、1年遅れにはなったけれど、
結果オーライな現在を過ごしている。

だから、今、こどもの不登校で悩んでいる保護者に向かって、
「別の道はある」なんて言えるのかもしれない。

不登校の形は様々で、
親に無理矢理学校に行かせられたことで、
学校を続け、卒業し、そのことを感謝している人たちもいるし、
私立で、うんとお金をかけて入学させたとか、
人間関係は良好で、仲の良い友達がいるとか、
信頼できる先生がいるとか、
いろいろな事情があるだろうから、
「別の道」=唯一の解決でもない。

渦中の人間にとっては、
「別の道はある」なんて、のんきな言葉にしか聞こえないと思うし、
実際、去年の私がそうだった。

当事者以外が何を言っても、
それは、所詮他人の言葉であり、体験であって、
自分に当てはまるわけではない。

だから、私が書いていることも、
他の人にとっては、責任も保証もないこと。

ただ、病めるほど悩んでいる(=不登校)子に、
無理強いすることをやめ、他の方法に目を向け始めると、
別の道も、別の視点も、別の世界も、ちゃんと存在していた。

それは、予想以上だった。

今の学校をやめるなんて、とんでもない。
やめたらおしまい。

と、その時は思っていたけど、

1年後の今、
別の道を選択し、
のびのびと暮らしている息子がいるのは事実だ。

2017.09.10 13:33|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


そうして、息子は今、
同調同質を求められない校風の高校で、
これまでになく解放された様子で、
学校に通っている。

ちらほらと新しい友人もでき、
山に登ったり、
青春18きっぷで一人旅をしたり、
茶道をはじめたり。

去年の今頃には、
考えられなかったような学生生活を送っている。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク