裁判を選んだわけ。

2011.08.19 01:26|調停
(前の記事から続いています。)

義母の希望に沿い、
土地&建物を売却することに同意すれば、

土地&建物の残債。および、会社の借金。

その全ての借金が、割り勘で精算される!


そう思っていた夫と私。


ところが、
夫が相談に行った役所の無料法律相談で…


「会社の借金は、もうすでに、あなた(夫)名義になっていますから、
あなたが支払わなくてはなりませんよ。

土地&建物を売るから、
すべての借金をお母さんと半分で精算…なんてことはありませんよ。

なぜなら、会社の借金の名義を引き継いでいるのは、アナタだけですから。

先代からの会社の借金分は、
お母さんとの割り勘ではなく、アナタだけの負担になるのです。」


そう、弁護士さんから指摘されました。


つまり…

先代からの会社の借金は、
土地&建物売却をしたら、義母と夫で割り勘できる!と思っていたけれど、
実際は、夫だけの返済負担になるということです!


借金の名義人は夫…

当たり前といえば、当たり前の話…



売却に応じても、会社の借金は夫持ち…なのです。


ならば、売却になるとしても、
少しでも会社の借金を減らしておいた方がいい…

「そのため(時間稼ぎ)にも、裁判へ持ち込んだ方が良いでしょう。」

「でも…そんなことよりも、なによりも…
こんな理不尽な話だからこそ、裁判をしてみた方が良いでしょう。」



そう、弁護士さんからアドバイスをいただいたのです。


任意売却に応じて、
借金ゼロにして、
自営続行も考えていた私達。

ところが、
自営続行となると、借金ゼロどころか、
今と変わらぬ借金返済25万に、
さらに想定賃料25万(工場&住居)が上乗せされるだけだと
いうことがわかったのです。

月50万の支払い…それはムリでしょう…(>_<)


また、たとえ裁判で負けたとしても、
現状で任意売却に応じるより、
裁判にすすんだ方が、金銭的にもメリットがあることが
計算からわかりました。


…ということで、
任意売却には応じられないことがはっきりし、
先にすすめる(裁判へ)ことになったのです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク