FC2ブログ

物件価格

2011.10.18 00:23|民事裁判
さきほど、サラッと流した
不動産屋の見積もりの件ですが…

現実的な見積もり金額が、
平均で4000万台前半…って、
どうなんでしょう…?


自分達は、買い取る立場でとった見積もりなので、
安いにこしたことはありませんが…

もし、売ろうとしている立場だったら…?


義母は、最低でも5000万で売れるはず…と、
思っていたと思います。

…というか、今でも、そう思っていると思います。

実際、義母が懇意にしている不動産屋であれば、
その金額を出してくれるのかも知れません。

でも、裁判での和解となると、
今回は、実勢価格が採用されます。

もともと、ここを購入した時の金額は、
建築費用も含めて、億単位でした。

そのことが頭にある義母にとって、
購入価格の、はるか半値以下の査定…というのは、
実際、かなりダメージなのではないでしょうか?

それでも、
「息子に譲るぐらいだったら…」と、
さらに価格の下がる競売での決着を望んでいる義母…。

これから先の自分の老後のことよりも、
息子夫婦に対する「復讐」が、一番になっているわけです。

それは、つまり、
「現実」よりも「自分の気持ちがおさまること」=「感情」が重要なわけです。

「それでは、やっていけないよ。」と、
金銭の現実的な観点から、調停でも説得されているのですが…
自分がやっていけなくなることより、
復習が大事な義母には、通用しません。

現実的な数字、
4000万前半で売却するとなると、
残債分ひいて、約2000万。

義母の取り分1000万ちょっと…。
そこから、弁護士費用だの税金だのひくと、
義母の手元に残るのは、
あっという間に1000万以下の金額となることでしょう。

もしかすると、競売になったら、
何も金額が残らない可能性もあるわけです。


もう、「銀行への返済もしなくていい。」
「固定資産税だって払わなくたっていい。」

「それで競売にかかるなら、そうなればいい。」

自暴自棄になって、そう口にする義母ですが、
実際、自分の手元に残る老後資金が、
1000万にもならない…としたら…?

…義母の中では、不安が広がっていることと思います。


でも、その現実的な不安よりも、
義母は、私達夫婦へのより強い復讐心に突き動かされて、
今を生きているのだと思います。


以上…邪推です…m(__)m


しか~し…

4000万台前半…という価格は、
確かに…自分達からしても、
ちょっと衝撃でしたね…。

10年前には、
相場7~8000万は、まだ射程範囲でしたから…。

4000万台前半…という価格には
シビアに3月の震災の影響も反映されています。

うちのような、投資物件としての賃貸物件不動産の動きは、
鈍くなっているそうです。

今後、放射能汚染など…明るみになるにつれ…
さらに価格が下がるかもしれませんね…。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

最新コメント