負ける理由

2012.01.12 18:22|民事裁判
実は、
夫が借りる手はずをとっていた金融機関から、
「融資できない」という連絡がきたのです。


裁判で勝つための大前提が、

<夫が義母から買い取る金額を用意できる>

というものなので、お金が用意できないとなったら、
もう負け…というか、
<競売>か<第三者への任意売却>しかないのです。


この金融機関。
事前審査ではOKでした。
それで…裁判にすすむことにしました…

本審査も、「まず大丈夫でしょう」と言われていました。

本審査中、
「大丈夫ですが、ただ、希望融資金額のある一部分が出せないかもしれない。」
とは言われました。

問題はそこだけ。と言われていました。

「その一部分だけ自分達でなんとか工面しなくてはね」と、
夫と話していました。

その一部分だけが問題だと思っていたら…


年明けて今日。


「融資はいっさいできない。」という返事がきました。

問題の一部分だけでなく、
全額融資ができない。という
予想外の返事でした。


いろいろと金融機関をめぐり、
たどりついた金融機関です。


ここでダメなら他はもうないのです。

そこにダメと言われました…


理由は…
家業の状態が良くない…ということのようです。
(はっきりとは言わない)

業界としても斜陽であるのは一目瞭然。


ただ…この金融機関は、
そういう点は重要視しない…ということで、
話にのってくれていたのです。

それなのに…融資を断る理由が…そこか…。


その金融機関のことなど…
説明が全然足りませんが…


つまり…本審査NG。

予定していた金融機関から融資ができない…という返事がきて、
裁判に勝つことは、ほぼ不可能となったのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク