合格と格差

2012.02.17 01:16|日記、にっき
そうそう。

甥っ子、無事
希望校に合格しました。

小学4年生の頃から、
この希望校目指して、
中学お受験戦争に突入。

本人、がんばりました。

親の経済力にもあっぱれです。

大手進学塾に3年間。

平均して、年間軽く100万近くかかっていたと思う。

中学に入ってからも、
それぐらい余裕でかかるらしい。

その学校のホームページを見てみたら、
中高一貫で、そうそうたる進学校。

勉強のカリキュラムが、
公立高校とはまるで違う…

自然に勉強できる環境…。

こんなとこ目指してたのか…

改めて…すごい中学だな…。


うちは中学受験なんて考えていないけれど、
こりゃ…本当に…
親の経済力の格差が、
こどもの教育格差となっていますな…。


ま…どこに重きをおくか…なんでしょうけど…。

「何を大切に思うか」…ってことなんでしょうけど…。

別に、進学がベストってわけでもないんでしょうけど…。

そうは思うものの、
だからといって、こどもが、
勉強以外のフィールドで活躍する場を作れるのかどうか…

むしろ、勉強以外の方がハードル高そうだし。

「ウチは普通に…」って思っても、
普通であることすら、
年々厳しくなっている日本社会において、
一体、親である自分はどうしたらいいのだろうか?

「普通に」高レベルの教育環境で進んでいくであろう
甥っ子のような子どもたちがいるかと思うと…
複雑な心境になります…。


ウチはウチ。
よそ様はよそ様。
それでいいじゃないか!

テレビで、賑やかな大家族ものを見終えた時だけは、
そう思えて、清々しい気持ちになるんですけどね~。


実際のところは、
自分に確固たるも信念も方針もなく、
ただ焦るばかりであります。

先日、NHKのニュースでも、

「私立に通う子どもの家庭のおよそ7割は、世帯収入が800万円以上になる」

とやっていましたよね~。


以下、NHKのニュースから抜粋です。
「私立中学に進学する子どもが増えるなか、
私立に通う子どもの家庭のおよそ7割は、世帯収入が800万円以上になることが、
文部科学省の調べで分かりました。
私立中学の学習費の平均は、年間128万円と、公立中学の3倍に上り、
親の収入が進学先の選択に影響を与えている実態がうかがえます。」




「一億総中流」 今いずこ…。



「経済格差」は「教育格差」
…てことは、ほぼ、
「教育格差」は「経済格差」に…

これ、現実ですね。



でも、
単純に、
甥っ子の合格は嬉しかったで~す!!!!!

甥っ子、おめでとう~!!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク