裁判のこと② ~ふりかえり 

2012.03.19 23:38|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から、順にお読みください。


・姑を説得する一方、
夫は、資力の具体的な証明を…ということで、
ノンバンクA社の本審査を受けることに。


・ノンバンクA社の本審査。昨年11月~12月
担当者「大丈夫ですよ。(夫と担保物件の条件に)問題はありません。」


・ところが、年明けA社から「融資不可」の連絡が来る。


・「夫に買い取る資力」の大前提が崩れる。


・夫とワタシを、絶望にも似た気持ちが襲う。


・再度、不動産コンサルタントのH氏の紹介により、
 別のノンバンクB社の審査を受けることにする。


・同時に、より融資の確実性を高めるため、
 ワタシの父に、父の土地も共同担保にしてもらえるかどうか相談しに行く。
この時、父に、はじめて裁判になっていることを打ち明ける。

・父、快諾してくれる。(涙)


・ノンバンクB社の融資相談にすすむが、
 父の土地も担保となるうえに、
 金利が7~8%であり、当初予定の金利より倍以上となってしまう。

 このまま買い取りを主張して行くかどうか…
 いっそ手放した方がいいのかどうか…
 迷いが生じ始める。


父、還付金詐欺に遭い、数百万を失う。


・現状、B社から金利7~8%で借りるのは無謀である。
これ以上、父に不安をもたすわけにはいかない。
自分達の方向を見直してみよう。
と、夫と話し合う。(今年1月下旬ごろ)



~以上が、これまで記事にしてきたことであります。
その後のことを、これから記事にしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク