裁判のこと③ ~金策

2012.03.20 00:19|民事裁判
※前の記事から続いています※
「裁判に関して①」から順にお読みください。



1月下旬以降の話です。


ノンバンクB社の、金利7~8%の融資はやめようと、
夫と話して決めました。

あまりに危険すぎるので。

そのことを、不動産コンサルタントのH氏に伝えると、
少しでも金利を下げる方法がないか考えてくださり、
ノンバンクB社の融資と併用で、
父の土地を担保に、父が融資を受ける形にするローン(リバースモーゲージ)

提案いただきました。


ただ、それでも金利は5%越えとなり、難しい判断となりました。


同時進行で、
ここを買い取ることをあきらめ、
ワタシの実家に引越し、同居も真剣に考えました。


夫は、ワタシの実家を基点にした仕事探しもはじめました。

家業をたたんでの転職です。


ついでに、今住んでいる場所を基点にした仕事も探しました。


全くない…ということもありませんでしたが、
探せば探すほど、また、先々のことまで考えた時、
やはり、ここを買い取り、家業を継続していくことの方が懸命である…
ということがはっきりする結果となりました。

この間、父と何度も会い、相談しました。


父は、

「できるところまで粘ってみろ。」
「それでダメだったら、ここ(父の住まい)があるんだからここに住めばいい。」
「ここを担保にするのは構わないから、もっと金利の安い金融機関を探せ」
「今付き合いのある信金にあたって頭を下げろ。」
「金なら、●●百万までなら、オマエ達に貸してあげられる。やれるところまで、やってみろ。」
と言ってくれました。

余談ですが、
父の貯金は、還付金詐欺に遭い、百万ちょっとしか残らなかった…と思っていたのですが、
別に定期預金を持っていたのです。

世間様から見たら、その額も、決して大きいものではないかもしれませんが、
父の堅実ぶりを、あらためて知り、頭が下がりました。

そんな父の貯金や土地を、
危険にさらすわけにはいかない。

より強くそう思いました。


そんな2月…。


記事にも書いた通り、信金さんのこれまでの融資を完済しました。


父の
「今の信金にたのんでみろ。頭を下げろ。それしかないだろう?
お前らみたいな問題のあるところは、どこの金融機関も相手にしくれないだろう?」


その通りです。


2月終わり……完済の終わった信金担当者に、もう一度融資の打診をしてみたのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク