FC2ブログ

本屋さん

2012.12.12 10:08|雑感
本の話続きで…

そういえば、近所の商店街に
小さな本屋さんが開店しました。

街中の小さな本屋さんの廃業はもちろん、
大型書店まで、次々と閉店をしていますからね。

ちょっとビックリしました。

ネットの書店注文ですぐに本は配達される時代。

電子書籍業界も、ものすごく力入っていて、
今後ますます本屋は少なくなるだろう…と。

そうしたら、商店街に新刊本の本屋さん。

以前に較べ、活気もなくなってきた商店街に本屋さん。

「今どきに、どうしてだろうね~?」と夫に聞いたら、

この辺は高齢者が多くなっているし、
本屋はどんどんなくなっているから、
逆に助かるんじゃない?
使いなれない電子書籍より、紙の本の方がいいだろうし、
まだ今の高齢者は、ネットで注文もしないよね。と。

確かにね。


ワタシは…読書は、やっぱり「紙」の本がいい。

紙の匂い、重み、指先に感じる紙のぬくもり。
ページをめくるたび、かすかに空気がゆれること。

そんなことを含めて、
没頭する読書は楽しいのだと思う。

以前、ニュースかなにかで、
学校でも、教科書を端末化に…という話も出ていると
聞きました。
その方が、荷物も軽量化され…と。

確かにこの時代の流れではそうでしょうね。

だけど、なんか変ですよね。

古い考えだ…と言われるのでしょうが…

重たいランドセル…
(確かにこどもが背負っていると気にはなるけど…^^;)
その重みに耐えながらの登校も、
意味はあると思うんですけどね。

なにより、教科書の紙を触る、ページをめくる…という体感も、
教科書にするいたずら書きも、勉強同様、大切なことだと
思うんですけどね。

パソコンやゲーム機が当たり前の本好き息子も、

「本だけは紙がいい。表紙とかそういうのがあって、
本はいいんだよね~」と言っています。

エコではないかもしれませんが、
持ち運びに不便かもしれませんが、
読んだあと邪魔かもしれませんが、

そっと本を開いた時のワクワク感…
紙の感触や読書中の空気感…五感のようなもの?
便利なことより、
人には、そちらの方が大切な気がします。

今は、ついついワタシも、ネットで、
欲しい本だけをピンポイントで注文してしまったり、
買うなら安いブックオフへ行ってしまうのですが…

新品の本がびっしり並んでいる本屋さんの本棚を、
時間をかけ、隅から隅まで眺めている時のシアワセ感や、
思わぬ本と出会った時の喜びとか、
そういうものも本屋さんにはありましたね…。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

最新コメント