FC2ブログ

おばちゃんとその娘たち

2013.01.13 01:08|回顧
ワタシが3歳の頃から住んでいた実家。

当時の新興住宅地。

住み始めて数年後、
隣に住んでいた若いおじさんのところに
お見合いで九州の離島から嫁いできたのが、
「おばちゃん」でした。

まだ小さかったワタシや妹を可愛がってくれたらしいです。
(小さすぎてあまり覚えていないのですが。)

ワタシが8歳の頃に、
おばちゃんは長女を出産。

3年後には二女を出産。

ワタシが、おばちゃんの産んだ赤ちゃんを
抱いている写真が何枚もあります。

赤ちゃんは大きくなり、
物ごころついた頃には、
ワタシ、妹、おばちゃんの二人の娘。

四人で姉妹のような付き合いでした。

玄関ではなく、塀を乗り越えての行き来。

こども時代、私達姉妹とおばちゃんの娘姉妹は、
非常に密接な関係でした。

それもこれも、たまたま
ワタシの母もおばちゃんも、細かいことを気にせず、
「来るもの拒まず。来客歓迎!」タイプだったからだと思います。

夜遅くまでどちらかの家にいても、
怒られたりしたことなく、行ったり来たり。
双方、まるで自分の家のように過ごしてました。

ご飯も良く一緒に食べていたなぁ…。

当たり前のように思っていたけど、
大人になってから、
それって珍しいことだったんだな…と気がつきました。

自分達が中学~高校となるにつれ、
行動範囲が変化していったことで、
一緒にいる時間は目に見えてなくなっていきましたが、
今でも、おばちゃんの娘たちには
身内のような感覚があるのが不思議です。

それは、彼女たちからしても同じことで。

年齢も離れているし、
特に、普段会うわけでもないし、
連絡をとりあっているわけでもないし、
助け合うわけでもないし…

…そうなったら、気持ちが遠くなり、
自然に消滅しそうな関係ですが、
そうならない。

何年会っていなくても、
会うと、以前のままの気持ちと状態であることが
互いに良く分かるのです。

友人でもない。
知人でもない。
親戚でもない。

不思議なつながりです。

一番近いのが、血のつながらない「いとこ」といった感じかもしれません。
いや…「いとこ」…というより、やっぱり「妹」に近いかな…

ワタシが「姉」として面倒を見ているわけではまったくないし、
何か問題があった時に、
本当の兄弟のように心配し合うということもないので、
だいぶあつかましい言い方かもしれませんが、
それでも「妹」という感じが一番近いです。

(「妹的」存在。
という言い方が良いのかな…)


おばちゃんの娘たちは、
ワタシと10才近く年が離れており、
まだ若い世代で、
それぞれが自分のことで忙しいです。
(何よりです。)

でも、ワタシをこどもの頃から可愛がってくれていたおばちゃんは、
今は遠い離島で、一人暮らしをしている60代。
3年前に大病もしています。

そのため、
「どうしているのかなぁ…」と、心の隅でいつも気になっています。

だからといって、自分は何もしていませんが…

ただ…気になる。気になっている。

おばちゃんも、ワタシに会うとものすごく喜んでくれます。
(ありがとう)


今日は、おばちゃんとその娘たち(第二の姉妹?)に会えました。


嬉しい再会だったけど、
おばちゃんは2年前に較べて、やっぱり疲れていたし、
第二の姉妹の長女も、健康面で大変な状態であるのを知っているので、
だいぶせつない気持ちにもなりました。

会えたのはほんの30分程度。

もっとゆっくり話す時間が欲しかったです。

みんなに会える余裕の時間を作れるよう、
自分、もっとがんばろうと思いました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

最新コメント