「ダイエー帝国」

2013.01.25 02:37|回顧
しか~し…ダイエー。

産業再生機構の支援を受け、
現在は、丸紅のもとで再建中なんですね。

ワタシの世代では、
確か20年ぐらい前まで、
ダイエーは、
「ダイエー帝国」と呼ばれ、
世間をブイブイ言わせていましたよね。

だから、ダイエーというと、
大企業のイメージがあるんです。
ワタシの中では。

でも、「ダイエー帝国」は崩壊し、現在は再建中。

今の20代の人達の中には、
ダイエー?なにそれ?スーパーだっけ?
という人もいるのかな。

時代(バブル)の流れを、
感じます。


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです^^

sango*さん、こんにちは♪
今年初コメになりますか。。。
引き続きブログ楽しみに読ませていただきますので、今年もよろしくお願いしますね^^

「ダイエー」。。。
昔実家から車で15分くらいの所にありまして、
週末になるとよく親が「ダイエーに行こか」と連れてってくれ、当時はちょっとしたお出かけ気分で嬉しいものでした。
でもいつの間にか無くなってて・・・
お店もずいぶん減りましたよね><
普段ほとんど利用することがなくなった「ダイエー」・・・私にはちょっと懐かしい響きです。

それから映画「レ・ミゼラブル」私も観てきましたよ~。
旦那も娘も興味無いようなので、一人で観ました。
(私もレディースデイにw)
いやぁ~~良かったです!感動~!!
映画終わってからもしばらく席を立たずに余韻に浸っていましたね。。。。

子供が出来てからは子供の観たい映画に付き合うという形で映画館に行くことんばかりで、純粋に自分が観たいが為に足を運んだのって・・・10年ぶりぐらいかも(汗
観に行こうと思えば今までも行けたのですが、そこまで「映画館で観たい!」と思えるほどの作品がなかったんですよね。
でも今回は「ど~しても映画館で!」と。。。正解でした!

一人でとても良い時間過ごす事が出来、感謝感謝です^^

息子さんも一緒に行かれたんですよね。
うちも娘(小5)が観たいと言えば一緒に行こうと思いましたが、字幕や話の内容がわかるかな・・・難しいかな・・と思ってたんですよね。
息子さんの感想など聞かせていただけたら嬉しいです。

Re: お久しぶりです^^

クロミさん。こんばんは。

コメントの返しが遅くなってしまい
ごめんなさい。

『レ・ミゼラブル』息子の反応ですが、
良かったですよ。
クロミさんのお嬢さんより、
ひとつ上の6年生だから、話もすんなり
わかったようです。
(この時期の5年生と6年生だと、
大人度がだいぶ違いますよね。)

でも、話よりも、
映画そのものの圧倒的な迫力に
感動していましたよ。

だから、話が多少わからなくても、
一緒に行くのはいいかもしれませんね。

歌って凄い…と驚いていました。

こどもが5年生になった頃からかな?
「(こどもには)ちょっとどうかな?」と思うような映画でも、
面白そうであれば、
ちょくちょく連れて観に行っています。

途中で退屈しないかな?と、
親の私の方が、気が気じゃなかったりもしましたが、
どの映画も、結局いつも退屈することなく、
楽しんでいましたよ。

クロミさんが良い映画だな!と思ったら、
一緒に行ってみたら良いと思いますよ~。

興味なくても、
映画の迫力だけで座っていられるかも?

&お母さんと二人で、
ちょっと大人っぽい映画を映画館で観る…
ということ自体、
お嬢さんには楽しい体験になるかもですヽ(^o^)丿

クロミさん!
こちらこそ、
今年もよろしくお願いいたします。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク