友達リクエストキャンセル

2015.01.30 03:46|未分類
そういえば…
ネット上の煩わしさで、ログインとかパスワード管理とか以外にも、
今日、初めて経験したこと!

こっそりのぞいていた某知人のフェイスブック。

もうだいぶ昔の知人ですが、ワタシが一方的にライバル意識みたいなものを
もっていまして…。

なんというか憧れ?やっかみ?
そんな対象の知人です。

とうていかなうわけもないのですが。

仕事上の付き合いがなくなってからは、
いっさい付き合いもありません。

彼女(女性です)の近況が知りたくて、
ある日、彼女の名前を検索。

そうしたらフェイスブックのページが出てきました。

でも、特に一般に公開されていることもなくて。

出るのは、彼女の名前と顔写真+@のみ。

それでも、たまに思い出したようにチェックしにいっていました。

そのせいか?
今日、私のフェイスブックのページに、
彼女の顔写真が現れました。

そこで、彼女のページを見ようと押したつもりが、
なんと、「友達リクエスト」というボタンを押してしまいました(>_<)

これって、私が彼女にフェイスブック上で友達になってくれ。
という希望を出したことになるわけですが、
私のことなんて、記憶の隅にもない彼女からしたら、
きっと「???????!!!!!!」なことなわけで…。

私が彼女のことを今でも気にしていることを知られたくないし、
すごく焦りました。

なんとかリクエストのキャンセルの仕方を検索し、
その通りに処理したけれど…。

すごく気まずい…。

なんだか自分の卑しさが非常に恥ずかしい…

と、ブログでさらしておきます…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク