夫の問題

2015.12.21 14:47|未分類
驚くべきことだが、
夫は、バイクを買うために、また借金をするという。

ちょっと前の記事にも書いたけど。(記事が三つあります→★&★★&★★★


昨夜も、その件でさんざんぶつかり合ったが、
夫は頑な。

通帳は、残高がほぼ常にゼロ状態。

支払えていない税金も常にある。
(払っては次、払っては次…とやってくるので。)

この先、今、部屋を借りてくれている店子さんが
出て行ったら、その先はどうするの?

敷金も戻さなきゃいけないし、
リフォームもしなくちゃいけない。

次の入居者が決まるまで、
その家賃分(=ほぼ全額ローン返済に充当している)は
どうするの?

売上(収入)があがる見込みはあるの?

そのあたりのことを、ちゃんと考えてくれた上でならいいよ!

と、夫につきつけても、


「売上増の見込みはない。」

「いざという時の金策もない」

という。

最終的に困ったら、ローンのリスケ(返済条件の変更。資金繰りが苦しくなった時に使う。
←一般的には避けるべき状況。)をするという。
(いや、もう最終的に困ってると思うんだけど…

リスケは、銀行さんとの今ある契約を、
こちら側から破棄し、契約し直しをすることだ。

当然、信用にかかわるし、借り手側の不利になる。

その時は良くても、(良くないけど)、
あとあと大変になるのが目に見えいている。

老後破たんするんじゃなかろうか?

それでも、夫は、「今」、バイクを買うという。

いつから、うちの夫は、こんなに計算しない人間になったのだ?
どうしてこんなに考えなしになったのか?

確かに、これまでも「欲しいものは欲しい」でやってきた人だ。

それでも、肝心なことはちゃんと考えてきたはず。

でも、「もう我慢の限界」らしい。

私からみれば、ただがバイクだが、
夫にしたら、バイクを買うことは、
先の自分(や家族)より大事なことらしい。

もう話にならない。

舅が亡くなった後、休みもなく働き、
必死にその時の借金を返済した夫。
(その後、また新たに、ドカンと今あるローンを組んだわけだが…)

姑との確執にも耐え、
一生懸命働いてきた夫を見ているから、
同じ人間とは思えない発言のようにも思えるし、
逆に、
もう我慢をしたくない…という気持ちもわかるような気がする。

夫の人生は、ほぼバイクとイコールなのは、
私もわかっている。

…が、どうしても「道楽」にしか思えなかったりもする。

状況が良ければ、私も「どうぞどうぞ」と喜んで賛成する。

でも、状況は悪い。

そんな時にどうして?と思う。

夫は、
「これまで我慢してきたけれど、いつまでだって、そんな(悪い)状況だ。
この先も同じ。だから、今買っても同じだ」という。

すごい理屈だと思うのだけど、
夫の心変わりはない。


いざとなったら、リスケか…。


どうしてこう、夫は次から次へと面倒なことをふっかけてくるのだろう。

そんな夫に依存している自分が悪いのだ…。

そんな夫といるのだから、私も覚悟が必要だ。

お金はある程度貯めておこう…と思って、私は、
少しづつは貯蓄していた。

それも、国保の支払いや生活費に放出。

夫はとにかく使ってしまうので、今後、
夫には内緒でなんとかお金を確保する方法を考えなければ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク