無理に行かせないで。道はあります。

2017.09.03 03:38|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


昨年、9月1日からはじまった息子の不登校の記事を、書きました。
まだ続きはあるし、
息子が不登校になった理由も書けていません。

私の記事を読んでいる人がいるとは思えないけれど、
万に一人でも、この夏休み明けに
現在、お子さんの不登校で目の前が真っ暗になっているお母さんがいたら。

その方の目に留まったら…と思って書きます。

私も、昨年、目の前が真っ暗になったし、
こどもの先のことを思うと、
高校中退なんて、
絶望とか人生終わり。とかで、頭がいっぱいになりました。

おそらく、この先知ることと思いますが、
「混乱期」と言われるものそのものでした。


どんな記事や情報を調べても、体験談を読んでも、
不安な気持ちがおさまることはなかったです。

ただ、本当に本当に、

本人、一人でがんばり続け、闘い、悩んでいたからこそ、
不登校という形でSOSが出たこと。

不登校という形でしか、そのSOSを出せなかったことを
知ってください。

もう十分、がんばってきたから不登校なんです。

昨年の今頃、こんなこと言われても、はじめは、
「そう簡単に高校辞めさせるわけにはいかないよ。」と思っていました。

誰が責任とってくれるわけでもないし、
高校中退とか、そんな傷、つけるわけにはいかないでしょ。
なんとか行かなせなくちゃ。と。


でも、大事なのは高校ではないです。

その子が生きていることが全てです。
苦しさから逃れて思いっきり呼吸させてあげることが全てです。

「学校へ行くことが全てではない。」

本当にその通り。


苦しみの中に無理矢理押し戻さないで。

苦しみに溺れて、もう絶対絶命で、なんとか息をしようと、あがいて顔を出したところが不登校。

そこから先は、手をのばしてひきあげてやってください。


今、息子は、昨年の9月1日にいた場所とは違う場所で、
元気に呼吸しています。


当時、人の話は
「しょせんうまく行ったって話でしょ?他所のうちの話でしょ?うちとは違うし。」

「どうしたらよいかわからない。うちはダメかもしれない。」



…ダメだとしか思えなかったけど…

大丈夫でした。


ちゃんと道はありました。

道はあります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク