不登校の原因

2017.09.03 21:20|不登校
*不登校の記事は、カテゴリ「不登校」をクリックし、日付の古い記事からお読みください*


息子はいじめにあっていたわけではない。

「クラスの子はみんないい人だと思う。」と、息子も言っていた。

どうして不登校になったのか?

誰も知っている人のいない高校。

地元の友人同士でつながっていたり、
入学前からSNSでつながっていたり、
あるいは積極的な性格でどんどん友達を作っていったり…

あっという間に周りはグループ作りをし、
内気な息子は、あっという間に出遅れ、
ものの数日で孤立したそうだ。

(これは不登校になってから、あとで息子から聞いた話だ。)

以来、話すきっかけを失い、
また、たまに話しかけられても、気後れして話すことができなくなり、
入学後、1~2週間で、誰とも話さない毎日になったらしい。

そうなると、
「何をどう話したらいいか、わからなくなってしまった。」そうだ。

ネットで良く出てくる「コミュ障」。


誰とも話さない。

弁当も、毎日一人で食べていたそうだ。
時に、自分の席を、友達と食べるから貸してくれ、と言われ、
居場所がなくなり、途方にくれることもあったようだ。

いじめられはしなかったけれど、
何をするも一人。
クラスの中で、いないも同然の存在となり、
グループ行動をしなければならない時は、
無理に入れてもらったグループの中で、
邪魔な存在となってしまう自分が
耐えられなくなっていった…

そういう毎日が積み重なっての不登校だった。

息子は、

都立にせっかく合格したのだし、
いじめられているわけでもないのに、
学校へ行かなかったり、やめたりするのは、
自分の甘えだ。
だからがんばって、学校へ行こう。

と思っていたようだ。

だけど、身体には、正直にその我慢の無理が現れた。

それが夏休み最終日の発熱だったのだ。

薄々感じてはいたけれど、実際、
1日中、学校で誰とも喋らないでいたことや、
一人で弁当を食べていることを知って、
私は、胸が張り裂けそうな思いだった。

それでも、宿泊行事の時以外、休まず、
自分のつらさを誰に話すこともなく、
4カ月近く学校へ行っていたんだな…・

「いじめられているわけじゃなく、
ただ一人でいるのが嫌だから、学校へ行けない。」
確かに甘えにも聞こえるかもしれない。

本人もそう思っていて、我慢していたのだ。

いないも同然ではあっても、
一人でいると奇異な目で見られ、
自分がネタにされ面白がられているのがわかり、
それも堪えたらしい。

いじめではない。
でも、
十分きつい毎日だったと思う。

息子が不登校になったのは、無理もなかった。

ただ、原因が自身のコミュニケーション能力にあるのであれば、
場所が変わっても、そこは今後もついて回る問題になるな…と
思った。

それはまた別の記事で。











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク