スカートをはく女性(ひと)

2010.03.29 23:50|雑感
自分の周りで、スカートをはいている女性は、
ほとんどいません。

なぜなら、今、自分が普段良く接している女性達は、
ほとんどがお母さんだから。

働くママも、専業ママも、
9割近くパンツルックです。

学校の行事で学校に集合したママの
パンツルック着用率は、
ほぼ100%に近いかな。

こどもを乗せて、しゃかりきに
自転車をこぐには、パンツルックが、
一番ですからね!

自分の周囲のママだけでなく、
商店街ですれ違う、知らないママ達も、
み~んな、パンツですよ!

ところがですね。
場所が変れば、そんなこともないんですね。

ママ達みんながパンツルックってわけじゃないんだなぁ!と、
思い知らされた場所があるんです。

わが子が通っている習い事の1つ。
場所は、山手線の内側、中心部に近いところにあります。
TV局も近くにあったりして、
自分からすれば、こんなとこオフィス街じゃん!
と思うのですが、
大きな道路をちょっと中に入ると、
瀟洒な一軒家が並ぶ町内があり、
ちゃんと一般家庭の生活があるんですよね。

そんな一角にある教室。
地元の子も多く通っているようで、
こどもだけで、自転車や歩きでやってきます。

たまたまそこにしかない習い事で、
ウチは電車で通っているのですが、少数派です。

電車なので、
行きも帰りも、私は同行。

地元の子は、帰りだけ、
保護者が迎えに来ている感じです。

…で、気がついたのです。

スカートをはいているお母さんの多い事に。

こだわりでスカートをはいている…という雰囲気でも
ないんですよね。

ごく当たり前のように、
膝丈ぐらいのスカートをはいている!

…自分から見ると
まるで皇室の女性のようなスカート丈…。


さすがにスーツの装いではないのですが、
その丈が…自分から見ればまさに皇室?

はじめてそのことに気づいた時は衝撃でしたよ。

仕事の装い…という感じでなく、
普段着でのスカート!

みなさん、派手ではないので、一見地味な感じですが、
整ったヘアスタイル、美しい肌の様子、
色味をおさえた上品な装い、
さりげなく手にしている一流品のブランドバッグ…からして、
余裕ある生活の空気がにじみ出ています。

いや…較べて凹ってる…という話じゃないです。
確かにその余裕は羨ましいけれど、

あまりにあからさまに
「所変われば何とやら…」な発見だったので、
書いときます。

周りの主婦のスカート着用率。
その地域の生活水準を表す、一つのバロメーターだと思いますよ。
(注:年配の主婦を除く。まだ未成年の子持ち主婦限定。)


仕事。
冠婚葬祭。

自分、それ以外で、あの丈のスカートをはくことなんて、
この先あるのでしょうか~?!


P.S. その習い事のある町の一角には、個人でやっている
昔ながらの古~い八百屋さんがあるのですが、
そこに5ヶ1050円のグレープフルーツが並んでいました!
洒落た店とかじゃ全然ないんですよ。
ごく普通の古ぼけた商店です。
ウチの近所なら、それは、380円だ~!
さらに特売で280円だ~!
…ということで、
あまりの物価の格差にも衝撃を受けました。

やっぱり…
本当にお金がないと住めないエリアだな~
と思うのでした。
検証
子育て主婦のスカート着用率が高いほど、経済的な生活水準は高し!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク