貯金

2010.04.15 11:00|お金、おかね
夫婦の(家庭の)貯金はありません。

本当は、
結婚したら、
お財布のヒモを握っている賢い方が
積立などはじめるのでしょうが…。

結婚した時から、
こどもが生まれて数年間は、
自分も他で仕事をしていたので、
ずっと、家計は別会計でした。

ざっくりいうと、
夫が住居費と車関係を支払い、
その他の生活費は私が払う…みたいな。

なので、貯金も別々…

ま、貯金といっても、
浪費家の自分が貯められるわけもなく…

夫は、浪費家ではないけれど、
貯金という感覚はなく、
私と共働きだったその間、
ただ収入に対して、
支出が住居費と、
趣味の車&バイク費ぐらいだったので
とりあえずお金が貯まっていた…という感じです。


なので、結婚した時に、
「家を買うために、
一緒に貯金しようよ。」と言ったら、
夫は、
「家なんて買って落ち着くのはまだ早い~
家のための貯金なんてもったいない!」
という感じでした。

それが、こどもが産まれると…

「こどもには、騒いでも怒られない1軒家で
のびのび過ごさせたい!」と言いだし、
言い出したら1年もしないうちに
今回売却することになったマイホームを
買っていたのです。

頭金は、夫の貯めていたお金、
お互いの両親が一部。
そして、自分も、20代前半から僅かづつ続けていた純金積立をくずして
用意しました。
(この純金積立が、意外なほど貯まっていました。)

自分の場合、この純金積み立てが、
唯一まとまったお金だったので、
この時、自分の手持ちのお金をいっさい使ってしまった
ことになります。

それからしばらくは自分も
外での仕事を続けていましたが
お金は出ていく一方で、
ちっとも貯金ができず…

貯めないうちに、
現在にいたってしまいました。

現在は、生活にかかるギリギリぶんしか
もらわないので、
貯金などしていません。

↑いえ…それは、自分に甘い言い方です。…

ギリギリとはいえ、
無駄遣いしているのだから、
その気になり、一生懸命倹約すれば
貯金できていたと思う…

でも、このブログに書いてきたとおり…
自分…そんなことができる人間ではありません。

つまり…この歳になっても、
まとまった貯金はなし…


そして、夫…

夫の貯金については、
前の記事に書いたとおりです。

こどもが産まれた時も、
夫に言いました。
「こどもの学費を貯めていこうよ。」
その時の夫…
「その時は、その時に払うから必要ない。」

老後のために一緒に貯金しない?
と言った時も…
「俺は定年退職がないから、ずっと働いていられる…」
みたいなことを言って、
まったくその気がないようでした。

「ただ生活するだけでも、たくさんのお金がかかる。」
という事実を、身をもって知る機会がなかった上、

「お金はいつも入ってくる」

という根拠のない自信?錯覚?がいつも夫にはあったわけです。


けれども…
今は夫、

住宅ローンが生活を圧迫するようになり、
結局買った家は手放すことになり…

こどもの学費が年間100万と考えると
自分のこれからの年収の半分~3分の1を占める…ということが
最近持ちあがる進学の話で、にわかに現実を帯び始め…

定年退職がない、と思っていたけれど、
その前に自分の体力や機械がもたない…。

と、ようやく気がついたようです。

私も…心のどこかで、「お金は入ってくるもの」だと思っていました…
でも…

「お金はいつも入ってくるわけではなかった!」



貯金の大切さ…

気づくのが遅かったと思います。
でも…
「遅すぎるということはない」

と自分は思っています。

今なら、夫も話にのってくれると思います。

家の売却がすんだら、
二人で貯金をしよう…

それが、ようやくかなうことになりそうです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク