FC2ブログ

今回のこと

2010.04.22 00:51|姑、相続、家業…の問題
(前の記事から続いています。)

今、自営ですが、
前代からの会社名義の借金があり、
月々約25万を信金さん、公庫さんへ
返済しています。

信金さんへ15万。
公庫さん10万です。

ただ、この借金、
前代(故舅)が
二人分の労働力をあてにして
計画したものです。

でも、舅は亡くなり、
今は、息子である夫が一人の労働力で
支払っています。

当然、無理がきます。

誰かもう一人雇えば良い、という
簡単な話ではありません。

技術職なのと、
雇った場合、
その人の給料を安定して出せる仕事量は
ないので。

そんなわけで、
信金さんに数ヶ月前から
月々の返済額を減らすようにお願いして
きました。

経理のいっさいを握っている姑も、
その方向で話をのんでいました。

なかなか信金さんが減額に応じてくれず、
夫も催促したりして、
ようやく4ヶ月近くたった今月OKとなりました。

そして、あとは書類に印を押して回すだけ…

良かったね。
これで、もう少し仕事(会社)を続けていける。

月々無理なく支払いができる返済額になり、
細々と、コツコツとやっていけばいいよ。

そう、喜んでいました。

ところが…姑。

「わたしは、その書類に判子は押さないから。
減額には応じないないから!」

夫と自分 一瞬「…?」

そして…「またか」という思い。

いつも何かを決めようとしたり、
決まったりすると、
それまでのことを必ず覆すのが姑。

これまで、何度もそうだった。

そうわかっていたはずだけど…
「またしてもやられた!」という感じ。

結局、信金さんがのんでくれた
返済額減額の話は、流れることになった。

この4ヶ月すすめていた話はなんだったんだろう…。

3月は、この件をすすめるために、
返済自体を保留にまでしてあったのに…。

「どうしていまさら?
このままだとやっていけないんだよ!」

そう言っても姑、
首を縦には振らず。

「ダメと言ったらダメだから。
あんたたち(夫と私のこと)がゼロから始めればいい!
ここ(建物)は売って、会社はなくす!」

それが姑の主張。

つまり「返済ができなくなったって、私は知らない。」ってこと。

払えなくなって、会社が終わればいい。

そういうこと。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア

最新コメント