姑の愛情…?

2010.04.23 09:41|姑、相続、家業…の問題
(ずっと前の記事から続いています。)

自分の場合…

実の母とはケンカも沢山するけど、
誰より尊敬しているし、その優しさには頭があがらない。

今でも、こんな私の状況を、心から心配して、
励ましてくれたり、叱ったり、泣いたりしてくれる。

私と私の子ども(孫)の幸せを、何より願っていてくれる。

こうして文字にすると…なんだかB級ドラマのようだけど、
ほんと。

こうして離れていても、
母親の愛情を感じない日はない。

そんな母親を、心配させている今の自分が嫌です…。

話がそれてしまったけれど、

母親は、こどもを思ってくれて当たり前。という
思い込み(甘え?)があった自分。

この事態を、時々、俯瞰してみるわけですよ。

今、この世の中の情勢の中で、
もう20年近く働いている息子から、
仕事と住まいを奪ったらどうなるか?

ましてや、息子には、嫁はともかく、
まだこれから大きくなっていくこどもがいる。


孫(私達のこども)のことは、とても可愛がってくれています。

それでも、仕事も住まいもやめさせようとしている。

なぜか?

それは、自分の老後の生活ぐらい、借金を忘れて生活したいから。
そのために、ここ(借金のある建物)を出て、独りで静かに暮らしたい…


そこまでは、私にも良く分かります。

わからなくなるのは、これ以降です。

そう姑が願うのなら、

ここを私達が買いとり、月々姑にお金を支払うのはどうか?と
数年前に提案したことがありました。

そうすると…

「それはだめだ。ここはお父さんとじぶんが建てたものだ。
会社も、お父さんと自分が苦労して作ったものだ。
その器であんたたちは仕事をしているだけじゃないか。
一から自分たちではじめなさい!」

「払うのなら、一括で払え。」

「苦労をしろ」といわれます。
「自分は、これまでずっと苦労してきた。大変だった。
あんたたちは苦労知らずだ」と。

いやいや…姑。
あなたの存在自体が、私達には困難ですよ…^_^; 

一からといっても、
夫だって、もう
15年以上一緒に仕事をしてきたではないか…と思うのですが、
まったくそれは認めず。

「こどもに苦労をさせよう」という姑なりの愛情なのか…?

う…ん。
わかりません。

以前の記事(→)にも書きましたが、

姑は、
舅が亡くなった時、
自分の息子に向かって、

「あなたは、お父さんが死んでうれしいんでしょ!
この家を好きにできるようになって嬉しいでしょ!」と、

叫んだ人です。

何か…愛情というより…
被害妄想というか…

だって、そんなこと、
これっぽちも思ってなかったですからね。夫。
好き勝手できるようになって嬉しい…なんて話、
一度もしたことないし、むしろあったのは、
不安とかプレッシャーでしょう…

第一、
夫は、自分のお父さんが亡くなったんですよ!

夫とお父さんは、一緒に仕事をしつづけた
お互い大切な相手でもあったんですよ。

それなのに、どうしてそんな風に考えられる?姑?

人の気持ちを疑うのも、ほどほどにして欲しい。


姑は…いきすぎてる感情がある人なんだと、
自分は思っています。

…病んでる?

姑からみれば…
こちらが病んでいるそうですが…^_^;。

あ~でも、自分たちが甘いのかなぁ…

姑の愛情で、
今からでも一から出直す根性みせろ!ってことなんでしょうか…

わからなくなります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク