塾の話④

2010.07.10 14:20|未分類
塾に行かせるぐらいだったら、

こどもに海外での生活体験をさせたいとか、
山村留学させたいとか、

希望はあります。

でも、
こどもの性格や生活、自分たちの生活からすると、
それは今のところ、非現実的。

私の理想でしかありません。


「学歴社会の崩壊」…なんて
言葉もチラホラ耳にしますが、
実際、自分が三流大学を卒業し、
働き出した社会では、
出身大学のネームバリューが、
ものを言う社会でした。

表立って言うことはないけれど、
暗黙のうち…というか…
ひたひたと、
大学のレベルで、
優劣がつけられている感じ。

たまたま
自分が働きに出た場所が、
そうだったのかもしれません。

一流大卒の人が多い中で働いていると、
何かの拍子で大学の話になった時、
自分の大学名を出すと、
「あ…そうなんだ…」的な
一瞬さめたような空気になりました。

そうはいっても、
実力主義的な現場でもあったので、
仕事をこなしてがんばることで、
「大学なんて関係ないよ」と、
思っていました。

でも…ところどころで、
出身大学というのは、
ある種の力を持っているものだな~と
感じることが多々ありました。


ウチの親は高卒で、
私が、四年制の大学に行きたいと言った時、
父親は、
「女が大学なんていかなくたっていい!」
と激怒したぐらい
受験だの学歴だの…から縁遠い家庭環境でした。

学歴社会なんていやらしい…と
思っていました。

だから、
お受験とか学歴にガツガツするのは
どうかと思っていました。

でも…今や、一流大学を出ていても
就職にあぶれてしまう時代です。


フツーにどこかの大学出て、就職。

なんて、夢みたいな話です。

自分が大学を卒業した時は、
バブルの名残りがあり、
どこにでも就職ができたような
時代です。

でも、今、自分が現役大学生だったら…
自分の卒業校では、
箸にも棒にもひっかからないでしょう。

プラスαでもなければ…。

そう…プラスαを探しつつ、
それまでは、わが子にしっかりと
学力をつけてあげなくては…と思うのです。

今は…フツーのレベルが高い…

私学に入れるための勉強ではなく、
のちのち、その子達と
≪受験≫という場所で一緒になった時、
「てんでお話にならない」という状態にならないように。

そのために、今から学力づけが必要なんだと
気がつきました。

フツーに小学校でお勉強してればいいじゃん。

そう思っていましたが、
公立の「ゆとり教育」の弊害とやらで、
私学との学力の差に開きが出ているのが現実だそうです。

フツーにやっていきたいのであれば、
ある程度の学力づけが、どうしても必要なようです。


願わくば、プラスαの方で、こどもに力をつけてあげたいのですが…


自分、教育ママではまったくありません。

スポンサーサイト

コメント

No title

sango* さん、こんばんは。



お子さんは、学校をどう思ってるんでしょうか?

楽しいのか、辛いのか、先ずはそこから聞いてみてはいかがでしょう?




それから、こういう教育もあるみたいですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=K2tiz0hLRf0&feature=related

スゴイですね!







Re: No title

シトロンさん。
こんばんは。

コメントありがとうございますm(__)m。

教育?学歴?のことを記事にするのは難しいですね。
どう書いてみても、いつものように自分の気持ちのままに書けません。
あとで読んでみると、なんか違う…と思うのです。
それでも、今の頭の中を整理するために書いていますので、
まだ続きがありますが、まるで一貫性のない点、どうぞ
呆れず、良かったらおつきあいくださいm(__)m。

今日は、以前教えていただいた
「ペイフォワード」のDVDを、ようやく借りることができました。
(すぐに借りに行ったのですが、その時は、貸し出し中だったんです(>_<))
こどもと一緒に観ました。
ラストが衝撃的で…ある意味リアルで。
それだけに…ラストシーンには、心打たれました…

ペイフォワード…。その仕組みは良くわかりました。
そして…
失望の中にあっても、あきらめないこと…のメッセージを、
受け取りました。

あきらめない…という行為を、励まし、支えてくれる…
それが何なのかも…。

夢物語ではなく、現実ですね。

教えていただき、ありがとうございましたm(__)m。

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク