その差 マイナス1万3千円也。

2010.09.02 02:51|節約・お得
前の記事に書いた
こどものケータイですが、
購入する時、
びっくりしたことがありました。

買おうと思って
まず話に聞きに行ったA支店では、

欲しい携帯の本体価格が
約4000円と言われました。

(必ずかかる事務手数料は抜きで)

キャンペーン中とかで、
割引になっているそうです。

でも、この日は、たまたま欲しい色の在庫もなく、
まだどうするか迷っていたので、
決めずに帰ってきました。


そして翌日。

4000円ぐらいで買えるなら(思っていたより安かった)、
やっぱり買おうと思い、
昨日行ったA支店より、自宅に若干近いB支店に
自転車でこどもを連れて出かけました。

昨日A支店で、大体の説明は受けていたので、
契約上の説明や料金プランの説明などを軽く確認する程度に聞き、
順調に手続きを進め、番号も選び、
いざ、会計となりました。


お財布には1万円札。
ニコニコと1万円札…。


「では、お会計になりまして…
本体価格○○円のところ、××の割引になりまして、

14000円になります。


…それに他、事務手数料が…」

えっ?14000円…?

ビックリしました!
一瞬本当に凍りつき。

お財布には1万しか入ってないし…!

あれ?
本体価格は4000円程度じゃなかったの?!

よくよく聞いてみると、
支店によって本体価格の値段は違うこともあるそうで…

そういえば、昨日行ったA支店では、
キャンペーンがなんたらかんたら…と言っていたなぁ…と…。

番号まで決めておきながら、
ものすごく申し訳なかったのですが、
もちろんキャンセル。

その後、A支店まで
慌てて自転車を走らせましたよ…
(結構な距離がありました^_^;)

A支店では、
本体価格の4000円から、
さらに、なんのかんのと割引きがきき、
結局、
ほぼ1000円で携帯を買うことができました。


B支店では、約14000円!
A支店では、約1000円!


同じものを買うのに、
その差マイナス13000円ですよ!


本当に驚きました。

同じ携帯会社なら、支店関係なく、
価格は同じものだと思っていました。

A支店とB支店。

どちらかにしか行っていなかったら、
支店によって料金がこんなに違うとは
全く気づかず、そのまま購入していたと思います。

無駄な動きをしてしまったかと思いましたが、
おかげで、
そういうこともあるんだ!と知れて、
本当に良い経験でした。

なんたって、13000円の値段差だもんなぁ…^_^;

本当に助かりました!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク