夫の反応

2011.01.10 17:33|調停
実の母親と実の弟からの
『調停申立書』を受け取った夫の反応ですが…

届いてすぐは、
さすがにショックだったようですね。

夫が動揺した時にありがちな態度なんですが、
すぐに私にケンカ腰になりました。
<あたる>って、やつですかね。

ま、普段もケンカ腰の人ですが。

でも、凹んだりする様子は
なかったです。

さすがに、翌日の仕事終わりには、
「あ~!ホント(こんなことばかりで)疲れちゃうよなぁ~!」
と、言っていました。

これまでも、義母と話したあとは、
決まって、夫も自分も体力消耗。

久々、ドカンっと来たな…って感じでした。


裁判所なんて~!
あぁ!なんてこった~!と、
ショックを受ける私を尻目に、

夫の言葉。

「行ってみればわかるけど、
簡易裁判所なんて、
何も怖がるところじゃないんだ。

スピード違反で、
行ったことがあるけど、
全然怖いようなところじゃない。

別に、殺したとか殺されたとか、
そういう刑事事件じゃないわけだし。

オレ達みたいな状況なんて、
裁判所からしてみたら、
毎日当たり前のような出来事で、
オレ達なんて、吐いて捨てるようなもんだよ。

特別なことでもなんでもない。」


え?裁判所が怖くない?
それホント?

まぁ…自分にとっては
一大事のような気がするけれど、

そう言われると
妙に納得…。

吐いて捨てるほど…ね。


まぁ…その証拠というか…
なんというか…

調停申立書に添付されていた
裁判所からの
<照会書(回答書)>っていう用紙なんですけど、
(自分達の意見などを書くアンケート式になっているやつ。)

ザラ紙にコピーで、
それも、コピーを何十回も重ねたように、
文字はところどころ薄れていて。

用紙に対して、
全体が傾いてコピーされているし…

おまけに、案件番号(?)みたいなのが
手書きで書かれいるけれど、
思いっきり間違えて、
ざっと二重線がひかれ、
書きなおされているし…^_^;


確かに、
こちらの重大事!と思う気持ちに
較べてみると、

なんというか…
いかにも…雑。

あぁ…ホントにお忙しいのね。
って感じで、
ちょっと吹き出してしまうような体裁のものでした。


まぁ、そんな調子の夫と、今後の話をしました。


その内容は、あとで、
次の記事にしたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク