義母の住まい②

2011.01.19 01:49|調停
(前の記事からつづいています。)

あるいは、義母は、
自分の兄弟身内を頼って故郷に戻るのか?
という線も考えています。

義母の故郷は、
東京からちょっと離れた県にあります。

兄弟、親戚のほとんどは、その地で暮らしているようです。

夫に聞くと、
義母が、たまに帰ることがあったぐらいで、
義母の親戚がこちらに遊びに来たことはほぼないそうです。

みなさん、高齢のせいなのか、義母の性格のせいなのか、
あまりつきあいの気配を感じません。

それでも、義母は
「私の兄弟は団結力がスゴイのよ。」と、前々から言っていました。

なので…売却後は故郷に帰るのかな…?
とも思ったのですが…

末っ子である義母を一番可愛がってくれていた。というご長男が、
数年前にお亡くなりになりました。

そのご長男は、
義母が生まれ育った家屋を継いで暮らしていたそうですが、
両親が亡くなり、長男夫婦だけになってからも、
義母は、「(その家は)自分の家だから」と言って、
遠慮なく帰っていたらしいです。

(そういうところが、兄弟間で
ちょっと問題になったこともあったようです。)

そんなわけで、
ご長男が亡くなった時に、
義母は
「もう帰るところがないじゃないねぇ。」と
ぼやいていました。

自分のお兄さんが亡くなり、
かつての自分の生家に、そのお嫁さんだけとなってからは、
さすがに義母も、我がもの顔で帰るわけにはいかなかったのでしょう。

そんな事情からすると、
義母が、親戚を頼って自分の生まれ故郷に戻ることはないように
思えます。


ならば…
最後に考えれらるのは…

義母と義弟が一緒に暮らす。ということです。

義母と義弟は、互いに思いやっている
良い関係です。

そして義弟は独身者です。
現在、都外で賃貸生活しています。

現金化された二人分の相続金なら、
都外で住宅購入も可能でしょう。

たぶん…これが一番自然…

と思うのですが、

自由に気ままな暮らしぶりの義弟と、
自分の言うことが絶対な義母。

そう考えると、この線もないかも…


もし、この最後の推測が現実になるのであれば、
自分、義弟を無条件に尊敬します。

かつて義弟は言っていました。
「どんな親だって、自分の親だから。」

それを聞いた時、
「すごいな。」と思った一方で、
んなこと言ったって、
その当時、義弟の方から、
義母の今後の生活費を心配してくるわけでも
相談してくるわけでもなかったので、
「結局、全部、お兄さん(=夫)に、任せているじゃん。」
と、ちょっと腹が立ったのを覚えています。


なので、もし、
義母と義弟が一緒に暮らすということになったら…
義弟の覚悟と優しさに、
ただただ感服することと思います。

さて…義母は、いったいどうするというのでしょう…



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

具体的な話を聞くと、ためになります。

自分は、優しくはないと思うんですよ^_^;

義母が幸せになるんだったら…と言っているのも、
自分の心の底で、
もう自分とは関係がなくなる人だし。って
冷たく考えているからです。

でも…実際義母が寝たきりとかになったら
どうなるんだろう…?

夫は到底看るつもりはないし、
その必要はない。と言っているけれど、
何か書面か何かで、
その辺もはっきりさせておいた方が
良いのかもしれないですね。

これまでも、
「まぁ…そうは言っても身内(親子)だから。」
という甘さがあって、
こんな事態になってしまったことを思うと、
なおさらですね。

頭の隅に置いて、行動したいと思います。


非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
都内在住アラフォーの妻です。

抱える借金6千万orz…。

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。

長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク