ブログ村に登録した。

ブログを書き始めて9年近く。
問題(ネタ)の尽きない日々が続き、
更新する時は、愚痴や泣き言ばかりのブログだったけれど、
そろそろ、平穏な(?)日常が続くことを願って。
特に何事がおきなくても、50代の自分の日々を更新したくて。
そんなシフトチェンジを願ってのブログ村登録。


もともと私のブログは、
自分の頭の中や行動の整理をつける為で、
そうなると、
悲しいかな自分の愚痴っぽい人間性が鮮明になり、
常に毒吐き場みたいな内容の記事が多い。

不安がつのり、心の中に抱えきれない出来事があると、
ここにきて、文字に現わして自分の頭の中を整理しようとするから、
必然的にネガティブな記事ばかりになっている。

ということで、読みに来てくれる人の目線に配慮がないので、
拍手の数もランキングも意識はしていない。

むしろ人の目に触れるのが怖いブログ。

ただ、だからといって非公開にして自分の為だけに書くブログ(日記)だったとしたら、
2日と続かなかったと思う。

意識していない、と言いつつ矛盾しているようだけど、
9年続いているのは、時折もらえるコメントや、拍手のおかげで、
私の記事を読んでくれる人の存在を感じて励みになっているから。

ランキングに興味もないのに、
ブログ村に登録してみたのは、
何か悪いこと(大変なこと)があった時だけ鬼更新するのではなく、
もう少し良いことも、普通の日常も、更新したいなぁ…と思ったから。

これまでも何度かそう試みたりしたけれど、
モチベーション(?)みたいなものがなくて、とりあえず日常が安定してくると、
忙しさやPCの調子の悪さから、更新がなおざりになってしまうので。

まぁ、ブログ村に登録したところで、
更新頻度にさほど変わりはないと思うけれど、
ちょっとでも読んでくれる人が来てくれたらいいなぁ。
普段の日常の、何でもないことでも更新するクセ?みたいなものがついたらいいなぁ。
と思っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
2018.02.12 00:47|おでかけ
貴重な休日なので、家仕事やこたつでダラダラしたかったけれど、
夫に付き合い、車でお出かけ。

目的地は、途中渋滞もあり、予想以上に遠かったのであきらめて、
あきらめた地点で、一番近いところにあった観光地の
「ひたち海浜公園」へ。

広大な丘一面に花が咲いている時は、
ニュースでも良く取り上げられているほどの公園だけど、
この時期は、目ぼしい植生は特になし。

メインの丘は、来るべきシーズンに向けて園芸用シートで覆われいるだけだったけど、
それはそれで面白い光景だった。

何しろ犬OKの公園だったので、
今や「ワンコ第一」、ワンコ中心の夫は大満足。

もちろん私も楽しかった。









丘から遠くに見えていた雨雲が、
しばらくすると、私たちがいた場所までやってきて、
雨に濡れるのも面白かった。

雨が強く降り出した時、私たちは人気(ひとけ)のない樹林エリアにいたのだけど、
雨を凌ぐために木組みの観察小屋に避難。

屋根のあるありがたさを痛感したりして。

夫は、とにかくワンコを濡らさないよう抱きかかえ、
雨の中、出口に向かって大急ぎで走り去って行き…。
(私は置いて行かれ。)

そういうのも楽しくて。

ワンコを抱えた夫の後ろ姿が、どんどん小さくなって行くのを見届けながら、
雨音だけの静かな森の中で、びしょ濡れになって一人歩くのも愉快で。

日常とは違う時間は本当に楽しかった。

夫は、自分が「したい」「行きたい」というのが、
もちろん一番の動機になっているんだけど、
結局は私がこうして楽しむのをわかっていて、
無理にでも私を連れ出してくれていることも、
私はわかっている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
2018.02.11 02:05|日記、にっき
8日の日に更新した「TO DO LIST」だけど、
全然できなかったー!
(「全然」ではないか。少しはできたか。)

にしても、やばい。やばい。

一つづつ、消化していくどころか、

「あ、あれもだ。」
「あ、あれもだった。」
と、やらなきゃいけないことが
増えてく。増えてく。

いまだ増加中。

一つでも消化したい明日の休日なのに、
夫が、車で遠出をしようと張り切っている。

夫がこういうことを言い出した時は、
付き合うしかないことがわかっている。

反対を試みるも、
夫の逆切れが面倒くさくて、
結局付き合うことになるのだ。

どうせ行くからには、
気持ちを切り替えて楽しまなきゃなぁ!
と、これもいつものこと。

明日は茨城方面の海岸に行くらしい。

あ~あ、家(ウチ)に居たいんだけどな~。

2018.02.08 09:52|TO DO LIST
備忘録です。

本日、平日休み。

とりあえず、今日~数日中に
やらなければならないこと。

・K保へ行く。 → 維持会費。先生にお礼

実家へゆうぱっく

・銀行へ連絡 → 小切手帳発行

・ETCマイレージ ポイント交換

・MさんちのYくん 成人祝い → ユニクロのギフト券なんてどうだろう?使いやすいだろう。あり?なし?

・Sさんへ犬トリミングの件、Tさんへ合格の件、メールする

・電気代 見直し

法人会 脱会 電話 → 脱会書類が届く → 脱会届提出2/15

・食器棚 蝶番 調べる → 接着剤探す

・自転車チューブ 調べる → 注文

・返礼品カタログ 注文(2) → 一つは済(母に贈ろうとお茶を注文)2/15

サプリ 次回8/5届 に変更 tel

・JRSにかわるもの カクニン(私の分)

・amazon返品

小切手作成

夫口座へ入金(今日中)

・支払い 口座カクニン

・請求書、支払い ノート記帳

・年賀状お年玉くじカクニン

・Hちゃんへ連絡(年賀状カクニン)

・自動車保険 中断証明書 手続き

・DMM英会話カクニン

・クリーニング出し

・Kさんへ贈り物(楽天)

・ゴミ処理券 戻し

・確定申告用書類用意

・トイレ掃除

・ファイル作成(①北海道)

以上の他、
いつもの家事も当然あり。

洗濯×2回予定、布団干し昼食(夫はいつもだけど、今日はこどももいる)、夕食作り。


2018.02.08 01:28|日記、にっき
会社の健康診断をしに、
病院に行ってきた。

社保のないパートなので、
検診は、一番シンプルなコース。

身長、体重、腹囲、視力、聴力、尿検査、血液検査、心電図、レントゲン、触診(問診)

検診を受けるのはこれで5回目。
ということは、パートも5年続いているんだな。

私の唯一の自慢の視力も、
とうとうこれまでの1.5から0.9になってしまって残念。

毎日PC作業の仕事だし、
老眼もすすんで、
最近は視力の急激な衰えを感じていたけど、やっぱりか。

5年前の初回の検診と、
今日の検診では、気構えが全然違う。

今は、加齢による自分の体への諸々の心配が増え、
5年前の自分の気楽さを羨ましく思うほど、
結果がコワい。

何も問題がなければいいけれど…。

入試の合否を待つのと似たような緊張した気持ちで、
診断書を待っている。

ここでも、
年を「とる」とは、こういうことなんだな…と、
感じている。
(年を「重ねる」ではなく、年を「とる」の方が
気持ちに合っている。)


2018.02.06 02:48|雑感
前にも書いたような気がするけれど…。

20代の頃読んだ
北村薫さんの円紫さんシリーズの中で、
今でも、強く強く私の中に残っている。

水鳥の足掻きの一節。

水面をすいすいと優雅に移動しているように見える水鳥も、
水中では、必死に足を動かしている…
(北村薫さんの小説では、もっと趣のある素敵な文体で書かれております。)

これは、私の心に深く根差し、日々、周囲の人達に対して思うことである。

有賀さん、川島さんの訃報も、その自分の琴線に触れる。


2018.02.06 02:14|雑感
昨日、前記事のような内容を書いた翌日。

有賀さつきさんの訃報はショックだったなぁ…。

20代の頃、ほぼ同い年の有賀さんの華やかな活躍ぶりを
見ていた。

バブルの名残がまだまだ強かった当時、
ブラウン管の向こうでチヤホヤされる女子アナは、
成功する「女子」の頂点みたいなもんで、
嫉妬や羨望を一身に受けていたよなぁ…。

10代、20代の足掻き…。
その若さとはまた違った、
よりシビアな状況を、
30代、40代、50代…も足掻いて…足掻いて…。

そういう意味で、
「年をとる」…というのは、
みんな平等なんだよなぁ…
そう。「年をとる」ことも「死」も平等だと認識しつつ、
それでも、
私とほぼ同年齢の有賀さんが、
未成年の娘さんをこの世に残して亡くなってしまったことは、
身につまされる。
「それはないだろう」…と悲しくなる。

「生き様」とか「人生を全うして」…とか、
そういう観点で私は見られなくて、
なんて現実はキツイのだろうか…と恐ろしくなる。

人生80年とか100年とか言われ、
そこから見れば50代はまだまだ若くとも、
実際は、身体の不調と死が、
確実により近づいている年齢なんだということを
思い知らされる…。

川島なお美さんが亡くなった時もそう思ったな…。

有賀さつきさんも、川島なお美さんも、
亡くなるまで、個人的にはほとんど意識することのなかった人達なのに、
自分が若い頃、
美貌と笑顔で活躍していた同世代の人たちが亡くなると、
特にそう思うんだよな…


2018.02.05 02:51|姑、相続、家業…の問題
あまりに非常識過ぎて書くのをためらっていたけれど、書く。

思えば、私なんて非常識だらけだ。

ブログを遡れば、夫の母(姑)との不仲は書いてあるけれど、
現在、姑とは没交渉だ。

その為に、舅のお墓さえ知らない。

姑との裁判のあと、姑は都立の某集合墓地から舅のお墓を移したらしい。

「らしい」というのは、姑から聞いていないから。

裁判後、都外へ引っ越した姑の住民票の都合で、
確か、都立の集合墓地から引っ越しをせざるを得なかったのと、
集合墓地ではなく、
きちんと舅の居場所(お墓)を作りたい気持ちが強かった姑だから、
どこかに墓地を購入したのは間違いない。

ただ、当然、私たちに連絡が来るわけもなく、
いまだ、舅のお墓を、私たちは知らない。

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

sango*

Author:sango*
こんにちは。
アラフォーの妻です。
(→現在は、50オーバーとなりました)

抱える借金6千万orz…。
(→現在は、約4千万です。アパートローン含みます)

某業界超末端に位置する自営業。
前代からの大借金で明日にも廃業の危機。
こども一人抱え、
仕事も家もまもなく手放すことになりそうです。
(→現在も、廃業スレスレでやってます)

そして、
こんな状況にもかかわらず、
ずるずると無駄買いをやめることのできないダメダメな私…。
日々、物欲と格闘中。


長くなりそうなので、プロフィールの続きは、
ブログ本文に書いていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

追記:2009年、ブログをつけ始めてから、
2010年に、マイホームは売却しました。
その顛末は、カテゴリ≪売却準備≫で
記事にしています。

追記:2011年1月 義母との調停が始まってしまいました…orz
その顛末は、カテゴリ≪調停≫~《民事裁判》で記事にしています。

追記:2012年7月~8月 調停から裁判へともつれこんだ1年8カ月に及ぶ義母と決着。

追記:2013年 自営の経営不振で収入激減。居ても立っても居られずパートをはじめる。

追記:2016年 こどもが不登校に。その顛末は、カテゴリ≪不登校≫で記事にしています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リスト


カテゴリ

検索フォーム

リンク

フリーエリア